『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』22 岩渕宣輝が東京へ

画像


「あのォー、ビアク島の遺留品の中にYの苗字の物はないでしょうか?」----フィリピンのルソン島で実兄を亡くした、現在84歳の女性から電話があった。航空部隊に所属していたという兄の戦死の通知は、一枚の白い紙切れだった。「ルソン島ってビアク島の近くでしょうか?もしや、兄がそのビアク島にもいたかもと思って....」。「Yの遺品があれば、両親のお墓に入れてあげたいと思っていますが...」

「秋田県に住む82歳の知人が、第222連隊にいたSさんの消息を必死に探しています。Sさんは、いったいどこで、どのように戦死したのか。ビアク島という名前だけは覚えているそうですが」

「叔父は確か上等兵でしたが、なんでも西部ニューギニアで戦死したそうです。生前、母親が必死に消息を探し求めていましたが....その母も亡くなり....。どうしたら叔父の事、分かるでしょうか?」

「Wという名前の遺品は展示されていないでしょうか?戦死公報では東の方のニューギニアのウェワクで戦死したことになっているけれども、調べていくうちに、どうも西部ニューギニアで亡くなったことが分かりました。もしやビアク島ではないかと思って電話しました」----都内新宿区に住む80歳代の女性は、実兄の“最期”を知ろうと必死だが、不自由な足であちらこちらに出かけることはできない、と嘆く。「Wと書かれた遺品があれば、ぜひとも兄の形見としたいのですが...」

インドネシア文化宮(GBI)にかかってくる電話は、いまだ還らぬ親族の情報を、藁をもつかむ思いで探している。

「身内は、西部ニューギニアのムミという場所で、マラリアで死んだと言われていますが、遺骨は還ってきていません。もしかすると、ビアク島で戦死したんじゃないかと思って、ここにやってきました」----都内に住む50代の男性は、展示してある西部ニューギニアの地図を見て、初めてムミ(モミ)の位置を知った。

「国家の名において召集され、そして戦死した兵士を、これまで一度たりとも探しに行かず、赤道直下のジャングルに、その遺骨を放置したままにしてきた国家って、いったい何なんだろうね。これじゃ犬死にじゃないですか。靖国云々言う前に、せめて遺骨ぐらい拾ってあげなくちゃ、兵士も浮かばれないですよ。国立アニメ博物館作るぐらいのお金があるんだったら、国家と国民に殉じた人たちの骨ぐらい拾ってあげないと。そうでしょう!?」---展示会場を訪れた都内新宿区の男性が、日本国政府に対して怒りをぶちまける。

「戦争ってやつは、勝てば正義、負ければ不義。でもね、負けたら、正義の戦争だったって言っていた国家は、戦死した将兵の遺骨さえ捜そうとしないんだから。これじゃあ、国を愛せる訳がない。私は、昭和20年6月、九州から沖縄戦の応援部隊として出撃する予定だったけれども、行く船がないから、行かずに済んだ。戦争に負けたら負けたなりに、戦死した将兵の遺骨をきちんと祖国に還そうとしなくちゃ。それが正義ってものだ」---展示会場を訪れた84歳の“元帝国陸軍兵士”が国家の姿勢を嘆く。

インドネシア文化宮(GBI)で開催中の『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』。2009年9月3日、『読売新聞が』同展示会に関して記事を掲載すると、数百人の遺族から電話が殺到し、展示会場を訪ねる人数が急増。クロノジカルには“戦後”であっても、身内を思うとき、“戦後”がまだ来ていない多くの人々がいる現実に直面する。

不思議なことは、普段インネシアの事柄に関心を示している人々が、全くといっていいほど、「インドネシアに放置されたままの同胞」に関心を示さないことだ。一方、普段はインドネシアに無縁な人々が、未だ祖国帰還を果たすことができない、インドネシアの地に瞑る親族のことを、ひと時も忘れることなく、懸命に情報収集にあたっていることだ。このギャップをどう解釈、説明すべきか。

確かに、時は、時代は、刻々と変貌し、人々の心、意識も変化する。国と国民。国と一人の人間との関係とは?西部ニューギニア、そしてアジア地域に瞑る、あの戦争が終わったことさえ知らない“兵(つわもの)ども”は、今でも“祖国”からの接触を待っている。


2009年9月6日(日)11:00~12:00、展示会の共催者『太平洋戦史館』の岩渕宣輝会長理事が上京し、靖国神社にさえ辿り着けない「英霊」たちの現状について語る



画像


岩渕宣輝『太平洋戦史館』会長理事(右端)


展示会場の光景(動画)



ニューギニア未帰還兵展--私たちは帰りたい。祖国日本へ(水筒物語)



ニューギニア未帰還兵展--私たちは帰りたい。祖国日本へ(飯盒物語)



ニューギニア未帰還兵展--私たちは帰りたい。祖国日本へ(飯盒の蓋物語)



ビアク島戦史(インドネシア語)



ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ Japanese Soldier



Pameran Prajurit Jepang yg tak sempat dipulangkan ke tanah air dari Papua



玉砕のビアク島。故陸軍主計中尉浅野寬氏遺品(日記)



ニューギニア未帰還兵展--私たちは帰りたい。祖国日本へ2 Japanese Soldier



ニューギニア未帰還兵展--私たちは帰りたい。祖国日本へ3 Japanese Soldier



ニューギニア未帰還兵展--私たちは帰りたい。祖国日本へ4 Japanese Soldier



ニューギニア未帰還兵展--私たちは帰りたい。祖国日本へ5 Japanese Soldier



ニューギニア未帰還兵展--私たちは帰りたい。祖国日本へ6 Japanese Soldier



西部ニューギニアから108人の旧日本兵の遺骨が祖国へ帰還 Japanese soldiers



西部ニューギニア未帰還兵捜索民間外交使節団パプア巡礼の旅(1) 動画
日本を発ち、まずバリ島へ。そこから西部ニューギニアの中心都市ジャヤプラ(旧ホランジア)へ。センタニ湖西方のゲニェム(Genyem)地区のベラップ(Berap)村の地中に埋もれた、約200体と推定される旧日本兵の遺骸の一部を確認した。






西部ニューギニア未帰還兵捜索民間外交使節団パプア巡礼の旅(2) 動画
激戦地で“玉砕の島”となったビアク(Biak)島のアミアムダム村。無数にある小さな洞窟には決まって旧日本兵の遺骸が今でも残っている。民間外交使節団によって収集された遺骸は、地元の人々が安置所に保管している。






西部ニューギニア未帰還兵捜索民間外交使節団パプア巡礼の旅(3) 動画
激戦地で“玉砕の島”となったビアク(Biak)島のビアク島にある『西洞窟』。立てこもった日本軍に連合軍の猛爆、ガソリン入りドラム缶が投入され、多くの傷病兵が自決した。付近の畑作地には今でも旧日本兵の遺骸があちらこちらに。






西部ニューギニア未帰還兵捜索民間外交使節団パプア巡礼の旅(4) 動画
激戦地で“玉砕の島”となったビアク(Biak)島にあるMuseum Cenderawasih(極楽鳥博物館)、 通称「日本ミュージアム(Museum Jepang)」。日本軍や連合軍が残した武器類が展示されている。






★★★『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』★★★

期間】  2009年8月8日(土)~9月30日(水)11:00-17:30 但し、日曜・祝日と第1(9月5日)&第3(9月19日)はお休みです。また、雨天などの悪天候、さらに取材活動に伴って事前予告無しに、閉めることもありますので、予めご了承お願い致します。但し、9月6日(日)のみ、11:00~15:00臨時オープンします。この日は、「太平洋戦史館」の岩渕会長理事による写真説明が行われます。
展示品】 玉砕の島ニューギニアの遺骸・遺品の写真。遺留品(姓が刻まれた水筒、飯盒など)&パプア樹皮絵画
主催】  インドネシア文化宮(GBI) &太平洋戦史館(岩手県奥州市)
場所】  インドネシア文化宮(GBI) JR高田馬場駅より徒歩約6分。東京富士大学の時計台のある記念館前正門の向かい側のビル1階(添付地図参照)東京都新宿区下落合1-6-8(TEL:03-5331-3310 or 03-3360-9171)
入場】 無料

(注)展示品の元の所有者に関する情報提供を求めています。かつてニューギニア戦線に就き、西部ニューギニア地域ことにビアク(Baik)島で戦死したと推定される兵士のご遺族、縁者の皆さまによる確認作業に期待致します。



【展示会場の光景】


画像



画像


ジャヤプラ湾やセンタニ湖一帯で古くから作られていた樹皮製のコンボウ(Kombow)。かつては衣服の素材として用いられていたが、今ではタペストリ絵画として人気が高い。


【インドネシア文化宮の場所】東京都新宿区下落合1-6-8(東京富士大学の時計台のある記念館前正門向かいのビルです)





【参考ブログ】

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』21故田中應海大尉
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_4.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』を「読売新聞」が報道
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_3.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)5 Goa Jepang Pulau Biak Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_2.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)4 Goa Jepang Pulau Biak Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_1.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)3 Goa Jepang Pulau Biak Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_32.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)2 Goa Jepang Pulau Biak Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_31.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)Goa Jepang, Pulau Biak, Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_30.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』21 金属カップ 杉本
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_28.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』20 飯盒の内蓋 久保金治
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_26.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』19 飯盒の内蓋 中島愼希一?
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_25.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』18 水筒 長野一彦
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_24.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』17飯盒の内蓋 渡辺貞雄
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_23.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』 16 飯盒・鈴木信太
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_21.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』 15 小野寺中尉の水筒
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_20.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』14 終戦記念日
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_16.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』13 トル川
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_13.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』 12 ビアク島へ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_12.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』11ビアク島戦史
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_10.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』 が始まる10
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_9.html

今日からスタート『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』 9
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_8.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』8 ビアク島からの遺留品3
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_6.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』7 ビアク島からの遺留品2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_5.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』6 ビアク島からの遺留品
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_4.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』5 ビアク島戦史
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_3.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』4 ビアク島戦史
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_2.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』3 ビアク島日誌
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200907/article_64.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』2 Pameran Prajurit
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200907/article_63.html

「ニューギニア未帰還兵展--私たちは帰りたい。祖国日本へ」開催のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200907/article_62.html

太平洋戦史館
http://www14.plala.or.jp/senshikan/

東部インドネシアの旧日本軍航空基地関連記事一覧
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/43f9afaef5.html

西部ニューギニアから108人の旧日本兵の遺骨が祖国へ(Kembali ke Tanah Air)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200903/article_21.html

ニューギニア島の西パプア州で大きな地震発生(Gempa bumi Papua Barat)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_5.html

パプアの桜(No.2) Pohon Sakura Papua(No.2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_4.html

パプアの桜(No.1) Pohon Sakura Papua(No.1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(108) Bandara DaiNippon(108)ボルネオ島
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200905/article_19.html

(この間に107~38のシリーズがあります)

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(37) Bandara Dai Nippon(37) ハベマ湖(Danau Habema)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(36) Bandara Dai Nippon(36) ロンベバイ湖(Danau Rombebai)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(35) Bandara Dai Nippon(35) ウィッセル湖(Danau Wiessel/Paniai)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(34) Bandara Dai Nippon(34) ワクデ島(Pulau Wakde)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(33) Bandara Dai Nippon(33) ワクデ島(Pulau Wakde)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(32) Bandara Dai Nippon(32) ワクデ島(Pulau Wakde)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(31) Bandara Dai Nippon(31) サルミ(Sarmi)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_2.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(30) Bandara Dai Nippon(30) サルミ(Sarmi)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_34.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(29) Bandara Dai Nippon(29) サルミ(Sarmi)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_33.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(28) Bandara Dai Nippon(28) ナビレ(Nabire)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_32.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(27) Bandara Dai Nippon(27) ヌンホル島(Pulau Numfor)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_31.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(26) Bandara Dai Nippon(26) ヌンホル島(Pulau Numfor)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_30.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(25) Bandara Dai Nippon(25) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_29.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(24) Bandara Dai Nippon(24) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_28.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(23) Bandara Dai Nippon(23) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_26.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(22) Bandara Dai Nippon(22) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_25.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(21) Bandara Dai Nippon(21) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_24.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(20) Bandara Dai Nippon(20) マピア島(Pulau Mapia)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_22.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(19) Bandara Dai Nippon(19) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_21.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(18) Bandara Dai Nippon(18) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_20.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(17) Bandara Dai Nippon(17) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_19.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(16) Bandara Dai Nippon(16) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_18.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(15) Bandara Dai Nippon(15) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_17.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(14) Bandara Dai Nippon(14) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_16.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(13) Bandara Dai Nippon(13) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_15.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(12) Bandara Dai Nippon(12) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_14.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(11) Bandara Dai Nippon(11) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_12.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(10) Bandara Dai Nippon(10) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_11.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(9) Bandara Dai Nippon(9) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_10.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(8) Bandara Dai Nippon(8) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(7) Bandara Dai Nippon(7) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(6) Bandara Dai Nippon(6) サガ&バボ(Saga & Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(5) Bandara Dai Nippon(5) バボ&サガ(Babo & Saga)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(4) Bandara Dai Nippon(4) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_5.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(3) Bandara Dai Nippon(3) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(2) Bandara Dai Nippon(2) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地 (Bandara Dai Nippon) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_2.html


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック