再録『GBIニュース』1998年8月5日 Berita GBI(5 Agus.1998) Tim2

画像

今から13年前の1998年。インドネシア近代史の大転換の年だった。スハルト長期独裁政権が倒れ、民主化のうねりが一気に国中を覆った。インドネシア文化宮(GBI=Graha Budaya Indonesia)は、スハルト大統領退陣のちょうど一週間前の1998年5月15日、東京・下落合にオープンした。そして、同年8月から“インドネシア21世紀の人物像”を基本テーマに、民主化・地方自治の向上の流れの中で指導者として活躍するであろう、各界各層の人物に焦点を当てた単独インタビューを企画し、2003年初旬まで続けた。

この間、インタビューした人物は優に200名を超えた。その中には、当時のハビビ大統領や、後に大統領職に就任する、ワヒド氏、メガワティ女史、現大統領のユドヨノ氏なども含まれていた。当時、この企画は、C社で単行本として刊行される予定だったが、担当者の急逝に伴って、その計画は頓挫した。

インタビューの要点や、その他諸々のジャンルの記事は、1998年8月3日から2003年1月23日までの、およそ4年半にわたって『大川誠一のGBIニュース』として、当時、GBIのホームページに連載した。しかし、諸般の事由で、同ホームページは閉鎖を余儀なくされた。以降、ブログを立ち上げ今日に至っている。

GBIのホームページは、もともと宮崎市に拠点を置く㈲ハラパンメディアテックの宇野みれさんが立ち上げてくれた。その宇野さんが、サーバーに残っていたGBIホームページのデータを復元し、送ってきてくれた。今後、機会を窺いながら、特に『GBIニュース』をこのブログ上で再録していこうと考えている。13年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判明した事実と相違する内容があるかもしれない。しかし、記録の重要性に鑑み、敢えて原文のまま再録することにした。 


東ティモールを管轄するウダヤナ師団の駐東ティモール部隊(ウィラダルマ164部隊)のトノ・スラットマン司令官(陸軍大佐)


大川誠一の『GBIニュース』1998年8月5日 Berita GBI(5 Agustus 1998) 

【ディリ(東ティモール)発】


(1) 東ティモールから第二陣、将兵600人が撤退

東ティモール問題を巡っては、国連事務総長の仲介のもと、ニューヨークで4-5日、インドネシアと旧宗主国であるポルトガルとの間で外相会談が行われているが、東ティモールを管轄するウダヤナ師団の駐東ティモール部隊(ウィラダルマ164部隊)のトノ・スラットマン司令官(陸軍大佐)は、5日、『ガトラ』誌東京特派員兼インドネシア文化宮(GBI)代表との単独インタビューに答え、さる7月28日のおよそ400人の第一陣撤退に引き続き、7日もしくは8日にも第二陣として、600人の将兵が撤退を実施することを明らかにした。7月末時点で、国軍(ABRI)当局は来る9月までに計800-1,000人の撤退を計画していたが、今回の撤退が行われれば当初の計画は達成されることになる。第一次撤退以前に、同地域にはおよそ12,000人が駐留していたとされ、今回の第二次撤退に伴い、兵力は11,000に削減されることになる。しかし、インドネシア紙によれば、本年末までにも、およそ800人ほどの、主に農業指導関連の国軍部隊が東ティモールに投入される計画があり、今後どの程度、戦闘部隊の将兵が撤退するのかが注目されている。トノ司令官は、最終的に7,000人をめどに段階的撤退が実施される見通しだと述べた。

(2) 「独立派」がビケケ郡で大集会を予定

東ティモール学生連帯評議会のスポークスマンは、5日、同州の中部ビケケ県で6日、同評議会主催の「対話集会」が開催されることを明らかにした。計画によれば、首都ディリ市より東ティモール大学の学生多数がトラックで現地入りし、同県住民との間で、現在の東ティモール情勢に関して「対話」を行う予定。規模は1,000人程度と見られている。軍当局は、同評議会が東ティモール大学学長の認可を受けた団体ではないことから、「正当な組織」ではない、との立場をとっているが、集会そのものを阻止する考えはないことを強調。『ビケケ県知事や地元の関係当局者が参加するスタイルの「対話」であってほしい』と、東ティモール地区軍司令官のトノ大佐は発言。ビケケ県は、東ティモールにある13県の中でも、インドネシア国軍と住民との「摩擦」が目立つ地区と言われており、集会が新たな緊張状態を生む可能性がある。


Copyright c1998-2001 Graha Budaya Indonesia (GBI)
インドネシア文化宮に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。 著作権はインドネシア文化宮またはその情報提供者に属します。


画像


【参考ブログ】

再録・大川誠一の『GBIニュース』1998年8月3日 Berita GBI(3 Agus.1998)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_22.html

インドネシア文化宮(GBI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/

インドネシア文化宮2010年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2010)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201101/article_1.html

インドネシア文化宮(GBI)満12歳です HUT GBI ke-12 thn
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201005/article_15.html

インドネシア文化宮2009年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2009)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201001/article_1.html

インドネシア文化宮2008年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2008)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_1.html

インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200712/article_2.html

インドネシア文化宮2006年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2006)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_8.html

インドネシア文化宮活動記録(日本語)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック