西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ~イドレ転進作戦証言(3) Manokwari Idore

画像


昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。

第2軍参謀長の藤塚止戈夫(ふじつかしかお)中将発案とされる、このイドレ転進は、結果的に“飢餓地獄”への無意味・無慈悲な敗退行軍となった。一週間で到達できるとされた距離。しかし、実際には2~3ヶ月を要した。木の根を齧り、泥水を飲んだ将兵。戦わずして、1万もの将兵が草生す屍と化した。

連合軍が“緑の地獄”と称した、深いジャングルと熱帯病が“敵”の行軍。次々と斃れる将兵。一方、藤塚中将は、持病の痔の手術を理由に、同地からセレベス経由ジャワ島へ、当時の状況下では“破格の”航空機を使っての脱出。残された将兵は、藤塚中将を恨みに恨んだと言われている。

マノクワリからイドレへの転進は、先ず先行部隊として、海路で幾つかの部隊が移動。次いで、第2軍司令部の中枢が、航空機(マノクワリ→ムミ)、大発(大型舟艇・ムミ→ウィンデシ)、徒歩(ウィンデシ→イドレ)で退却の道を歩んだ。

あれから66年。イドレ周辺、そしてヤカチ川周辺に瞑る、約1万の旧日本軍将兵。あの当時から“放置”されたままの遺骸。昭和46(1976)年、厚生省は、このイドレ地区へ遺骨収集を試みた。しかしながら、過酷な自然状況に阻まれ、その目的を果たせなかった。

マノクワリからウィンデシへ水行、そしてイドレへ徒歩転進した峰岸政夫氏(2010年8月18日、満88歳)は、第二野戦根拠地隊(稲田正純少将)通信隊第3小隊末崎分隊所属の二等兵だった。地獄の体験を『ある通信兵のニューギニア戦記』(自費出版・1999年4月8日発行)の書名で著した峰岸氏が語る「イドレ物語」。



画像



西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ~イドレ転進作戦証言(3)
http://www.youtube.com/watch?v=-D3Dgp63dHY


西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ~イドレ転進作戦証言(2)
http://www.youtube.com/watch?v=Bv90x2B04cI


西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ~イドレ転進作戦証言(1)
http://www.youtube.com/watch?v=Asdg4O6FodA


画像





画像


画像


米軍上陸状況図(昭和19年)と第2軍転進要図。共に『地の果てに死す』から引用。

画像


画像


植松仁作著『地の果てに死す』(昭和51年1月10日初版:図書出版社刊)

画像


画像


画像


画像


画像


報告書に掲載されたヤカチ川の写真。中流部で川幅が約70mとある。この一帯で何千もの将兵が飢餓、熱帯病で帰らぬ人となった。『㊙ ニューギニア調査報告書 第9篇(測量班報告)』(昭和19年6月 海軍ニューギニア調査隊)

報告書に掲載されたヤカチ川横断道路終端付近の光景。川幅は30m、深さ2mとある。

画像


画像


『㊙ ニューギニア調査報告書 第9篇(測量班報告)』(昭和19年6月 海軍ニューギニア調査隊)の表紙

昭和18年11月付の海軍ニューギニア調査隊報告書『西部ニューギニア ベラウ地峡横断道路調査図 全十一葉』

画像


(注1)
モノクロ地図は『西部ニューギニア ベラウ地峡横断道路調査団 全十一葉 海軍ニューギニア調査隊』から引用
(注2)
緑の地図はパプア州政府公共事業局作成



【イドレ関連参考ブログ】

西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ~イドレ転進作戦証言(2) Manokwari Idore
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201007/article_16.html

西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ~イドレ転進作戦証言(1) Manokwari Idore
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201007/article_15.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(15) Bandara Dai Nippon(15) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_17.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(14) Bandara Dai Nippon(14) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_16.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(13) Bandara Dai Nippon(13) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_15.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(12) Bandara Dai Nippon(12) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_14.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(11) Bandara Dai Nippon(11) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_12.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(10) Bandara Dai Nippon(10) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_11.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(9) Bandara Dai Nippon(9) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_10.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(8) Bandara Dai Nippon(8) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(7) Bandara Dai Nippon(7) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(6) Bandara Dai Nippon(6) サガ&バボ(Saga & Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(5) Bandara Dai Nippon(5) バボ&サガ(Babo & Saga)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(4) Bandara Dai Nippon(4) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_5.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(3) Bandara Dai Nippon(3) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(2) Bandara Dai Nippon(2) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地 (Bandara Dai Nippon) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_2.html

【太平洋戦争関連ブログ】

http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/43f9afaef5.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック