ランプン州文化フェスティバル報告(Festival Budaya Lampung)

画像


2007年3月23日(金)~24日(土)、インドネシア文化宮(GBI)で、『スマトラ島ランプン州伝統タピス展』の最後の一週間を飾る「ランプン州文化フェスティバル」が開催された。ランプン州芸術評議会(DKL)は、この日のために計7名を派遣。事前の広報活動に余裕がなかったことは大きな反省点だが、それでも同州政府の対外PRの意気込みは、インドネシアの他州と比較しても大いに評価できる。二人の舞踊家に加えて、音楽担当、演出担当を送り込む力の入れよう。特に、同州で老舗の芸術グループ「SRI(Sanggar Radin Intan)」に所属する、アニーさん、そしてディナさんは、抜群のナイスバディーと笑顔で観客を魅了した。
SRIは、いわばランプン州の宝塚。1979年に創設され、現在はDra, Hj.May Sari Berty Mogni, Msc女史が主宰する同団体は、首都ジャカルタで行われる全国規模の芸術大会に同州の代表となる傍ら、親善文化使節団として、これまでにシンガポールやマレーシアでの公演活動も行っている。上の画像は、現在中ランプン県庁に勤務するSRIメンバーのアニーさん。



画像


ムラユ文化の影響を強く受けたランプン舞踊は、時にアラブ風音楽も交えて、中東文化の影響をも彷彿させる。


画像


インドネシア文化宮のお隣にあるカレーショップと美容院前のスペースが“舞台”に。緊急公演のため、やむを得ず同スペースを応用したが、公道に面しているため、たまたま通行中の近所の方も足を止めて、華やかな舞踊に見入った。


画像




画像


春とは名ばかりの気温の中、赤道直下からやってきたばかりのアニーさんとディナさんは、素足でパーフェクトな伝統舞踊を披露してくれた。


画像




画像


手前がSRIメンバーで国立ランプン大学社会政治学部二年生のディナさん(20歳)。ディナさんは大の日本ファン。和製アニメやドラマが好きで、日本語も独学。後ろはSRIメンバーで、国立ランプン大学経済学部を卒業し、現在は、中部ランプン県庁勤務のアニーさん(23歳)。“綺麗なお姉さん”的!?

画像


SRIで音楽を担当するアフマッド・バルデンさん。成田空港到着後、都心へ向かうバスを待っている間に、喫煙コーナーへ。そこで、竹笛と太鼓のバチを忘れてきてしまった。そこで、急遽、GBIにあった、木片を使って見事な演奏を成し遂げた。


画像




画像




画像


観客を“ステージ”に誘い、ランプン舞踊を手ほどき?


画像




画像


GBI前の公道は突如、観覧立席に。


画像




【参考URL】

ランプン州タピス文化&観光講演会(第67期インドネシア理解講座)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200703/article_11.html

ランプン州文化フェスティバル(Festival Budaya Propinsi Lampung)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200703/article_10.html

ランプン州政府文化使節団が来日(Rombongan Budaya dari Lampung)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200703/article_8.html

2時間で話せるランプン語(第66期インドネシア理解講座)参加者募集Bahasa Lampung)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200702/article_3.html

スマトラ島ランプン州伝統タピス展(Pameran Budaya Tapis Lampung)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200701/article_3.html

スマトラ島ランプン州タピス展の予定
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_8.html

ランプン情報
http://www.enggano.com/lampung.php

ランプン・ポスト紙
http://www.lampungpost.com/aktual/main.php

インドネシア文化宮(GBI)
http://clik.to/GBI











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ランプン州ファッションショー

    Excerpt: 2007年3月24日(土)、『スマトラ島ランプン州タピス展』の一環として、ランプン州から来日したDKL(ランプン州芸術評議会)主催のファッションショーが開催された。モデルは、舞踊家でもあるアニ.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-03-30 00:35
  • ランプン語講座

    Excerpt: インドネシア文化宮(GBI)の第66期インドネシア理解講座『2時間で学ぶランプン語』が2007年3月24日(土)開催された。「ランプン州文化フェスティバル」の『ランプン伝統舞踊ショー』と『ラン.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-03-30 00:46
  • ランプン州伝統工芸品評議会来日

    Excerpt: インドネシア文化宮(GBI)が2007年2月3日~3月31日に開催した『スマトラ島ランプン州伝統刺繍タピス展』。同展に向けて、同州政府はまさに“大型”文化使節団を送り込んできた。まずは3月23.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-03-30 01:18
  • ランプン州観光&タピス講座

    Excerpt: 2007年3月28日(水)、開催中の『スマトラ島ランプン州伝統刺繍タピス展』の最後の講座イベントとして「第67期インドネシア理解講座」が開催された。テーマは、ランプン州が発祥の地と言われるタピ.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-03-30 01:31
  • ランプン州でSiger TV開局(Siger TV diudarakan)

    Excerpt: 1883年5月20日、その三ヵ月後に歴史的大爆発を起こす、ジャワ島とスマトラ島の中間点、スンダ海峡に浮かぶクラカタウ火山が噴火を始めた。そして124年後の今日、クラカタウ火山を抱えるスマトラ島.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-05-19 17:25
  • 2007年8月限定インドネシア同行スタッフ募集

    Excerpt: インドネシア文化宮(GBI)は去る5月15日、満9歳を迎えました。“自転車操業”ですが、インドネシア全土の文化紹介を至上命題に、これまでに最西端のアチェから最東端のパプアまで、まさにヌサンタラ.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-05-29 12:27
  • スマトラ島ランプン州無料招待のお知らせ(象の上の結婚式)

    Excerpt: インドネシア文化宮(GBI)では、2007年文化イベントの第一弾として去る2月3日~3月31日、ス マトラ島の最南端に位置するランプン(Lampung)州にスポットを当てた『ランプン州伝統タ.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-06-01 01:23
  • スマトラ象の上で結婚式参加者決定(Nikah di atas Gajah, Lampung)

    Excerpt: 今夏、スマトラ島最南端のランプン州政府がインドネシア文化宮(GBI)と共催で実施する観光PRイベントの一つである“象の上の結婚式”の参加者が決まりました。この企画は、同州が毎年実施している「ク.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-08-02 12:59
  • スマトラ象の上で結婚式参加者決定(Nikah di atas Gajah, Lampung)

    Excerpt: 今夏、スマトラ島最南端のランプン州政府がインドネシア文化宮(GBI)と共催で実施する観光PRイベントの一つである“象の上の結婚式”の参加者が決まりました。この企画は、同州が毎年実施している「ク.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-08-02 12:59
  • スマトラ象の上で結婚式画像報告(Nikah di atas Gajah, Lampung)

    Excerpt: インドネシア文化宮(GBI)が企画し、ランプン州政府と共催した『スマトラ象の上で結婚式』は、第17回クラカタウ祭りのメインイベントとして2007年8月25日、州都バンダルランプンで実施されまし.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-08-28 21:06
  • インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)

    Excerpt: 2007年1月、「アチェ伝統刺繍展」準備のため、アチェ州内陸部を、州都バンダアチェから南東アチェ県のクタチャネまで縦断。各県で、伝統刺繍を種集。(上の画像は、アチェの“象の学校”の象さんたち).. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-12-30 23:01