アチェとパプア絵画を国立新美術館で展示(Asia Creation Art Exhibition)

画像




画像



インドネシア文化宮(GBI)は、新年の1月23日(水)~2月4日(月)に、東京・六本木の国立新美術館(The National Art Center)で、公募展の一つとして開催されるアジア創造美術展(亜細亜太平洋水墨画会主催・国際アジア共同体学会共同企画)に、インドネシアのアチェとパプア両州のアートを出展します。
インドネシア共和国の東西両端に位置するアチェとパプア。赤道直下、インド洋と太平洋に連なるヌランタラ(インドネシア)の、首都ジャカルタから最も離れた両州に息づく芸術作品を紹介する今回の展示を通じて、“多様性”に満ち溢れた同国の、まさに“ニ端”の世界に触れてみたいと思います。
展示作品は、パプアからは州都ジャヤプラ近郊で育まれてきた、伝統樹皮絵画“コンボウ”を18点、アチェからは、画家のマフディ・アブドゥラ氏が描いた“津波絵画”を3点、そして同州独自の伝統刺繍布を3点の予定です。



名称】アジア創造美術展(Asia Creation Art Exhibition 2008)
期日】2008年1月23日(水)~2月4日(月)10:00~18:00(但し毎週火曜日は休館日)
場所】国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)
    アクセス:東京メトロ千代田線乃木坂駅6出口、東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩5
    分、都営地下鉄大江戸線六本木駅7出口から徒歩4分
展示内容】日本・中国・台湾・マカオ・オーストラリア・インドネシアなどの水墨画、墨彩、アクリル画、文人画、中国画、韓国画、書、インスタレーションなど。
入場料】一般・大学生 500円(高校生以下、65才以上、障害者手帳をお持ちの方と付き添い者1名は無料)


上の作品は:州都ジャヤプラ近郊のセンタニ湖畔に暮らす、樹皮絵画作家イスマイル・ネレ氏の作品『祖霊と小動物』(144cm X 110cm)。生まれつき言葉の障害を背負ったイスマイル氏は、コンボウ(樹皮絵画)を通じて民族の伝統文化を表現し続けている。

画像




画像



画像


マフデ・アブドゥラ氏の作品:題は「261204」(アクリル画・70 X 80cm、2005年4月作)
2004年12月26日に起きた大地震と巨大津波をテーマに、自らも両親・妹、弟を失った同氏が被災後初めて描いた作品。



画像


州都ジャヤプラ近郊のセンタニ湖畔に暮らす、樹皮絵画作家アグスティヌス・オンゲ氏の作品『神の森』(120 X 100cm)。2003年作。オンゲ氏は、1998&1999年にイリアンジャヤのアーティスト代表として、オーストラリアのダーウィンで開催された芸術祭に参加、また、2000年10月にインドネシアの首都ジャカルタでインドネシア文化宮(GBI)が主催した『パプア文化芸術展』にも参加。


画像


マフディ・アブドゥラ氏の作品:題は「終焉。そして生還」(アクリル画・50 X 65cm、2005年4月作)
『261204』に次いで、被災後、二番目に描いた作品。前触れもなしに突如、巨大な津波が押し寄せてきた時、人々は枯葉のように濁流に飲み込まれた。パニックという言葉のなんと陳腐なことか。その光景は、この世の終焉そのものだった。自然の脅威を背に、逃げ惑い、そして生き延びた母と子。母は子を強く抱きしめた。



画像


州都ジャヤプラ近郊のセンタニ湖畔に暮らす、樹皮絵画作家イスマイル・ネレ氏の作品『祖霊と繁栄』(100cxm X 56cm)。


画像


中央アチェ県ガヨ民族の『幸福の布(ウレン・ウレン)』。ナングロ・アチェ・ダルサレム州の山岳部に位置する中央アチェ県(Aceh Tengah)の県都タケンゴンで作られた巨大な刺繍布。結婚式などの祝いの場所に飾られます。中央の太陽、そして四方八方へと広がる浮雲。幸福のシンボル。サイズは横幅が約207cm、縦が約110cm。


画像



州都ジャヤプラ近郊のセンタニ湖畔に暮らす、樹皮絵画作家イスマイル・ネレ氏の作品『蝙蝠』(101cm X 61cm)。


【参考ブログ】

インドネシア文化宮(GBI)活動記録
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

国立新美術館
http://www.nact.jp/

2007年8月30日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された映画上映会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=13&beritaid=33867

2007年4月15日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=20&beritaid=27584

2006年12月26日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=2&topik=39&beritaid=23554

2006年3月1日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙による津波記録本出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=26&beritaid=15801

2005年12月26日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=2&topik=39&beritaid=14753

2005年10月20日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたアチェ詩集本「慟哭の歌」出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=3&topik=46&beritaid=13505

2005年8月23日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙との協力関係に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=46&beritaid=12183

2005年8月20日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙による津波記録本出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=3&topik=20&beritaid=12116
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック