再録『GBIニュース』1998年8月8日 Berita GBI(8 Agus.1998) Tim2

画像

今から13年前の1998年。インドネシア近代史の大転換の年だった。スハルト長期独裁政権が倒れ、民主化のうねりが一気に国中を覆った。インドネシア文化宮(GBI=Graha Budaya Indonesia)は、スハルト大統領退陣のちょうど一週間前の1998年5月15日、東京・下落合にオープンした。そして、同年8月から“インドネシア21世紀の人物像”を基本テーマに、民主化・地方自治の向上の流れの中で指導者として活躍するであろう、各界各層の人物に焦点を当てた単独インタビューを企画し、2003年初旬まで続けた。

この間、インタビューした人物は優に200名を超えた。その中には、当時のハビビ大統領や、後に大統領職に就任する、ワヒド氏、メガワティ女史、現大統領のユドヨノ氏なども含まれていた。当時、この企画は、C社で単行本として刊行される予定だったが、担当者の急逝に伴って、その計画は頓挫した。

インタビューの要点や、その他諸々のジャンルの記事は、1998年8月3日から2003年1月23日までの、およそ4年半にわたって『大川誠一のGBIニュース』として、当時、GBIのホームページに連載した。しかし、諸般の事由で、同ホームページは閉鎖を余儀なくされた。以降、ブログを立ち上げ今日に至っている。

GBIのホームページは、もともと宮崎市に拠点を置く㈲ハラパンメディアテックの宇野みれさんが立ち上げてくれた。その宇野さんが、サーバーに残っていたGBIホームページのデータを復元し、送ってきてくれた。今後、機会を窺いながら、特に『GBIニュース』をこのブログ上で再録していこうと考えている。13年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判明した事実と相違する内容があるかもしれない。しかし、記録の重要性に鑑み、敢えて原文のまま再録することにした。 


第三次撤退式の海兵隊(撮影:1998年8月8日)


大川誠一の『GBIニュース』1998年8月8日 Berita GBI(8 Agustus 1998) 

【ディリ(東ティモール)発】


インドネシア国軍将兵600人が東ティモールから撤退

8月8日午前10:30、東ティモールのディリ港で、インドネシア国軍の第三次撤退式が行われ、約600人の将兵が上陸用強襲艇二隻に乗り込みスラバヤ、ジャカルタに向けて出発した。これにより、これまでの撤退将兵の総計は、およそ1,400人となった。「諸君は東ティモールにおいて治安の確保に尽力した。次の任地でも、国軍兵士として規律ある姿勢で任務を遂行してもらいたい。諸君の安全な航海を祈る」と、トノ駐東ティモール軍司令官(陸軍大佐)が送辞を述べた。

これまでに撤退した部隊は次の通り。

7月28日:約400人(正確には398人)。内訳はコストラッド(陸軍戦略予備軍)2個中隊計

200人、コパスス(陸軍特殊部隊)1個中隊200人。

8月5日:約400人。内訳はコストラッド3個中隊計300人、警察機動部隊1個中隊100人。

8月8日:約600人。内訳はコストラッド3個中隊計300人、海兵隊3個中隊計300人。

計3回の撤退により総計1,400名の将兵が東ティモールを離れたことになるが、いわゆる戦闘部隊であるコストラッド並びにコパスス将兵の総計は1,000名となった。

かつて総計12,000の国軍将兵がいた(と言われている)ことから、残存兵力は10,600人となるが、実際には撤退する部隊とは別に新たな部隊が投入されている。地元紙の「東ティモールの声(Suara Timor Timur)」8月7日付けの報道によれば、6日、首都ジャカルタから警察機動部隊1個中隊(およそ100名)がディリに到着した。東ティモール州警察長官ティンブル・シラエン警察大佐が同紙に語ったところによれば、機動1個中隊は、東部のバウカウ県で任務に就く予定。「この機動部隊は、プルタミナ(インドネシア石油公社)や電力設備、通信施設などの重要施設の警備を担当する」と同長官。また、国軍は6日、計155人の新たな部隊のディリ到着を発表した。それらは、軍衛生部隊計61人、精神育成部隊計94人。8日までに総計1,400名が撤退したが、新たに到着した(地元紙が報じた範囲内での情報に限るが)部隊は計255人を数え、差し引き1,145名の国軍関係者の削減となる。

「名称は保健だ、農業指導だと言いながら、実際はABRI(インドネシア国軍)の兵士であることには変わりがない。撤退を強調しようとも別の顔で入ってきている。我々の要求は国軍の完全撤退でしかない」と、国立東ティモール大学学生連帯評議会の顧問ランベルト・ビアナ氏。「ジャカルタの政権は東ティモールの自治権拡大というが、特別自治権は単に独立を前提とした移行期でしかあり得ない。それは問題解決のための自治権ではない。あくまで移行期の特別措置だ」とも。

一方国軍筋は、今回の第三次撤退で8月の撤退計画はすべて終了したと強調。しかし来る9月にも、第四次撤退が行われる可能性があることを示唆。「理想的には5,000名までの兵力削減だが、現実的には7,000名程度となろう」と、同筋。


画像

国立東ティモール大学(Untim)の学生連帯評議会の面々(撮影:1998年8月7日)


Copyright c1998-2001 Graha Budaya Indonesia (GBI)
インドネシア文化宮に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。 著作権はインドネシア文化宮またはその情報提供者に属します。


画像


【参考ブログ】

再録『GBIニュース』1998年8月7日 Berita GBI(7 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_25.html

再録『GBIニュース』1998年8月5日 Berita GBI(5 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_24.html

再録・大川誠一の『GBIニュース』1998年8月3日 Berita GBI(3 Agus.1998)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_22.html

インドネシア文化宮(GBI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/

インドネシア文化宮2010年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2010)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201101/article_1.html

インドネシア文化宮(GBI)満12歳です HUT GBI ke-12 thn
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201005/article_15.html

インドネシア文化宮2009年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2009)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201001/article_1.html

インドネシア文化宮2008年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2008)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_1.html

インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200712/article_2.html

インドネシア文化宮2006年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2006)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_8.html

インドネシア文化宮活動記録(日本語)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック