再録『GBIニュース』1998年8月9日 Berita GBI(9 Agus.1998) Tim2

画像

今から13年前の1998年。インドネシア近代史の大転換の年だった。スハルト長期独裁政権が倒れ、民主化のうねりが一気に国中を覆った。インドネシア文化宮(GBI=Graha Budaya Indonesia)は、スハルト大統領退陣のちょうど一週間前の1998年5月15日、東京・下落合にオープンした。そして、同年8月から“インドネシア21世紀の人物像”を基本テーマに、民主化・地方自治の向上の流れの中で指導者として活躍するであろう、各界各層の人物に焦点を当てた単独インタビューを企画し、2003年初旬まで続けた。

この間、インタビューした人物は優に200名を超えた。その中には、当時のハビビ大統領や、後に大統領職に就任する、ワヒド氏、メガワティ女史、現大統領のユドヨノ氏なども含まれていた。当時、この企画は、C社で単行本として刊行される予定だったが、担当者の急逝に伴って、その計画は頓挫した。

インタビューの要点や、その他諸々のジャンルの記事は、1998年8月3日から2003年1月23日までの、およそ4年半にわたって『大川誠一のGBIニュース』として、当時、GBIのホームページに連載した。しかし、諸般の事由で、同ホームページは閉鎖を余儀なくされた。以降、ブログを立ち上げ今日に至っている。

GBIのホームページは、もともと宮崎市に拠点を置く㈲ハラパンメディアテックの宇野みれさんが立ち上げてくれた。その宇野さんが、サーバーに残っていたGBIホームページのデータを復元し、送ってきてくれた。今後、機会を窺いながら、特に『GBIニュース』をこのブログ上で再録していこうと考えている。13年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判明した事実と相違する内容があるかもしれない。しかし、記録の重要性に鑑み、敢えて原文のまま再録することにした。 


メルカド市場のトランプ賭博(撮影:1998年8月7日)

大川誠一の『GBIニュース』1998年8月9日 Berita GBI(8 Agustus 1998) 

【ディリ(東ティモール)発】


(1) メルカド市場で大流行のトランプ賭博

ポルトガル様式の白い門をくぐると、そこは州都ディリ最大の庶民のパサール(市場)。メルカド市場。衣料品、食料品、野菜、果物、魚、コーヒー、おもちゃ、メガネ、日用雑貨、とありとあらゆる物が並ぶ。しかし、何軒かの店は扉を堅く閉めたままの状態。聞けば、6月~7月の一連の独立派のデモと、その後市中に流れた「ティモ―ル人以外の外来者所有の店は焼かれ、そして外来者も殺される」との噂が原因で、二万人ほどの非東ティモール人らが同州を脱出し、隣の西ヌサテンガラ(クーパン市)やジャワ島、スラウエシ島へと避難した。

治安が安定の兆しを見せ始めた現在、数千人が再びディリに戻って来た、と情報省東ティモール地方事務所のエディ所長は強調するが、それでもメルカド市場の三分の一程度は閉店状態。主のいない商店の軒先は、格好の「賭博場」と化している。三枚のトランプ(黒色二枚と赤色一枚)を使用。小箱の上に裏返しに並べられた三枚のトランプの中から、赤色と思われるトランプを想像し、その上にお金を賭ける。5千ルピアを賭けて、見事当たると二倍の一万ルピアが即座に支払われる。掛け金の上限は無いが、たいてい5千ルピアか一万ルピア紙幣を賭けている。

子供を腰に抱いた母親二人が、お金をわしづかみに、黙してせっせと賭けている。相当儲けたらしい。二万ルピア札が十数枚、手の内にある。小学生と思われる男の子も、黒いサングラスにくわえタバコのスタイルで、ギャンブルにハマっている。学校を卒業しても、これと言った仕事がない上に、昨年来の経済危機は、ここ東ティモールをも例外なく襲っている。一方で、治安の不安定、そしてどんどん勢いづく独立派とレファレンダム(住民投票)実施要求派。

こうした状況の下、市民の交流の場でもあるメルカド市場が、次第にスラム化してきており、いわゆる「不良」グループや失業者のたまり場となり、その結果賭博の中心地となっている。これまでに何度も暴動や焼き討ちが起きたメルカド市場には、警察や私服のインテル(軍情報員)が頻繁に出入りしてはいるが、賭博に関しては、今のところ見て見ぬふりをしている。賭博関係者との「癒着」があるのか、それとも不満のはけ口として小規模ギャンブルを黙認しているのか。夜間ゴーストタウン化しているディリ市の中で、今最も喧噪を味わえるのがメルカド市場内にある数カ所の賭博開帳ポイントだ。そして、その喧噪は、今後いつでも「暴動」の発火点となりうる可能性を秘めている。

メルカド市場の真後ろには、外来者と東ティモール出身者が共同経営する売春窟もあり、30数名の東ティモール出身の若い女性たちが働いているとの情報もある。ちなみに、政府「公認」状態の売春地帯は、マヌリウアナ地区にあり、そこには300名以上の、主にジャワ島からやってきた女性たちが、20数軒の平屋の建物群に暮らしている。ディリ市民は、その地区を通称で「アスゴール」と呼ぶが、それは「スポーツ教師の宿舎」の略語との説もある。そうか、売買春はスポーツだったのか? カトリック関係者や国立東ティモール大学生がかつて、ギャンブルや売春について抗議活動を行ったことがあるが、一時的になりを潜めても、すぐさま復活してしまう、そうだ。

(2) ディリの恋人たち

日曜日のディリ。熱心なカトリック教徒である東ティモールの住民は、朝六時頃教会のミサへと出かける。まず地元のテトウン語のミサ。そして九時からはインドネシア語のミサ。ある者は、ディリ市東端の岬の先端にある世界第二位の大きさのキリスト像まで出かける。そしてその帰り道、パシール・プティ(白砂)海岸で水遊び。ところが、最近、パシール・プティを訪れる市民は急減。

レクレーションを楽しむ雰囲気がないのだ。経済危機と政治的緊張感。それらが市民の平穏な生活に変化をもたらしている。しかし、それでも若い恋人たちは、潮風に当たりながら、楽しい時を過ごしている。それがいつできなくなるのか知ってのことか、刹那的にも思える光景が、海岸のあちこちで見られる。邪魔しないように、遠くから撮影しました。
画像

ディリの恋人たち(撮影:1998年8月9日)


Copyright c1998-2001 Graha Budaya Indonesia (GBI)
インドネシア文化宮に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。 著作権はインドネシア文化宮またはその情報提供者に属します。


画像


【参考ブログ】

再録『GBIニュース』1998年8月8日 Berita GBI(8 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_26.html

再録『GBIニュース』1998年8月7日 Berita GBI(7 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_25.html

再録『GBIニュース』1998年8月5日 Berita GBI(5 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_24.html

再録・大川誠一の『GBIニュース』1998年8月3日 Berita GBI(3 Agus.1998)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_22.html

インドネシア文化宮(GBI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/

インドネシア文化宮2010年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2010)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201101/article_1.html

インドネシア文化宮(GBI)満12歳です HUT GBI ke-12 thn
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201005/article_15.html

インドネシア文化宮2009年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2009)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201001/article_1.html

インドネシア文化宮2008年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2008)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_1.html

インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200712/article_2.html

インドネシア文化宮2006年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2006)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_8.html

インドネシア文化宮活動記録(日本語)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック