マルク州タニンバル紀行(2) Ke Tanimbar, MTB, Maluk(2)

画像



西に東ティモール、南にオーストラリア。MTB(西南東マルク)県は、海を隔てて二つの異国と接している。この地理的状況を活かして、州都アンボンや首都のジャカルタばかりに顔を向けてきたこれまでの姿勢を変え、同県は、二国とを結ぶエリアを“成長の三角地帯”と位置付けている。特に、老後をヨット遊びに熱中する豪州の豊かな階層は、最も有望な外国人観光客と捉えられている。そのため、ダーウィン(Dawin)→サムラキ(Saumlaku)のヨットレース(Sail Saumlaki)もすでに5年間にわたって誘致している。
現在までのところ、外国人観光客の大半は、ヨットで南からやってくるオーストラリア人だが、2005年の県観光局統計によれば、同年、英国人10名、オランダ人3名、日本人2名、中国系10名、(国籍を表示してない)ダイビング客10名がサムラキを訪れたことになっている。
ヘリー・レレブラン(Drs. H.Y.Lerebulan)県観光局長は、同県をかつての“忘れられた島々(Forgotten Islands)”から“エキゾチックな海洋・文化パラダイス(The Exotic Marine and Culture Paradise)”へと変身させようとしている。『聖地巡礼を疑似体験するために建設中のフィンドゥワール(Findrwar)は、マリン・リゾートやエコーツアーと並んで、この県の重要観光スポットとなることでしょう』とヘリーさん。完成は2010年の予定だ。
世界最大のイスラム人口を誇るインドネシア。しかし、MTB県では住民の約95%がキリスト教。MTB県の周辺は、キリスト教が多数を占める地域が多い。例えば、西には全人口の約87%がクリスチャンのNTT(東ヌサトゥンガラ)州、そして99%がキリスト教徒の隣国東ティモール、北東には、宗教抗争で悲惨な歴史を刻んだが、約6割がクリスチャンと言われる州都のアンボン、そして北東には、やはりクリスチャンが多いパプア(西部ニューギニア)を控えている。そして真南には、約64%の国民がキリスト教徒とされるオーストラリア。バンダ海とアラフラ海に挟まれたMTB県は、まさに“キリスト教の海”の中心に位置する。その意味で、「キリスト教ツーリズム」は、エリア的には将来性があると言えるのかもしれない。



画像




画像




画像




画像



サムラキ市郊外の西オリリット(Olilit Barat)地区に5年前から建設が始まった“聖地”の「Findrwar(フィンドゥワール・たくさんの石柵の意味)」。キリスト教にちなんだ数々の像(イエス・キリスト像、マリア像、キリスト&マリア像、十字架に張り付けられたキリスト像など)が、海が見える高台に建つ。“聖地”は未完成だが、日曜日になるとサムラキ市民が多数訪れる。


画像




画像




画像




画像



村々の質素な家屋と比べて立派な教会が各村で見られる。


画像



サムラキ市内には、布教のためにやってきたヨーロッパ人宣教師を描いたリリーフが。観光スポットの一つだ。


画像




画像




画像



西に東ティモール、南にオーストラリア。MTB県はその未来の活路を隣国との関係に見出そうとしている。


画像



2005年7月、オーストラリアのダーウィンで、サムラキ市とダーウィン市との友好都市締結に関する基本合意がなされた(画像:MTB県政府)。


画像



サムラキ市の沖合に停泊したヨットから、オーストラリア人観光客がボートでやってきた(画像:MTB県政府)。


画像



県政府はバスを準備し、ヨットで来島したオーストラリア人観光客を島巡りのツアーに招待(画像:MTB県政府)。


画像




学校訪問では、生徒たちによる歓迎の舞踊が。そして村々でもウエルカム・ダンス。県主催のレセプションでは、地元手作りの椰子ジュースやお菓子がヨットクルーを出迎えた(画像:MTB県政府)。


画像




画像




画像




【参考ブログ】


マルク州タニンバル紀行(1) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_3.html

タニンバル島謎の石階段(Tangga Batu, Tanimbar, MTB, Maluk)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_5.html

タニンバル島謎の石船No.2(Kapal Batu, Tanimbar MTB) No.2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_4.html

タニンバル島謎の石船(Kapal Batu, Tanimbar MTB) No.1
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_3.html

戦後が来ない西南東マルク県。占領の傷跡は誰が癒してくれるのか?
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_6.html

西南東マルク県政府公式Website
http://www.mtbkab.go.id/

インドネシア文化宮(GBI)活動記録
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック