東部インドネシアの旧日本軍航空基地(19) Bandara Dai Nippon(19) ソロン

画像



昭和18年(1943)10月、第19軍の命令により、第二野戦飛行場設定司令部(山本勝大佐)は、第百五野戦飛行場設定隊(山田義男少佐)に対して、ソロン(Sorong)地区における飛行場の建設の任を命じた。そして同年11月14日、同部隊はソロンの向かい側にあるサラワチ(Salawati)島のサマテ(Samate)に上陸した。設定隊は9月に豊橋で新設された乙(半機械化)編成部隊で、定員は150名、これに台湾人で構成された特設勤労団が約1,000名加わった。ソロンの町近辺には飛行場の適地がなかったため、サマテに進出していた南洋興発株式会社の農園近辺なら可能性がある、との判断からサラワチ島東岸が選ばれた。


サマテ飛行場跡。画像の解像度が悪いため、あるいはジャングルの復活のためか、はっきりとした伐開跡は見えない


工事は海岸付近の椰子林を伐採して開始された。滑走路の規模は長さ1,000m 幅50mを想定した。当初は三ヵ月で概成可能と楽観的だったが、現場は低湿地であったため、それを固める作業に想定外の時間を費やした。また、アメーバ赤痢が発生し、作業員数が半減したことも打撃となった。翌年(昭和19年)の4月時点で、サマテ飛行場は、1,500m X 80mのエリアを伐開し、1,100m X 40mを転圧し終えた。さらに、もう一本の滑走路の整備にも着手した。サマテの北約5kmのカッパロウだ。しかし、この計画はジャングルを切り開いただけで、完成を見ずに終わった。
サマテ飛行場は、日本軍にとって、ニューギニア島で最も西に位置する航空基地となった。しかし連合軍は、このサマテ基地に対して、6月16日、P-38s機によって空爆を実行した。この際には日本軍機との空中戦も繰り広げられ、米軍公刊戦史によれば、日本の戦闘機2機がサマテ上空で撃墜されている。そして同年9月~10月にも米軍機は同飛行場に対する空爆を繰り返した。



画像



米軍偵察機が撮影した陸軍が建設中のサマテ飛行場(1944年6月頃の撮影か?:Pasific Wreks.com)

ソロン(Sorong)そしてサマテ(Samate)の日本軍航空基地は、“特攻(特別攻撃隊)発祥の地”と言っても過言ではないい。サマテをベーとした陸軍飛行第5戦隊の戦隊長だった高田勝重少佐は、昭和19年(1944)5月27日、ビアク(Biak)島への連合軍上陸の報に接するや、独断で、その時所在していたソロンのエフマン(Jefman)空港から、14時過ぎ、二式複座戦闘機[(愛称は屠龍(とりゅう)]4機で出撃、およ550km東方のビアク島へ向かった。7名が死亡、1名(本宮利雄曹長・高田戦隊長機の同乗者)が生還した。
ビアク島の連合軍上陸地点に到着した時、高田戦隊長は「只今より攻撃を開始する、これが最後になると思うが、長い間、世話になった」と言い残し(本宮曹長の後日証言:『戦史業書 西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』)、一番機として駆逐艦を攻撃。二番機の工藤隆弘軍曹機は、駆逐艦攻撃と同時に被弾、火だるまとなって二番艦に突入自爆した。同艦は沈没。岡部敏男中尉機も駆逐艦に攻撃すると同時に被弾、黒煙を吐きつつ先頭艦に突入自爆。同艦も沈没。
「高田戦隊長は第一回の攻撃後、一度離脱し片発飛行で基地に帰ろうとしたが、目前に部下の自爆を見て、また最後まで続いていた松本曹長機の船舶攻撃の直後に、『本宮曹長、只今より岡部中尉以下の仇討ちをする』と叫び、攻撃に移った。ところが突然P-47が現れたため、それと応戦一機を撃墜したが、高田戦隊長は負傷し、右発動機も被弾し火を吹き出した。戦隊長は伝声管を通じ、かすかな声で、『本宮曹長、只今より自爆するから基地に打電せよ』と命ぜられた。しかし無線機も被弾のため送信できず、そのことを報告すると、『そうか仕方ない』と言われ、腰から拳銃を取り出し、『天皇陛下万歳』と一度叫ばれ、自らの手で頭を射ち、高度150米付近から海中に突入した」----本宮曹長の証言。



画像




飛行第5戦隊がビアクに向け出撃した地点は、『戦史業書 西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』によれば、エフマン基地だが、『戦史業書 豪北方面陸軍作戦』によるとサマテ基地。どちらが正しいのか決定的な判断材料がないが、第5戦隊は当時、第75戦隊と共に、エフマンとサマテの二つの基地に所在していたこと、さらに当時、高田第5戦隊長はエフマンを基地として船団掩護中であったことから察して、出撃基地はエフマンだった可能性が高い。しかし、第5戦隊の計11機とされる複座戦闘機が、当日エフマンとサマテに分散されて配置されていたと推察すれば、実は当日午前サマテ基地を発ってエフマンに来ていたことも考えられる。このため、当日の出発地点として『戦史業書 豪北方面陸軍作戦』は、サマテと表記した可能性もある。



画像



エフマン(あるいはサマテか?)飛行場を出発する高田攻撃隊を見送る(『戦史業書 西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』より)

現在のエフマン空港(衛星画像)


画像




画像




画像




画像




画像



ソロン付近の日本軍部隊配置図(『濠北を征く』より)


画像



第35師団作戦地域及び師団司令部等転進要図(『濠北を征く』より)


画像



カッパロウ付近の衛星画像。伐開した跡は今では確認できない。


【参考ブログ】


東部インドネシアの旧日本軍航空基地(18) Bandara Dai Nippon(18) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_20.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(17) Bandara Dai Nippon(17) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_19.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(16) Bandara Dai Nippon(16) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_18.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(15) Bandara Dai Nippon(15) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_17.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(14) Bandara Dai Nippon(14) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_16.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(13) Bandara Dai Nippon(13) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_15.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(12) Bandara Dai Nippon(12) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_14.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(11) Bandara Dai Nippon(11) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_12.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(10) Bandara Dai Nippon(10) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_11.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(9) Bandara Dai Nippon(9) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_10.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(8) Bandara Dai Nippon(8) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(7) Bandara Dai Nippon(7) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(6) Bandara Dai Nippon(6) サガ&バボ(Saga & Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(5) Bandara Dai Nippon(5) バボ&サガ(Babo & Saga)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(4) Bandara Dai Nippon(4) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_5.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(3) Bandara Dai Nippon(3) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(2) Bandara Dai Nippon(2) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地 (Bandara Dai Nippon) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_2.html

マルク州タニンバル紀行(9) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200807/article_1.html

マルク州タニンバル紀行(8) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_10.html

マルク州タニンバル紀行(7) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (7)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_9.html

マルク州タニンバル紀行(6) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_8.html

マルク州タニンバル紀行(5) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_7.html

マルク州タニンバル紀行(4) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_6.html

マルク州タニンバル紀行(3) Ke Tanimbar, MTB. Maluk (3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_5.html

マルク州タニンバル紀行(2) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_4.html

マルク州タニンバル紀行(1) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_3.html

アチェに死す(2)Kuburan Warga Jepang di Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_4.html

戦後が来ない西南東マルク県。占領の傷跡は誰が癒してくれるのか?
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_6.html

パプアの桜(No.2) Pohon Sakura Papua(No.2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_4.html

パプアの桜(No.1) Pohon Sakura Papua(No.1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_3.html

西パプア州政府(Provinsi Papua Barat)
http://www.papuabaratprov.go.id/

パプア州政府(Provinsi Papua)
http://web.papua.go.id/

マノクワリ県(Kabupaten Manokwari)
http://www.manokwarikab.go.id/

ヤーペン島嶼県(Kabupaten Kepulauan Yapen)
http://www.yapenwaropen.go.id

ビアク・ヌンホル県(Kabupaten Biak Numfor)
http://www.biak.go.id/

ソロン県(Kabupaten Sorong)
http://www.sorongkab.go.id/

南ソロン県(Kabupaten Sorong Selatan)
http://sorongselatankab.go.id/

サルミ県(Kabupaten Sarmi)
http://www.sarmikab.go.id/

ワローペン県(Kabupaten Waropen)
http://www.waropenkab.go.id/

ファクファク県(Kabupaten Fakfak)
http://www.fakfakkab.go.id/

ビントゥニ湾県(Kabupaten Teluk Bintuni)
http://www.bintunikab.go.id/

ウォンダマ県(Kabupaten Teluk Wondama)
http://www.telukwondama.go.id/

カイマナ県(Kabupaten Kaimana)
http://www.kaimanakab.go.id/

ジャヤプラ市(Kota Jayapura)
http://www.jayapurakota.go.id/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック