芳野未央のアロール島紀行「ウォーレス線を越えろ!」(No.17) Ke Pulau Alor,NTT

画像


インドネシア文化宮(GBI)は、2002年~2008年の7年間にわたって、NTT(東ヌサトゥンガラ)州アロール県(Kab.Alor)との共催で、文化活動を軸とした島興しプロジェクトである大文化祭『エキスポ・アロール』を実施しました。“海のシャングリラ”と言っても過言ではない、美しい海底サンゴの園を有するアロール島とパンタール島、そしてブアヤ島、テルナテ島、プラ島、ケパ島などから成るアロール県。

GBIの呼びかけに応じて、これまで延べ数百名の日本人が現地を訪れた。そして、今夏、ナタラジャ・バリ(Nataraja Bali)を主宰するバリ舞踊家の芳野未央さんが「ウォーレス線を超える」との長年の夢実現を目指して、アロール島に旅立った。中学生の時、初めてバリ舞踊を見て感動。高校に入ると直ちに舞踊練習に着手。大学時代にはバリ島通い---と、芳野さんとバリ島との付き合いは筋金入り。

そして、卒業論文のテーマに「バリ島のコオロギ相撲」を課題に選び現地調査。バリ舞踊からコオロギまで。そういえば、あの『昆虫記』のジャン・アンリ・ファーブルも、昆虫研究の一方で、作曲家としての顔をも持っていた。ひょっとすると、芳野さん、舞踊家の裏面に博物学者の姿を隠しているのかもしれない。以下、シリーズでお届けする芳野未央の『ウォーレス線を越えろ!』紀行。


アロールの海(画像:Alor Divers)。

画像


画像


画像


バリ島の東側には、ウォーレス線が通っている。ウォーレス線は、アルフレッド・ウォーレスが発見した生物の分布境界線だ。バリ島はアジア区。ロンボク島以東はオーストラリア区。ウォーレスは、マレー諸島(現インドネシア)の採集旅行を通して、ダーウィンと同時期に独自に進化論に到達した。進化論の島はガラパゴスだけじゃない。インドネシアだって進化論の島々なのだ。(ウォーレスの『マレー諸島』は、旅行記としてとても面白いので、ぜひご一読ください。)インドネシアに通い始めて二十年以上経つが、実は、バリ島より東側に行ったことがない。今回、とうとうウォーレス線を越えてきた。

2010年6月14日(月) アロール島

----<ポイントその1、アロールブサールの階段のところ>----

道を挟んで向かい側は、少し階段を下りて海に入れるようになっている。地元の少年たちが数人、マンディしに来たのか、うりゃーっと海に飛び込んで、あっという間にどこかに帰って行った。満ち潮のため、浜は狭い。砂利浜だったと思う。潜ってみると、岩と石しか見えなかったので、そう言うと、左の方の小さい岬というか岩場が出っ張ったところを回り込むとサンゴがあると言う。しかし、それなりに波もあり、あの岩っぽいところに泳いでいくのは怖いなあ。躊躇していると、一度道に上がって、その岬の向こう側に連れて行ってくれる。
 

東ヌサトゥンガラ州アロール島の海 The Sea of Alor Island
http://www.youtube.com/watch?v=u00GOBDWVfE

----<ポイントその2、アロールブサールの岩場のところ>----

道の脇からのぞき込むと、いきなり岩場である。そこから海である。なんというか、小さなテトラポッドのような感じで、岩が積み上げられていて、まあ2mくらいなんだが、そこを伝って降りろ、と。一応、さざ波よりは大きい波がじゃっぷんじゃっぷん打ち寄せている。えええ。いやこれけっこう怖いよ?えー。どうしよう。

またも躊躇していると、カシール君が手を貸してくれる。ひえーとかわーとか言いながら、なんとか海に降りる。潜ってみると、サンゴがあるにはあるが、ゴミが流れてくるのと、波に揺られるので岩の近くで泳ぐのが怖い。私は、実はとても恐がりだ。だからあんまり危ない目に遭わないで済むので、良く言えば慎重ということなのだが、はっきり言ってすんごく臆病者なのである。早々に上がって、水着のままバイクに乗り、次のポイントに行ってもらう。

----<ポイントその3、パンタイ・マカッサル>----

ここは地元の人がピクニックに来たりするらしい。小さな湾になっていて波は静か。砂浜で、浅瀬を進むと、砂が終わるとサンゴになっている。が、サンゴまでけっこう遠い。また、海流の吹きだまりになっているようで、ゴミがたくさん沈んでいる。海中に洗濯物を干してんのかい!と思うほど、なぜか衣類がたくさん広がっていた。さっきから透明度が悪いのだが、どうも、スノーケルは午前中にするものなんだそうだ。

お勧めは、9~10時だそうです。午後は風が強くなり、曇りがちになるので、海が濁り、波も高くなる。さらに、満ち潮だったので、浜辺からサンゴまでが遠くなってしまう、という、スノーケルに向かない条件を満たした時間帯だったのでした。ともあれ、もう一カ所へ行ってみることに。ちょっと距離があるので、着替えして行きます。濡れた格好でバイクに乗ると、寒いので。

画像


画像


サバンジャール付近の自然パノラマ(撮影:GBI)。

画像


画像


マリ空港を経由して北岸へ向かうと、未開発のダイビングポイントがあちらこちらにある(撮影:GBI)。

----<ポイントその4、サバンジャール>----

1日目にイブ・イナンに連れて行かれたところの近くのはず。帰りに、サンパン出してくれた漁師の父ちゃんが道を横切っていくのに行き会いました。政府運営のバンガローもあり、長く浜が弧を描いている。バンガローは、もうちょっと木を植えたりした方が良いんじゃないかと思ったが、部屋の前の浜からサンゴ礁にエントリーできるという夢のロケーション。休日には家族連れで賑わうらしい。

その脇から、草むらの中の轍を通って浜へ向かう。入り口付近に村の人たちが数人いて、挨拶しつつ通過。大きな木の下で着替えをする。特に隠れるところがあるわけではないが、カインで隠したりしつつ着替えれば、そんなに見えないし。木の根元に、また大きな赤いアリがたくさんいるので、どこに荷物を置こうかとうろうろする。

画像


カシール君が心配して「何か落としたの?」
「いや、アリがいっぱいいる」
「なんだー、何かなくしたのかと思って心配したじゃん。これは、木に住んでるアリで大丈夫だよ」
手でぱっぱっと払ってみせてくれる。あんまり噛まない種類なんだ。じゃあ、気にしないことにします。アリも種類によって、積極的に噛んでくる奴もいるので用心しちゃったよ。

アロールの海を潜る


http://www.digibook.net/d/219483ffa018b03d271cb9257b69c436/?viewerMode=fullWindow

そうこうするうちに、おっさんが二人来る。カシール君と木の下に座って雑談している。後で聞いたら、ここは村の人たちが管理している浜なので、見張りというか見守りに来たのだそうだ。ここはなかなか良いと思う。サンゴ礁の海らしいところが見られる。…条件が良ければ。今日はもうしょうがないのだが、透明度がね。私の今までの少ないスノーケリング経験は、期せずして条件が良かったらしい。さらに、水中の流れがけっこうあり、水温が冷たく、泳いでいるのに体力を使う。しばらく遊んだが、あまり長くはいなかったと思う。
 
最初の水場に戻って、真水をざっと浴び、着替えして帰る。カシール君が、とりあえずヘルメットをかぶらなくてもいい(町中で警官に見つからなければ問題無し)、と言うので、濡れた髪が乾くかなあとほどいてバイクに乗ってみた。髪は乾いたが、ものっすごくからまったので、この方法はお勧めできない。

画像

2008年11月15日、インドネシア文化宮で始まったバリ島舞踊写真展(2008年11~2009年2月)オープニングでバリ舞踊のPanyambrama(歓迎の踊り)とMargapati(森の王の踊り)を披露する芳野さん(撮影:GBI)


(注)画像は特に表示がない場合、芳野未央さん撮影


★★★お知らせ★★★

芳野さんも参加するバリ舞踊公演が来る12月12日(日)、東京・神楽坂で行われます。是非ご覧になってください!

ガムラン・バテル+バリ舞踊  サンディア・ムルティ 東京公演 
~ 夢一夜 五雲光芒 ~


2010年12月12日 開演14:30/18:00 (各回30分前開場)
場所:神楽坂セッションハウス
http://www.session-house.net/
前売:¥3000 当日:¥3500 (自由席)
チラシはホームページで見られます。
http://www.geocities.jp/nataraja_bali/
お問合せ・ご予約:gamelan_batel@yahoo.co.jp





http://www.digibook.net/d/5a55edff8018b2752293a9157f6a8524/?viewerMode=fullWindow




http://www.digibook.net/d/9685ad5b91d8923922d129854b604466/?viewerMode=fullWindow




http://www.digibook.net/d/7444ef57a19db87cabbbb1b5fb6a4420/?viewerMode=fullWindow


【芳野未央プロフィール】

1988年4月 東京都立小平南高等学校入学。バリ舞踊を学びはじめる      
1992年4月 東京農業大学農学部農学科入学
1996年3月 東京農業大学農学部農学科(昆虫学研究室)卒業
1996年9月 インドネシア政府国費留学生(ダルマシスワ)としてインドネシア芸術大学バリ島デンパサール校

STSI(現ISI)留学。バリ舞踊専攻
1998年3月 帰国
1998年5月 自主公演「ナタラジャ・バリ」第一回開催。以後、平成20年まで9回開催
2000年6月 ガムラングループ・スカールジュプンのバリ島アートフェスティバル公演に参加。
2005年3月 スマトラ沖地震被災地アチェ支援チャリティー「ゴトンロヨン」公演(都内3箇所)
2007年6月 創作ガンブー公演「竹取物語」演出・振付・出演

<講師歴>
1999年 4月~ 読売日本テレビ文化センター 錦糸町校
2005年12月~ 神宮外苑フィットネスクラブ サマディ
2010年 2月~ 東急セミナーBE 渋谷校

<バリでの師匠>
【 】内は習った踊り。

・イブ・チュニック:バトゥアン村、ジョゲピンギタンの踊り手。バリ最高齢の現役ダンサーだったが、2010年、85歳(推定)で天寿を全うする。トペン舞踊の名手まマデ・ジマットの母。【ジョゲピンギタン、バトゥアンのルジャン】
 
・イブ・カスニン:シンガラジャ・サワン村、タルナジャヤの踊り手。タルナジャヤ作者から直接教えを受けた最後の世代。数年前に亡くなる。【クビヤール・レゴン】

・グス・アジ・ブランシンガ:ブランシンガ村、クビヤール・ドゥドゥックの踊り手。70歳を超えてなおダンディな往年の大スター。【クビヤール・ドゥドゥック、バリス】

・グスティ・アユ・ラカ:プリアタン村、オレッグ・タムリリンガンの最初の踊り手。伝説的な踊り手マリオに直接指導を受けた最後の世代。【オレッグ・タムリリンガン】

・アナック・アグン・ラカ:プリアタン村、プリアタンスタイルの継承者。グヌンサリ、ティルタサリ、両舞踊楽団の創始者マンダラ翁の娘さん。【プリアタンスタイルのレゴン各種、ペンデット、プスパメカール】
 
・イブ・アユ・コルミ:スバリ村、ジョゲピンギタンの踊り手。スバリスタイルのジョゲピンギタン唯一の継承者。【ジョゲピンギタン】

・アナック・アグン・アノム:ウブド村、バリスの名手。スマララティ舞踊楽団のリーダーでもある。【バリス】
 
・イブ・アユ:ウブド村、オレッグとタルナジャヤの名手。アノムの妻であり、グスティ・アユ・ラカの姪。【タルナジャヤ、レゴン】

・イブ・スカール:バトゥアン村、イブ・チュニックの孫。バトゥアンのお家芸ガンブーをはじめ、男踊りもこなすマルチプレイヤー。【ガンブー、ウィラナタ、など】

・ニョマン・ブディアルト:バトゥアン村、イブ・チュニックの孫。マデ・ジマットの長男で最強のジャウック・ダンサー。【トペン・ニッコー、ジャウック】

・チョコルド・ルクミニ・プトゥリ:シンガパドゥ村、オレッグを得意とする。最近ではアートフェスティバルのコンペティションのための指導を数多く手がけ、多くを入賞に導いている。【プスパワルナ、チャンドラワシ、マヌックラワ、ユダパティ、ダヌールダラ、ウィラナタなど】

・イブ・アリニ:デンパサール市、レゴンの名手。【ドゥマンミリン】

・イブ・スシラ:デンパサール市、チョンドンの名手。【レゴン・ラッサム】

・イブ・パルティニ:デンパサール市、古典的男性舞踊の名手。【パンジ・スミラン】

・イブ・チャンドリ:シンガパドゥ村、歌謡劇アルジョのカリスマ。バリ歌謡といえば、第一にこの人の名前が挙がる。【アルジョ】
 
・バパ・スクルタ:パヤンガン村、影絵劇ワヤンの演者(ダラン)。トペン舞踊も踊る。【歌】
 
・イブ・アグン:タティアピ村、ジャンゲールの継承者。古いスタイルのジャンゲールの男女両方の歌と振り付けを教えられる。インドネシア空手シラットの使い手でもある。【ジャンゲール】

【関連ブログ】

芳野未央のアロール島紀行「ウォーレス線を越えろ!」Ke Pulau Alor, NTT~(No.16)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_17.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_18.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_19.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_20.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_21.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_22.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_23.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_24.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_25.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_26.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_27.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_28.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_29.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_30.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201012/article_1.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201012/article_2.html

『LIKE・A・BALIJINウブドの達人展』スタート(Pameran Foto Bali)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_19.html

【芳野さんのWebsite】

ナタラジャ・バリ(Nataraja Bali)ホームページ
http://www.geocities.jp/nataraja_bali/

ナタラジャ・バリのバリ島の本
http://blog.livedoor.jp/balibooks/

【アロール島で潜る】

アロール島で潜る(12) Diving di Pulau Alor・ Pantar, NTT(12)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_27.html

アロール島で潜る(11) Diving di Pulau Alor・ Pantar, NTT(11)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_26.html

アロール島で潜る(10) Diving di Pulau Alo &Pantar, NTT(10)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_25.html

アロール島で潜る(9) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_24.html

アロール島で潜る(8) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_23.html

アロール島で潜る(6) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_20.html

アロール島で潜る(5) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_16.html

アロール島で潜る(4) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_14.html

アロール島で潜る(3) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_13.html

アロール島で潜る(2) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_12.html

アロール島で潜る(1) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_11.html


【アロール島関連ブログ】
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/c88587e2d0.html


【東ヌサトゥンガラ州関連ブログ】
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/46f57db1d2.html


【アロール関連動画】


東ヌサトゥンガラ州アロール県のモコ博物館 Musium Moko, Alor, NTT
http://www.youtube.com/watch?v=3yuUq-cA_0U


NTT州アロール島のレゴレゴ・ダンスの今昔 Lego-Lego Dance of Alor Regency, NTT
http://www.youtube.com/watch?v=o5PvQtRPtKs


東ヌサトゥンガラ州フローレス&アロール島 Promotion Video Flores & Alor Islands
http://www.youtube.com/watch?v=M0EZqVYBr2Y


東ヌサトゥンガラ州プロモーションビデオ Promotion Video NTT Province Indonesia
http://www.youtube.com/watch?v=GuP7Qg1801g


【ササンドゥ関連ブログ】
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/7a2ebd273c.html

【ササンドゥ関連動画】


バリ芸術祭でザカリアス・ンダオンさんがササンドゥ演奏(1) PKB ke-32(撮影:芳野未央)
http://www.youtube.com/watch?v=itE5oQ1MA9I


バリ芸術祭でザカリアス・ンダオンさんがササンドゥ演奏(2) PKB ke-32(撮影:芳野未央)
http://www.youtube.com/watch?v=rz6Wc__3DJ0

【ササンドゥ関連動画一覧】
http://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A5&aq=f

アロール県政府公式ホームページ(インドネシア語)
http://www.alorkab.go.id/

NTT(東ヌサトゥンガラ)州政府公式ホームページ(インドネシア語)
http://www.nttprov.go.id/


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック