東部インドネシアの旧日本軍航空基地(16) Bandara Dai Nippon(16)ソロン

画像



昭和19年(1944)4月22日、日本軍が建設した三つの飛行場があるセンタニ(Sentani)の東方約45kmに位置するホランジア(Hollandia:現在のパプア州の州都ジャヤプラ)へマッカーサー大将率いる連合軍が上陸。続いて、5月18日、海軍が造成した飛行場(滑走路の長さは1,500m、幅120m)があったワクデ(Wakde)島への上陸。連合軍は、前日(5月17日)には、同島対岸の、日本軍第36師団(師団長田上八郎中将)司令部が置かれたサルミ(Sarmi)東方のトゥム(Tum)並びにアラレ(米軍はAraraと表記)村へ上陸。
連合軍の飛び石(蛙飛び)上陸作戦はさらに続いた。5月27日、日本軍の大航空基地があったビアク(Biak)島に上陸。さらに7月2日、ヌンホル(Numfor)島への上陸。こうして、連合軍の次なる攻略目標はモロタイ(Morotai)島、そしてフィリピン方面へと移っていった。その次なる作戦に向けて連合軍は、新たな飛行場を急造した。それは、ソロン(Sorong)の東北約115km、マノクワリの西約215kmの、フォーゲルコップ(Vogelkop)半島北岸に位置するマール(Mar)村と、その沖合に浮かぶミッドゥルバーグ(Middleburg)島だ。ミッドゥルバーグ島とその北西隣りにあるアムステルダム島を、日本軍は“双子島”と呼んでいた。



ミッドゥルバーグ島の衛星画像。米軍が建設した滑走路跡が今でも分かる。


画像



7月30日、連合軍上陸部隊は、日本軍による抵抗皆無の状況下、双子島に上陸。翌7月31日、双子島の南西対岸のサンサポール(Sansapor)村へ上陸。当時、日本軍も同村に駐屯していたが、軽戦ののち後退。この付近の東西には、マノクワリ(Manokwari)からソロン(Sorong)へ向けて転進中の第35師団(師団長は池田浚吉中将)の約400名の将兵がいたが、陸海の交通を遮断された状態となった。そして山中迂回の過程で多くが犠牲となった。米軍公刊戦史によれば、サンサポール付近における日本軍との戦闘で、日本兵380名、米兵10名が犠牲になったとされる。上陸後、連合軍は、すぐさまミッドゥルバーグ島で、戦闘機用の飛行場の建設に取りかかり、8月7日には着陸可能となった。また60個の掩体や誘導路などが完成したのは9月8日とされる。一方、対岸のマール村には、中爆用の滑走路を9月末に完成させた(使用可能となったのは9月3日)。機械力を動員した凄まじいスピードでの飛行場整備だ。


画像




画像




画像



第35師団作戦地域及び師団司令部等転進要図(『濠北を征く』より)


画像



双子島付近連合軍戦闘経過要図
University of Texas Libraries



画像




画像




画像




画像



マール村上空からミッドゥルバーグ島を望む(下:衛星画像)。上の画像は米軍が撮影した当時の光景。マール村沖合に艦船が集結している(USAAF:Pasific Wreks.com)


画像




画像



ミッドゥルバーグ島上空から本島を望む(衛星画像)


画像



ミッドゥルバーグ島に米軍が整備した戦闘機用の飛行場。穴の開いた鉄板(Marsden Matting/Marston Matting)を並べる方法で瞬時に滑走路が出来上がった(US Army: Pasific Wreks.com)


画像




画像



ミッドゥルバーグ島は平らなサンゴ礁の島。まさに滑走路向けの地盤だった(US Army: Pasific Wrecks.com)


画像



Painting: Robert Laessig(13th AF)


画像



現在のサンサポール村(衛星画像)


画像




【参考ブログ】


東部インドネシアの旧日本軍航空基地(15) Bandara Dai Nippon(15) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_17.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(14) Bandara Dai Nippon(14) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_16.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(13) Bandara Dai Nippon(13) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_15.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(12) Bandara Dai Nippon(12) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_14.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(11) Bandara Dai Nippon(11) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_12.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(10) Bandara Dai Nippon(10) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_11.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(9) Bandara Dai Nippon(9) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_10.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(8) Bandara Dai Nippon(8) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(7) Bandara Dai Nippon(7) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(6) Bandara Dai Nippon(6) サガ&バボ(Saga & Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(5) Bandara Dai Nippon(5) バボ&サガ(Babo & Saga)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(4) Bandara Dai Nippon(4) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_5.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(3) Bandara Dai Nippon(3) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(2) Bandara Dai Nippon(2) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地 (Bandara Dai Nippon) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_2.html

マルク州タニンバル紀行(9) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200807/article_1.html

マルク州タニンバル紀行(8) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_10.html

マルク州タニンバル紀行(7) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (7)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_9.html

マルク州タニンバル紀行(6) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_8.html

マルク州タニンバル紀行(5) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_7.html

マルク州タニンバル紀行(4) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_6.html

マルク州タニンバル紀行(3) Ke Tanimbar, MTB. Maluk (3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_5.html

マルク州タニンバル紀行(2) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_4.html

マルク州タニンバル紀行(1) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_3.html

アチェに死す(2)Kuburan Warga Jepang di Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_4.html

戦後が来ない西南東マルク県。占領の傷跡は誰が癒してくれるのか?
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_6.html

パプアの桜(No.2) Pohon Sakura Papua(No.2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_4.html

パプアの桜(No.1) Pohon Sakura Papua(No.1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_3.html

西パプア州政府(Provinsi Papua Barat)
http://www.papuabaratprov.go.id/

パプア州政府(Provinsi Papua)
http://web.papua.go.id/

マノクワリ県(Kabupaten Manokwari)
http://www.manokwarikab.go.id/

ヤーペン島嶼県(Kabupaten Kepulauan Yapen)
http://www.yapenwaropen.go.id

ビアク・ヌンホル県(Kabupaten Biak Numfor)
http://www.biak.go.id/

ソロン県(Kabupaten Sorong)
http://www.sorongkab.go.id/

南ソロン県(Kabupaten Sorong Selatan)
http://sorongselatankab.go.id/

サルミ県(Kabupaten Sarmi)
http://www.sarmikab.go.id/

ワローペン県(Kabupaten Waropen)
http://www.waropenkab.go.id/

ファクファク県(Kabupaten Fakfak)
http://www.fakfakkab.go.id/

ビントゥニ湾県(Kabupaten Teluk Bintuni)
http://www.bintunikab.go.id/

ウォンダマ県(Kabupaten Teluk Wondama)
http://www.telukwondama.go.id/

カイマナ県(Kabupaten Kaimana)
http://www.kaimanakab.go.id/

ジャヤプラ市(Kota Jayapura)
http://www.jayapurakota.go.id/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック