東部インドネシアの旧日本軍航空基地(11) Bandara Dai Nippon(11)マノクワリ

画像



「上司より指示せられた処では、軍の決戦時期が到来したならば約二個飛行師団を軍の正面に使用することとなるであろうとのことであった。然るに事実は余りにも甚だしく之れを裏切られた。軍として主力を賭すべきビアク島の戦闘最盛時に於て、軍の正面に協力したのは飛行第七師団の二十機内外のものが数機に分れて攻撃を反復し、海軍の飛行隊の数機が之れに協力して居った程度で極めて微温的であった。従って戦況に余り影響を及ぼす迄に行って居らなかったことは、期待の大きかっただけに無限の寂寥を感じた。斯て半歳に亘って心血を注いで造成した飛行場も、大部分のものは我軍の利用する処とならず、敵をして補修利用するに便益を与えるに止ったことは、将兵一同の斉しく無念を感じた処であった。斯くの如き結果となったことは、結局飛行機の整備が所期の如く行かなかったこともさることながら、中部太平洋方面の戦況が急であって、場当り的に飛行隊も大部が其の方面に吸収せられて、軍正面が甚だ手薄になる結果を招来したものと思考せられる」----『濠北を征く』(昭和31年8月20日、濠北方面遺骨引揚促進会発行)の中で、豊嶋房太郎元第二軍司令官が、そう記述している。

昭和19年(1944)3月、ムミ(Momi)、そしてランシキ(Ransiki)に次いで、ムミ南西に位置するワーレン(Waren)でも飛行場(計画では長さ1,500m、幅50mの滑走路)の整備が始まった。作業は主に地元民を動員して行ったとされる。しかしながら、同飛行場は完成を見ずに整備作業が中止された。中止の理由は定かではない。衛星画像で見ると、滑走路跡と思われる長い長方形のエリアが残っている。


画像



同書によれば、昭和19年(1944)4月頃までには、西部ニューギニアの作戦地域内で、大小70数個の飛行場を完成あるいは概成することができたとしている。「之れは軍の作戦任務の特異性に基き、航空部隊の協力に絶対の信頼を寄せての将兵の涙ぐましい努力の結晶であった」(豊嶋房太郎元第二軍司令官)と。
赤道直下のジャングルを開いて整備した滑走路。あまたの熱帯病に襲われ、餓鬼の中での次々と倒れていく将兵。日本兵ばかりではない。各地の飛行場設定に、多くの台湾出身者、朝鮮半島出身者、インドネシア人、パプア人なども動員された。しかも、制空権・制海権共に連合軍に握られ、補給は閉ざされた状況下。そうして完成もしくは概成した、戦闘機や爆撃機用の飛行場。しかし、整備が終わるやいなやの空爆。そして、多大な犠牲を払って造った滑走路の幾つかは、たちまち連合軍の飛行場に変身し、皮肉にも追われる身に。



画像




画像




画像



ランシキ、ムミ、ワーレンの西方のアルファック山系に、二つの大きな湖がある。アンギ・ギジ湖(Danau Anggi Giji)とアンギ・ギタ湖(Danau Anggi Gita)。前者は男の湖、後者は女の湖とされる。戦時中、日本海軍は、この二つの湖を調査した。『㊙ ニューギニア調査報告書 第3篇(地質鉱物班報告B)昭和19年10月 海軍ニューギニア調査隊』によれば、同年3~4月、海軍嘱託の八木健三以下三名の地質学者は、フォーゲルコップ半島東部のプラフィー川流域で鉱床調査を行った。湖に関しては「高度2000米前後の標高を有し、気温は最高26℃最低10℃で日本内地の秋に相当し極めて健康地であるから、将来ニューギニアが開発された暁には避暑地、保健地として充分利用すべきであらう」と記している。そして今まさにマノクワリ県政府は、高原リゾート地としての可能性に注目していると聞く。


画像



左手の空き地風の場所が滑走路跡。右はワーレン川。


画像




画像



完成を見ずに放置されたワーレン飛行場。膨大な数の滑走路を造成、整備したものの、飛来可能な飛行機はその数に見合っていなかった。


画像



画像




【参考ブログ】


東部インドネシアの旧日本軍航空基地(10) Bandara Dai Nippon(10) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_11.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(9) Bandara Dai Nippon(9) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_10.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(8) Bandara Dai Nippon(8) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(7) Bandara Dai Nippon(7) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(6) Bandara Dai Nippon(6) サガ&バボ(Saga & Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(5) Bandara Dai Nippon(5) バボ&サガ(Babo & Saga)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(4) Bandara Dai Nippon(4) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_5.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(3) Bandara Dai Nippon(3) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(2) Bandara Dai Nippon(2) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地 (Bandara Dai Nippon) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_2.html

マルク州タニンバル紀行(9) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200807/article_1.html

マルク州タニンバル紀行(8) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_10.html

マルク州タニンバル紀行(7) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (7)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_9.html

マルク州タニンバル紀行(6) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_8.html

マルク州タニンバル紀行(5) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_7.html

マルク州タニンバル紀行(4) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_6.html

マルク州タニンバル紀行(3) Ke Tanimbar, MTB. Maluk (3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_5.html

マルク州タニンバル紀行(2) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_4.html

マルク州タニンバル紀行(1) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_3.html

アチェに死す(2)Kuburan Warga Jepang di Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_4.html

戦後が来ない西南東マルク県。占領の傷跡は誰が癒してくれるのか?
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_6.html

パプアの桜(No.2) Pohon Sakura Papua(No.2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_4.html

パプアの桜(No.1) Pohon Sakura Papua(No.1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_3.html

西パプア州政府(Provinsi Papua Barat)
http://www.papuabaratprov.go.id/

パプア州政府(Provinsi Papua)
http://web.papua.go.id/

マノクワリ県(Kabupaten Manokwari)
http://www.manokwarikab.go.id/

ヤーペン島嶼県(Kabupaten Kepulauan Yapen)
http://www.yapenwaropen.go.id

ビアク・ヌンホル県(Kabupaten Biak Numfor)
http://www.biak.go.id/

ソロン県(Kabupaten Sorong)
http://www.sorongkab.go.id/

南ソロン県(Kabupaten Sorong Selatan)
http://sorongselatankab.go.id/

サルミ県(Kabupaten Sarmi)
http://www.sarmikab.go.id/

ワローペン県(Kabupaten Waropen)
http://www.waropenkab.go.id/

ファクファク県(Kabupaten Fakfak)
http://www.fakfakkab.go.id/

ビントゥニ湾県(Kabupaten Teluk Bintuni)
http://www.bintunikab.go.id/

ウォンダマ県(Kabupaten Teluk Wondama)
http://www.telukwondama.go.id/

カイマナ県(Kabupaten Kaimana)
http://www.kaimanakab.go.id/

ジャヤプラ市(Kota Jayapura)
http://www.jayapurakota.go.id/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック