“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)Goa Jepang, Pulau Biak, Papua

画像


京都産業大学の安田和彦教授が今夏、パプア州のビアク島を訪れた。インドネシア共和国が第64回独立記念日を迎えた2009年8月17日早朝、首都ジャカルタからおよそ6時間の夜間飛行の末、安田さん夫妻は“玉砕の島”ビアク(Biak)島に到着。戦時中、この島では第2軍直轄の、歩兵第222連隊(葛目直幸大佐:雪3523部隊=青森編成)を主力とするビアク支隊が海軍部隊と共に、連合軍と対峙。激戦は、1万数千の将兵・軍属の命を奪った。歩兵第222連隊の原隊である第36師団(通称雪兵団)は、青森県弘前の編成。安田教授も弘前出身(正確には隣の板柳町)。安田さんが寄せてくれた画像と資料を基に、2009年8月のビアク島を連載する。

ビアク島西洞窟を訪れて---安田和彦

平成21年8月18日(火)午前9時過ぎ、早朝のスコールは止んだものの依然として厚い雲が太陽を隠す曇り空の下、ビアク島西洞窟を訪れた。米軍作成の地図では②と記された開口部から、足を滑らせぬよう気をつけながらジグザグに進む階段を降り、底の部分にたどりつく。

薄暗い淀んだ空気の中、なんとも言えない蒸し暑さを感じる。涼しいとは言えないまでも、それほど強烈には暑さを感じない曇りの朝でこの蒸し暑さなら、赤道直下の太陽が照りつける午後になれば、どれほどの不快さを感じるのだろうかと思う。

空が見えない地底の泥湿地に立ち、緑がかった灰色の鍾乳石の壁に囲まれ、滴り落ちる水滴を肩に受けるが、到底人間がここで暮らすということを想像することはできない。

洞窟内を歩きながら、ここで数千もの将兵が亡くなったという史実をどのように受け止めたらよいのかと自問自答するが、答えは出るはずもなく、絶望感さえ覚える。

最後に青森から持ってきた天然水と清酒を注ぎつつ慰霊の祈りをささげ、洞窟を出た。

洞窟からの帰途、あらためて戦没日本人之碑に天然水、清酒と青森のりんごを供え、洞窟、そしてビアク島での戦没者の御霊安からんことを祈願する。お祈りの途中、時折雨が降ってきていたが、あの雨が天からの清めの雨であったことを願うばかりである。



西洞窟の③開口部。


画像


ビアク島の戦跡を訪ねた安田夫妻。


画像



「戦没日本人の碑」---吉田茂元首相の筆といわれる慰霊碑。昭和31年、日本政府は、この碑を西洞窟に設置しただけで、ビアク島の1万を超える将兵の遺骸を捜索することはなかった。

画像



米軍作成図の開口部②の底には赤錆びたドラム缶が。投げ込まれたガソリンが入ったドラム缶。洞内は火の海と化した。

画像



米軍作成図の開口部②。ここが出入り口だった。内側から洞外を望む。熱帯ジャングルの緑が眩しい。


画像




画像



洞内観光用に階段が設置されている。


画像



画像


旧階段跡。


一冊の英文リポートがある。題して『HISTORY OF THE BIAK OPERATION 15-27 June 1944』。アイケルバーガー中将の署名入りのこのタイプ打ちしたリポートは、ビアク島攻略戦に関し、上陸時点に始まり、戦闘経過などについて詳細に報告している。いつ作成されたものかは分からないが、表紙ページには「War Department」の印が押してあり、1947年6月11日付で、閲覧制限が解除されたことが記入されている。
この報告書には、何枚もの地図が添付されていて、その中には、日本軍が最後まで抵抗を続けた“西洞窟(連合軍はこの洞窟を“SUMPS”と呼んだ)”そして“東洞窟(連合軍はこの洞窟を“Mokmer Pocket”と呼んだ)”の断面図が含まれている。戦闘終結後に、内部に入って測量したものと推定される。それによれば、“西洞窟”には3つの開口部がある。開口部③が一番大きくて、直径はおよそ36mで、地表からの深さは約18m。別の2つの開口部は、それぞれ約22.5m(②の表記)、そして約30m(①の表記)。内部はトンネル状に繋がっている。①②と③の距離はおよそ158m。これまで戦記で余り触れられてこなかったが、①の開口部の洞底の下には別の洞窟があり、そこを司令官たちが使用していたことが分かる。このいわば“階下”の空間には、おそらく木製であったと思われる小屋があり、さらにテントがあったことが記載されている。階下に降りるために、梯子が設置されていたようだ。さらに、この司令官室には、1.5 X 3 X 3mの横穴があったとされる。


画像




画像



西洞窟を制圧後、米軍が作成した戦闘報告書『HISTORY OF THE BIAK OPERATION 15-27 June 1944』に収められた“西洞窟”断面図。


画像




画像




画像



開口部②から内部へ入り底に着いた先、右側に開口部①に通じる横穴がある。中央、薄く外光が見える。


ビアク島は豊嶋房太郎中将を司令官とする第2軍の作戦地域だった。同軍の軍隊区分表(部隊配備表)によれば、昭和19年5月時点で、ビアク支隊(支隊長は、青森編成の歩兵第222連隊の葛目直幸大佐。総数約10,400名で内約3,000名は台湾人軍夫とインドネシア人兵補だったとされる)には、以下のような部隊がいた。歩兵第222連隊(第9中隊欠)、第36師団通信隊、輺重隊、経理勤務隊、野戦病院、海上輸送隊の各一部。第2軍司令部の一部、野戦高射砲第49大隊第23中隊、電信第24連隊第3中隊第3小隊、電信第24連隊第4中隊の無線一分隊、独立自動車第248中隊の一小隊、特設陸上勤務第41中隊、患者輸送第87小隊、第17野戦飛行場設定隊、第107野戦飛行場設定隊、第108野戦飛行場設定隊、第2開拓勤務中隊、野戦作井第5小隊、第5、第12移動製材班、第36師団輸送隊の一部、建築勤務第69中隊、第2方面軍防瘧指導班の一部、第2軍野戦兵器廠の一部、第2軍野戦自動車廠の一部。

また、ビアク支隊が玉砕を遂げた以降の、昭和19年12月時点だと、以下のような部隊配置とされる。ビアク支隊長は近衛歩兵第9連隊附大森少佐、歩兵第222連隊(第9中隊欠)、歩兵第219連隊第2大隊の主力、歩兵第221連隊第2大隊の主力、第2軍司令部の一部、野戦高射砲第49大隊第2中隊、電信第24連隊第3中隊の第3小隊及び第4中隊の無線一分隊、第36師団通信隊の一部、第36師団輺重隊の一部、第36師団海上輸送隊の一部(混成一中隊)、第36師団野戦経理勤務隊の一部、第36師団野戦病院第1分院、第14師団海上輸送隊第3中隊主力及び第1中隊の一部、第47碇泊場司令部及び船舶通信の一部、独立自動車第248中隊の一小隊、建築勤務第69中隊、特設建築勤務第50中隊の一小隊、特設海上勤務第41中隊、患者輸送第87小隊、第2方面軍防瘧指導班の一部、野戦作井第5中隊(一小隊のみ)、第17、第107、第108野戦飛行場設定隊、第2軍野戦兵器廠、自動車廠、貨物廠の各一部。

また、昭和19年5月時点でのビアク島における海軍兵力(約2,000名)は以下の通り。第28特別根拠地隊(千田貞敏少将)、第19警備隊(前田岬中佐)、第101燃料廠、地下資源開発隊、第33防空隊、第105防空隊、第202設営隊、第18警備隊、第153航空隊、第28建設部、民政府(注:ニューギニア民政府。昭和19年2月以降は第26海軍建設部)。



【参考ブログ】

(ビアク島関連)


東部インドネシアの旧日本軍航空基地(25) Bandara Dai Nippon(25) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_29.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(24) Bandara Dai Nippon(24) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_28.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(23) Bandara Dai Nippon(23) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_26.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(22) Bandara Dai Nippon(22) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_25.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(21) Bandara Dai Nippon(21) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_24.html


『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』21 金属カップ 杉本
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_28.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』20 飯盒の内蓋 久保金治
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_26.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』19 飯盒の内蓋 中島愼希一?
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_25.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』18 水筒 長野一彦
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_24.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』17飯盒の内蓋 渡辺貞雄
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_23.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』 16 飯盒・鈴木信太
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_21.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』 15 小野寺中尉の水筒
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_20.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』14 終戦記念日
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_16.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』13 トル川
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_13.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』 12 ビアク島へ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_12.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』11ビアク島戦史
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_10.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』 が始まる10
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_9.html

今日からスタート『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』 9
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_8.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』8 ビアク島からの遺留品3
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_6.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』7 ビアク島からの遺留品2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_5.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』6 ビアク島からの遺留品
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_4.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』5 ビアク島戦史
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_3.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』4 ビアク島戦史
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_2.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』3 ビアク島日誌
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200907/article_64.html

『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』2 Pameran Prajurit
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200907/article_63.html

「ニューギニア未帰還兵展--私たちは帰りたい。祖国日本へ」開催のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200907/article_62.html

太平洋戦史館
http://www14.plala.or.jp/senshikan/

東部インドネシアの旧日本軍航空基地関連記事一覧
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/43f9afaef5.html

西部ニューギニアから108人の旧日本兵の遺骨が祖国へ(Kembali ke Tanah Air)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200903/article_21.html

ニューギニア島の西パプア州で大きな地震発生(Gempa bumi Papua Barat)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_5.html

パプアの桜(No.2) Pohon Sakura Papua(No.2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_4.html

パプアの桜(No.1) Pohon Sakura Papua(No.1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(108) Bandara DaiNippon(108)ボルネオ島
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200905/article_19.html

(この間に107~38のシリーズがあります)

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(37) Bandara Dai Nippon(37) ハベマ湖(Danau Habema)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(36) Bandara Dai Nippon(36) ロンベバイ湖(Danau Rombebai)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(35) Bandara Dai Nippon(35) ウィッセル湖(Danau Wiessel/Paniai)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(34) Bandara Dai Nippon(34) ワクデ島(Pulau Wakde)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(33) Bandara Dai Nippon(33) ワクデ島(Pulau Wakde)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(32) Bandara Dai Nippon(32) ワクデ島(Pulau Wakde)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(31) Bandara Dai Nippon(31) サルミ(Sarmi)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_2.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(30) Bandara Dai Nippon(30) サルミ(Sarmi)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_34.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(29) Bandara Dai Nippon(29) サルミ(Sarmi)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_33.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(28) Bandara Dai Nippon(28) ナビレ(Nabire)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_32.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(27) Bandara Dai Nippon(27) ヌンホル島(Pulau Numfor)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_31.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(26) Bandara Dai Nippon(26) ヌンホル島(Pulau Numfor)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_30.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(25) Bandara Dai Nippon(25) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_29.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(24) Bandara Dai Nippon(24) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_28.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(23) Bandara Dai Nippon(23) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_26.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(22) Bandara Dai Nippon(22) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_25.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(21) Bandara Dai Nippon(21) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_24.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(20) Bandara Dai Nippon(20) マピア島(Pulau Mapia)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_22.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(19) Bandara Dai Nippon(19) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_21.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(18) Bandara Dai Nippon(18) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_20.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(17) Bandara Dai Nippon(17) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_19.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(16) Bandara Dai Nippon(16) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_18.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(15) Bandara Dai Nippon(15) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_17.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(14) Bandara Dai Nippon(14) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_16.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(13) Bandara Dai Nippon(13) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_15.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(12) Bandara Dai Nippon(12) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_14.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(11) Bandara Dai Nippon(11) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_12.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(10) Bandara Dai Nippon(10) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_11.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(9) Bandara Dai Nippon(9) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_10.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(8) Bandara Dai Nippon(8) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(7) Bandara Dai Nippon(7) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(6) Bandara Dai Nippon(6) サガ&バボ(Saga & Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(5) Bandara Dai Nippon(5) バボ&サガ(Babo & Saga)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(4) Bandara Dai Nippon(4) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_5.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(3) Bandara Dai Nippon(3) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(2) Bandara Dai Nippon(2) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地 (Bandara Dai Nippon) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_2.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック