東部インドネシアの旧日本軍航空基地(26) Bandara Dai Nippon(26) ヌンホル島

画像



ビアク(Biak)島の玉砕戦が余りにも有名で、その戦史に隠れがちだが、西隣にあるヌンホル(Numfor)島でも、実は壮絶・凄惨な戦いが繰り広げられた。しかも、ビアク島同様に、大本営は、この勾玉のような形をした小さな島に飛行場群を造成した。その数4基地。当初、日本軍は、西部ニューギニア本島のフェールヴィンク(Geelvink)湾の北側に点在するスハウテン(Schouten)諸島に飛行場を建設することに消極的だった。しかし、調査を進めるうちに、飛行場に適する地形、場所が意外と多いことが分かった。これが、本島から見れば離島にあたるビアク島やヌンホル島にそれぞれ3~4個もの滑走路を整備する計画を後押しした。
『戦史業書 西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』によれば、昭和18(1943)年9月中旬以降、第19軍(富永信政中将:司令部はアンボン:(注)同年10月中旬以降は北野憲造中将)は、鯉第一臨時設定隊(小田二三夫中尉:1944年1月以降、第117野戦飛行場設定隊に名称変更)、鯉第三臨時設定隊(三隅道夫中尉:1944年1月以降、第119野戦飛行場設定隊に名称変更)をヌンホル島に派遣し、地元住民を駆り出し、島の北西部でカメリー(Kamiri)飛行場の設定を開始した。次いで、11月中旬、第百二設定隊(森甚六少佐)が加わり、12月末には、長さ1,500m、幅80mの滑走路が完成した。翌年(1944)1月2日に、重爆機による試験着陸も行われた。そして、1月13日には、陸軍第5戦隊(高田勝重少佐)が、複戦5機を伴い着任し、船団掩護基地として、本格的に稼働し始めた。高田少佐は、後日、5月27日の連合軍のビアク島上陸当日、ソロンから出撃し、日本軍“初の”カミカゼ攻撃を実行したことで知られる。第19軍は、さらに、1月下旬、第百二設定隊長の指揮下、島の南西部のルンボイ(Rumboi:(注)ルンボイ湾に面しているのでこの名が付いているが、日本軍はナンベル=Namber飛行場と呼んだ)に、次いで2月中旬、島の北東部のエンブロ(Jenboeroeo)にも新滑走路の建設を開始した。これら二つの飛行場は6月末頃には概成していた。つまり、日本軍は、飛行場群を建設することを主目的に、ヌンホル島に上陸、占領した。そして飛行場群があるが故に、ビアク島同様、後日、連合軍による上陸作戦に直面し、玉砕を余儀なくされた。



画像



(注1)『戦史業書 西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』では、ヌンホル島における飛行場建設を上記の3ヵ所としている。また、米軍資料も同島には日本軍の飛行場が3ヵ所あったと記述されているが、同島に駐屯した旧日本兵らが著した『濠北を征く』(昭和31年8月20日、濠北方面遺骨引揚促進会発行)によれば、同島には計4ヵ所飛行場があったと記述されている。それらは:エンブロ、コロナリレン、カメリー、そしてルンボイ。

(注2)飛行場設定隊の到着期日と部隊名、そして飛行場の数に関して、『濠北を征く』は、以下のように記している(原文のまま)。「昭和十八年四月小田少佐の率いる第一一七野戦飛行場設定隊(注:当時の名称は鯉第一臨時設定隊)が先づ第一陣として海を渡って来た。続いて八月には森少佐麾下の第一〇ニ野戦飛行場設定隊が進駐し、これと時を同じくして台湾人義勇隊が鎌田少尉指揮のもとに約一千名、飛行場建設の任をおびて勇躍到着した。即日飛行場の建設は初められたが、これは言語に絶する苦闘の連続であった。(中略)かくしつつも昭和十九年五月迄に、エンブロ、コロナリレン、カメリ、ナンベルの四飛行場の中三つが完成され、エンブロからルンボイに至る自動車道路も設定隊員の血と汗とに拠って完成された」(「ヌンホル支隊の作戦」藤井清元歩兵第219連隊通信隊員)。そして同書の添付地図では、エンブロ飛行場建設を第117飛隊(小田隊)、コロナリレン飛行場は第102飛隊(森部隊)、ルンボイ飛行場は219連隊3大隊が担当したと描かれている。カメリー飛行場については説明なし。ちなみに第百二野戦飛行場設定隊(森甚六少佐)は、昭和18(1943)年9月15日に、豊橋で編成された。豊橋には、同年2月、陸軍飛行場設定練習部が設立され、飛行場設定の機械化に関する研究・教育が行われていた。

(注3)『戦史業書 西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』では、挿入地図でエンブロ飛行場をカッコ付きでコルナソレンと付記している。一方、米軍資料は、「Yebrurro Airfield(Kornasoren Drome)」と表記。Yebrurro(イェブルロ)とKornasoren(コルナソレン)。このことから、おそらく日本軍が表記・発音するエンブロ、そしてコロナソレンは、米軍が表記・発音したものと同一と考えられる。一方、『濠北を征く』の添付地図で「コロナリレン」と表記してある飛行場は「コロナソレン」と同一と考えられる。これらのことを考え合わせると、『濠北を征く』に記述されている「エンブロ、コロナリレン、カメリ、ナンベルの四飛行場の中三つが完成され」の完成済み飛行場は、コロナソレン(もしくはコロナリレン)、カメリ、ナンベルの3飛行場だったものと推定される。つまり、エンブロ飛行場は、ジャングルの伐開のみの段階で建設が中断されたか、あるいは経始した飛行場(測量を終わり築設の標示を施した飛行場)で、未完成だったと推測される。

(注4)『戦史業書 豪北方面陸軍作戦』によれば、森隊は昭和18(1943)年11月11日、マノクワリを出発ヌンホル島に向かった。そして鯉臨時小田第一、三隅第三飛行場設定隊と第9回台湾特設勤労団(団長は鎌田勲少尉。10/25マノクワリ発、11/2ヌンホル着)を併せ、カメリー飛行場造成を行った。



画像




画像




画像



ヌンホル島戦闘経過要図(『濠北を征く』付図より)


画像



ハルマヘラ(Halmahera)島の日本軍ワシレ飛行場からヌンホル島へ向かう「隼」部隊(『濠北を征く』より)


画像



カメリ飛行場に降下する米第503空挺部隊
US Army(July 3, 1944)


画像



カメリ飛行場(手前)とコルナソレン飛行場(前方)。偵察画像と思われる。
US Army(1944)


画像



画像



コルナソレン飛行場
US Army Signal Corps(1944)



画像



カメリ飛行場で爆撃を受け燃え上がる陸軍97式重爆撃機(キ21:米軍の通称「Sally」)
USAAF 5th AF May 1944


画像



ナンベル飛行場で爆撃を受けた陸軍97式重爆撃機(Ki-21 Sally)
US Army Signal Corps(July 1944)



画像



カメリ飛行場で空爆を受け燻ぶる陸軍97式重爆撃機(キ21)
USAAF 5th AF 3rd BG 24 May 1944




画像



ヌンホル島連合軍戦闘経過要図
University of Texas Libraries



画像




画像



2010年10月、マノクワリ在住でEcotourismを主宰しているCharles Roring さんが録画したヌンホル島の光景
Traveling to Numfor Island
http://www.youtube.com/watch?v=jlfCUe3zWEg

【参考ブログ】


東部インドネシアの旧日本軍航空基地(25) Bandara Dai Nippon(25) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_29.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(24) Bandara Dai Nippon(24) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_28.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(23) Bandara Dai Nippon(23) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_26.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(22) Bandara Dai Nippon(22) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_25.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(21) Bandara Dai Nippon(21) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_24.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(20) Bandara Dai Nippon(20) マピア島(Pulau Mapia)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_22.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(19) Bandara Dai Nippon(19) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_21.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(18) Bandara Dai Nippon(18) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_20.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(17) Bandara Dai Nippon(17) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_19.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(16) Bandara Dai Nippon(16) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_18.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(15) Bandara Dai Nippon(15) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_17.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(14) Bandara Dai Nippon(14) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_16.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(13) Bandara Dai Nippon(13) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_15.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(12) Bandara Dai Nippon(12) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_14.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(11) Bandara Dai Nippon(11) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_12.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(10) Bandara Dai Nippon(10) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_11.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(9) Bandara Dai Nippon(9) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_10.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(8) Bandara Dai Nippon(8) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(7) Bandara Dai Nippon(7) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(6) Bandara Dai Nippon(6) サガ&バボ(Saga & Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(5) Bandara Dai Nippon(5) バボ&サガ(Babo & Saga)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(4) Bandara Dai Nippon(4) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_5.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(3) Bandara Dai Nippon(3) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(2) Bandara Dai Nippon(2) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地 (Bandara Dai Nippon) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_2.html

マルク州タニンバル紀行(9) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200807/article_1.html

マルク州タニンバル紀行(8) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_10.html

マルク州タニンバル紀行(7) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (7)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_9.html

マルク州タニンバル紀行(6) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_8.html

マルク州タニンバル紀行(5) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_7.html

マルク州タニンバル紀行(4) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_6.html

マルク州タニンバル紀行(3) Ke Tanimbar, MTB. Maluk (3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_5.html

マルク州タニンバル紀行(2) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_4.html

マルク州タニンバル紀行(1) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_3.html

アチェに死す(2)Kuburan Warga Jepang di Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_4.html

戦後が来ない西南東マルク県。占領の傷跡は誰が癒してくれるのか?
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_6.html

パプアの桜(No.2) Pohon Sakura Papua(No.2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_4.html

パプアの桜(No.1) Pohon Sakura Papua(No.1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_3.html

西パプア州政府(Provinsi Papua Barat)
http://www.papuabaratprov.go.id/

パプア州政府(Provinsi Papua)
http://web.papua.go.id/

マノクワリ県(Kabupaten Manokwari)
http://www.manokwarikab.go.id/

ヤーペン島嶼県(Kabupaten Kepulauan Yapen)
http://www.yapenwaropen.go.id

ビアク・ヌンホル県(Kabupaten Biak Numfor)
http://www.biak.go.id/

ソロン県(Kabupaten Sorong)
http://www.sorongkab.go.id/

南ソロン県(Kabupaten Sorong Selatan)
http://sorongselatankab.go.id/

サルミ県(Kabupaten Sarmi)
http://www.sarmikab.go.id/

ワローペン県(Kabupaten Waropen)
http://www.waropenkab.go.id/

ファクファク県(Kabupaten Fakfak)
http://www.fakfakkab.go.id/

ビントゥニ湾県(Kabupaten Teluk Bintuni)
http://www.bintunikab.go.id/

ウォンダマ県(Kabupaten Teluk Wondama)
http://www.telukwondama.go.id/

カイマナ県(Kabupaten Kaimana)
http://www.kaimanakab.go.id/

ジャヤプラ市(Kota Jayapura)
http://www.jayapurakota.go.id/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック