パプアの桜(No.2) Pohon Sakura Papua(No.2)

画像


日本の面積よりも大きい西部ニューギニア(現在はパプア州と西部パプア州の二つの州が存在しているが、中部イリアンジャヤ(もしくはパプア)州成立構想は頓挫状態)。人口250万を超えている。住民の多くはメラネシア系民族だが、外島からやってきた非メラネシア民族が過半数を超える勢いで増加している。戦前には、この地を宗主国であるオランダより日本が「租借」する計画さえあった(『蘭領東印度の開放及びニューギニア問題解決の急務』昭和12年4月、南洋興発株式会社刊)。しかし「租借」することもなく、日本軍は蘭領ニューギニア(今日の西部ニューギニア)を「占領」した。しかし、1944年(昭和19年)4月、米軍を中心とする連合軍は日本軍支配下の西部ニューギニアに上陸、日本軍は「転進」の名の下、その多くが深いジャングルを逃げまどった。戦死者はおよそ5万3千人と言われている。昭和31年に始まった遺骨収集で、その内約3万柱が帰国したが、インドネシア政府の意向により、昭和49年(1974年)以降は本格的な遺骨収集作業は行われていない。


画像


『米軍が記録したニューギニアの戦い』(草思社刊。1995年初版)に拠れば、1944年(昭和19年)4月22日、連合軍は、ホーランジア(現在の州都ジャヤプラ)が面するフンボルト湾(現ジャヤプラ湾)、並びに、およそ30km西方のタナメラ湾に、空母や巡洋艦など数十隻とも言われる大船団で押し寄せた。当時、ホーランジアには大別して三つの主力部隊が駐屯していた。まず、第18軍隷下の野戦輸送部隊、兵站部隊、海上輸送部隊など約6千6百人。指揮官は北園豊蔵少将。そして第4航空軍隷下の第6飛行師団、機関砲部隊、野戦高射砲部隊などの約7千人。指揮官は稲田正純少将。さらに、海軍の第9艦隊司令部、警備隊、建設部隊などのおよそ1千人。指揮官は遠藤喜一中将。総数約1万4千6百人の日本軍に対して、連合軍はその数およそ5万人。1944年6月6日までに、ホーランジア(ジャヤプラ)近辺での戦闘状態は終結した。パプア人で元西パプアの政治リーダーだったマンピオペール(Mampioper)氏が著した、1972年11月刊の『太平洋戦争時のジャヤプラ(Jayapura Ketika Perang Pasifik)』に拠れば、ジャヤプラ付近における戦闘の犠牲者は、連合国側が死者152名、負傷1,057名。一方、日本軍側は3,300名の死亡。「遠藤中将は、イファール(Ifal)山中の司令部を後に、ダフォンソロ(Dafonsoro)の森へ入り、一人きりで自決を図った。おそらく“腹切り”であっただろう」と記している。


画像


ウォラス氏のリポートに拠れば、日本兵が植えたとされるチェンドラワシ大学キャンパス所在の“パプア桜”の開花を祝って行われる、いわゆる桜祭り(Pesta Sakura)は、1972年から1980年代まで続いていたそうだ。“パプア桜”の開花は毎年だいたい5月頃、そして9月~11月に満開の時期を迎える。なんとも開花期間の長いサクラだ。一方、チェンドラワシ大学の開学が1962年11月10日。というわけで、毎年、11月の満開の時期に、“Pesata Sakura(桜祭り”が行われた。桜祭りのアイデアの生みの親とされる、チェンドラワシ大学教育学部卒のフィロ・マニアガシ(Fillo Maniagasi)さんの記憶によると、大学創立10周年の頃から、桜祭りが始まり、それはダンスパーティー形式だったそうだ。「男性は皆、背広にネクタイ。女性も長いドレスで盛装。女性人の多くはキャンパス外の専門学校の生徒や、他の大学の女子学生でした」と。


画像


桜の満開を祝う学生主体のダンスパーティーは、夕刻から深夜にかけて行われた。バンドももちろん学生の自前。「最初の頃は、アルノルド(Arnold Ap:元チェンドラワシ大学文化博物館館長)や、イサック・サムエル・カピサ(Isaak Samuel Kapissa)、そしてダン・アヤミセバ(Dr. Dan Ayamiseba:後にチェンドラワシ大学講師)、アウグストゥ・カフィアール(Drs. Agust Kafiar, MA:元チェンドラワシ大学学長、現在はPT Freeport Indonesia社副社長)、それからピエット・ウォスパクリ(Piet Wospakri:現ビアク・ヌンフォール県の観光局長)らが演奏していた」と、フィロさん。「ダンスも、ポピュラーなダンスに始まりツイストからロックンロールまで何でもあった」そうだ。桜祭り以前の1970-1972年頃は、“Pesta Balon(風船祭り)”が行われていたとのこと。そして一時期だが、“Pesta Bunga Mawar(薔薇祭り)”が行われていた時期もあったと言われている。
理由は定かではないが、1980年代の半ばより、“桜祭り”と称したダンスパーティーは実施されなくなり、その代わりに、名称はそのままだが、何百、何千をも数えるパプア民族の各地の伝統舞踊が披露されるようになった。「各民族集団の伝統的な踊りや伝統音楽を学生たちが、それぞれの出身地に基づいてグループを作って公演している。さらに彫刻文化展やバカール・バトゥ(Bakar Batu:いわゆる石蒸し料理)などの催しも行われています」と、チェンドラワシ大学社会政治学部の事務局長のジャック・ロンスンブレ(Drs. Jack Ronsumbre)氏が解説する。



画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像


旧日本兵が植えたとされる“パプア桜”。およそ2万の“英霊”が、戦後60年以上も経ったのにも関わらず、未だパプアの密林奥深くに眠っている。日本とパプアとの間に時差はない。日本から真南へおよそ5,000km。誰が、どのような意図で植えたのだろうか?答えは“パプア桜”のみが知っているのだろう。


画像


情報を寄せてくれたウォラス・クレナック氏。1955年5月5日、現在の西パプア州(Propinsi Papua Barat)の南ソロン県サウィアット地区ソドゥロフォヨ村生まれ。国立チェンドラワシ大学教育学部卒。地元紙の記者などを経て、現在は、首都ジャカルタで発行されている同国最大の夕刊紙『Suara Pembaruan(旧Sinar Harapan紙)』の地方担当の編集委員。


【参考ブログ&ホームページ】


パプアの桜(No.1) Pohon Sakura Papua(No.1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_3.html

早稲田大学探検部が新種生物との遭遇のためパプア州へ出発
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200702/article_4.html

大川誠一のGBIニュース(2000年9月20日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews000920.htm

大川誠一のGBIニュース(2000年9月9日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews000909.htm

大川誠一のGBIニュース(2000年9月8日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews000908.htm

大川誠一のGBIニュース(2000年9月3日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews000903.htm

大川誠一のGBIニュース(2000年8月30日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews00830.htm

大川誠一のGBIニュース(2000年7月26日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews000726.htm

大川誠一のGBIニュース(2000年7月17日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews000717.htm

大川誠一のGBIニュース(2000年7月8日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews000708.htm

大川誠一のGBIニュース(2000年6月25日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews000625.htm

大川誠一のGBIニュース(2000年6月24日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews000624.htm

大川誠一のGBIニュース(2000年6月5日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews000605.htm

大川誠一のGBIニュース(2000年5月10日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews000510.htm

大川誠一のGBIニュース(2000年2月14日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews000214.htm

大川誠一のGBIニュース(1999年12月16日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews991216.htm

大川誠一のGBIニュース(1999年12月9日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews991209.htm

大川誠一のGBIニュース(1999年12月7日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews/gbinews991207.htm

大川誠一のGBIニュース(1999年11月26日)
http://www.harapan.co.jp/Indonesia/GBI/GBInews/GBInews991126.htm

大川誠一のGBIニュース(1999年7月2日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews990702.htm

大川誠一のGBIニュース(1999年6月11日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews990611.htm

大川誠一のGBIニュース(1999年6月1日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews990601.htm

大川誠一のGBIニュース(1999年5月31日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews990531.htm

大川誠一のGBIニュース(1999年5月30日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews990530.htm

大川誠一のGBIニュース(1999年5月5日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews990505.htm

大川誠一のGBIニュース(1999年5月4日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews990504.htm

ライラのイリアンジャヤだより(1999年3月4日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/laila20.htm

大川誠一のGBIニュース(1999年2月24日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews990224.htm

ライラのイリアンジャヤだより(1999年1月25日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/laila15.htm

大川誠一のGBIニュース(1998年9月29日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews980929.htm

大川誠一のGBIニュース(1998年8月28日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews980828.htm

大川誠一のGBIニュース(1998年8月21日#2)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews980821%5F2.htm

大川誠一のGBIニュース(1998年8月19日)
http://www.harapan.co.jp/indonesia/gbi/gbinews980819.htm

アチェ刺繍展&アチェのドキュメンタリー映画上映会
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_2.html

アチェのドキュメンタリー映画上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200705/article_4.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』ジャカルタ上映&報告
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_6.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_2.html

早春賦をテーマにした映画が完成しました!
http://soushunfu.blog89.fc2.com/

アチェ伝統刺繍文化展のお知らせ(Pameran Budaya Sulaman Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_1.html

映像で見るアチェの今昔
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200701/article_2.html

スマトラ島沖大地震・巨大津波二周年報道写真展のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_7.html

アチェ&早春賦(映画:二つの故国をつなぐ歌)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200702/article_2.html














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック