「ニューギニア未帰還兵展--私たちは帰りたい。祖国日本へ」開催のお知らせ

画像


お母様、お父様、お変りございませんでしょうか。
お婆様、お爺様 お元気でしょうか。
兄上様、姉上様、そしてご家族の皆様、達者でお暮らしでしょうか。
叔母様、叔父様、そしてご家族の皆様、お変わりありませんでしょうか。
戦友の皆々様方、日本は立派なお国になりましたでしょうか。

皆様とお別れして、もう60数年が経ちました。
私は今も、ここ西部ニューギニアの地で皆さまの事、お国の事を忘れる日はありません。
皆さまはまだ私の事を覚えていてくださっていますでしょうか。覚えていてくれるものと信じています。

あの戦争が終わったことを私は知りません。戦争が終わる前に、私はこの世の者ではなくなってしまいました。
あれから60数年。皆さまも齢を重ね、私と同じく、この世の者ではなくなった方も少なくないことでしょう。
願わくば、お国が見事に発展し、皆様方がお幸せに日々を過されていることです。

私は20歳代で、このパプアの地で生を終えました。戦友には30歳代、40歳代、50歳代の方もいます。皆、飢餓と熱帯病に纏れ、皆様と再会することなく、無念にもこの地で果てました。皆様の御多幸と、お国の発展を祈って、恥ずかしながら果ててしまいました。

私は、愛する故国に戻ることはできません。白骨となった私は、今この西部ニューギニアを離れることができません。そのため、こうして水筒、飯ごうの蓋が代わりに祖国日本へ戻ることになりました。
皆様、これだけの手がかりしかありませんが、どうぞ私の故郷を探し出していただけませんでしょうか。私が誰だったのか調べていただけませんでしょうか。白骨の姿ではありますが、どうしても祖国に帰り、皆様と再会し、あの生きていた時代の証しを確認し、一人の人間としてきちんとこの世とお別れしたいと願っています。  

私にもはや口はありません。ニューギニアの大地、陽も射さない洞窟、そして深いジャングルに放置されています。あれから60数年、一度として同朋の皆様にお目にかかったことがありません。誰も探しに来てはくれませんでした。何も求めるものはありません。私がどこで生まれた誰だったのかを再認識したいだけなのです。それだけの願いでございます。皆様のお力添えに感謝致します。日本は厳しい暑さの夏ですね。どうかお身体、ご自愛ください。ここは 熱暑のニューギニア。赤道直下の高温多湿を友に、私どもは皆様からの呼びかけがある日を心待ちにしています。


西部ニューギニアに瞑る一人の未帰還兵より

追伸

日本の皆様その後 お変わりございませんでしょうか
お別れしてからもう60幾余年になります 
その後 日本はどうなったのでしょうか
アメリカに勝ったのでしょうか
皆様の事はっきり覚えていますが 
出征したままの私の事覚えていますでしょうか
戦友達の多くは敵弾に斃れ、また最後まで行動を共にした仲間もみんな亡くなりました
援軍を待ちながら玉砕した後、いつかは私達の骨を拾いに来てくれるものと期待していましたが、今日の今日まで誰も来てくれませんでした
皆様のご健勝をお祈り申し上げます



政府派遣遺骨収集で発見。ビアク島 「戦没日本人の碑」からわずか十数メートル離れた窪地で発掘(撮影 1999年) 。


画像



インドネシア文化宮(GBI)のブログは、過去一年間にわたり『東部インドネシアの旧日本軍航空基地』シリーズを連載してきました。インドネシアと日本との戦時下における関係は、これまでジャワを中心とする軍政や独立運動の視点から語られがちでした。しかし、かつて蘭印(オランダ領インドネシア)と呼ばれた同地域で戦死・戦病死した圧倒的多数の日本人は東部インドネシア域、殊に西部ニューギニアで記録されています。
しかしながら、“激戦地”、“玉砕の島”と歴史に刻まれる一方で、彼の地の「戦後」は1945年から止ったままの状況と言っても過言ではありません。少なくとも、戦後、そのまま遺骸を放置されたままにされてきた旧日本兵の視点に立つと、その感は否めません。
西部ニューギニア(現在のパプア州&中パプア州&西パプア州)に限定すれば、戦後顧みられることなく、野ざらしにされたまま白骨遺骸となった軍人・軍属の数は少なく見積もっても3万名を超えます。この中には、台湾や朝鮮半島出身者やインドネシア人兵補、インド兵、地元パプア出身者なども含まれています。
戦後65年目を迎えようとしている今日。
インドネシア文化宮は、長年現地で未帰還兵の捜索活動を続けている岩手県奥州市の特定非営利活動法人『太平洋戦史館』と共催で、下記の要領で「ニューギニア未帰還兵展--私たちは帰りたい。祖国日本へ」を開催致します。人間の尊厳、そして命の尊さに思いを馳せ、戦後史に埋もれた日イの知られざる側面に光をあてたいと思います。




『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』

名称】  『ニューギニア未帰還兵展---私たちは帰りたい。祖国日本へ』(Pameran Foto & Barang peninggalan mantan prajurit Dai Nippon di Papua)

期間】  2009年8月8日(土)~9月30日(水)11:00-17:30 但し、日曜・祝日と第1&第3&第5土曜日はお休みです。また、8月12(水)~15(土)もお休みです。さらに、雨天などの悪天候、さらに取材活動に伴って事前予告無しに、閉めることもありますので、予めご了承お願い致します。但し、9月6日(日)のみ、11:00~15:00臨時オープンします。この日、「太平洋戦史館」の岩渕会長理事による写真説明が行われます。

展示品】 玉砕の島ニューギニアの遺骸・遺品写真。遺留品(姓が刻まれた水筒、飯盒など)&パプア樹皮絵画

講演会】 特定非営利活動法人『太平洋戦史館』岩渕宣輝会長理事(日時未定)

主催】  インドネシア文化宮(GBI) &太平洋戦史館(岩手県奥州市)

場所】  インドネシア文化宮(GBI) JR高田馬場駅より徒歩約6分。東京富士大学時計台記念館前正門の向かい側のビル1階(添付地図参照)東京都新宿区下落合1-6-8(TEL:03-5331-3310 or 03-3360-9171)

入場】 無料

(注)展示品の元の所有者に関する情報提供を求めています。かつてニューギニア戦線に就き、西部ニューギニア地域ことにビアク(Baik)島で戦死したと推定される兵士のご遺族、縁者の皆さまによる確認作業に期待致します。



画像
















西部ニューギニア未帰還兵捜索民間外交使節団パプア巡礼の旅(1) 動画
日本を発ち、まずバリ島へ。そこから西部ニューギニアの中心都市ジャヤプラ(旧ホランジア)へ。センタニ湖西方のゲニェム(Genyem)地区のベラップ(Berap)村の地中に埋もれた、約200体と推定される旧日本兵の遺骸の一部を確認した。






画像



西部ニューギニア未帰還兵捜索民間外交使節団パプア巡礼の旅(2) 動画
激戦地で“玉砕の島”となったビアク(Biak)島のアミアムダム村。無数にある小さな洞窟には決まって旧日本兵の遺骸が今でも残っている。民間外交使節団によって収集された遺骸は、地元の人々が安置所に保管している。






西部ニューギニア未帰還兵捜索民間外交使節団パプア巡礼の旅(3) 動画
激戦地で“玉砕の島”となったビアク(Biak)島のビアク島にある『西洞窟』。立てこもった日本軍に連合軍の猛爆、ガソリン入りドラム缶が投入され、多くの傷病兵が自決した。付近の畑作地には今でも旧日本兵の遺骸があちらこちらに。






西部ニューギニア未帰還兵捜索民間外交使節団パプア巡礼の旅(4) 動画
激戦地で“玉砕の島”となったビアク(Biak)島にあるMuseum Cenderawasih(極楽鳥博物館)、 通称「日本ミュージアム(Museum Jepang)」。日本軍や連合軍が残した武器類が展示されている。







画像



太平洋戦史館会員による巡拝・戦跡調査。ビアク島マンドウ地区。切り開かれた雑木林の枯れ葉の下に白骨遺体が散乱していた(撮影2007年6月)。


画像



太平洋戦史館による巡拝・戦跡調査。ビアク島マンドウ地区。丘の中腹のざんごうの中に、鉄カブトや飯ごう、水筒などと一緒に日本兵の遺体4体ほどが散乱していた(撮影 2008年3月) 。


画像



政府派遣遺骨収集。 収集されたモンゴロイドのアゴの骨を数えるドクター 。人体を構成する200種類の骨ごとに数え、それぞれの数を比較し、一番多かった部分の数を、遺体の数と見なす厳密な方法がとられている(撮影 2006年1月)。



画像



政府派遣遺骨収集。 115柱を焼骨(撮影 2007年11月)。


画像



ビアク島で見つかった水筒。「山藤」と刻まれている。


画像



パプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)西方のセンタニ(Sentani)湖周辺では、その昔からコンボウ(樹皮絵画)の製作が盛んです。かつては衣類として使われていました。センタニ湖の北には日本軍が飛行場を三つも建設しました。その内の一つは現在でも空の玄関口として利用されています。1944年4月22日の連合軍のホーランジア上陸作戦に伴って、多くの日本兵が、センタニ湖周辺で亡くなりました。樹皮絵画には森に暮らす“精霊”がよく描かれます。


画像




画像




画像




画像



【展示会場の光景】

画像




画像



画像



【インドネシア文化宮の場所】東京都新宿区下落合1-6-8(東京富士大学の時計台のある記念館前正門向かいのビルです)





【参考ブログ】

太平洋戦史館
http://www14.plala.or.jp/senshikan/

東部インドネシアの旧日本軍航空基地関連記事一覧
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/43f9afaef5.html

西部ニューギニアから108人の旧日本兵の遺骨が祖国へ(Kembali ke Tanah Air)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200903/article_21.html

ニューギニア島の西パプア州で大きな地震発生(Gempa bumi Papua Barat)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_5.html

パプアの桜(No.2) Pohon Sakura Papua(No.2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_4.html

パプアの桜(No.1) Pohon Sakura Papua(No.1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(108) Bandara DaiNippon(108)ボルネオ島
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200905/article_19.html

(この間に107~38のシリーズがあります)

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(37) Bandara Dai Nippon(37) ハベマ湖(Danau Habema)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(36) Bandara Dai Nippon(36) ロンベバイ湖(Danau Rombebai)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(35) Bandara Dai Nippon(35) ウィッセル湖(Danau Wiessel/Paniai)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(34) Bandara Dai Nippon(34) ワクデ島(Pulau Wakde)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(33) Bandara Dai Nippon(33) ワクデ島(Pulau Wakde)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(32) Bandara Dai Nippon(32) ワクデ島(Pulau Wakde)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(31) Bandara Dai Nippon(31) サルミ(Sarmi)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_2.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(30) Bandara Dai Nippon(30) サルミ(Sarmi)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_34.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(29) Bandara Dai Nippon(29) サルミ(Sarmi)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_33.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(28) Bandara Dai Nippon(28) ナビレ(Nabire)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_32.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(27) Bandara Dai Nippon(27) ヌンホル島(Pulau Numfor)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_31.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(26) Bandara Dai Nippon(26) ヌンホル島(Pulau Numfor)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_30.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(25) Bandara Dai Nippon(25) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_29.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(24) Bandara Dai Nippon(24) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_28.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(23) Bandara Dai Nippon(23) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_26.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(22) Bandara Dai Nippon(22) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_25.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(21) Bandara Dai Nippon(21) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_24.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(20) Bandara Dai Nippon(20) マピア島(Pulau Mapia)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_22.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(19) Bandara Dai Nippon(19) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_21.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(18) Bandara Dai Nippon(18) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_20.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(17) Bandara Dai Nippon(17) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_19.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(16) Bandara Dai Nippon(16) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_18.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(15) Bandara Dai Nippon(15) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_17.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(14) Bandara Dai Nippon(14) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_16.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(13) Bandara Dai Nippon(13) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_15.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(12) Bandara Dai Nippon(12) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_14.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(11) Bandara Dai Nippon(11) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_12.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(10) Bandara Dai Nippon(10) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_11.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(9) Bandara Dai Nippon(9) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_10.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(8) Bandara Dai Nippon(8) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(7) Bandara Dai Nippon(7) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(6) Bandara Dai Nippon(6) サガ&バボ(Saga & Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(5) Bandara Dai Nippon(5) バボ&サガ(Babo & Saga)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(4) Bandara Dai Nippon(4) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_5.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(3) Bandara Dai Nippon(3) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(2) Bandara Dai Nippon(2) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地 (Bandara Dai Nippon) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_2.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック