北スラウェシ州紀行(7) マナドのお粥  Perjalanan ke Sulut (7)

画像



“ブナケンのマナド”、“シーラカンスのマナド”。北スラウェシ州の州都マナドは、これまでその世界的に知れ渡った美しい海洋公園と、生きた化石のシーラカンスの発見といった「海」のイメージを強く打ち出してきた。しかし、最近、新たなイメージの創造に懸命だ。2009年5月11~15日、WOC(世界海洋会議:World Ocean Conference)のホストシティとして、今建設ラッシュが続いている。サム・ラトゥランギ国際空港の規模拡大、そして市内環状道路の整備、さらには3,000名収容可能な国際会議場の建設。ジミー・リンバ・ロギ(Jimmy Rimba Rogi)マナド市長は、世界の注目を集めるWOCを踏まえ、同市の次なる観光戦略を打ち出した。それが2010年をターゲットに据えたマナド世界観光都市宣言。
そして、今、“お粥の街マナド”のPRに力を注いでいる。インドネシア国内で“マナドのお粥(Bubur Manado)”と言えば、確かに健康食として、ますます人気が高まっている。確かに、首都ジャカルタにある、スラウェシ料理、マナド料理専門店での、その人気ぶりは他地域料理の追従を許さない勢いだ。ミナハサ語でマナドのお粥は「ティヌトゥアン(Tinutuan)」と呼ばれている。そして、マナド市政府は、同市を“ティヌトゥアンの街マナド”と名付け、新たな市のイメージ創りに余念がない。市内のワケケ(Wakeke)通りは、まさに“お粥通り”。約20の大小様々のお粥専門レストランが立ち並ぶ。



画像



ミナハサ料理の数々。海の幸、山の幸を絶妙に取り入れたヘルシーな料理が特徴。


画像



「ティヌトゥアン」の材料は:お米、トウモロコシ、かぼちゃ、タピオカ(キャッサバ)、空心菜(ヨウサイ)、ほうれん草、サユール・グディ(Sayur Gedi=ネバネバした葉の野菜)、水とお塩。そして香辛料として:バジル、レモングラス、ウコンの葉、ネギ、さらにサンバル(唐辛子香辛料)。お粥の副食として:いぶし鰹、Ikan Nikeと呼ばれる湖の淡水魚の焼き魚、豆腐、海老煎餅、テンペ(大豆発酵食品)、麺など。好みによって、出来上がったお粥に、さらにレモン汁を搾ったり、サンバルを追加してもいい。材料や香辛料に何を用いるのかは、お店の秘伝で、その微妙な味の差が、そのまま人気の秘密となっている。日本の七草粥のマナド版といった感じか。低カロリーで野菜たっぷり。ヘルシーそのもののお粥だ。このため、出勤前の早朝からワケケ通りは賑わっている。


画像




画像



ワケケ通りにあるティヌトゥアン専門店の一つ。マナドお粥にはアボカドジュースが良く似合う?


画像




画像




画像



厨房を覗くと、色々な野菜が並び、オーダーが入ると数分で調理。ファーストフード的なスピードで出来上がるが、この野菜たっぷりのヘルシーお粥は、首都ジャカルタやスラバヤなどの大都市でも、メタボを気にする御仁に大人気。


画像




画像



“料理観光(Culinary Tourism)”を掲げる背景には、マナド市、そして北スラウェシ州の多種多様なエスニック文化、そして豊富な食材があることと無関係ではない。マナドお粥に次いで、特筆すべきマナド料理は、やはり魚を食材にしたものか。ウォク・ブランガ(Woku Belanga)と呼ばれる魚料理が有名だ。お菓子文化も見逃せない。クラッペルタート(Klappertaat)と呼ばれるココナッツパイは、干しブドウやケナリ(Kenari)ナッツがトッピングされている。さらにカワンコアン(Kawangkoan)と呼ばれる落花生も特産品。


【参考ブログ】


北スラウェシ州紀行(6) マナド(Manado)  Perjalanan ke Sulut (6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_1.html

北スラウェシ州紀行(5) マナド(Manado) Perjalanan ke Sulut (5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_34.html

北スラウェシ州紀行(4) ブナケン(Bunaken) Perjalanan ke Sulut (4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_33.html

北スラウェシ州紀行(3) ブナケン(Bunaken) Perjalanan ke Sulut (3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_32.html

北スラウェシ州紀行(2) シーラカンス  Perjalanan ke Sulut (2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_31.html

北スラウェシ州紀行(1) マナド(Manado) Perjalanan ke Sulut (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_30.html

マカッサルの「パニンクル」が二冊目の出版(INDONESIA di Panyingkul!)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200807/article_3.html

マカッサル市民ジャーナリズムに支援の手を(Bantuan utk Buku Panyingkul)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_8.html

マカッサル映画鑑賞&マカッサル文学講演(Film & Sastra Makassar)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200804/article_2.html

西スラウェシの伝統船サンデックで黒潮海道を航海
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200707/article_3.html

トラジャ文化&トラジャ語を学ぶインドネシア理解講座(Budaya & Bahasa Toraja)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200707/article_1.html

トラジャ人画家マイク・トゥルーシー個展(Pameran Tunggal Mike Turusy)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_10.html

トラジャ人画家マイク・トゥルーシー個展のお知らせ(Pameran Mike Turusy)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200705/article_2.html

北スラウェシ州政府
http://www.sulut.go.id/new/?

マナド市観光局
http://www.manadokota.info/

NSTPB(North Sulawesi Torusim Promotion Borad)
http://www.north-sulawesi.org/index.html

北スラウェシ州サンギヘ諸島県
http://www.sangihe.go.id/

World Ocean Conference 2009
http://www.woc2009.org/

特定非営利活動法人 Manado Net Japan
http://manadonet.com/

Sulutlink Foundation
http://www.sulutlink.org/

常夏のスラウェシ島(インドネシア)情報マガジン
http://www5d.biglobe.ne.jp/~makassar/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック