第5回アロール・エキスポで寿司を握る Pulau Alor & Sushi

画像

インドネシア文化宮(GBI)は、今夏(2006.8.3-8.7)、NTT(東ヌサトゥンガラ州)アロール県の県都カラバヒで、同県政府と共催で『第5回アロール・エキスポ』を開催しました。“島興しプロジェクト”である『アロール・エキスポ』も、今夏で五回目を迎えました。これまでのアロール県との協力関係を整理しますと下記のようになります。

2002年4月30日~5月2日:第一回アロール県エキスポ(Expo Alor)
2002年7月6日~11月9日:東京で『アロール県伝統イカット展』
2003年4月29日~5月2日:第二回アロール県エキスポ
2003年7月26日~11月28日:東京で『アロール県伝統ソンケット展』
2004年8月2日~8月6日:第三回アロール県エキスポ&フラボモラ大文化祭
2005年8月4日~8月7日:第四回アロール県エキスポ
2006年5月20日~7月22日:東京で『アロール島児童絵画展』


振り返りますと、四年前、地方自治の向上の波に乗り、まずは村の女性たちの掌にある能力、つまりイカット(絣織り)産業の復興を機に、それまでインドネシア国内でさえ余り知られていなかった、小さな島々からなるアロール県を世に打ち出そう、との想いからスタートしたプロジェクトでした。伝統イカット・コンテストを核に始まったエキスポも今では、名実ともに全県挙げ
ての大文化&スポーツ大会に成長しました。第5回アロール・エキスポ期間中に実施された主なイベントは下記の通りです。


1:各村・各郡単位の伝統衣装をまとったパレード
2:ゲルバデスタン『Gerbadestan=Gerakan Membangun Desa dan Pertanian(村落農業開発運動)』展示会。アンス・タカラペタ県知事が公約に掲げて勧めている運動が目指す四つのアジェンダは、大衆経済の興隆、人材の質的向上、地域差のないインフラの整備、各種インスティテューションの強化。
3:手工芸品ジャンボリー(手紡ぎ糸作りコンテスト、自然染料100色を目指す染色コンテスト、
イカット=絣織り作りコンテストなど)
4:セミナー(昨年に次いでモコ=銅鼓文化について討論が行われます)
5:フロバモラ地域(フローレス、スンバ、ティモール、アロール)の伝統織布展示会
6:染色教室(島外から来た国内外の観光客を対象)
7:コマ競技会
8:貝殻楽器コンテスト
9:カヌー競争
10:絵画コンテスト
11:Mr.おじいさんコンテスト
12:Mrs.おばあさんコンテスト
13:第二回Miss.アロール(Putri Alor)コンテスト
14:各地の文化伝統芸術公演
15:日本・アロール友好イベント(アロールの食材を使った寿司作り)
16:日本・アロール友好イベント(日本の絣&着物展示会)
17:日本・アロール友好イベント(日本語会話短期講座)
18:Sail Indonesiaに参加する世界各国のヨット愛好家が県都に集結。
19:世界から集まった観光客を対象に観光スポット巡り


【アロールの食材を使った寿司作り講座】
画像
参加者を前に、寿司文化について知ったかぶりの講義をするGBI代表

ここでは、No.15の『日本・アロール友好イベント』の一つ『アロールの食材を使った寿司作り』
の“結果”をリポートします。まず、なぜ寿司作りか、ですが、第3回と第4回のエキスポ期間中、地元の魚を使って刺身料理を振舞ったところ、意外にも、大ウケしたのです。特に、ジャカルタやバリ、そしてNTTの州都クーパンから来島した方々(かつて日本料理を経験したことのある人が多かったようです)は、醤油やワサビをたっぷりつけて「美味い!美味い!」と平らげてくれました。一方、地元アロール県民はというと、かつてバリ島などで和食を味わったことのあるアンス県知事や局長クラスは、何の抵抗もなく、白身の刺身を楽しみましたが、県都から遠く離れた地域からやってきたお年よりは、やはり生魚に相当な嫌悪感を抱き、初めは、盛り付けたお皿を恐る恐る眺めていました。そこで、アンス知事が「地元の魚じゃないか。こうやって食べるんだよ」と、フォークで口の中に押し込むと、ならばといった感じで、次から次へとおじいさん、おばあさん方が食べ始めたのです。この体験から、刺身はアロールで受け入れられると自信を持ちました。
そして、もう一つの動機が、アロールの食の貧困さでした。中間所得層の一般家庭に招待されて食べるアロール料理は、かなりの出来なのに、ホテルの食事は、とても褒められるメニュー、そして味ではありませんでした。ところが、アロールには海の幸、山の幸が豊富にあるのです。どうして、地元の食材を用いて、もうちょっと美味しいメニューを生み出さないのか?もったいないなあ、と感じた次第です。という訳で、だったらアロールの食材を使って寿司にチャレンジしようとなったのです。で、出発前に、木曾ひのきで作った押寿司器やまきす(寿司巻き)をネット経由でゲットし、さらにアロールにこれはないだろうなあ、との想像で、寿司の重要ネタである乾燥干ぴょうと、海苔、さらに、うまく寿司ゴハンが出来ない場合に備えて寿司の粉も購入。


画像
野菜類を調理する参加者たち

画像
「俺にやらせてくれ!」とマグロの解体に名乗りをあげたレストラン経営者

『アロールの食材を使った寿司作り』イベントには、およそ20名が参加。県政府が事前に広報した関係で、ホテルの厨房関係者、レストラン経営者、そして県職員の奥様方などが、県知事公邸の台所に集まりました。その昔、大学の探検部でキャンプ生活は嫌というほど経験していますので、アバウトなクッキングはお手の物。しかし、当然、調理師免許は持っていないし、包丁さばきも適当。しかし、“講師”役としては、ある程度の威厳を醸し出さないとマズイ。で、とりあえず寿司とはなんぞやみたいな、結構レベルが高そうに聞こえる講義を行い、そして、とにかく地元の食材を活かして、アロール独特の食文化を開花させましょう!って感じの呼びかけ。
食材として用いたものは多種多彩。まずは、市場で偶然見つけたキハダマグロ(結構大きなサイズで値段はRp.130,000#=約\1,730#)とカツオ(小ぶりで二匹でRp.50,000#=約\660#)、さらに名前不詳の魚。野菜類は、ニンジン、インゲン、長ネギ、チンゲン菜風野菜、キュウリ、ナス、パパイヤのつぼみ、とうもろこし、レモン、モヤシ等々。そしてフルーツは、パパイヤ、ナンカ、バナナなど。さらに、卵、煮干、テンペ、鳥のササミ、マッシュルーム、海ぶどう風の海草等々。まずは参加者が手分けして、ご飯炊き、そして寿司ご飯作りや野菜・果物のカット。午後3時頃からスタートした寿司講座だが、夜の7時から始まる寿司パーティーに向けておよそ70-80名分の寿司作りは、時間との闘い。いわんや、初めて寿司作りを経験する参加者たちは、あれはどうする、これはどうする、と質問攻め。玉子焼きも、インドネシア人が通常やっているマタサピ(目玉焼き)とは要領が異なり、まさに手取り足取りの“指導”。一方、講師役の斉藤スタッフは、日本から持ってきた干ぴょうの味付けに涙チョビチョビの悪戦苦闘。山の稜線が闇に消える頃になってようやく“握り”作業がスタート。
が、ここで重大なミスに気づいた。寿司メシが、どうも違う。インドネシアの、あのナシゴレン(焼きメシ)には最高のパサパサご飯では寿司は無理なので、米70%、もち米30%の対比で混ぜて炊いたのです。また赤米ももち米と混ぜて赤飯風に。ところが、結果は、もち米の比率が高かったようで、粘着性が極めて高い。こういった場合は、何事もなかったかのように装うのが大事(!?)。参加者に押寿司器を使って、ご飯ベースの大量生産をお願い。刺身と巻き寿司だけは、他人に触れさせないとばかりに、GBI代表が汗だくの奮闘。初めのうちは、丁寧にトッピングをしていたものの、寿司パーティーの時間に間に合いそうもないことが判明するや、急遽、“無我”、“無意識”の世界へ。目の前に並ぶ、寿司ネタを無節操、無作為にご飯に載せる作業に突入。こういう誤った“指導”が将来どのような結果を招くのか、全く気にすることなく、周りを取り囲む参加者の唖然とした視線を浴びつつも、とにかく掌の上で握りまくり。その結果、日本では絶対あり得ない寿司が出現。トロの上にニボシが二匹、それを細いノリで巻きつけて。。。そしてテンペの上にモヤシやパパイヤが載り、玉子焼きの上にマッシュルームとニンジンが載るといった類の寿司が続々と誕生。


画像
心配そうにGBI代表の包丁さばきを眺める参加者たち

画像
完成した“アロール寿司”。手前は青竹製のおちょこ

いよいよその時が。アロール県史上初の『寿司パーティー』。県政府のお偉方に加え、たまたま現場実習でアロール滞在中のガジャマダ大学の学生たち十数名も参加。カラバヒで大型商店を営む華人系青年デニーさんが作ってくれた青竹製のお猪口で、アロール特産のソピ(シュロ椰子酒)そして東京から持ち込んだ日本酒の酒盛りも。 
で、寿司の評判は?「アロール産の魚や野菜、果物が、こんな立派な寿司になるなんて」と、まずは形状に対する高い評価をアンス県知事が。次いで「ご飯の味が良い。バリの日本レストランよりも美味い」とも。イベント参加者の声はというと。「ここアロールにあるもので寿司が出来るなんてとっても嬉しいわ。でも今後の問題は、緑のチャベ(ワサビのこと)と醤油、それから
ノリの代わりになるものを見つけないとね。押寿司器や巻き寿司の道具は、ここでも簡単につくれそうね」と、市内でレストランを営む女性。
アロール県で大成功を収めた(と個人的に過剰な自信を抱いた)GBI代表は、次いで訪れる東フローレス県でも寿司文化を広めるために、新たな挑戦に乗り出すことを決意(東フローレスでの寿司作りは、後日リポートします)。


以下は画像リポートです
画像
刺身!見た目はまあまあだが。。。

画像
赤米寿司!

画像
画像

画像
画像
寿司パーティー会場(県知事公邸)
画像

アロール島で現実習中のガジャマダ大学の学生たちも参加


画像
「どれにしようかな」とアンス・タカラペタ県知事

画像
左から、日本からエキスポに参加した小橋さん、ソウルからやってきた韓国外国語大学のChung教授、そしてアンス県知事

画像
ガジャマダ大学生に日本酒をふるまうGBI代表

【参考URL】

アロール島事典(日本語): http://alor.hp.infoseek.co.jp/

アロール県Website(英イ語): http://www.alor-island.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kirakira
2007年07月09日 04:07
吉良です。
おとといは楽しかったです。
そしていまブログを楽しんで読んでいます。
来月の個展は電子工作を使った作品を展示しながら、巻き寿司パーティーをやろうかなと考えています。まったく寿司を握ったことはありません。
たまたまこの日記を見つけて、驚いてしまいました。
アロール県史上初の寿司だそうですが、
笹切りやハラン切りの文化はきっとありそうですね。
初めてのコメントが寿司になってしまってすいません。
マイクさんと久しぶりに再会できたのはもちろん、
マイクさんが亀戸の葛餅をおいしそうに食べてくれたのは
うれしかったです。
ありがとうございました。

この記事へのトラックバック

  • アロール県がタマンミニにパビリオンをオープン

    Excerpt: インドネシア文化宮(GBI)が、2002年から“島興し”プロジェクトとしてNTT(東ヌサトゥンガラ州)のアロール県政府と共催している「Alor Expo」も今年で6回目を迎える。2007年アロ.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-04-24 12:55
  • 2007年8月限定インドネシア同行スタッフ募集

    Excerpt: インドネシア文化宮(GBI)は去る5月15日、満9歳を迎えました。“自転車操業”ですが、インドネシア全土の文化紹介を至上命題に、これまでに最西端のアチェから最東端のパプアまで、まさにヌサンタラ.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-05-22 18:45
  • 第6回アロール・エキスポ情報(Expo Alor ke-VI)

    Excerpt: インドネシア文化宮(GBI)が、2002年から“島興し”プロジェクトとしてNTT(東ヌサトゥンガラ州)のアロール県政府と共催している「Alor Expo」も今年で6回目を迎えます。2007年ア.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-06-21 17:00
  • 第6回アロール県エキスポで日本の竹製品を紹介

    Excerpt: 2007年8月4日~8日、NTT(東ヌサトゥンガラ州)のアロール県で、第6回アロール県エキスポが実施された。インドネシア文化宮(GBI)は、同エキスポの提案者として、第一回目から毎年共催者とし.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-08-11 03:24
  • アロール県エキスポでオスカルさんのファッションショー

    Excerpt: 第6回アロール県エキスポの“華”は、首都ジャカルタからやってきたインドネシアの若手デザイナーを代表するオスカル・ラワラタさんのファッションショー。インドネシア文化宮(GBI)が仲人役として、同.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2007-08-11 03:42
  • インドネシア文化宮2006年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2006)

    Excerpt: 【スラウェシ島絵画展】2005.9.17-2006.2.24 “スラウェシの心”をテーマに、同島の14名の画家のグループ展 Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-04-19 18:03
  • 第7回アロール・エキスポ情報(Expo Alor ke-VII)

    Excerpt: インドネシア文化宮(GBI)が、2002年から“島興し”プロジェクトとしてNTT(東ヌサトゥンガラ州)のアロール県政府と共催している「Alor Expo」も.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-07-16 13:54
  • 第7回アロール県エキスポ画像リポート(1)Expo Alor ke-VII

    Excerpt: 【参考ブログ】 Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-08-14 00:49
  • 第7回アロール県エキスポ画像リポート(2)Expo Alor ke-VII(2)

    Excerpt: 「ゴールデン・アロール(Emas Alor)2008」をメインテーマ、そして「Bersama Kita Bisa!(一緒に、我等はできる!)」をス.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-08-24 13:21
  • ロテ島の楽器ササンドゥの運命(2) Nasib Sasando di Pulau Rote(2)

    Excerpt: 伝統文化の復活と保護を軸に、7年間に渡って文化祭(エキスポ)を実施してきたアロール県。最初は、伝統イカット(絣)の復活を目標にスタートしたエキスポは、や.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-08-26 10:11
  • ロテ島ササンドゥ物語 (1)  Sasandu, Pulau Rote, Propinsi NTT

    Excerpt: インドネシア“最南端”のロテ島(Pulau Rote)で、世界中でそこにしかない伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)が“消滅”の危機に瀕していることは、既報した通りで.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-04 18:39
  • ロテ島ササンドゥ物語(2) Sasandu, Rote, NTT(2)

    Excerpt: ロテ島&ンダオ島 Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-05 15:28
  • ロテ島ササンドゥ物語(3) Sasandu, Rote, NTT(3)

    Excerpt: 【サリサンドゥ(SARISANDU)発展の歴史】 ◎ サリサンドゥの弦の変遷 16世紀におけるサリサンドゥの状況は、民話から窺い知ることできるように、まだロテ島の.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-06 00:00
  • ロテ島ササンドゥ物語(4) Sasandu, Rote, NTT(4)

    Excerpt: サリサンドゥとササンドゥ・ビオラの共通点と相違点 サリサンドゥの発展は滞っていましたが、19世紀初頭、この楽器は、大学で音楽を勉強した芸術家たちによって、変貌を遂げ.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-07 00:00
  • ロテ島ササンドゥ物語(5) Sasandu, Rote, NTT(5)

    Excerpt: 【国内でのサリサンドゥの紹介】 ほぼ廃れていた、ロテ島住民のみが所有していたサリサンドゥは現在、広く世界中で、特に国内全土でとても有名です。東ヌサトゥンガラ(NTT.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-08 00:00
  • アロール島で潜る(1) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(1)

    Excerpt: 審美眼とはそもそも相対的なもので、一番綺麗とか、二番目に綺麗などの判断は、とかく恣意的なケースが多い。そのことは人の世で言えば、ミスコンなどもそうで、なぜ.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-09 00:00
  • アロール島で潜る(2) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(2)

    Excerpt: アロール県政府は、過去10年間、アンス・タカラペタ(Ans Takalapeta)県知事の下、農漁村の振興による所得の底上げ、そして県文化祭の「アロール・.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-10 00:00
  • アロール島で潜る(3) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(3)

    Excerpt: 交通インフラ、殊に航空網の整備も一昔前と比べれば、各段の向上が見られる。バリ島からティモール島の州都クーパン(Kupang)経 由で、同日中に県都カラバ.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-11 00:00
  • アロール島で潜る(4) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(4)

    Excerpt: ダイビング・リゾート地の開発は、フランス人やドイツ人などの、アロールの海底珊瑚にに“一目惚れ”した外国人ダイバーの主導で進められているが、アロール県政府も.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-12 00:00
  • アロール島で潜る(5) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(5)

    Excerpt: NTT(東ヌサトゥンガラ)州にある16県の一つであるアロール県(Kabupaten Alor)は、陸上面積が約2,865Km2。そしてその海上面積は約10.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-14 00:00
  • アロール島で潜る(6) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(6)

    Excerpt: アロールの海底は美しい。極彩色の熱帯魚が楽しそうに散歩している。しかし、その陸上の人間社会では、過去一年余り、次の五年に向けて、喧しい政治キャンペーンが繰.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-17 00:00
  • アロール島で潜る(7) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(7)

    Excerpt: アクセスの関係で、どうしてもアロール(Alor)島西海岸とパンタール(Pantar)島東海岸との間に、南北に開いたパンタール海峡(Selat Pantar.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-18 00:00
  • アロール島で潜る(8) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(8)

    Excerpt: アロール本島西部のアロール・クチール(Alor Kecil)村に立つと、目の前に小さな、平らな島が見える。ケパ(Kepa)島だ。ここは、アロール県内で、外.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-19 00:01
  • アロール島で潜る(9) Diving di Pulau Alor & Pantar, NTT(9)

    Excerpt: アロール島(Pulau Alor)とパンタール島(Pulau Pantar)の間、アロール島の西端部の沖合に小さな島がある。ケパ島(Pulau Kepa).. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-20 00:00
  • アロール島で潜る(10) Diving di Pulau Alo &Pantar, NTT(10)

    Excerpt: アロール県投資観光局(Dinas Penanaman Modal dan Pariwisata Kabupaten Alor)が“世界で二番目に美しい海”.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-21 00:00
  • アロール島で潜る(11) Diving di Pulau Alor・ Pantar, NTT(11)

    Excerpt: アロール県海洋水産局(Dinas Kelautan dan Perikanan, Kabupaten Alor)によれば、水産資源に加え、海浜に眠る鉱物資.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-22 00:00
  • アロール島で潜る(12) Diving di Pulau Alor・ Pantar, NTT(12)

    Excerpt: インドネシア文化宮(GBI)は2002年以降、アロール県の“島興し”プロジェクトである「アロール県エキスポ(Expo Alor)」を、アロール県政府との共.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-23 17:10
  • アロール島の謎の壺(Priuk Ajaib Pulau Alor, NTT)

    Excerpt: アロール県(Kabupaten Alor)は不思議に満ちている。村を回ると、幾つもの“奇怪”で“摩訶不思議”な伝説や現象を耳にする。既報の「冷たい潮に浮く.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-24 16:58
  • アロール島の謎の壺(2) (Priuk Ajaib Pulau Alor, NTT) (2)

    Excerpt: 皮肉にも、土器に関する情報源は、この牧師によって書かれた本の中にのみ、見ることができる。自著「Uit de duisternis tothet licht(闇から光へ.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-25 13:19
  • アロールの昔の姿を画像で偲ぶ(1) Alor di masa lalu(1)

    Excerpt: 太平洋戦争の初期、豪州と米国の“分断”を意図し、日本軍はティモール島(Pulau Timor)の占拠を実行した。同島の西半分は、当時オランダ領、そして東側.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-26 11:43
  • アロールの昔の姿を画像で偲ぶ(2) Alor di masa lalu(2)

    Excerpt: アロール県(Kabupaten Alor)の人口は、2005年県統計局調査で174.608人。言語は大別して18の語群を有し、さらに詳細に区別すると51の.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-27 00:00
  • アロールの昔の姿を画像で偲ぶ(3) Alor di masa lalu(3)

    Excerpt: ガリアウ島(現在のパンタール島一帯)には五つの王国があった。アロール島にクイ(Kui)、ブンガ・バリ(Bunga Bali)王国。ブラガール(Blagar.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-28 00:00
  • アロールの昔の姿を画像で偲ぶ(4) Alor di masa lalu(4)

    Excerpt: アロールの人々に関して西欧人によって報告された最初の記述は、1522年1月8~25日に、ピガフェッタ(Francesco Antonio Pigafett.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-29 00:00
  • アロールの昔の姿を画像で偲ぶ(5) Alor di masa lalu(5)

    Excerpt: 初代行政官のボウマン(Bouman)がアロール島に赴任していた時代、少なくない数のオランダ人公務員が送り込まれた。そして、土着信仰(アニミズム)の一掃が図.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-11-30 00:00
  • アロールの昔の姿を画像で偲ぶ(6) Alor di masa lalu(6)

    Excerpt: 1915年、バラ・ナンピラは父に代って王座に就いた。この王朝は3年間続いたが、1918年、バラはアティメラン(Atimelang)で殺された。殺害の理由は.. Weblog: インドネシア文化宮 racked: 2008-12-01 00:01