ムラピ山土石流災害とプランバナン遺跡群 G. Merapi dan Candi Prambanan

画像

中部ジャワ州マゲラン県(Kab.Magelang)サラム郡(Kec.Salam)ジュモヨ村(Desa Jumoyo)。古都ジョグジャカルタ市の北西に位置する、世界遺産のボロブドゥール遺跡への途上にある。2010年10月末以降、大規模な噴火を繰り返したムラピ山(G.Merapi)が吐き出した火山灰、そして巨大な溶岩。それらが雨期明け間近の豪雨によって、一挙に土石流となって同村を襲った。

プランバナン遺跡群

画像


画像


去る1月に襲った土石流災害では、ジュモヨ村のドゥアアン(Duaan)、ケンブラン(Kemburan)、セロリリン(Seloliring)、ゲンポル(Gempol)の4地区が甚大な被害を受けた。これら4地区では流されたり、全半壊など計176棟の被害を記録した。そして800名ほどの住民が今も、同村内にある広場で避難生活を送っている。

画像


画像


画像


画像


ボロブドゥール遺跡と並んでジョグジャカルタ観光の目玉であるプランバナン(Prambanan)遺跡群。このインドネシア国内最大規模のヒンドゥー寺院遺跡は、ムラピ山噴火に伴う被害は受けていない。しかし、2006年5月に起きたジャワ島中部地震の傷跡を今でも引きずっている。一部寺院の修復は終わったが、未修復寺院も少なくない。

画像


画像


取材は2011年2月18日

【参考ブログ】

ムラピ山噴火と観光客激減のボロブドゥール遺跡 G.Merapi & Candi Borobudur
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201103/article_8.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック