インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS NTB州スンバワ島紀行(26) 王宮15 (Perjalanan ke Sumbawa No26)

<<   作成日時 : 2008/09/25 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

画像



Perjalanan ke Sumbawa(26) Budaya Tenun Songket(3)
Kini aktivitas penenunan kain Songket di Kabupaten Sumbawa merosot drastis. Padahal dahulu, terdapat beberapa desa
dimana menghasilkan kain Songket yang masih tradisional---pakai benang pintal dari kapas, juga yang dicelup warna-warni alamiah. Sementara di Kabupaten Bima, bagian timur Pulau Sumbawa, relatif masih banyak yang memproduksi kain Songket, meskipun sudah terbiasa memakai benang toko yang berwarna-warni kimia.



スマトラ南部のソンケット(縫取り織)モチーフにも似たスンバワ島のソンケット。かつて、ヒンドゥー・仏教文化、そしてイスラム教の伝播と共に、西から東へ伝わったモチーフなのかもしれない。バンカ・ブリトゥン州のバンカ島。西端のムントックは「チュアル布発祥の地」を誇っている(参照:バンカ島チュアル展のお知らせ:Pameran Tenun Cual Bangka Belitung(http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_8.html)。チュアル布とは、同島で生まれたソンケット&イカット文化で、時の変遷とともに、今ではパレンバン文化として知られている。ムントック市民は『スンバワ島ビマのソンケットは、ここから伝わったモチーフを使っている』と自慢げに話すが、その根拠となると曖昧だ。
本物のソンケット、つまり、手紡ぎ糸を用い、自然色で染め上げた伝統ソンケットを探し求めて、県都スンバワ・ブサールから車で一時間程の北モヨ郡を訪ねた。しかし、そこで見たものは、衰退の一途をたどるソンケット作りであった。すでに1965年頃から、伝統ソンケットの生産は終焉を告げていた。
スンバワ県に残る、ソンケット文化のかつての“栄光”は、スンバワ王朝の末裔が所有する、先祖伝来の衣類にのみ、昔を偲ぶことができる。スンバワ県政府は、伝統イカットの“復活”に関心はあるが、綿花畑がほぼ無くなっている現状、そして天然色の抽出方法を知る者が、ほぼ皆無に近い現実などを考慮すると、それは見果てぬ夢に終わる公算が強い。文化、特に伝統テキスタイル文化は、それらが消滅する前の早い段階で対処しなければ、後の祭りに帰結することは、インドネシア各地の例からも明らかだ。その意味でも、今、バラ・クニン(王族末裔が暮らす“黄色い館”)に残る、何十枚もの伝統ソンケットは、博物館的価値はさることながら、将来仮に伝統ソンケット復活の兆しが見えた時、最良のサンプルになることは明白だ。



画像



王妃が日常生活で着用した筒型サルン(手紡ぎ綿糸でサイズ:約87 X 106cm)。推定でおよそ60年前のもの。今は、孫娘の世代が機会ある度に使っている。



画像




画像




画像



王妃が日常生活で着用した筒型サルン(手紡ぎ綿糸でサイズ:約85 X 113cm)。推定でおよそ70年前のもの。今は、孫娘の世代が機会ある度に使っている。


画像




画像




画像




画像



王妃が日常生活で着用した筒型サルン(手紡ぎ綿糸でサイズ:約91 X 107cm)。推定でおよそ80年前のもの。今は、孫娘の世代が機会ある度に使っている。


画像




画像




画像



【参考ブログ】

NTB州スンバワ島紀行(25) 王宮14 (Perjalanan ke Sumbawa No25)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_28.html

NTB州スンバワ島紀行(24) 王宮13 (Perjalanan ke Sumbawa No24)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_27.html

NTB州スンバワ島紀行(23) 王宮12 (Perjalanan ke Sumbawa No23)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_25.html

NTB州スンバワニュース.com(Sumbawanews.com)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_24.html

NTB州スンバワ島紀行(22) 王宮11 (Perjalanan ke Sumbawa No22)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_23.html

NTB州スンバワ島紀行(21) 王宮10 (Perjalanan ke Sumbawa No21)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_22.html

NTB州スンバワ島紀行(20) 王宮9 (Perjalanan ke Sumbawa No20)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_20.html

NTB州スンバワ島紀行(19) 王宮8 (Perjalanan ke Sumbawa No19)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_19.html

NTB州スンバワ島紀行(18) 王宮7 (Perjalanan ke Sumbawa No18)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_18.html

NTB州スンバワ島紀行(17) 王宮6 (Perjalanan ke Sumbawa No17)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_17.html

NTB州スンバワ島紀行(16) 王宮5 (Perjalanan ke Sumbawa No16)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_16.html

NTB州スンバワ島紀行(15) 王宮4 (Perjalanan ke Sumbawa No15)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_15.html

NTB州スンバワ島紀行(14) 王宮3(Perjalanan ke Sumbawa No14)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_14.html

NTB州スンバワ島紀行(13) 王宮2(Perjalanan ke Sumbawa No13)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_12.html

NTB州スンバワ島紀行(12) 王宮(Perjalanan ke Sumbawa No12)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_11.html

NTB州スンバワ島紀行(11) 水牛2 (Perjalanan ke Sumbawa No.11)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_10.html

NTB州スンバワ島紀行(10) 水牛レース(Perjalanan ke Sumbawa No.10)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_9.html

NTB州スンバワ島紀行(9) モスク(Perjalanan ke Sumbawa No.9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_8.html

NTB州スンバワ島紀行(8) 鍛冶屋(Perjalanan ke Sumbawa No.8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_7.html

NTB州スンバワ島紀行(7) ソンケット(Perjalanan ke Sumbawa No.7)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_6.html

NTB州スンバワ島紀行(6) 独立記念日2(Perjalanan ke Sumbawa No.6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_5.html

NTB州スンバワ島紀行(5)独立記念日(Perjalanan ke Sumbawa No.5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_4.html

NTB州スンバワ島紀行(4) 観光(Perjalanan ke Sumbawa No.4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_3.html

NTB州スンバワ島紀行(3) タンボラ火山(Perjalanan ke Sumbawa No.3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_2.html

NTB州スンバワ島紀行(2) ブンギン島(Perjalanan ke Sumbawa No.2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_1.html

NTB州スンバワ島紀行(1) ノラ猫(Perjalanan ke Sumbawa, NTB) (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200808/article_5.html

スンバワ県政府Website
http://www.sumbawakab.go.id/

スンバワ島観光
http://sumbawa.org/

スンバワのニュース
http://www.sumbawanews.com/

ドンプー県政府Website
http://www.dompu.go.id/

ビマ県ビマ市政府Website
http://www.bimakota.go.id/

NTB(西ヌサトゥンガラ)州政府Website
http://ntb.go.id/deskripsiwilayah/petasumberdaya.php



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東部インドネシアの旧日本軍航空基地(73) Bandara Dai Nippon(73)スンバワ島
{%空港(ユラユラ)hdeco%}バリ(Bali)島の東のロンボク(Lombok)島のさらに東。そこにスンバワ(Sumbawa)島がある。日本軍(海軍)はここに2個の飛行場を建設した。スンバワ島は、他の小スンダ列島(ティモール島を除く)同様に、当初は海軍の作戦・管轄エリアだった。昭和17(1942)年5月、海軍第16戦隊指揮下の部隊と共に、ジャワ島を占領していた第16軍(今村均中将)隷下の第48師団(海兵団・土橋勇逸中将)の第47連隊第3大隊(宮地育三小佐)が、10日、ロンボク... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/02/13 19:27
東部インドネシアの旧日本軍航空基地(74) Bandara Dai Nippon(74)スンバワ島
{%空港(ユラユラ)hdeco%}小スンダ列島では、フローレス島の2個の新設飛行場(マウメレとバビ)を陸軍が担当。スンバ島では、海軍が東部のワインガプとメロロ付近に計3個、西部地区のワイコロには陸軍が1個(滑走路は計3本か?)新設飛行場を開いた。そしてスンバワ島では、海軍が2個(ビマとランバン=現スンバワ・ブサール)造成した。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/02/15 21:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NTB州スンバワ島紀行(26) 王宮15 (Perjalanan ke Sumbawa No26)  インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる