アチェに死す(2)Kuburan Warga Jepang di Aceh(2)

画像


州都バンダアチェから高速艇でおよそ45分。ウェ(Weh)島の南岸にあるバロハン港に着く。この島の中心地はサバン(Sabang)。インドネシアの東西に展開する版図を表現する“サバン(Sabang)からメラウケ(Merauke)”のサバン市の所在地だ。インドネシアで唯一の“自由貿易港”でもある。ウェ島の北西には、(おそらく)インドネシア最北端に位置するロンド(Rondo)島が浮かぶ(北緯約6.5度)。ここには、海兵隊や水上警察部隊が駐屯して、国境警備にあたっている。ウェ島の最西端(バウ=Bau岬)は、一般的にインドネシア最西端と位置づけられている[注:実際は、州都バンダアチェの北西に浮かぶブルエ(Bureueh)島(地元ではランプヤン=Lampuyang島と呼称)のさらに北西に浮かぶベンガラ(Benggala)島が、正確な意味でのインドネシア最西端の島だ]。
インド洋を望むこのウェ島にも日本人墓地がある。その数およそ10基。多くは大正初期から昭和の戦時中の時代のものだ。墓石から判読できる出身地は熊本県や長崎県。これは州都バンダアチェにあるオランダ人墓地に眠る日本人たちの出身地とも一致する。日本軍兵士の墓は別としても、一般人と思われる人々の墓は何を意味するのだろうか。豊かな経済を求めての移民だったのか、それとも別の背景があったのか。雑草に覆われた墓地は何も答えてくれない。

上の画像は、インドネシア最西端の碑。Km0(インドネシア西端のスタート地点を示すゼロキロメーターの碑)

画像


北緯5度54分、東経95度12分のプレートが、最西端の碑の地に設置されている。


画像


最西端に碑を目指す道中には、サルの群れが出没。地元の人々は、手前の村でバナナを購入して、“通行料”としてお猿さんたちにプレゼント。


画像


最西端の碑のさらに西、断崖脇にもサルの群れが


画像


インドネシア最北端のロンド島(最西端の碑から望む)


画像


サバン市周辺には、日本軍が建設したトーチカがたくさん残っている。ウェ島のバテッ村で日本軍による虐殺事件が起きたとする情報があるが、その事実は確認できない。


画像





画像




画像


昭和54年5月20日に建立された墓標が。“サバンの島の滑走路と共に永遠に栄えあれ 福島県川俣町”


画像



【参考ブログ】


アチェに死す(1) Kuburan Warga Jepang di Aceh(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_3.html

アチェで日本のドキュメンタリー&アニメ映画を上映(Pemutaran Film di Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_1.html

ドキュメンタリー映画『二つの故国をつなぐ歌』がアチェで上映(Film Jepang ke Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_10.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』ジャカルタ上映&報告
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_6.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_2.html

早春賦をテーマにした映画が完成しました!
http://soushunfu.blog89.fc2.com/

アチェ伝統刺繍文化展のお知らせ(Pameran Budaya Sulaman Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_1.html

映像で見るアチェの今昔
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200701/article_2.html

スマトラ島沖大地震・巨大津波二周年報道写真展のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_7.html

アチェ&早春賦(映画:二つの故国をつなぐ歌)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200702/article_2.html

2007年8月30日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された映画上映会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=13&beritaid=33867

2007年4月15日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=20&beritaid=27584

2006年12月26日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=2&topik=39&beritaid=23554

2006年3月1日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙による津波記録本出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=26&beritaid=15801

2005年12月26日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=2&topik=39&beritaid=14753

2005年10月20日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたアチェ詩集本「慟哭の歌」出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=3&topik=46&beritaid=13505

2005年8月23日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙との協力関係に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=46&beritaid=12183

2005年8月20日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙による津波記録本出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=3&topik=20&beritaid=12116



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック