アチェのサクラさん&ディーヴァちゃんの日本滞在記(2)Kenangan Sakura(2)

画像



「私は、この体に日本人の血が流れていることをとても誇りに思っています。私の願いは、この絆が孫の子供の世代、そしてそれ以降も、ずっとずっと続いていくことです。私と姉の間柄も、確かに戦争の犠牲と言うこともできるでしょう。でも、あの悲惨な戦争の恨みを乗り越え、血の繋がりが今こうして人間味溢れる姉妹関係を結わいだのです。日本とアチェが、日本とインドネシアが親愛の関係がさらに大きくなっていくことを願っています」----戦前を8日間、戦後を62年間生きてきたサクラさんはそう語る。


『早春賦』 

春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

氷解け去り 葦は角ぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日もきのうも 雪の空
今日もきのうも 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思を
いかにせよとの この頃か
  

(作詞:吉丸一昌、作曲:中田章。1913年発表)
1913(T2)年 新作唱歌(三)として発表


生きる勇気を与えてくれるとサクラさんが愛唱する『早春賦』。長野県安曇野市に滞在中、何度も聞き、市民と一緒に、目頭を熱くし、何回も歌った早春賦、そして初めて耳にした『故郷(ふるさと)』。4月29日、あずみ野コンサートホールで行われた『早春賦まつりコンサート』で聞いた『故郷(ふるさと)』。歌詞もその意味も知らないサクラさん。しかし、この曲の何かが彼女の心の琴線に触れたのだろう。聞いている間、そして聞き終わった後、彼女はずっと涙を流し続けた。「この曲をアチェに持って帰りたい」---サクラさんはそう言った。



『ふるさと』

兎(うさぎ)追いし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今もめぐりて
忘れがたき ふるさと

如何(いか)にいます 父母
恙(つつが) 無しや友垣(ともがき)
雨に風につけても
思い出ずる ふるさと

志(こころざし)を 果たして
いつの日にか 帰(かえ)らん
山はあおきふるさと
水は清き ふるさと


(作詞:高野辰之、作曲:岡野貞一)
1914(T3)年、「尋常小学唱歌(第六学年用)」に登場。


祖父の吉丸一昌(よしまる かずまさ:大分県北海部郡海添村(現臼杵市海添)出身。1873-1916)が作詞した『早春賦』は、長野県・安曇野の光景を描いた。そして吉丸同様に、ほぼ同時期に東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)の教授となった高野辰之(たかのたつゆき:長野県下水内郡豊田村(現中野市)出身。1876-1947)が長野県・中野の自然の光景を織り込んで作詞した『ふるさと』。日本人のおそらく誰しもが、この歌を聴き、歌うと、それぞれの故郷の情景を思い浮かべる『ふるさと』。そしてサクラさんまでもが。

いかにせよとの この頃か(早春賦)---サクラさんは、どんな想いを持って“第一の故郷”インドネシアへ戻っていったのだろうか。
いつの日にか帰らん(ふるさと)---サクラさんは、今度はいつ、どんな想いを持って“第二の故郷”日本へ戻って来るのだろうか。



『いのちのきずな』(作詩・作曲:古原さよ子)


わたしの心にいつも..いつも流れてる
おばあちゃんが教えてくれたこの歌
それはいのちのきずな
二つの故国をつなぐ歌
それはいのちをつなぎ
はるかな時を超える

わたしが生まれた国に季節の冬はない
おばあちゃんが歌ってくれたこの歌
それは人生の冬
冬を乗り越え生きる歌
それはいのちをつなぎはるかな時を超える


ある日、それは人生の冬
街を、わたしを、妹を、津波は突然飲み込んだ
渦巻く波、わたしはもがく
助けて神様、お願い助けて
波間を漂う私を軌跡が救ってくれたけど
わたしの大事な妹のいのちは波に奪われた

辛い人生の冬..わたしを支えてる
おばあちゃんが伝えてくれたこの歌
それはいのちのきずな
生きる勇気をくれる歌
それはいのちをつなぎ
はるかな時を超える


わたしはうたって生きてゆく
人生の春を待ちながら
それはいのちのきずな
二つの故国をつなぐ歌
それはいのちをつなぎ
はるかな時を超える



ドキュメンタリー映画『二つの故国をつなぐ歌』のテーマソング「いのちのきずな」は、現在、松本市立明善小学校に勤務する古原さよ子さんが作詩・作曲。ディーヴァを“わたし”に、おばあちゃん(サクラさん)から教わった“いのちのきずな”の「早春賦」が与えてくれる勇気を、岩崎純子さんのピアノをバックに、川端のぞ美&愛美姉妹が清純に歌い上げている。


上の画像は、安曇野の有明神社で桜を愛でるサクラさん


画像




















有明神社の巨大な石貨をくぐるディーヴァちゃんとサクラさん。ご利益を!


画像



















神社でのお祈りの作法を教えてもらう



画像




























おみくじを桜の枝に結ぶサクラさん(小吉)とディーヴァちゃん(末吉)。「おみくじに書かれている何点かはその通り。今の自分の状況を示唆している」と、サクラさん。


画像




















安曇野市立穂高東中学校を訪れたサクラさんとディーヴァちゃんは、大歓迎の校長先生と面会。同校では、早春賦が歌われ続けている


画像




















同い年の生徒たちから「ディーヴァちゃん、可愛いっ!」の声が


画像




















元音楽教師で早春賦愛唱会の西山紀子さんが、生徒らに映画『二つの故国をつなぐ歌』のポスターを見せながら、サクラさんとディーヴァちゃんを紹介


画像



















生徒らと早春賦を合唱


画像



















音楽教室で、女生徒の列に加わったサクラさんとディーヴァちゃん


画像























穂高東中学校の校長先生(左端)と吉丸昌昭さん(右端)と記念撮影


画像



















穂高東中学校の隣にある碌山美術館で、授業中の同校生徒らと国際交流


画像




















碌山美術館で、新緑の木々の下、安曇野ケーブルテレビのインタビューを受ける二人


画像





















安曇野を離れる日(4/30)、お昼ごはんは、京料理の竹の子釜飯。左端は通訳の望月由貴子さん


画像





















穂高駅から東京・新宿駅へ向かうあずさ26号車内。ディーヴァちゃんは通訳の望月さんと姉妹のような関係に


画像



















5月1日、東京・目黒の東京インドネシア学校で、ドキュメンタリー映画『二つの故国をつなぐ歌(インドネシア語版)』の上映会が催された。およそ40名の参加。一時間の上映の後、質疑応答が。一人を除き、アチェに行ったことのない同胞は、あらためて津波被災のアチェとサクラさんの波乱万丈の半生に心を打たれた


画像























画像



















上映会終了後、サクラさんに素敵な浴衣がプレゼントされた




【参考ブログ】


早春賦をテーマにしたドキュメンタリー映画、各地で好評上映中
http://soushunfu.blog89.fc2.com/

第25回早春賦まつりとコンサート
http://www5f.biglobe.ne.jp/~hotaka/soushunfu/sub472.htm

アチェのサクラさん&ディーヴァちゃんの日本滞在記(1)Kenangan Sakura(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_1.html

アチェのサクラさんが来日・上映会&懇親会(Sakura Aceh ke Negeri Sakura)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200804/article_1.html

アチェの画家マフディさんの個展(Pameran Mahdi Abdullah di NAD)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200802/article_2.html

アジア創造美術展始まる(Pameran Asia Creative Art Exhibition 2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200801/article_2.html

アチェとパプア絵画を国立新美術館で展示(Asia Creation Art Exhibition)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200712/article_1.html

アチェ津波絵画&風刺漫画を義援金に(マフディ・アブドゥラ氏の作品)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_5.html

アチェ津波被災三周年企画展のお知らせ(Pameran Aceh 3 thn Tsunami)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_4.html

アチェの津波ポールとアンボンの津波防災啓蒙看板(Tugu Tsunami Aceh) 
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_3.html

バンダアチェの樹木の運命(2) Nasib pohon2 Banda Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_2.html

バンダアチェの樹木の運命(1) Nasib pohon2 Banda Aceh(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_1.html

アチェ教育映画上映会のお知らせ(Pemutaran Film2 Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200710/article_1.html

アチェに死す(3) Kuburan Warga Jepang di Aceh(3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_5.html

アチェに死す(2)Kuburan Warga Jepang di Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_4.html

アチェに死す(1) Kuburan Warga Jepang di Aceh(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_3.html

アチェで日本のドキュメンタリー&アニメ映画を上映(Pemutaran Film di Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_1.html

ドキュメンタリー映画『二つの故国をつなぐ歌』がアチェで上映(Film Jepang ke Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_10.html

アチェのドキュメンタリー映画上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200705/article_4.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』ジャカルタ上映&報告
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_6.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_2.html

アチェ伝統刺繍文化展のお知らせ(Pameran Budaya Sulaman Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_1.html

映像で見るアチェの今昔
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200701/article_2.html

スマトラ島沖大地震・巨大津波二周年報道写真展のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_7.html

アチェ&早春賦(映画:二つの故国をつなぐ歌)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200702/article_2.html

2007年8月30日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された映画上映会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=13&beritaid=33867

2007年4月15日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=20&beritaid=27584

2006年12月26日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=2&topik=39&beritaid=23554

2006年3月1日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙による津波記録本出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=26&beritaid=15801

2005年12月26日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=2&topik=39&beritaid=14753

2005年10月20日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたアチェ詩集本「慟哭の歌」出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=3&topik=46&beritaid=13505

2005年8月23日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙との協力関係に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=46&beritaid=12183

2005年8月20日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙による津波記録本出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=3&topik=20&beritaid=12116

インドネシア文化宮(GBI)活動記録
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック