再録『GBIニュース』1998年8月12日Berita GBI(12 Agu.1998) Tim2

画像

今から13年前の1998年。インドネシア近代史の大転換の年だった。スハルト長期独裁政権が倒れ、民主化のうねりが一気に国中を覆った。インドネシア文化宮(GBI=Graha Budaya Indonesia)は、スハルト大統領退陣のちょうど一週間前の1998年5月15日、東京・下落合にオープンした。そして、同年8月から“インドネシア21世紀の人物像”を基本テーマに、民主化・地方自治の向上の流れの中で指導者として活躍するであろう、各界各層の人物に焦点を当てた単独インタビューを企画し、2003年初旬まで続けた。

この間、インタビューした人物は優に200名を超えた。その中には、当時のハビビ大統領や、後に大統領職に就任する、ワヒド氏、メガワティ女史、現大統領のユドヨノ氏なども含まれていた。当時、この企画は、C社で単行本として刊行される予定だったが、担当者の急逝に伴って、その計画は頓挫した。

インタビューの要点や、その他諸々のジャンルの記事は、1998年8月3日から2003年1月23日までの、およそ4年半にわたって『大川誠一のGBIニュース』として、当時、GBIのホームページに連載した。しかし、諸般の事由で、同ホームページは閉鎖を余儀なくされた。以降、ブログを立ち上げ今日に至っている。

GBIのホームページは、もともと宮崎市に拠点を置く㈲ハラパンメディアテックの宇野みれさんが立ち上げてくれた。その宇野さんが、サーバーに残っていたGBIホームページのデータを復元し、送ってきてくれた。今後、機会を窺いながら、特に『GBIニュース』をこのブログ上で再録していこうと考えている。13年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判明した事実と相違する内容があるかもしれない。しかし、記録の重要性に鑑み、敢えて原文のまま再録することにした。 


アビリオ東ティモール州知事(撮影:1998年8月11日。知事公邸にて)

大川誠一の『GBIニュース』1998年8月12日 Berita GBI(12 Agustus 1998) 

【ディリ(東ティモール)発】


(1) アビリオ東ティモール州知事が日本政府に戦後賠償について公開質問状

7月21日のジャカルタでの単独会見に次いで、8月11日、東ティモールの州都ディリ市の州知事公邸で再び会見に応じたアビリオ・ジョゼ・オソリオ・ソアレス知事は、近く日本政府に戦後賠償の行方について公開質問を行うことを明らかにした。同知事によれば、東ティモールがまだポルトガルの植民地時代であった1950年代、ポルトガル政府は東ティモールの住民に呼びかけて、日本政府に対して戦後賠償を求める署名活動を実施した。それらの署名に基づいて、ポルトガル政府は日本政府に賠償を求め、同知事の関係者によれば、日本政府は1954年に80万米ドルをポルトガル政府に支払ったという(なお、この情報に関して、筆者は日本政府にまだ確認をとっていない)。

「我々東ティモール住民は、自分たちに支払われるものとばかり信じて、その賠償要求書にサインした。ところが、その後今日現在まで、誰一人としてポルトガル政府からその賠償金を支払われた者はいない。また、総額が一体いくらであったのか、それらのお金が実際に何のために使われたのかも、我々は知らされていない」と、アビリオ知事。

「総額がいくらなのかは分からないが、日本政府がポルトガル政府に賠償金を支払ったことは事実なので、この際、日本政府に対してこの問題に関して説明を求めたい。同様にポルトガル政府に対しても、総額や使途について説明を求めるつもりだ」と、同知事は語る。太平洋戦争当時、日本軍はおよそ3年間にわたってティモール島を占領したが、同知事によれば、約6万人の東ティモール住民が犠牲となった。日本軍ばかりではなく、連合軍によっても多くの住民が殺され、また戦闘に巻き込まれて死亡した者や、山中への避難の際に、餓死、病死した住民も少なくなかったという。

「戦後、再びポルトガル軍が戻ってきたが、日本軍に協力したとのかどで、たくさんのティモール人が殺害された。多くはディリの北方沖に浮かぶアタウロ島の収容所で殺された。また、日本軍の軍票や日本円を多く所持していたティモール人も、日本の味方と見られ、処刑の対象となった。私は日本政府にもう一度賠償金を支払えと要求するつもりはまったくない。ただ、総額がいくらで、誰に支払われて、その賠償金がどのように使われたのかをはっきりと知りたいのです。それは東ティモール住民すべてが知りたいことです。そしてポルトガル政府に対しては、そのお金の使途に関して責任を明確にするよう求めるつもりです」とアビリオ知事。

また、同知事は、いわゆる従軍慰安婦問題に関して、東ティモール出身の女性がたくさん「動員」されていた事実があり、その実態調査にも乗り出すことを明らかにした。従軍慰安婦問題が話題となり始めた当時、同州は現在と同様に、分離独立派との紛争状態にあり、その影響により、ジャワ島やスマトラ島、スラウエシ島などで同問題に関する調査が法律扶助協会などによって進められていたものの、東ティモールにおける実態調査は取り残される結果となった、という。

「慰安婦にされた女性達の多くがすでに亡くなり、また現在生きている元慰安婦たちも、カトリック教徒という立場から、なかなか自らの過去について話ができる状態ではない。しかし、東部のロスパロス市には明らかに日本人の血を引き継いだ混血が少なくない数いる。過去のこととはいえ、貧しい人々もたくさんいるので、彼女ら、彼らに対して何かができないものかと考えている」アビリオ知事は、近く公開質問状を作成し、日本、ポルトガル両国政府に説明を求めることを強調した。

GBIニュース98/08/14に続報。
『GATRA』誌に関連記事掲載(1998年8月29日号(No.41 Tahun IV)の「ナショナル 欄」。



Copyright c1998-2001 Graha Budaya Indonesia (GBI)
インドネシア文化宮に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。 著作権はインドネシア文化宮またはその情報提供者に属します。


画像


【参考ブログ】

再録『GBIニュース』1998年8月11日Berita GBI(11 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_29.html

再録『GBIニュース』1998年8月10日Berita GBI(10 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_28.html

再録『GBIニュース』1998年8月9日 Berita GBI(9 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_27.html

再録『GBIニュース』1998年8月8日 Berita GBI(8 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_26.html

再録『GBIニュース』1998年8月7日 Berita GBI(7 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_25.html

再録『GBIニュース』1998年8月5日 Berita GBI(5 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_24.html

再録・大川誠一の『GBIニュース』1998年8月3日 Berita GBI(3 Agus.1998)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_22.html

インドネシア文化宮(GBI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/

インドネシア文化宮2010年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2010)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201101/article_1.html

インドネシア文化宮(GBI)満12歳です HUT GBI ke-12 thn
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201005/article_15.html

インドネシア文化宮2009年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2009)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201001/article_1.html

インドネシア文化宮2008年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2008)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_1.html

インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200712/article_2.html

インドネシア文化宮2006年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2006)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_8.html

インドネシア文化宮活動記録(日本語)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック