北スラウェシ州紀行(10) 竹楽器 Perjalanan ke Sulut (10)

画像



北スラウェシのミナハサ民族は、インドネシアの中でも、最も音楽好きで、かつ音楽センスが高い民族と言える。とにかく歌が上手い。そして当地の楽器の主役と言えば「コリンタン(Kolingtang)」。コリンタンをして“インドネシアの木琴”とまで呼ばれている。木製そして竹製の二種がある。いわば木&竹製のマリンバ。コリンタンという名称は:TONG(low pitch note),TING (high pitch note),TANG (moderate pitch note)に由来するとの説があるが(参照ブログ:http://www.kolintang.co.id/what_is_kolintang.htm)、一方で、17世紀に北スラウェシやフィリピン、そしてスマトラにあった青銅製のゴング、という話もある(参照ブログ:http://www.maengket.com/lanjutindex.asp)。
いずれにせよ、今日のミナハサ音楽を語る上で「コリンタン」は絶対欠くことのできない楽器であることは間違いない。祝いの場で、歓迎の席で、そしてホテルのロビーで、と至る所でコリンタンの開放的で軽快なメロディーが流れている。州立博物館や州立文化センター(Taman Budaya)には、新旧のコリンタンが幾台も展示されている。コリンタンは通常、2~3台以上のオーケストラ形式で演奏される。
コリンタンに次ぐミナハサの楽器と言えば、オール竹製の管楽器類。いずれも、その昔ヨーロッパからやってきた航海者や商人たちが持ち込んだ西洋楽器を見て、その形を模倣して竹で作ったものと思われる。竹製楽器のみで編成されたオーケストラもあると聞く。竹製トランペット、そして竹製サックスホーン。なんでも竹で作ってしまう。竹製トランペットは、特にサンギヘ諸島やタラウド諸島で作られたものが知られている。真っ直ぐな竹を、流れる川に約三ヶ月間沈め、それから囲炉裏の上でおよそ四ヵ月間乾燥させてから、ようやく曲げて形を作ることができるそうだ。



画像



州博物館には、真鍮もしくは錫との合金製と思われる、西洋楽器の“マナド版”が展示されている。やがて、これらの管楽器は、“竹製”に変化した。


画像




画像



州立文化センターには、当地の文化遺産が保管され、色々な楽器を見ることができる。演奏しているのは、同センターの職員。


画像



州博物館に展示されているコリンタン。博物館の職員が、演奏を披露。


画像




画像




画像



“竹製”サックスホーン。ミナハサの人々は、竹で近代楽器を創ってしまった。


画像




画像




画像




画像




画像



ホラ貝も北スラウェシの伝統楽器の一種。


画像



【参考ブログ】

北スラウェシ州紀行(9) ベンテナン布  Perjalanan ke Sulut (9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_4.html

北スラウェシ州紀行(8) イカット文化 Perjalanan ke Sulut (8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_3.html

北スラウェシ州紀行(7) マナドのお粥  Perjalanan ke Sulut (7)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_2.html

北スラウェシ州紀行(6) マナド(Manado)  Perjalanan ke Sulut (6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_1.html

北スラウェシ州紀行(5) マナド(Manado) Perjalanan ke Sulut (5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_34.html

北スラウェシ州紀行(4) ブナケン(Bunaken) Perjalanan ke Sulut (4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_33.html

北スラウェシ州紀行(3) ブナケン(Bunaken) Perjalanan ke Sulut (3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_32.html

北スラウェシ州紀行(2) シーラカンス  Perjalanan ke Sulut (2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_31.html

北スラウェシ州紀行(1) マナド(Manado) Perjalanan ke Sulut (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_30.html

マカッサルの「パニンクル」が二冊目の出版(INDONESIA di Panyingkul!)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200807/article_3.html

マカッサル市民ジャーナリズムに支援の手を(Bantuan utk Buku Panyingkul)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_8.html

マカッサル映画鑑賞&マカッサル文学講演(Film & Sastra Makassar)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200804/article_2.html

西スラウェシの伝統船サンデックで黒潮海道を航海
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200707/article_3.html

トラジャ文化&トラジャ語を学ぶインドネシア理解講座(Budaya & Bahasa Toraja)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200707/article_1.html

トラジャ人画家マイク・トゥルーシー個展(Pameran Tunggal Mike Turusy)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_10.html

トラジャ人画家マイク・トゥルーシー個展のお知らせ(Pameran Mike Turusy)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200705/article_2.html

北スラウェシ州政府
http://www.sulut.go.id/new/?

マナド市観光局
http://www.manadokota.info/

NSTPB(North Sulawesi Torusim Promotion Borad)
http://www.north-sulawesi.org/index.html

北スラウェシ州サンギヘ諸島県
http://www.sangihe.go.id/

World Ocean Conference 2009
http://www.woc2009.org/

特定非営利活動法人 Manado Net Japan
http://manadonet.com/

Sulutlink Foundation
http://www.sulutlink.org/

常夏のスラウェシ島(インドネシア)情報マガジン
http://www5d.biglobe.ne.jp/~makassar/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック