『LIKE・A・BALIJINウブドの達人展』スタート(Pameran Foto Bali)

画像


【LIKE・A・BALIJINウブドの達人展】が始まった。日本・インドネシアの外交樹立50周年を記念する「日イ友好年」の2008年も残すところあと1ヶ月半。漫画家・写真家で大阪在住の玉地俊雄さんが15年間のバリ島紀行で撮り続けてきた、ウブドゥの舞踊団『ティルタ・サリ(Tirta Sari)』所属の舞姫たちの“写心(写真)”、そして、舞姫を題材にした玉地流イラスト漫画作品群。日本人のインドネシア渡航先として最多を記録するバリ島の舞に焦点をあてたこの展示会は、次の両国関係半世紀の初年にあたる2009年まで越年する。
オープニングは、正午、日本人バリ舞踊のパイオニア、芳野未央(Yoshino Mio)さんの『Panyambrama・パニャンブラマ(歓迎の舞)』に先導された。花を撒き展示会場を清め、神を招き、観客を歓迎する舞踊だ。プナリ(踊り子)に導かれて来訪者が“舞姫”たちが待つ会場内へ。30分後、芳野さんは男振りの衣装に着替え、森の王の踊り・獅子の踊りとも言われる『Margapati・マルガパティ』を披露。こうして、バリ島舞姫写真展は、東京の舞姫による二つの演目によって正式スタートを切った。



画像



Panyambramaパニャンブラマ(歓迎の踊り。花を撒いて場を清め、神を招き、観客を歓迎する)


画像




画像



Margapati・マルガパティ(森の王の踊り。獅子の踊りとも言われ、男振りの踊りの代表的な演目)


画像




画像




画像



バリ島の舞姫・スリ・ビダニ嬢に、写真展オープニングを祝して、秋の味覚の柿をプレゼント。この柿は、来訪者に味わってもらった。


画像



バリ島舞姫の写真に囲まれる、東京の舞姫・芳野未央さん


画像



画像



芳野さんを囲んでインドネシア文化宮(GBI)玄関口で来訪者と記念写真


画像



バリ舞踊を始めたMさん、バリ舞踊大好きの父を持つMさん、インドネシア駐在経験が豊富なSさんらとバリ島談義の芳野さん


画像



私服に着替えた芳野さんを囲んで、インドネシア談義。ドキュメンタリー映画プロデューサーの吉丸昌昭さん(中央)も参加。


【参考ブログ】


今日からバリ島『LIKE・A・BALIJINウブドの達人展』 (Pameran Foto Bali)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_18.html

観てから視る舞姫スリビダニ(バリ島写真展)Pameran Foto Penari Ubud Bali
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_17.html

11月15日からLIKE・A・BALIJINウブドの達人展スタート
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_15.html

LIKE・A・BALIJINウブドの達人展(Pameran Foto Ubud-BALI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_4.html

芳野未央バリ舞踊公演&玉地俊雄バリ島写真展(Tari Bali Mio Yoshino)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_9.html

写真家 玉地 俊雄[紫煙のゆらぎ]
http://plaza.rakuten.co.jp/balitama/

社団法人日本漫画家協会・展覧会のお知らせ
http://mankyo1.seesaa.net/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック