インドネシア民主党総裁に就任したアナスさんは未来の大統領?Anas Urbaningrum

画像


十年一昔と言うが、スハルト長期独裁政権が倒れ、国中に“改革”と“民主化”の叫びが充満していた1998-1999年。筆者は、国立インドネシア大学(UI)の政治学修士課程に学ぶ一人の独身青年と、夜な夜な首都ジャカルタの屋台で飲食を共にしていた。寡黙でロープロファイルの彼は、『僕は35歳ぐらいになったら政治の世界へ入ってもいいと思っている』と語っていた。当時、弱冠29歳。そして、発言通りに、35歳で政治の世界へ飛び込んだ。2005年、現ユドヨノ政権の屋台骨である民主党(Partai Demokrat)中央執行部入り。

彼の名はアナス・ウルバニングルム(Anas Urbaningrum)。去る5月、40歳でインドネシア政権与党PD(Partai Demokrat・民主党)の総裁に就任した。日本で言えば、現首相の菅直人民主党代表ポストに相当する。『僕が大統領になれば、インドネシア国家そして国民のために尽くすができると確信している』---12年前、アナス君はそう言った。『でも、この国では「なりたい」という人間は「なれない」のだ』とも。

「なりたい」野心とエゴを表面化することなく、アナス君は、驚異的なスピードで、インドネシア共和国の政治の中枢的座を手に入れた。過去13年間の軌跡を振り返ってみると。

1997-1999:HMI(イスラム学生協会)会長
1998:政治関連法案見直しチーム(Tim 7)メンバー
1999:1999年総選挙参加政党選択チームメンバー
2001-2005:総選挙委員会メンバー
2005-現在:民主党中央執行部
2009-2014:国会民主党会派議長
2010-2015:民主党総裁

で、先頃、ジャカルタ出張のついでに、アナスさんの携帯に電話を入れてみた。『今、スマトラのジャンビに来ていて、今夕ジャカルタに戻る予定。深夜でもいいから、是非再会しましょう』と、超多忙にも関わらず、嬉しい返事。その夜、グランド・ハイヤットの一室で、旧交を深める機会を得た。話題は日イ関係に始まり、インドネシア政治動向の推移、未来の政治スケジュール等々。
『僕らは、66年世代のように「神話」にはなりたくない。66年世代は、スカルノ政権を倒したが、結果的にスハルト政権と一緒になって、間違いをおかした。僕らのような98年世代を「神話」にしてしまったら、これまた間違いをおかす可能性がある』---インドネシア“近未来の大領領候補”は、「なりたい」気持ちを微塵も見せなかった。


ジャカルタ市内グランド・ハイヤット・ホテルの一室で

画像


【アナス・ウルバニングルム氏のプロフィール】

1969年7月15日、東ジャワのブリタール市郊外のンガリック村で、五人兄弟の次男として生まれる。41歳。ブリタルには、スカルノ初代大統領の墓がある。父は宗教学者でイスラムを教える教師。その影響で。幼少時代からコーランに親しむ。1992年、国立アイルランガ大学政治学部卒。1995年の一時期、ニュース週刊誌『GATRA』のスラバヤ支局に在籍。1997-1999年、HMI(イスラム学生協会)会長。2000年、国立インドネシア大学政治学修士課程終了。現在、国立ガジャマダ大学政治学博士課程在学中。アティヤ・ライラ(Athiyyah Laila)夫人との間に4人の子供。
【主要著書】
Bukan Sekadar Presiden, 2009
Takdir Demokrasi, 2009
Menjemput Pemilu 2009, Jakarta : Yayasan Politika, 2008
Melamar Demokrasi, Jakarta : Republika, 2004
Islamo-demokrasi : Pemikiran Nurcholish Madjid, Jakarta : Republika, 2004
Pemilu Orang Biasa, Jakarta : Republika, 2004
Ranjau-Ranjau Reformasi : Potret Konflik Politik Pasca Jatuhnya Soeharto, Jakarta : Raja Grafindo Persada, 1999.
Jangan Mati Reformasi, Jakarta : Yayasan Cita Mandiri Indonesia, 1999.
Menuju Masyarakat Madani : Pilar dan Agenda Pembaruan, Jakarta : Yarsif Watampone, 1997.



画像


画像


1998年9月、初来日、静岡県伊豆半島の天城山旧トンネルへ。あの“天城越え”の舞台。アナス氏(右端)、左端はルトゥフィ・ムティ(Luthfi A.Mutty)元IIP(インドネシア行政学院講師)、元南スラウェシ州北ルウ県知事で現在は副大統領補佐官。


画像


2000年10月21日、インドネシア文化宮(GBI)が首都ジャカルタのホテル・ボロブドゥールで開催した『パプア文化芸術展』のセミナーにスピーカーとして参加したアナス氏(上は左端緑のシャツ。下は左から二人目)。

画像


画像


1999年6月12日、ボゴールのチサルアで開催された『政治・政府倫理教育センター(PUSKAP)』に参加したアナス氏。

【参考Website】

アナス民主党総裁のWebsite
http://www.bunganas.com/

インドネシア民主党
http://www.demokrat.or.id/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック