アロール県エキスポでオスカルさんのファッションショー

画像


第6回アロール県エキスポの“華”は、首都ジャカルタからやってきたインドネシアの若手デザイナーを代表するオスカル・ラワラタさんのファッションショー。インドネシア文化宮(GBI)が仲人役として、同県政府とオスカルさんとの協力関係を締結。県政府から無償提供されたイカットを用いてオスカルさんがモダンなファッションを生み出した。「アロールを第一歩に、これからも国内各地のテキスタイル文化を用いたファッションを創り出していきたいと思います」とオスカルさん。アロールを後に、西ティモールのTTS(南中ティモール県)やフローレス島のエンデでもイカット生産地を見て回った。
上の画像は、テルナテ島のウマプラ村に暮らすリバナさんが織った、ドラゴンモチーフのイカット・サルンを身に着けて超ご機嫌のオスカルさん。


画像


ファッションショーは、多くのメディアが取材。大観衆を前に、昨年のエキスポでファイナルに残った10名の“ミス・アロール”コンテスト参加者が、モデル役として登壇。


画像




画像




画像




画像




画像


ファッションショーが終わると、若い女性やコギャルがサインを求めて殺到。


画像


アンス・タカラペタ県知事、そしてモデルさんたちと記念撮影。ファッションショーは、屋外スタジアムとホテル宴会場の二箇所で実施された。


【参考ブログ】


第6回アロール県エキスポで日本の竹製品を紹介
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_4.html

第6回アロール・エキスポ情報(Expo Alor ke-VI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_11.html

アロール県がタマンミニにパビリオンをオープン
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_4.html

Mr.おじいさん&Mrs.おばあさんコンテスト
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200611/article_5.html

アロール島でミスコンを主催
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200611/article_4.html

世界で二番目に美しい海中公園アロール島
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200611/article_3.html

第5回アロール・エキスポで日本の絣&着物を展示
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_7.html

第5回アロール・エキスポで寿司を握る
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_6.html

アロール島事典(日本語): http://alor.hp.infoseek.co.jp/

アロール県Website(英イ語): http://www.alor-island.com/

インドネシア文化宮:http://clik.to/GBI

オスカル・ラワラタさんが首都ジャカルタに新ブティックをオープン予定
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200702/article_1.html

アジア発最新ファッション
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_6.html





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みさ
2007年08月14日 09:49
初めまして。
この記事とは関係の無い事ですが、
昨日、愚かな日本人の少年が海(遊泳禁止の場所)で溺れている所を、
インドネシアの勇敢な青年が助けようと海へ飛び込みました。
日本人の少年は助かり、そのインドネシアの青年は亡くなってしまいました・・・。日本人として、その青年のご家族に申し訳ない想いでいっぱいです。少年が助かったのも青年のお陰です。インドネシア青年の勇敢さと心優しい気持ちを忘れません。
ご冥福をお祈りいたします。


このブログの方へ・・・。
この記事と関係のない文を載せてすみません。
どこに書いて良いのか分からなかったので・・。
もしインドネシアの方に知り合いでもいましたら、
この気持ちを伝えてください。お願いします。

この記事へのトラックバック