日本とアジアの戦争記録映画と戦争体験者の声を聴く8月9~13日(2)

画像


蝉時雨の高まりと共に、また終戦記念日が目の前に迫っている。あれから65年。戦場体験者は概ね85の齢に達している。既報のように、2010年8月9日、『日本とアジアの戦争記録映画と戦場体験者の声を聴く』(主催:㈱ ユニモト)が始まった。初日は東京・高円寺の座・高円寺で、そして8月9日~13日は、中野のなかのZERO本館で行われる。

その初日、シンポジウム「戦場を語り継ぐ」を覗いた。ドキュメンタリー映画『語らずに死ねるか』の監督・長尾栄治氏を司会に、3名の“戦場体験者”がその体験を語った。第133飛行場大隊の一員としてフィリピンのミンダナオ島で終戦を迎えた谷口末廣さん(89歳)。第27師団第2連隊に所属、中国戦線に参加した黒田千代吉さん(86歳)。そして第2航空軍第22対空無線隊の兵として中国東北部に駐留、戦後捕虜としてシベリア抑留の体験を持つ猪熊得郎さん(82歳)。

「戦争は勝っても負けても同じこと。外交・話し合いで問題解決を。自衛隊は憲法違反。憲法の原点に戻るべきだ」----谷口さん。

「戦争は大嫌い。憲法9条は戦争を放棄している。市民一人ひとりが戦争反対の砦、要塞を作らないといけない。戦争は二度と繰り返してはならない」----黒田さん。

「戦争のための青春だった。侵略戦争だった。戦争のためではなく、平和のための青春であるように、戦場体験を語り続けたい」----猪熊さん。


画像



画像


2010年8月9日(月)会場は座・高円寺2
第1部(無料): 10:00~13:00 「忘れられた皇軍(大島渚)」、「ニューギニアに散った16万の青春(牛山純一)」
第2部(\1,000): 14:00~17:40 「シンポジウム(戦場を語り継ぐ)」映画「語らずに死ねるか(長尾栄治)」&「続・語らずに死ねるか(長尾栄治)」

2010年8月10日(火)~13日(金)なかのZERO本館
第1部(無料):10:00~12:00
第2部(\1,000):13:00~17:00

10日
第1部:「生きている海の墓標 トタックの海底をゆく(大島渚)」「生きている玉砕の島 サイパンの海底をゆく(大島渚)」
第2部:講演「玉砕」 映画「語らずに死ねるか」「続・語らずに死ねるか」

11日
第1部:「女たちの太平洋戦争&2」
第2部: 講演「女性たちの戦場」 映画「語らずに死ねるか」「続・語らずに死ねるか」

12日
第1部:「ニューギニアに散った16万の青春」
第2部:講演「死の戦線ニューギニア」 映画「語らずに死ねるか」「続・語らずに死ねるか」

13日
第1部:「忘れられた皇軍」「あの涙を忘れない!日本が朝鮮半島を支配した36年間(牛山純一)」
第2部:シンポジウム「シベリア抑留」 映画「語らずに死ねるか」「続・語らずに死ねるか」


画像


画像


画像



【参考ブログ】

日本とアジアの戦争記録映画と戦争体験者の声を聴く 8月9~13日
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201008/article_7.html

語らずに死ねるか
http://katarazuni.blog20.fc2.com/

ドキュメンタリー映画「Silent After War」&「語らずに死ねるか」上映会
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200905/article_23.html

パプアニューギニア・セピック川探検ドキュメンタリー映画鑑賞会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200902/article_17.html

アチェのサクラさんが来日・上映会&懇親会(Sakura Aceh ke Negeri Sakura)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200804/article_1.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_2.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック