インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS タニンバル島謎の石船(Kapal Batu, Tanimbar MTB, Maluk) No.1

<<   作成日時 : 2008/05/08 12:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 20 / コメント 0

画像



















東のアラフラ(Arafura)海に舳先を向け、高台の広場に錨を下ろした石船(Kapal Batu)。西南東マルク県の県都サムラキ(Saumlaki)から、ヤムデナ(Jamdena)島東海岸を東北方向へ車でおよそ二時間。サングリット・ドル(Sanglit Dol)村の中心部に、その船はあった。県都から途中まではアスファルト道路だが、でこぼこの土と小石の道。乾季ならまだしも、雨季には走行が極めて困難なことが予想される。県政府は、ヤムデナ島の観光スポットとしてこの石船に大きな期待を抱いている。そのため、今、村人たちは、半壊状態だった石船の修復作業に忙しい。

それにしても、なぜ、巨大な石船を作る必要があったのだろうか。その昔、タニンバル諸島を始め、北東に浮かぶケイ(Kei)諸島やアルー(Aru)諸島には、伝統的に、シンボルとしての船信仰があったとされる。象徴的意味として、船は家と村と捉えられた。そして家族や村人は、まさに“乗組員”だった。東部インドネシアの全域に当てはまることだが、中小規模の島々から成る一帯では、カヌーや手漕ぎ船、そして帆船などが重要な移動手段だった。船は、交易、親交、戦闘の手段だったとも言える。アラフラ海を東へ西へ、北へ南へと、外部から新たな文化・文明が交易を通して入ってきた。また、船は、近隣の村々との親交に欠くことのできない乗り物だった。しかし、一方では、敵対する村々との戦にも使用された。

西東南マルク(MTB=Maluk Tengara Barat)県を含み、バンダ(Banda)海、そしてアラフラ海に浮かぶ島々は、Nico De Jonge、そしてToos Van Dijkらが1980年代初頭に現地調査を行い、その著書『Forgotten Islands of Indonesia(The Art & Culture of the Southeast Moluccas)』に克明に紹介したように、“インドネシアの忘れられた島々”かもしれない。今でも、この地域を訪れる人々は、オーストラリアからヨットでやってくる観光客を除けば、外国人ツーリストは数えるほどしかいない。彼らも、少なくない割合が、文化人類学や民族学といった特定の目的を持った旅人たちである。

今、サムラキはオーストラリアのダーウィンと姉妹都市を締結し、その未来の活路を海外からの観光客、そして外資の誘致に動き始めている。港湾設備を拡充し、新空港の建設も計画されている。“忘れられた島”は、再び大航海を始めた。




画像



タニンバル(Tanimbar)諸島で最も大きな島はヤムデナ(Jamdena)島。この島の南端部にMTB(西南東マルク県)の県都であるサムラキ(Saumlaki)がある。アンボンから、メルパティ航空の双発小型機で約3時間。バンダ海を飽きるほど眺めての飛行だ。ヤムデナ島の南西には、旧日本軍が最前線基地を設けたセラル(Selaru)島が、そして北東にはララット(Larat)島、北部にモル(Molu)島、西部にブルジャル(Vurjaru)島やセラ(Sera)島などがある。
西南東マルク県は、東に県都のあるタニンバル諸島、そして西へ向かって、ティモール島の手前に、点在する小さな島々から構成されている。同県中部と西部の主な島は、戦時中、日本軍による集団虐殺事件が起きたババル(Babar)島、そしてダマール(Damar)諸島、セルマタ(Sermata)島、レティ(Leti)諸島(レティ島、モア=Moa島、ラコール=Lakor島など)、キサール(Kisar)島、ウエタール(Wetar)島などがある。遠くない将来、同県は分割され、ババル島からウエタール島までが新たな県になる予定だ。




画像




画像



















2007年9月撮影の石船とSangliat Dol村の光景。連日、村人によって、石船の修復作業が続けられている。




画像



1930年に撮影された石船。保存状態も良い。後方に船形の家屋が並んでいる。しかし、現在これらの住居はない。
(写真:「Forgotten Islands of Indonesiaより引用」)


画像



石船の海側の先端部に木製の舳先が付いていたが、何者かによって盗まれ、今では見ることができない。
(写真:「Forgotten Islands of Indonesiaより引用」)


画像



「Forgotten Islands of Indonesia:The Art & culture of the Southeast Moluccas」
著者:Nico de Jonge & Toos van Djik
発行元:Periplus Editions (1995) ISBN:962-593-015-9



画像





















いつ、誰が、何の目的のためにこの石船を作ったのか?現在の村人で、この疑問に明確に答えることのできる人はいない。海面からおよそ30-40メートルの高台に鎮座する石船。舳先はアラフラ海に向かう。かつて海を渡ってきた海洋民族の魂を見る思いがする。


画像





















船尾には、石製のテーブル、そして椅子が並ぶ


画像




















村人によれば、その昔、村の重要な決議は、この石テーブルの周りで採決されたという。この場所は裁判所のような機能も果たしていたそうだ。


画像




















強い陽射しを避け、ビニールシートの仮設テントの下で、復元作業に従事する村人。皆、ボンランティアでの参加だ


画像




















船首側から船尾を見る


画像




















右舷側の破損が目立つ。セメントなどは用いず、加工した石を積み上げる


【参考ブログ】


戦後が来ない西南東マルク県。占領の傷跡は誰が癒してくれるのか?
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_6.html

インドネシア文化宮(GBI)活動記録
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(20件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
タニンバル島の謎の石船No.2(Kapal Batu, Tanimbal MTB) No.2
意外と知られていないことだが、インドネシアはメガリス(巨石)文化の宝庫でもある。スマトラ島北部のトバ湖のサムシール島、そして南部のパスマ高原。同島西部のインド洋に浮かぶニアス島も有名だ。ジャワ島も例外ではない。ボロブドゥール遺跡も、一つの石文化だ。古代の墳墓にその面影を見る。そしてスラウェシ島中部のモアイ像のような巨大石像。スンバ島のドルメンは同国を代表する巨石文化。そしてNTT(東ヌサトゥンガ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/05/10 12:18
タニンバル島の謎の石階段(Tangga Batu, Tanimbal, MTB, Maluk)
{%ヨットwebry%}マルク州西南東マルク(MTB)県のヤムデナ島東海岸。県都サムラキの北東に位置するサングリット・ドル(Sanglit Dol)村。大きな石船の舳先の向こうにはアラフラ海。舳先部分から砂礫の広場を十数メートル進むと、海岸に続く石の階段がある。長さは50メートル程か。急坂だ。高低差はおよそ40メートル。ヤムデナ島では、海岸からそそりたつ岩山の高台に村があるケースが少なくない。そ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/05/11 18:36
インドネシアの巨石文化(1) (Budaya Megalitik Indonesia(1)
巨石文化といえば、考古学的には、紀元前4000〜3000年に造られた、西ヨーロッパのドルメン(支石墓)がまず浮かび、そして石で構築された文化としては、ずっと後の時代になりますが、南米チリのイースター島のモアイ像も有名ですね。エジプトのピラミッドやジャワのボロブドゥール遺跡、そしてカンボジアのアンコールワットなども石文化の結晶です。なんでも考古学で「アジアの巨石文化」という場合、古墳時代以前の先史時代のものに限るそうですが、その中にあって、インドネシアは今でも巨石文化の信仰が... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/05/16 12:53
インドネシアの巨石文化(2) Budaya Megalitik Indonesia(2)
{%上昇webry%}上の画像は:南スラウェシ州ボリ・パリンディン(Bori Parinding)にあるメンヒル。所有者の勢力と自尊心を象徴するとされ、権力並びに富とサイズは比例する。このメンヒルは、地元の有力者が亡くなった際に、葬儀に関わる儀式で使用された。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/05/18 19:54
インドネシアの巨石文化(3) Budaya Megalitik Indonesia(3)
インドネシアの巨石文化は“過去の文化”にとどまらず、現在でも信仰の対象になっていることが特徴だ。特に、東部インドネシア地域でその姿を見ることができる。インドネシアには、おおまかに分類して、次のような石文化が存在する。メンヒルは、通常「Batu Tegak(立石)」と呼ばれ、自然石から造り、信仰対象や墓標として使われた。ドルメンは、通常「Meja Batu(板テーブル)」と呼ばれ、脚石で支えられている。「Kalamba」は主に中スラウェシ州で多く見つかっており、シリン... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/05/22 19:26
インドネシアの巨石文化(4) Budaya Megalitik Indonesia(4)
{%王冠webry%}「Arca megalitik(巨石像)・Megalithic Statue」は、巨石信仰に関連する人間もしくは動物の形をした石彫刻。「Arca Menhir(メンヒル像)・Menhir Statue」は、胴体、首そして頭から成る足を持たない、人間の形をした石像。「Ksadasn」は、石垣で囲んだ広場。西ティモールに多く、儀式用。「Bosok」は、西ティモールに多く、石積み構築物で、儀式用。「Areosali」は、ニアス島に多く見られ、裁判所と... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/05/23 11:43
マルク州タニンバル紀行(1) Ke Tanimbal, MTB, Maluk(1)
【MTB(西南東マルク県・West South-East Molluccas Regency)のあらまし】 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/06/09 17:47
マルク州タニンバル紀行(2) Ke Tanimbal, MTB, Maluk(2)
{%夏海(チカチカ)hdeco%}西に東ティモール、南にオーストラリア。MTB(西南東マルク)県は、海を隔てて二つの異国と接している。この地理的状況を活かして、州都アンボンや首都のジャカルタばかりに顔を向けてきたこれまでの姿勢を変え、同県は、二国とを結ぶエリアを“成長の三角地帯”と位置付けている。特に、老後をヨット遊びに熱中する豪州の豊かな階層は、最も有望な外国人観光客と捉えられている。そのため、ダーウィン(Dawin)→サムラキ(Saumlaku)のヨットレース(Sail S... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/06/09 19:48
マルク州タニンバル紀行(3) Ke Tanimbal, MTB. Maluk(3)
{%夏海(チカチカ)hdeco%}“エキゾチックな海洋・文化パラダイス(The Exotic Marine and Culture Paradise)”をキャッチフレーズに、“忘れられた島々(Forgotten Islands)”の手つかずの、美しい自然、殊に“サムラキ・ブルー”の海と珊瑚礁、そして白砂のビーチを資本に、楽園リゾート地を夢見るMTB(西南東マルク)県。 海洋に活路を見出すことは理にかなっている。同県の面積を考慮しても歴然だ。およそ125千km2の内、約88%は... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/06/10 12:41
マルク州タニンバル紀行(4) Ke Tanimbal, MTB, Maluk(4)
{%夏海(チカチカ)hdeco%}スハルト政権の崩壊に始まったインドネシアの民主化と地方自治の向上。次から次へと新たな州が誕生。いわんや県となるとまさに雨後の筍の勢いで増え続けている。“多様性の統一”といえばインドネシアが独立以来掲げてきた国家スローガンだが、今や“多様性の共存”の時代を迎えている。SARA(Suku=民族、Agama=宗教、Ras=種族、Antargolongan=階層・グループ)を異とする人々が、言語、慣習、文化を同じくする民族集団(Suku Bangsa)... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/06/11 16:42
マルク州タニンバル紀行(5) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (5)
{%夏海(チカチカ)hdeco%}「セラル(Selaru)島は日本軍の最前線だった。リンガット(Lingat)村にたくさんの日本兵がいた。もちろんタニンバル諸島の各地にも駐屯していたがね。終戦後、日本軍の弾薬や機材は全て海に捨てられた。まだ、それらは海の中に残っている。一方で、当時最新のトラックなどは陸上に残していった。日本軍兵士による虐待は、それは酷いものだった。多くの女性が慰安婦にさせられた」---マルク州MTB(西南東マルク・Maluk Tenggara Barat)県の... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/06/12 15:05
マルク州タニンバル紀行(6) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (6)
{%夏海(チカチカ)hdeco%}セラル(Selaru)島のリンガット(Lingat)村。かつて日本軍の最前線部隊が駐留していた村だ。2007年8月時点での人口は453世帯で2,003名(女性1,017名&男性986名)。ユスフ・サンボヌ(Yusuf Sambonu)村長(36歳)が語る。 「日本軍の進駐で、この村は戦争の犠牲となった。遠い北からやってきた日本兵が、南のオーストラリアと対峙するために、ここを戦場に変えてしまった。島にはまったく関係のないよその国の問題なのに、村... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/06/13 13:18
マルク州タニンバル紀行(7) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (7)
{%夏海(チカチカ)hdeco%}マルク州MTB(西南東マルク)県のセラル(Selaru)島。日本軍の最前線基地があったリンガット(Lingat)村の西方、最西端のイリアサ(Iljasa)村へ至る途中に、広大な平らな台地がある。通称ケブン・トゥアウ(Kebun Tuau)と言われている地域だ。ここには大戦中、日本軍が建設しようとした(完成していたのかどうかは不明)滑走路跡がある。とにかく、だだっ広い。ユスフ村長によれば、その長さは3kmにも達するそうだ。対オーストラリア攻撃のた... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/06/14 12:13
マルク州タニンバル紀行(8) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (8)
{%爆弾webry%}日本軍が進駐した時8〜16歳だった今日のリンガット村の長老たちは、いまだ鮮明に当時のことを記憶している。以下は、彼らの証言。(注:但し、記憶内容は人によって異なり、必ずしも正確とは言えない部分もある。文中に引用した年月日や数値は、大多数が同意した発言内容と理解いただきたい)。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/06/15 22:22
マルク州タニンバル紀行(9) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (9)
{%火webry%}太平洋戦争末期の昭和19年(1944年)11月に、ババル(Babar)島のエンプラワス(Emplawas)村で、日本軍による住民400名以上にものぼる虐殺事件が起きていたことは、それから42年も経った1986年11月23日付の『朝日新聞』報道で初めて知られることになった。同紙には以下のような見出しが並んだ。“旧日本軍、住民400人を虐殺 インドネシアのババル島”、“極秘報告書が明るみに”、“戦史研究家が入手 憲兵殺され「討伐」”、“銃撃三時間 村一つ消す”、... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/07/03 14:18
西南東マルク県セラル島の動画の怪 Video Pulau Selaru, MTB Maluku
{%映画館(movie)hdeco%}インドネシア文化宮(GBI)は、You Tube上に計567本の動画をアップしている。その中にあって、今日現在で第二位の再生回数を記録しているものが『日本軍が去って62年後の西南東マルク県セラル島Selaru Islands MTB Maluku Indonesia』と題する動画だ。今からおよそ3年前に投稿した。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2012/05/07 01:52
西南東マルク県セラル島の動画の怪2: Video Pulau Selaru, MTB Maluku
{%映画館(movie)hdeco%}去る5月7日付のインドネシア文化宮(GBI)ブログで紹介した動画『日本軍が去って62年後の西南東マルク県セラル島Selaru Islands MTB Maluku Indonesia』が、とうとうGBIが動画サイトYou Tubeにアップしている計568本の中でNo.1のヒット数を記録した。これまでの一位だった『Pameran Prajurit Jepang yg tak sempat dipulangkan ke tanah air dari P... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2012/05/19 21:53
西南東マルク県セラル島の動画の怪3: Video Pulau Selaru, MTB Maluku
{%映画館(movie)hdeco%}去る5月7日と5月20日付けのインドネシア文化宮(GBI)ブログで紹介したYou Tube掲載動画『日本軍が去って62年後の西南東マルク県セラル島 Selaru Islands MTB Maluku Indonesia』が、まもなく10万回再生を記録しようとしている。GBIがアップしている動画計587本の中でNo.1のヒット数だ。一方、2位は依然として『Pameran Prajurit Jepang yg tak sempat dipulangka... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2012/09/01 23:09
西南東マルク県セラル島の動画の怪5: Video Pulau Selaru, MTB Maluku
{%映画館(movie)hdeco%}インドネシア文化宮(GBI)がYou Tubeにアップしている動画は、すでに694本。これまで何度か、上位1〜2位のヒット数についてレポートした。1位が『日本軍が去って62年後の西南東マルク県セラル島 Selaru Islands MTB Maluku Indonesia』で、2位が『Pameran Prajurit Jepang yg tak sempat dipulangkan ke tanah air dari Papua(パプアからの未帰還... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/05/10 20:08
動画「パプアからの未帰還兵展」が22万回の再生。Video PD-II & Papua
{%映画館(movie)hdeco%}インドネシア文化宮(GBI)がYou Tubeにアップしている動画は、すでに791本。これまで何度か、上位1〜2位のヒット数についてレポートしてきた。その内、再生回数が10万を超える動画は以下の二つ。 {%上昇webry%}2011年2月、西部ニューギニア・西パプア州ビントゥニ湾の洞窟で、「イドレ転進作戦」の犠牲者の遺骨を確認。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/12/28 18:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タニンバル島謎の石船(Kapal Batu, Tanimbar MTB, Maluk) No.1  インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる