北スラウェシ州紀行(28) タルシウス Perjalanan ke Sulut (28)

画像



バリ島と東のロンボク島との間にあるロンボク海峡。そしてカリマンタン(ボルネオ)島とスラウェシ島との間のマカッサル海峡。この二つを結ぶ線は、生物学上“ウォレス(Wallace)ライン”と呼ばれ、生物相の東洋区とオーストラリ区とを分かつ分布境界線として知られている。余談だが、ティモール島東部海域とブル島西部海域、そしてハルマヘラ島西部海域とを結ぶ線は“ウェーバー(Weber)ライン”と呼ばれている。前者は、イギリス人博物学者のアルフレッド・ラッセル・ウォレス(Alfred Russel Wallace: 1823.1.8~1913.11.7)が発見、後者は、ドイツ人動物学者マックス・ウェーバー(Max Carl Wilhelm Weber:1852.12.5~1937.2.7)が発見した。
この二つのラインの間に挟まれた地域は“ウォレシア(Wallacia)”と呼ばれる。そして世界第11位、国内では第4位の大きさを誇るスラウェシ(旧セレベス)島は、まさに、このウォレシア域最大の島。東洋区そしてオーストラリア区双方の生物が棲息する、このK字形の島には数々の珍しい動物たちが暮らしている。例えば、2対の巨大な牙で有名なバビルサ(Babirusa:豚鹿)、そして始祖牛アノアなど。さらに希少で多様な昆虫や蝶。さらに、飛べない鳥で、地熱を利用して卵を孵化させるマレオ(Macrocephalon maleo:セレベスツカツクリ)。
もう一つ取り上げると、やはり世界最小のメガネザル属(タルシウス:Tarsius)の“スラウェシメガネザル(セレベスメガネザル):Tarsius spectrum ”。猿とは言うものの、顔はフクロウ、尻尾はネズミ似。首は180度回転できる。体長はおよそ10cmで体重はわずか100グラム。なんでも、この猿、夫婦仲は抜群で、不倫や浮気などとは全く無縁とか。片方が死ぬと、連れ添いも間もなく死んでしまうとさえ言われている。標高500メートル前後の山地に生息し、北スラウェシ州の州都マナドから約60km、あるいはビトゥンから約29kmのタンココ(Tangkoko)自然保護区で出会うことができる。



画像



スラウェシ島は動植物の宝庫。左上はカカトゥア、右上はタルシウス、左下はバビルサ(豚鹿)。


タルシウスは一夫一妻(モノガミ:monogamy)を厳格に守っていると言われている。そればかりか、連れ添いが死ぬと、残された夫(もしくは妻)は、ほどなく後を追うとも言われている。一人では生きていけないのか。愛する連れ添いを失い、悲しみで生きていくことに絶望するのか。これが事実かどうか、是非タルシウスから直接話を聞いてみたい。


画像




画像




画像




画像




画像




画像



このパイソン(ニシキヘビ)は体長6.75m、体重214kg。28歳とか(ビトゥンのナエムンドン動物園)。


画像




画像



【参考ブログ】


北スラウェシ州紀行(27)サンギヘ Perjalanan ke Sulut (27)Sangihe
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_25.html

北スラウェシ州紀行(26)サンギヘ Perjalanan ke Sulut (26) Sangihe
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_24.html

北スラウェシ州紀行(25) ワルガ Perjalanan ke Sulut (25) Waruga
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_23.html

北スラウェシ州紀行(24) ワルガ Perjalanan ke Sulut (24) Waruga
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_22.html

北スラウェシ州紀行(23) ワルガ Perjalanan ke Sulut (23) Waruga
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_21.html

北スラウェシ州紀行(22) ワルガ Perjalanan ke Sulut (22) Waruga
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_20.html

北スラウェシ州紀行(21) トモホン10 Perjalanan ke Sulut (21)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_17.html

北スラウェシ州紀行(20) トモホン9 Perjalanan ke Sulut (20)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_17.html

北スラウェシ州紀行(19) トモホン8 Perjalanan ke Sulut (19)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_15.html

北スラウェシ州紀行(18) トモホン7 Perjalanan ke Sulut (18)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_14.html

北スラウェシ州紀行(17) トモホン6 Perjalanan ke Sulut (17)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_13.html

北スラウェシ州紀行(16) トモホン5 Perjalanan ke Sulut (16)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_12.html

北スラウェシ州紀行(15) トモホン4 Perjalanan ke Sulut (15)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_11.html

北スラウェシ州紀行(14) トモホン3 Perjalanan ke Sulut (14)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_10.html

北スラウェシ州紀行(13) トモホン2 Perjalanan ke Sulut (13)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_9.html

北スラウェシ州紀行(12) トモホン Perjalanan ke Sulut (12)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_8.html

北スラウェシ州紀行(11) マナド美女 Perjalanan ke Sulut (11)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_7.html

北スラウェシ州紀行(10) 竹楽器 Perjalanan ke Sulut (10)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_5.html

北スラウェシ州紀行(9) ベンテナン布  Perjalanan ke Sulut (9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_4.html

北スラウェシ州紀行(8) イカット文化 Perjalanan ke Sulut (8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_3.html

北スラウェシ州紀行(7) マナドのお粥  Perjalanan ke Sulut (7)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_2.html

北スラウェシ州紀行(6) マナド(Manado)  Perjalanan ke Sulut (6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_1.html

北スラウェシ州紀行(5) マナド(Manado) Perjalanan ke Sulut (5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_34.html

北スラウェシ州紀行(4) ブナケン(Bunaken) Perjalanan ke Sulut (4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_33.html

北スラウェシ州紀行(3) ブナケン(Bunaken) Perjalanan ke Sulut (3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_32.html

北スラウェシ州紀行(2) シーラカンス  Perjalanan ke Sulut (2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_31.html

北スラウェシ州紀行(1) マナド(Manado) Perjalanan ke Sulut (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_30.html

マカッサルの「パニンクル」が二冊目の出版(INDONESIA di Panyingkul!)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200807/article_3.html

マカッサル市民ジャーナリズムに支援の手を(Bantuan utk Buku Panyingkul)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_8.html

マカッサル映画鑑賞&マカッサル文学講演(Film & Sastra Makassar)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200804/article_2.html

西スラウェシの伝統船サンデックで黒潮海道を航海
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200707/article_3.html

トラジャ文化&トラジャ語を学ぶインドネシア理解講座(Budaya & Bahasa Toraja)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200707/article_1.html

トラジャ人画家マイク・トゥルーシー個展(Pameran Tunggal Mike Turusy)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_10.html

トラジャ人画家マイク・トゥルーシー個展のお知らせ(Pameran Mike Turusy)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200705/article_2.html

北スラウェシ州政府
http://www.sulut.go.id/new/?

マナド市観光局
http://www.manadokota.info/

NSTPB(North Sulawesi Torusim Promotion Borad)
http://www.north-sulawesi.org/index.html

北スラウェシ州サンギヘ諸島県
http://www.sangihe.go.id/

World Ocean Conference 2009
http://www.woc2009.org/

特定非営利活動法人 Manado Net Japan
http://manadonet.com/

Sulutlink Foundation
http://www.sulutlink.org/

北スラウェシ州トモホン市ホームページ
http://www.tomohonkota.go.id/

トモホン市フラワーフェスティバル
http://www.tomohonflowerfestival.com/

2008年トモホン・フラワー・フェスティバルの様子
http://www.tomohonkota.go.id/gallery.php

常夏のスラウェシ島(インドネシア)情報マガジン
http://www5d.biglobe.ne.jp/~makassar/

インドネシアの巨石文化(2) Budaya Megalitik Indonesia(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_7.html

インドネシアの巨石文化(4) Budaya Megalitik Indonesia(4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_10.html

サンギヘ県政府ホームページ
http://www.sangihe.go.id/

シタロ県データ
http://www.sulut.go.id/dataweb/sitaro.pdf

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック