アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「パプア州」のブログ記事

みんなの「パプア州」ブログ

タイトル 日 時
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(16)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(16) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/07 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(15)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(15) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(14)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(14) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/05 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(13)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(13) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/04 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(12)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(12) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/03 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(11)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(11) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(10)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(10) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/01 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(9)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(9) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/31 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(8)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(8) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/30 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(7)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(7) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/29 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(6)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(6) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/28 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(5)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(5) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/27 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(4)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(4) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(3)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(3) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/25 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(2)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(2) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/24 00:00
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(1)
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(1) 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(40)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(40) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(39)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(39) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(38)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(38) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/17 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(37)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(37) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/16 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(36)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(36) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/15 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(35)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(35) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/14 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(34)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(34) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(33)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(33) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(32)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(32) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/11 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(31)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(31) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/10 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(30)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(30) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/09 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(29)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(29) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/08 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(28)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(28) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/07 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(27)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(27) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/06 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(26)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(26) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/05 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(25)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(25) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/04 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(24)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(24) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/03 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(23)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(23) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/02 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(22)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(22) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/31 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(20)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(20) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/29 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(19)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(19) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/28 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(18)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(18) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/27 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(17)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(17) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(16)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(16) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/24 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(15)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(15) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(14)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(14) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/22 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(13)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(13) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/21 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(12)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(12) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/20 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(11)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(11) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/19 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(10)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(10) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/18 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(9)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(9) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/17 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(8)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(8) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/16 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(7)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(7) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/15 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(6)
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(6) 昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/14 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(5)
昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/13 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(4)
昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/12 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(3)
昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/11 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(2)
昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/10 00:00
薄れゆく悲劇 西部ニューギニア戦線 池見坦著(1)
昭和18(1943)年、東部ニューギニア戦線。着実に西進する連合国軍を前に、日本軍は苦戦、転進という名の敗走を余儀なくされていた。飛び石作戦で西部ニューギニアに迫る連合国軍。同年9月30日“絶対国防圏”の死守が御前会議で決まった。現地住民の宣撫工作を行うと同時に、遊撃戦で退勢の挽回を図ろうとした大本営は、中国に展開していた幾つもの師団を南方地域へ転用。さらに、陸軍中野学校を卒業した“秘密戦士”を核とした工作機関を西部ニューギニアの各地で編成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/09 00:00
太平洋戦争開戦から75周年。真珠湾を訪問する首相。“戦後”は終わるのか。
今日12月8日は、太平洋戦争勃発から75周年。そして、今から68年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯としてオランダ軍によって銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 62 / コメント 0

2016/12/08 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(45) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/26 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(44) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/25 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(43) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/24 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(42) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/23 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(41) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/22 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(40) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/21 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(39) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/20 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(38) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/19 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(37) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/18 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(36) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/17 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(35) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/16 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(34) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/15 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(33) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/14 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(32) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/13 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(31) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/12 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(30) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/11 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(29) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/10 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(28) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/09 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(27) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/08 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(26) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/07 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(25) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/06 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(24) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/05 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(23) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/04 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(22) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/03 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(21) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/02 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(21) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/01 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(20) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/31 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(19) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/30 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(18) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/29 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(17) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/28 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(16) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/27 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(15) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/26 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(14) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/25 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(13) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/24 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(12) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/23 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(11) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/22 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(10) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/21 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(9) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/20 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(8) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/19 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(7) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/18 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(6) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/17 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(5) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/16 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(4) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/15 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(3) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/14 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(2) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/13 00:00
Sarmi to Jayapura, PAPUA(1) パプア州サルミからジャヤプラへ
西部ニューギニアのパプア州(Provinsi Papua)のサルミ県(Kabupaten Sarmi)。SARMIとは、同地に暮らす主要5部族すなわち、Sobey、 Armati、 Rumbuai、Manirem、Isirawaの頭文字から造語された。その昔、オランダ人人類学者が名づけたという。県面積は、17,740Km2と、日本の都道府県面積で第二位の岩手県を上回る。しかし、人口はわずか32,200人。果てしなく続く密林と、太平洋に注ぐ無数の大小河川。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/12 00:00
サルミ転進作戦出発点のゲニェム。マルティヌス氏が語る2 WWCR Marthinus Buaim
パプア州の州都ジャヤプラ西方およそ60Kmに位置するゲニェム(Genyem)。センタニ湖(Danau Sentani)の西端にあたるブロワイ(Broway・日本軍はブルワイと呼称)からは約24Km西方。西部ニューギニア戦を語るとき、忘れることのできない地名だ。昭和19(1944)年4月、連合国軍がホランジア(現在のジャヤプラ)に上陸。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/21 00:00
サルミ転進作戦出発点のゲニェム。マルティヌス氏が語る WWCR Marthinus Buaim
パプア州の州都ジャヤプラ西方およそ60Kmに位置するゲニェム(Genyem)。センタニ湖(Danau Sentani)の西端にあたるブロワイ(Broway・日本軍はブルワイと呼称)からは約24Km西方。西部ニューギニア戦を語るとき、忘れることのできない地名だ。昭和19(1944)年4月、連合国軍がホランジア(現在のジャヤプラ)に上陸。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/02/20 00:00
旧日本軍ホランジア飛行場がインドネシア空軍基地に2 Nasib Bandara Hollandia 
昨年11月18日付けでリポートした、西部ニューギニア(インドネシア最東端のパプア州&西パプア州)のパプア州都ジャヤプラ近郊に今も残る、旧日本海軍が設定した「ホランジア飛行場」。インドネシア空軍(AURI)がこの飛行場跡地に、新空軍基地を建設予定と伝えたが、数日前に現地から送られてきた動画によれば、具体的な建設着工日は未定で、その代わり、ジャヤプラ県とAURIの共同プロジェクトとして、野外音楽コンサート会場ができたという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/27 00:00
西部ニューギニア・サトウ姓を名乗る12世帯 Marga Sato di Papua
西部ニューギニア(現インドネシア共和国のパプア州&西パプア州)は、太平洋戦争の激戦地の一つ。昭和19(1944)年4月22日、連合軍は事前の大空爆と艦砲射撃に次いで、当時ホランジア(現パプア州都のジャヤプラ)と呼ばれた東経141度のちょっと西の港湾に上陸した。と同時にサイクロップ(現在ではインドネシア語の呼び方としてチクロップ)の西端部にあたるタナメラ湾(Teluk Tanah Merah・現在のデパプレ=Depapre)にも同時上陸を敢行した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0

2016/01/08 00:00
PAMIC=パミック=アジア太平洋戦争行方不明者情報センター設立
設立準備に忙殺され、報告が半年ばかり遅れましたが、去る7月30日、筆者が理事の一人として参画する「太平洋学会」に、新たな研究部会が発足した。名称は『PAMIC(Pacific Asia MIA Information Center)=パミック=アジア太平洋戦争行方不明者情報センター)』。MIAとは「Missing In Action」の略で、『作戦行動中行方不明』、『戦闘中行方不明』を意味する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 78 / コメント 0

2015/12/31 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐13 Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 長男の戦死公報に接し、新穂智の父・新穂彦熊が詠む ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/12/14 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐12 Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 長男の戦死公報に接し、新穂智の父・新穂彦熊が詠む ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/12/13 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐11 Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 新穂智さんの遺髪祖国帰還 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/12/12 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐10 Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 新穂智さんの遺髪が収められていた茶封筒 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/11 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐(9)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 新穂智さんの遺髪が収められていた茶封筒 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2015/12/10 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐(8)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 鹿児島県が出した戦死公報の添付書。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2015/12/09 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐(7)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。今日12月8日は、太平洋戦争勃発から74周年目。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 新穂智さん(撮影日不明) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2015/12/08 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐(6)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。明日12月8日は、太平洋戦争勃発から74周年目。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 昭和23(1948)年6月30日、横浜消印の葉書。新穂智が処刑(昭和23年12月8日)前に受け取った、妻・太田敏子からの最後の便りと思われる ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2015/12/07 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐(5)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。来る12月8日には、太平洋戦争開戦から74周年目を迎える。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 陸軍中野学校本校の校舎 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2015/12/06 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐(4)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。来る12月8日には、太平洋戦争開戦から74周年目を迎える。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 昭和18(1943)年夏ごろ、新穂智がアンボンから太田敏子宛てに送った葉書 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0

2015/12/05 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐(3)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。来る12月8日には、太平洋戦争開戦から74周年目を迎える。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 昭和15(1940)年7月、同盟通信社の特派員としてバタビア(現ジャカルタ)に赴任した新穂智の名刺 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2015/12/04 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐(2)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。来る12月8日には、太平洋戦争開戦から74周年目を迎える。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 昭和15(1940)年7月、新穂智が同盟通信社の特派員としてバタビア(現ジャカルタ)に赴任した際、蘭印当局が発行した入国許可証 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2015/12/03 00:00
太田敏子さんが語る故新穂智少佐 Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
戦後70年の今年、平成27(2015)年。来る12月8日には、太平洋戦争開戦から74周年目を迎える。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

2015/12/02 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(37) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/01 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(36) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/30 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(35) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/29 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(34) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/28 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(33) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/27 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(32) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/26 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(31) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/25 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(30) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/24 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(29) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/23 00:00
故新穂智少佐の妻・太田敏子さん逝去 Toshiko Ota & Major Satoru Niiho
終戦70周年のその日。平成27(2015)年8月15日。筆者は、横浜市に暮らす太田敏子さんを訪ねた。ちょうど二ヶ月前に満百歳の百寿を祝ったばかりで、100歳と2ヵ月のご高齢にも関わらず、数時間に及んだインタビューにお応えいただいた。敏子さんの夫である新穂智(にいほ さとる)旧日本陸軍少佐は、67年前の昭和23(1948)年12月8日、奇しくも太平洋戦争開戦7周年記念日に、当時は蘭領ニューギニアと呼ばれた、今日のインドネシア・パプア州の州都ジャヤプラ(当時はホランジア)で、オランダ軍事法廷の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0

2015/11/22 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(28) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/21 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(27) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/20 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(26) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/19 00:00
旧日本軍ホランジア飛行場がインドネシア空軍基地に Nasib Bandara Hollandia 
戦後70年。そして来月の8日は、太平洋戦争開戦74周年。激戦地の一つである、西部ニューギニアの友人から、携帯電話のカメラで撮影した短いビデオが届いた。パプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)西方に位置するセンタニ湖北岸の台地に、戦時中に日本軍が設定した飛行場の跡地に、近くインドネシア空軍の航空基地が建設されるという情報だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0

2015/11/18 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(25) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/17 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(24) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/16 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(23) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/15 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(22) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/14 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(21) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/13 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(20) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/12 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(19) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/11 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(18) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/10 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(17) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/09 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(16) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/08 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(15) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/07 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(14) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/06 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(13) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/05 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(12) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/04 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(11) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/03 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(10) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/02 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(9) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺部
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/01 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(8) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺部
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/31 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(7) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺部
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/30 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(6) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺部
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/29 00:00
旧日本兵が憑依したとされる謎の文字 Anak Indigo Manokwari (2)
前々日、西パプア州の州都マノクワリに住む“インディゴ少年”に関して報じたが、第二報が送られてきた。カラー画像と肉声だ。少年の肉声は、日本語を解する近所の住民が、「はい」などの相づちを打つ形で進行している。さらに、少年が「将軍?」と発言すると、そのあとで「将軍の前でした」などとも相づち。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/28 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(5) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺部
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/27 00:00
旧日本兵が憑依したとされる謎の文字 Anak Indigo Manokwari
インドネシア東部の西パプア州(Provinsi Papua Barat)。州都マノクワリ(Manokwari)でマグロ漁を生業とする知人から幾枚かの画像が送られてきた。その前にメールが来た。『Anak Indigo(インディゴ・チルドレン)の存在を信じますか?もしも信じてくれるのならば、知り合いの少年が手書きした、おそらく日本語と思われる記述を送ります』と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/10/26 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(4) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺部
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/25 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(3) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺部
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/24 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(2) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺部
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/23 00:00
Jayapura, Arso, Sentani, PAPUA(1) パプア州ジャヤプラ、アルソ周辺部
インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)は、ニューギニア島の東経141度を境に西半分の、いわばインドネシア領ニューギニア。かつては西イリアン(Irian Barat)、その後イリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたが、現在では東のパプア州と西の西パプア州の二つの州がある。本当は中パプア州も法的には存在しているのだが、未だ実現はしていない。そればかりか、将来的には、西南パプア州や南パプア州の分割・誕生も視界内に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/22 00:00
Jayapura at Night 1998 イリアンジャヤ州都ジャヤプラの夜1998年
ニューギニア島の東経141度を境に、西はかつてオランダ領ニューギニアと呼ばれ、オランダの海外植民地だった。東半分は、北半分がドイツ領、そして南半分が英国領だった。それは、1828年の欧州列強による東西分割植民地化と、1884年の東部ニューギニアの南北分断植民地に始まる。1975年9月16日には、東半分がオーストラリア委任統治から離れ「パプアニューギニア独立国」として独立国家となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/21 00:00
Jayapura at Night パプア州都ジャヤプラの夜(Sept. 2014)
ニューギニア島の東経141度を境に、西はかつてオランダ領ニューギニアと呼ばれ、オランダの海外植民地だった。東半分は、北半分がドイツ領、そして南半分が英国領だった。それは、1828年の欧州列強による東西分割植民地化と、1884年の東部ニューギニアの南北分断植民地に始まる。1975年9月16日には、東半分がオーストラリア委任統治から離れ「パプアニューギニア独立国」として独立国家となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/20 00:00
Yokiwa & Puay, Sentani Lake センタニ湖のヨキワ&プアイ村(3)
インドネシア最東端のパプア州(西部ニューギニアの東半分)。州都ジャヤプラ(先の大戦中は、オランダ植民地の行政地名に基づいてホランジア「Hollandia」と呼称)から西のセンタニ湖方向へ。そして現在はウェナ(Wena)と呼ばれる、旧コヤブからセンタニ湖(Danau Sentani)沿いに南下。湖の南端付近に細長い半島部がある。そこにプアイ(Puay)村が位置する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 50 / コメント 0

2015/10/13 00:00
Yokiwa & Puay, Sentani Lake センタニ湖のヨキワ&プアイ村(2)
インドネシア最東端のパプア州(西部ニューギニアの東半分)。州都ジャヤプラ(先の大戦中は、オランダ植民地の行政地名に基づいてホランジア「Hollandia」と呼称)から西のセンタニ湖方向へ。そして現在はウェナ(Wena)と呼ばれる、旧コヤブからセンタニ湖(Danau Sentani)沿いに南下。湖の南端付近に細長い半島部がある。そこにプアイ(Puay)村が位置する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 55 / コメント 0

2015/10/12 00:00
Yokiwa & Puay, Sentani Lake センタニ湖のヨキワ&プアイ村(1)
インドネシア最東端のパプア州(西部ニューギニアの東半分)。州都ジャヤプラ(先の大戦中は、オランダ植民地の行政地名に基づいてホランジア「Hollandia」と呼称)から西のセンタニ湖方向へ。そして現在はウェナ(Wena)と呼ばれる、旧コヤブからセンタニ湖(Danau Sentani)沿いに南下。湖の南端付近に細長い半島部がある。そこにプアイ(Puay)村が位置する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 60 / コメント 0

2015/10/11 00:00
日中戦争の中燃え上がる恋。“秘密戦士”新穂智と敏子、そして智忠さん。
昭和14(1939)年7月12日、満州帝國郵政の、四分額面の切手が貼られた一通の封書が、ハルピン(哈爾濱)から「大日本帝國東京市東大久保1丁目XXX」のアパートに暮らす、うら若き日本女性宛に投函された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0

2015/08/23 00:00
ブファレからサルミ(32) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
終戦70周年の、その日は過ぎた。71年目が始まった。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/20 00:00
ブファレからサルミ(31) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
終戦70周年の、その日は過ぎた。71年目が始まった。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/19 00:00
ブファレからサルミ(30) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
終戦70周年の、その日は過ぎた。71年目が始まった。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/18 00:00
ブファレからサルミ(29) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
終戦70周年の、その日がやって来た。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/17 00:00
ブファレからサルミ(28) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
終戦70周年の、その日がやって来た。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/16 00:00
2015年8月15日。終戦70周年。新穂智元少佐と智忠さん、そして敏子さん。
「私が戦犯者として死刑になった事については何等卑下する必要はない。和蘭軍が一方的形式的裁判で死刑にするのだ。私は皇国の為に活躍して来たのだ。反つてほこりをもつてゐる」---妻の敏子夫人宛の遺書。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0

2015/08/15 00:00
ブファレからサルミ(27) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/14 00:00
ブファレからサルミ(26) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/13 00:00
ブファレからサルミ(25) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/12 00:00
ブファレからサルミ(24) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/11 00:00
ブファレからサルミ(23) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/10 00:00
ブファレからサルミ(22) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/09 00:00
ブファレからサルミ(21) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/08 00:00
ブファレからサルミ(20) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/07 00:00
ブファレからサルミ(19) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/06 00:00
ブファレからサルミ(18) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/05 00:00
ブファレからサルミ(17) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/04 00:00
ブファレからサルミ(16) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/03 00:00
ブファレからサルミ(15) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/02 00:00
ブファレからサルミ(14) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/01 00:00
ブファレからサルミ(13) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/31 00:00
ブファレからサルミ(12) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/30 00:00
ブファレからサルミ(11) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/29 00:00
ブファレからサルミ(10) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/28 00:00
ブファレからサルミ(9) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/27 00:00
ブファレからサルミ(8) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/26 00:00
ブファレからサルミ(7) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/25 00:00
ブファレからサルミ(6) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/24 00:00
ブファレからサルミ(5) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/23 00:00
ブファレからサルミ(4) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/22 00:00
ブファレからサルミ(3) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/21 00:00
ブファレからサルミ(2) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/20 00:00
ブファレからサルミ(1) Bufareh to Sarmi, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/19 00:00
サルミからブファレ(44) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/18 00:00
サルミからブファレ(43) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/17 00:00
サルミからブファレ(42) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/07/16 00:00
サルミからブファレ(41) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2015/07/15 00:00
サルミからブファレ(40) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2015/07/14 00:00
サルミからブファレ(39) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2015/07/13 00:00
サルミからブファレ(38) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2015/07/12 00:00
サルミからブファレ(37) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2015/07/11 00:00
サルミからブファレ(36) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2015/07/10 00:00
サルミからブファレ(35) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2015/07/09 00:00
サルミからブファレ(34) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0

2015/07/08 00:00
サルミからブファレ(33) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2015/07/07 00:00
サルミからブファレ(32) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

2015/07/06 00:00
サルミからブファレ(31) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0

2015/07/05 00:00
サルミからブファレ(30) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

2015/07/04 00:00
サルミからブファレ(29) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/03 00:00
サルミからブファレ(28) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 0

2015/07/02 00:00
サルミからブファレ(27) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 17 / コメント 0

2015/07/01 00:00
サルミからブファレ(26) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 0

2015/06/30 00:00
サルミからブファレ(25) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 20 / コメント 0

2015/06/29 00:00
サルミからブファレ(24) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 0

2015/06/28 00:00
サルミからブファレ(23) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 0

2015/06/27 00:00
サルミからブファレ(22) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 24 / コメント 0

2015/06/25 00:00
サルミからブファレ(21) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 0

2015/06/24 00:00
サルミからブファレ(20) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 27 / コメント 0

2015/06/23 00:00
サルミからブファレ(19) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 27 / コメント 0

2015/06/22 00:00
サルミからブファレ(18) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 29 / コメント 0

2015/06/21 00:00
サルミからブファレ(17) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 30 / コメント 0

2015/06/20 00:00
サルミからブファレ(16) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 33 / コメント 0

2015/06/19 00:00
サルミからブファレ(15) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 30 / コメント 0

2015/06/18 00:00
サルミからブファレ(14) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 33 / コメント 0

2015/06/17 00:00
サルミからブファレ(13) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 35 / コメント 0

2015/06/16 00:00
サルミからブファレ(12) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 33 / コメント 0

2015/06/15 00:00
サルミからブファレ(11) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 38 / コメント 0

2015/06/14 00:00
サルミからブファレ(10) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 37 / コメント 0

2015/06/13 00:00
サルミからブファレ(9) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 36 / コメント 0

2015/06/12 00:00
サルミからブファレ(8) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 41 / コメント 0

2015/06/11 00:00
サルミからブファレ(7) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 38 / コメント 0

2015/06/10 00:00
サルミからブファレ(6) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 38 / コメント 0

2015/06/09 00:00
サルミからブファレ(5) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 41 / コメント 0

2015/06/08 00:00
サルミからブファレ(4) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 41 / コメント 0

2015/06/07 00:00
サルミからブファレ(3) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 44 / コメント 0

2015/06/06 00:00
サルミからブファレ(2) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 44 / コメント 0

2015/06/05 00:00
サルミからブファレ(1) Sarmi to Bufareh, Papua 西部ニューギニア未帰還兵
間もなく、終戦70周年の、その日がやって来る。 厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 44 / コメント 0

2015/06/04 00:00
サルミのトル川からサルミ市へ Tor River to Sarmi City, SARMI(22)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/10 00:00
サルミのトル川からサルミ市へ Tor River to Sarmi City, SARMI(21)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 33 / コメント 0

2015/03/09 00:00
サルミのトル川からサルミ市へ Tor River to Sarmi City, SARMI(20)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 34 / コメント 0

2015/03/08 00:00
サルミのトル川からサルミ市へ Tor River to Sarmi City, SARMI(19)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 41 / コメント 0

2015/03/07 00:00
サルミのトル川&トル橋 Tor River & Tor Bridge, SARMI(18)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 40 / コメント 0

2015/03/06 00:00
サルミのトル川&トル橋 Tor River & Tor Bridge, SARMI(17)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 38 / コメント 0

2015/03/05 00:00
サルミのトル川&トル橋 Tor River & Tor Bridge, SARMI(16)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 44 / コメント 0

2015/03/04 00:00
サルミのマフィンからトル川へ Maffin to Tor River, SARMI(15)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 45 / コメント 0

2015/03/03 00:00
サルミのマフィンからトル川へ Maffin to Tor River, SARMI(14)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 47 / コメント 0

2015/03/02 00:00
サルミのマフィン旧日本軍高射砲陣地跡 Dai Nippon di Maffin, SARMI(13)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 43 / コメント 0

2015/03/01 00:00
サルミのマフィン旧日本軍高射砲陣地跡 Dai Nippon di Maffin, SARMI(12)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 44 / コメント 0

2015/02/28 00:00
サルミのマフィン旧日本軍高射砲陣地跡 Dai Nippon di Maffin, SARMI(11)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 53 / コメント 0

2015/02/27 00:00
サルミのマフィン・タンジュンバトゥ村へ Tanjung Batu, Maffin, SARMI(10
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 47 / コメント 0

2015/02/26 00:00
サルミのサワールからウォスケ川へ Sawar ke Sungai Waskey, SARMI(9)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 45 / コメント 0

2015/02/25 00:00
サルミのサワールからウォスケ川へ Sawar ke Sungai Waskey, SARMI(8)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 46 / コメント 0

2015/02/24 00:00
サルミのサワール飛行場跡へ Bandara Jepang di Sawar,SARMI(7)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 52 / コメント 0

2015/02/23 00:00
サルミの日本軍鍾乳洞 Goa Jepang, Mararena, SARMI(6)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 48 / コメント 0

2015/02/22 00:00
サルミの山形の碑から日本軍洞窟へKe Goa Jepang, Mararena, SARMI(5)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 56 / コメント 0

2015/02/21 00:00
サルミの山形の碑からウォスケ川方面へ Ke Sungai Waskey, SARMI(4)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 53 / コメント 0

2015/02/20 00:00
サルミの戦没日本人之碑から山形の碑 Ke Tugu Yamagata, SARMI(3)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 60 / コメント 0

2015/02/19 00:00
サルミの戦没日本人之碑&市内 Tugu Jepang & Kota SARMI, Papua(2)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 63 / コメント 0

2015/02/18 00:00
サルミの戦没日本人之碑 Tugu Jepang, SARMI, Papua(1)
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 59 / コメント 0

2015/02/17 00:00
Jayapura to Sentani Airport, Papua ジャヤプラからセンタニ空港へ5
西部ニューギニア最大の都市ジャヤプラ。人口およそ32万人。西隣のジャヤプラ県(Kabupatenn Jayapura・人口約12万人)を合わせると約44万が暮らす、パプア州北東部の行政・経済の中心地だ。戦前まではホランジア(オランダの都の意味)と呼ばれた。。かつて、日本軍は、西郊外のセンタニ湖畔に三つの滑走路を建設。その内の一つであるセンタニ空港(Bandara Sentani)は、今やパプア州の基幹空港として大活躍。首都ジャカルタからノンストップの飛行機便で約5時間。パプア州(Provi... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/16 00:00
Jayapura to Sentani Airport, Papua ジャヤプラからセンタニ空港へ4
西部ニューギニア最大の都市ジャヤプラ。人口およそ32万人。西隣のジャヤプラ県(Kabupatenn Jayapura・人口約12万人)を合わせると約44万が暮らす、パプア州北東部の行政・経済の中心地だ。戦前まではホランジア(オランダの都の意味)と呼ばれた。。かつて、日本軍は、西郊外のセンタニ湖畔に三つの滑走路を建設。その内の一つであるセンタニ空港(Bandara Sentani)は、今やパプア州の基幹空港として大活躍。首都ジャカルタからノンストップの飛行機便で約5時間。パプア州(Provi... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/02/15 00:00
Jayapura to Sentani Airport, Papua ジャヤプラからセンタニ空港へ3
西部ニューギニア最大の都市ジャヤプラ。人口およそ32万人。西隣のジャヤプラ県(Kabupatenn Jayapura・人口約12万人)を合わせると約44万が暮らす、パプア州北東部の行政・経済の中心地だ。戦前まではホランジア(オランダの都の意味)と呼ばれた。。かつて、日本軍は、西郊外のセンタニ湖畔に三つの滑走路を建設。その内の一つであるセンタニ空港(Bandara Sentani)は、今やパプア州の基幹空港として大活躍。首都ジャカルタからノンストップの飛行機便で約5時間。パプア州(Provi... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/02/13 00:00
Jayapura to Sentani Airport, Papua ジャヤプラからセンタニ空港へ2
西部ニューギニア最大の都市ジャヤプラ。人口およそ32万人。西隣のジャヤプラ県(Kabupatenn Jayapura・人口約12万人)を合わせると約44万が暮らす、パプア州北東部の行政・経済の中心地だ。戦前まではホランジア(オランダの都の意味)と呼ばれた。。かつて、日本軍は、西郊外のセンタニ湖畔に三つの滑走路を建設。その内の一つであるセンタニ空港(Bandara Sentani)は、今やパプア州の基幹空港として大活躍。首都ジャカルタからノンストップの飛行機便で約5時間。パプア州(Provi... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2015/02/12 00:00
Jayapura to Sentani Airport, Papua ジャヤプラからセンタニ空港へ1
西部ニューギニア最大の都市ジャヤプラ。人口およそ32万人。西隣のジャヤプラ県(Kabupatenn Jayapura・人口約12万人)を合わせると約44万が暮らす、パプア州北東部の行政・経済の中心地だ。戦前まではホランジア(オランダの都の意味)と呼ばれた。。かつて、日本軍は、西郊外のセンタニ湖畔に三つの滑走路を建設。その内の一つであるセンタニ空港(Bandara Sentani)は、今やパプア州の基幹空港として大活躍。首都ジャカルタからノンストップの飛行機便で約5時間。パプア州(Provi... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2015/02/11 00:00
パプア州都ジャヤプラからジャカルタへFlight Jayapura to Jakarta
西部ニューギニア最大の都市ジャヤプラ。旧ホランジア(オランダの都の意味)。かつて、日本軍は、西郊外のセンタニ湖畔に三つの滑走路を建設。その内の一つであるセンタニ空港(Bandara Sentani)は、今やパプア州の基幹空港として大活躍。首都ジャカルタからノンストップのガルーダ航空(Garuda)直行便で約5時間。パプア州(Provinsi Papua)の州都は、太平洋戦争の激戦がここで行われたことを微塵も残していない。しかし、このセンタニ空港周辺部では、今でも数千の旧日本軍将兵の遺骨が、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2015/02/10 00:00
パプア州の州都ジャヤプラ Jayapura, Ibukota Provinsi Papua
西部ニューギニア最大の都市ジャヤプラ。人口およそ32万人。西隣のジャヤプラ県(Kabupatenn Jayapura・人口約12万人)を合わせると約44万が暮らす、パプア州北東部の行政・経済の中心地だ。戦前まではホランジア(オランダの都の意味)と呼ばれた。。かつて、日本軍は、西郊外のセンタニ湖畔に三つの滑走路を建設。その内の一つであるセンタニ空港(Bandara Sentani)は、今やパプア州の基幹空港として大活躍。首都ジャカルタからノンストップの飛行機便で約5時間。パプア州(Provi... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2015/02/09 00:00
ガルーダ航空ジャヤプラ直行便 Flight From Jakarta to Jayapura
西部ニューギニア最大の都市ジャヤプラ。旧ホランジア(オランダの都の意味)。かつて、日本軍は、西郊外のセンタニ湖畔に三つの滑走路を建設。その内の一つであるセンタニ空港(Bandara Sentani)は、今やパプア州の基幹空港として大活躍。首都ジャカルタからノンストップのガルーダ航空(Garuda)直行便で約5時間。パプア州(Provinsi Papua)の州都は、太平洋戦争の激戦がここで行われたことを微塵も残していない。しかし、このセンタニ空港周辺部では、今でも数千の旧日本軍将兵の遺骨が、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2015/02/08 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(38) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 77 / コメント 0

2015/02/07 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(37) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 43 / コメント 0

2015/02/06 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(36) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 46 / コメント 0

2015/02/05 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(35) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 49 / コメント 0

2015/02/04 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(34) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 46 / コメント 0

2015/02/03 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(33) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 52 / コメント 0

2015/02/02 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(32) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 50 / コメント 0

2015/02/01 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(31) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 49 / コメント 0

2015/01/31 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(30) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 50 / コメント 0

2015/01/30 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(29) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 54 / コメント 0

2015/01/29 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(28) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 54 / コメント 0

2015/01/28 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(27) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 53 / コメント 0

2015/01/27 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(26) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 58 / コメント 0

2015/01/26 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(25) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 55 / コメント 0

2015/01/25 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(24) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 57 / コメント 0

2015/01/24 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(23) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 60 / コメント 0

2015/01/23 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(22) Jayapura to Sarmi, Papua
(注) 海外出張につき、日本国内不在中のブログ記事を掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 65 / コメント 0

2015/01/21 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(21) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 63 / コメント 0

2015/01/20 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(20) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 61 / コメント 0

2015/01/19 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(19) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 65 / コメント 0

2015/01/18 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(18) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 67 / コメント 0

2015/01/17 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(17) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 67 / コメント 0

2015/01/16 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(16) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 65 / コメント 0

2015/01/15 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(15) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 65 / コメント 0

2015/01/14 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(14) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 70 / コメント 0

2015/01/13 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(13) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 68 / コメント 0

2015/01/12 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(12) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 71 / コメント 0

2015/01/11 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(11) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 75 / コメント 0

2015/01/10 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(10) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 70 / コメント 0

2015/01/09 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(9) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 80 / コメント 0

2015/01/08 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(8) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 81 / コメント 0

2015/01/07 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(7) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 73 / コメント 0

2015/01/06 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(6) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 77 / コメント 0

2015/01/05 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(5) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 75 / コメント 0

2015/01/04 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(4) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 88 / コメント 0

2015/01/03 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(3) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 84 / コメント 0

2015/01/02 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(2) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 82 / コメント 0

2014/12/31 00:00
パプア州のジャヤプラからサルミへ(1) Jayapura to Sarmi, Papua
西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約300km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。その先に、ウォスケ川、この付近には日本軍が建設した飛行場があった。そしてさらにその先、サルミに入る直前のサワール付近にも、日本軍によって飛行場が造られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 103 / コメント 0

2014/12/30 00:00
西部ニューギアから新たな旧日本兵の遺骨情報が Nasib Tentara Dai Nippon
“ビジネスクラスで行く”旧日本兵の遺骨情報調査については、これまで何度か記してきた。年間1千〜2千万円もの、日本国民の血税から生まれた「公費」を使って、70年以上も前に戦場に斃れた、多くは20〜30歳代の将兵らの遺骨に関する情報を収集する作業のことだ。これには、本来率先して足を運ばなければいけない担当省庁である厚労省は、業務管理のみで、民間団体にその任の大半を“丸投げ”している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 500 / コメント 0

2014/12/17 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(13) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 55 / コメント 0

2014/12/11 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(12) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 48 / コメント 0

2014/12/10 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(11) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 51 / コメント 0

2014/12/09 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(10) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 53 / コメント 0

2014/12/08 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(9) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から明日で73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 51 / コメント 0

2014/12/07 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(8) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から間もなく73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 54 / コメント 0

2014/12/06 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(7) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から間もなく73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 52 / コメント 0

2014/12/05 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(6) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から間もなく73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 58 / コメント 0

2014/12/04 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(5) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から間もなく73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 59 / コメント 0

2014/12/03 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(4) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から間もなく73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 55 / コメント 0

2014/12/02 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(3) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から間もなく73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 61 / コメント 0

2014/12/01 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(2) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から間もなく73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 57 / コメント 0

2014/11/30 00:00
サルミからダンケン&ブファレ村へ(1) 西部ニューギニア未帰還兵
日米開戦、太平洋戦争勃発から間もなく73周年。来年は終戦70周年。厚労省の統計によれば、海外戦没者概数は約240万人。その内、今日現在、およそ113万柱が未収容とのことだ。しかし、海没そして相手国の事情等で収容が困難とされる遺骨概数は約53万柱。つまり、収容が可能な未収容遺骨は約60万柱ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 62 / コメント 0

2014/11/29 00:00
西部ニューギニアに瞑る旧日本兵 こんな遺骨収集でいいのか(5)
去る10月10日、西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・旧西イリアン・旧イリアンジャヤ・旧パプア州:現在はパプア州&西パプア州)から戦後69年ぶりに祖国帰還を果たした(おそらく)旧日本兵と推定される計61柱の遺骨に関してリポートした。日本の民間団体による杜撰な遺骨情報収集過程、そして余りにもアマチュア的かつ長期展望の無さ。戦前・戦後を通じて70年以上もの長きに渡って、赤道直下の土むくれと化した旧日本軍将兵。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 500 / コメント 0

2014/11/16 00:00
西部ニューギニアに瞑る旧日本兵 こんな遺骨収集でいいのか(4)
当たり前の話だが、かつての戦場で、あるいはその付近で見つかる遺骨の個人特定をする場合、戦史との照合、元帰還兵の証言などからの推察、さらには個々の遺骨の周辺部から出てくる数々の遺留品(例えば、認識票、飯盒、水筒、鉄帽、眼鏡、印鑑、銃、銃剣、その他の軍装備等々)の存在が極めて重要な要素となる。そして地元住民、とりわけ古老らの証言、あるいはその証言を引き継いだ次世代の伝承証言も有力な手掛かりとなる。もちろんDNA鑑定という手段もあるが、その場合、遺骨が、生前どの部隊に所属していた誰なのかがある程... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 500 / コメント 0

2014/10/29 00:00
西部ニューギニアに瞑る旧日本兵 こんな遺骨収集でいいのか(3)
煮えたぎるような高湿度。吐き気をもよおす異臭。蚕棚のような狭い空間。敵潜水艦の魚雷攻撃を避けつつ、ジグザク操舵で進む古びた貨物船の船底。今から70年以上も前、何万、何十万もの将兵が、日本から、そして占領下の中国から南方へと向かった。厚労省のデータによれば、西イリアン(西部ニューギニア・今日のインドネシア領パプア州&西パプア州)で53,000人、東部ニューギニア(今日のパプアニューギニア)で127,600人が戦死。さて、これらの数値に、動員された朝鮮半島出身者、台湾出身者、さらにはインドネシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 500 / コメント 0

2014/10/25 00:00
西部ニューギニアに瞑る旧日本兵 こんな遺骨収集でいいのか(2)
遺骨収集作業なのだろうか、それとも遺骨回収事業なのか? 実際に、土むくれを掘り起しているのは地元のパプア人。そして、ある程度の“量”がまとまると連絡してくる得体のしれない“現地インフォーマント”。次は、それらの情報確認のために、日本の民間組織が向かい、それを確認。すると。その情報確認のために日本政府関係者が、現地へ向かい。それを“役人の眼”で再確認。丁寧な二度手間。費用もかかろう。豊かな経済力の国家らしいビジネスクラス的調査方法かな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 502 / コメント 0

2014/10/24 00:00
西部ニューギニアから祖国帰還を果たしたとされる“ご遺骨”だが
戦後70年は目の前だ。そして、日本人男性の平均寿命はおよそ80歳とか。つまり、終戦時に10歳だった男子が、そろそろ明鏡境を異にする時期に入ったことを意味する。言い換えれば、戦争実体験者が皆無に近づいているということだ。戦争を知らない世代が、社会の要所を占め、やれ世界平和貢献だ、国民の安全を守るのだとか喧しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 500 / コメント 0

2014/10/10 00:00
西部ニューギニアに瞑る旧日本兵 こんな遺骨収集でいいのか
2014年10月7日、『朝日新聞』東京版の国際ページに、小さな記事が掲載された。「インドネシア 旧日本兵の遺骨を確認」との記事。インドネシア・パプア州のプアイという場所で、戦死した旧日本兵の遺骨を焼く焼骨式が6日に行われたという内容だ。なんでも61人分の遺骨を確認とある。それらの遺骨は、日本に持ち帰られ、東京・千鳥ヶ淵戦没者墓苑に収められるとも。しかし、それらは本当に旧日本兵らの遺骨なのか?たぶん厚労省は言うであろう。住民らの証言や戦史などの記録、さらに遺骨周辺の遺品状況などから総合的に判... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 500 / コメント 0

2014/10/08 00:00
西部ニューギニアに瞑る旧日本兵、そして生き続ける三八歩兵銃
日本の真南およそ5,500km。ニューギニア島の西半分。インドネシアの最東端部にパプア州と西パプア州がある。そこは70年ほど前に日本軍と連合国軍とが死闘を繰り返した戦場でもある。 数か月前にサルミ地区で高校生が見つけた旧日本兵の遺骨。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 500 / コメント 0

2014/09/26 00:00
木暮
【参考ブログ】 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/31 00:00
スンバ島の“サクラ”満開 Bunga Sakura Pulau Sumba
5年前のことだが、インドネシア最東端のパプア州の州都で、市民が“パプアのSakura(桜)”と呼ぶ樹木があることを紹介した。正しくは桜の木ではないのだが、その花弁と樹木全体にたわわに咲いている姿が、日本の桜を彷彿させることから「我が郷土にもサクラがある」と誇っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/26 00:00
ヨハナさんパプア人初の女性教授就任 Profesor pertama wanita Papua
インドネシア最東端のパプア州&西パプア州(西部ニューギニア)に初のパプア人女性教授が誕生した。国立チェンドラワシ大学(Uncen=Universitas Cenderawasih)教育学部のヨハナ・エンビセ(Yohana Yembise)さんだ。彼女は、1958年10月、果物の街として知られる、現在の西パプア州の州都マノクワリで生まれた。民族的には、ビアク(Biak)島のビアク人。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/23 00:00
京都産業大学「ふるさと論」講義感想文2Remaja Jepang & Perang Dunia II
紅葉のピークにはあと数日かと思われる先々週の木曜日(2012.11.8)、京都・上賀茂の京都産業大学で教壇に立った。今年で五回目。一般教養枠の「ふるさと論」の講義。今年も昨年同様、『故郷としての祖国』を主テーマに据えた。今回は、9月に北マルク州のモロタイ島やハルマヘラ島を取材してきたこともあり、モロタイ島で1974年12月、戦後29年と4ヶ月後にジャングル内の潜伏地で救出された、台湾人元日本兵の中村輝夫氏(中国語名は李光輝)に関して話を始めた。次いで今もなお西部ニューギニア地域に“放置され... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/11/19 00:00
京都産業大学「ふるさと論」講義の感想文Remaja Jepang & Perang Dunia II
紅葉のピークにはあと数日かと思われる先々週の木曜日(2012.11.8)、京都・上賀茂の京都産業大学で教壇に立った。今年で五回目。一般教養枠の「ふるさと論」の講義。今年も昨年同様、『故郷としての祖国』を主テーマに据えた。今回は、9月に北マルク州のモロタイ島やハルマヘラ島を取材してきたこともあり、モロタイ島で1974年12月、戦後29年と4ヶ月後にジャングル内の潜伏地で救出された、台湾人元日本兵の中村輝夫氏(中国語名は李光輝)に関して話を始めた。次いで今もなお西部ニューギニア地域に“放置され... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/11/18 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(22) 第6飛行師団第14飛行団司令部
上杉重邦軍医少佐(戦死時大尉)の戦没地に関する考察を21回にわたり連載してきた。現時点で入手可能な記録を読み解き、幾つかの想定シナリオに基づいてその疑問に迫った。しかしながら、満足できる結論を導き出せないでいる。今号をもって、第一シリーズを終了する。上杉少佐並びにご遺族に申し訳ない気持ちで一杯だ。 上杉重邦軍医大尉 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 45 / コメント 0

2012/09/03 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(21) 第6飛行師団第14飛行団司令部
連合軍上陸時(昭和19(1944)年4月22日)、ホランジア地区とセンタニ湖周辺にいたおよそ1万5千の日本軍将兵。ホランジアに限っても、把握できているだけでもおよそ2,700名が同地で戦死している。それらの部隊名は、建築勤務第52中隊(617名)、野戦高射砲第68大隊(674名)、海軍第90警備隊(217名)、海軍第9艦隊司令部(233名)、海軍第27特別根拠地隊(652名)、海軍第7警備隊(287名)などだ。 上杉重邦軍医大尉 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2012/08/31 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(20) 第6飛行師団第14飛行団司令部
上杉重邦軍医大尉が、連合軍ホランジア上陸時(昭和19(1944)年4月22日)以降、センタニ湖北岸のコヤブにあった第113兵站病院(通称陣之内兵站病院)へ、何らかの事由で出かけていた可能性は否定できない。第14飛行団司令部が置かれたセンタニ飛行場群付近にいなければ、稲田正純第6飛行師団長心得による「サルミ転進」命令に基づいて第14飛行団長の恩田謙蔵大佐以下のおおよそ500名が第一梯団としてセンタニを発った段階で、それに加われなかった。敢えて悲観的に想像すれば、上杉大尉が、第113兵站病院で入... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2012/08/30 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(19) 第6飛行師団第14飛行団司令部
連合軍がホランジア(現パプア州の州都ジャヤプラ)に上陸した昭和19(1944)年4月22日。日本を発つ段階での赴任先である第14飛行団司令部附けであれば、おそらくセンタニ飛行場群付近にいたであろう上杉重邦軍医大尉。しかし、同地の戦局が歴史的急変を告げる最中、瞬時に生まれた多数の負傷者救命活動の中、上杉大尉が、センタニ地区を離れて、ホランジアに上陸してきた敵軍により近い、第113兵站病院が位置した、センタニ湖東部のコヤブ村北西へ派遣されたことも十分考えられる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 12 / コメント 0

2012/08/28 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(18) 第6飛行師団第14飛行団司令部
『恩田部隊473名(戦闘操縦者を主とし、飛行団司令部を含む)は、ゲニム(注:ゲニェム)に向って行軍を開始した。サルミまでは当然、海岸線を行けば、距離も近く、行軍も楽ではあるが、タナメラ海岸にも敵が上陸しているので、いったん奥地に向い迂回して海岸線に出ようというわけである。二十四日の昼間は、センタニ湖の北岸斜面の林の中で休み、夜になってから、ススキのような草が長く茂っている草原を抜けて、ようやく遮蔽のできるジャングル地帯にたどり着いた。上空には敵機が自由に飛び回り、ちょっとでも部隊の気配を認め... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

2012/08/27 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(17) 第6飛行師団第14飛行団司令部
生きていて長命であったのならば、上杉重国軍医大尉は、昨日8月25日、102歳の誕生日を迎えていたはずだ。34歳の誕生日まであとわずか2週間。岡山医科大学を卒業し日本陸軍軍医となった上杉は、祖国に妻ビワ子と三人の娘を残し、“南涯”の西部ニューギニアでこの世に別れを告げた。長女の一江は今でも父の足跡を探し続けている。父の終焉の地、そしてその過程を探る“歴史の旅”は、一江にとってやはり“戦後の旅”そのものであった。 上杉重邦軍医大尉と妻のビワ子 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0

2012/08/26 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(16) 第6飛行師団第14飛行団司令部
上杉重邦軍医大尉が、昭和19(1944)年4月末時点で、おそらくホランジア・センタニ飛行場群地域にいたことは、あてはまらない情報の消去法によって導かれる結論だ。フンボルト湾、そしてタナメラ湾の東西両方向から同地へ“向こう見ず作戦(Operation Reckless)”と呼ばれる上陸を完遂した連合国軍。同地にいた約1万5千の将兵は、どのように同地を追われたのか。 上杉重邦軍医大尉 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0

2012/08/25 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(15) 第6飛行師団第14飛行団司令部
終戦のほぼ一年前、昭和19(1944)年8月10日、「ホランジア(現パプア州の州都ジャヤプラ)方面で戦死」とされている第6飛行師団第14飛行団司令部附け軍医の上杉重邦大尉。戦後、一途に父親に関する情報収集に努めてきた、現在広島都市学園大学で公衆衛生看護学の教授を務める瀬野尾一江さん。韓国併合の年、時代が大正に移る二年前、明治43(1910)年8月25日生まれた父親。生きていれば明後日、102歳の誕生日を祝福されていたはずだ。 上杉重邦軍医大尉の長女・一江(昭和16年頃の撮影か。当時中尉の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

2012/08/23 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(14) 第6飛行師団第14飛行団司令部
すでに書いたが、三好正之軍医中尉の第36師団(雪部隊)第224連隊従軍記を描いた『戦場の聴診器』(中田整一著・2008年9月15日初版・幻戯書房)によれば、三好中尉は昭和19年1月末、秋津丸で広島の宇品港発。2月20日、マニラ着。3月19日、マニラから軍用機で出発。ミンダナオ島のダバオ、スラウェシ島のメナドを経由してマルク諸島のアンボンへ。アンボンからは重爆撃機呑龍に便乗して3月21日、ホランジア到着。そして3月24日、軍用機でホランジアからワクデ島を経由してサルミの第36師団へ着任。マニラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0

2012/08/22 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(13) 第6飛行師団第14飛行団司令部
『小学6年生か中学1年生の頃だったと思いますが、家にあった父からの葉書を読みました。どこから送ったのか、いつ日本に着いたのか今では分かりません。というのも、その後、火事に遭って焼けてしまったのです。でも軍事郵便の消印がなかったことははっきり覚えています。ですから、きっと誰かに託して日本に届いたものと思います』---上杉重邦軍医大尉の長女である瀬野尾一江が述懐する。 第14飛行団司令部附け軍医・上杉重邦大尉 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 16 / コメント 0

2012/08/21 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(12) 第6飛行師団第14飛行団司令部
軍医大尉という地位、しかも当時西部ニューギニアの主力航空戦闘部隊であった第14飛行団司令部附け軍医としての赴任だったことを考慮すれば、上杉重邦大尉の戦没地が「ホランジア方面」と記されたことは腑に落ちない。仮に、航空機搭乗中の事故もしくは戦闘による撃墜などにあったのであれば、それはその墜落地点が明確に特定できなくとも、少なくとも、搭乗機や日時に関する情報は明白に記録されているはずだ。 第14飛行団司令部附け軍医・上杉重邦大尉と家族。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 0

2012/08/20 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(11) 第6飛行師団第14飛行団司令部
上杉大尉は明治43(1910)年8月25日広島県生まれ。日華事変(盧溝橋事件)が起きた翌年、国家総動員法が成立した昭和13(1938)年3月、岡山医科大学を卒業。同年6月3日、広島県尾道生まれのビワ子と結婚。同年10月10日、軍医候補生として歩兵第39連隊(姫路編成)補充隊(衛生軍曹)に入営。同年11月12日、衛生曹長に進級、見習士官となる。 第14飛行団司令部附け軍医・上杉重邦大尉と家族。手前に幼い長女の一江 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 0

2012/08/19 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(10) 第6飛行師団第14飛行団司令部
戦死の日時や場所については、通常、生存している所属部隊の上官、もしくは最も高位の上官が記すのが常だ。ただ終戦にあたり、あるいは外地からの復員の際に、記録書類の焼却や没収があり、戦死公報に必ずしも正確な日付や戦没地名が書かれているとは限らない。 第14飛行団司令部附け軍医・上杉重邦大尉と妻のビワ子さん ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 0

2012/08/18 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(9) 第6飛行師団第14飛行団司令部
2012年8月15日の第67回目の終戦記念日。そして今日8月17日、インドネシア共和国は第67回目の独立記念日を迎えた。インドネシアの“ムルデカ(独立)”と日本軍進駐との関係については、日本側に日本軍の存在意義を見出そうとする見解が少なくない。特に「ジャワの極楽」と謳われた、ジャワ島で終戦を迎えた旧日本兵にその傾向が強いように見える。スマトラ島やジャワ島の旧日本軍将兵の幾多が、インドネシアの独立戦争に参加したことはまぎれもない事実だ。しかし、それは大東亜戦争の一側面であって総てではない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 20 / コメント 0

2012/08/17 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(8) 第6飛行師団第14飛行団司令部
67回目の終戦記念日が過ぎた。2012年8月15日は、背景の理由はどうであれ、隣国との歴史観の相違があらためて思い知らされた日でもあった。民主党政権の2閣僚が靖国神社に参拝したその日、竹島(韓国名独島)に同国大統領として初上陸し、天皇の訪韓条件について言及した韓国の李明博大統領が「戦時の女性人権問題として人類の普遍的価値と、正しい歴史に反する行為だ。日本の責任ある措置を求める」と従軍慰安婦問題について述べた。そして香港の団体「保釣行動委員会」の抗議船の乗組員が、中国の領有権を主張して尖閣諸島... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 22 / コメント 0

2012/08/16 00:00
戦後67年・西部ニューギニアに瞑る数万の将兵 Prajurit Jepang di Papua
今日、第67回目の終戦記念日を迎える。 東日本大震災から1年と5ヶ月。昨日の“皆様の半国営放送”は、福島原発の警戒区域で保護されたペットが、飼い主がやってくるのを待っているとのニュースを流していた。猫や犬の“動物の権利”(Animal rights)には関心があるようだが、この世界最大規模のマスコミ特殊法人は、過去の人権には無関心なようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 67 / コメント 0

2012/08/15 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(7) 第6飛行師団第14飛行団司令部
極めて貧弱なホランジア(現ジャヤプラ)地上守備兵力。そしてセンタニ飛行場群で空襲によって多くの戦闘機や爆撃機を一瞬にして失った日本軍。赤子を弄ぶかのような連合軍による空爆と上陸作戦。“向こう見ず作戦(Operation Reckless)”と名付けられたものの、結果的には“やり放題作戦”と表現してもいいほどの圧倒的な連合軍の優勢。 上杉重邦軍医大尉 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 26 / コメント 0

2012/08/14 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(6) 第6飛行師団第14飛行団司令部
昭和19(1944)年3月末のホランジア(現ジャヤプラ)飛行場における第4航空軍(寺本熊市中将)が被った空襲被害・戦力喪失は、想定外の致命的な規模であった。このため、東京の大本営はその責任を問う形で、航空戦指導者の大規模な更迭を行った。 上杉重邦軍医大尉 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 28 / コメント 0

2012/08/13 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(5) 第6飛行師団第14飛行団司令部
上杉重邦軍医大尉がホランジア(現西部ニューギニア・パプア州の州都ジャヤプラ)に着任したと推定される昭和19(1944)年1月〜2月は、同方面の戦局が急速に悪化をたどる初期段階だった。元々、ホランジアは南方軍(寺内寿一元帥陸軍大将)の作戦地域に指定されていたが、南太平洋域の戦闘激化に伴って、昭和18年4月2日以降、第8方面軍(今村均中将 )の作戦地域に入り、その後方基地となった。 上杉重邦大尉と家族。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 29 / コメント 0

2012/08/11 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(4) 第6飛行師団第14飛行団司令部
前号で記述したが、三好中尉や池見(羽生)少尉の二人の軍医が、昭和19(1944)年初頭に、各々およそ一ヵ月間を要して西部ニューギニアに到着しているケースから推察して、上杉重邦軍医大尉の場合もおそらく同程度の時を経てホランジアに着任できていただろうと考えられる。つまり、例えば昭和18年12月中旬に広島を発ったとすると、翌19年1月中旬〜2月初旬頃までには到着していたのではないか。 その頃のホランジア周辺情勢は以下のような情勢だった。 上杉重邦大尉と家族。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 30 / コメント 0

2012/08/10 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(3) 第6飛行師団第14飛行団司令部
上杉重邦軍医大尉が日本からニューギニアに旅立った昭和18(1943)年末。実は、上杉が着任する予定の第14飛行団(真第9135部隊)の団長である徳永賢治大佐は、すでにホランジアにいた(『戦史叢書 西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』防衛庁防衛研修所戦史室著に記述)。 上杉重邦大尉と妻のビワ子さん ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 30 / コメント 0

2012/08/09 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか?(2) 第6飛行師団第14飛行団司令部
昭和18(1943)年12月13日、第14飛行団司令部附けとなり、妻と三人の娘を日本に残し西部ニューギニアに向った上杉重邦軍医大尉。広島から軍用機でホランジア(現ジャヤプラ)を目指したとされる。ホランジアに到着したのかどうかは確認材料がない。当時、第14飛行団(真第9135部隊・徳永賢治大佐)は第4航空軍(寺本熊市中将)の第6飛行師団(板花義一中将)の隷下にあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 31 / コメント 0

2012/08/08 00:00
上杉重邦軍医少佐の戦没地はどこか? 第6飛行師団第14飛行団司令部
終戦記念日が近づくと、思い出す人がいる。過去数年間にわたり消息を追いかけてきたが、今年も確定的な情報を入手することはできなかった。 上杉重邦少佐(中尉時代の昭和16年夏頃の撮影と思われる) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 32 / コメント 0

2012/08/07 00:00
パプア州センタニ湖フェスティバル来る6月19〜30日開催 FDS Papua 2012
第5回センタニ湖フェスティバル(FDS=Festival Danau Sentani・Lake Sentani Festival)が来る6月19〜30日、パプア州の州都ジャヤプラ(Jayapura)西方郊外のセンタニ(Sentani)地区で開催される。センタニは、B737型機クラスが頻繁に離着陸する、州都ジャヤプラの空の玄関口。過去の開催期間は5日間だったが、今回は12日間に延長された。会場はこれまで通り、ジャヤプラ県東センタニ地区のカルコテ(Kawasan Wisata Kalkothe... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/06 00:00
アスマット・アガッツからの最新画像 Foto2 Agats, Asmat, Papua
インドネシア最東端のパプア州。その南西部にアスマット(Asmat)と呼ばれる地域がある。アスマットとは“真実の人間”、“我々は木だ”を意味する。人間は木から生まれて木に還るという哲学が生きている世界だ。それ故、人が亡くなると、親族らは故人を木彫に刻む。こうして世界的に有名な原始美術・アスマット彫刻(Patung/Ukiran Asmat)が生まれた。 県都アガッツでは毎年『アスマット文化祭』が開催され、世界のコレクターが垂涎するアスマット彫刻が披露される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/02 00:00
マックさんが案内するパプア&西パプア州(2) Tur Papua bersama Mac
二度ほど掲載したが、パプア州の中央高地で旅行業を営むマック君について、今度は動画で紹介したい。ヤリ(Yali)民族出身のデマイアヌス・マック・ワサゲ(Demaianus "Mac" Wasage)さん。去る3月中旬、29歳になったばかりのマック君は、ヤリモ県(Kabupaten Yalimo)の県都アパハプシリ(Apahapsili)近くのホロンドゥ(Holondu)村生まれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/21 00:00
マックさんが案内するパプア&西パプア州 Tur Papua bersama Mac
既報(2012年4月26日付)だが、もう一度インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)の中央高地で旅行会社を経営する、ヤリ(Yali)民族出身のデマイアヌス・マック・ワサゲ君(Demaianus "Mac" Wasage)について書いてみたい。去る3月中旬、29歳になったばかりのマック君は、ヤリモ県(Kabupaten Yalimo)の県都アパハプシリ(Apahapsili)近くのホロンドゥ(Holondu)村生まれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/05/13 00:00
センタニ湖祭り・日本人客を日本語で無料案内 FDS PJC sambut turis Jepang
ちょっと完璧ではない日本語だが、たいしたことではない。2006年、姉妹県である山形県が招聘し、一年間、山形短期大学で日本語に触れた。昨年一ヵ月間、埼玉県の浦和で、筆者がその創設の志を疑問視する国際交流基金が招聘した日本語教師プログラムに参加。その日本語力で公開した“呼びかけ”が以下のFB(フェースブック)上の記述。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2012/05/12 00:00
パプア州センタニ湖フェスティバル来る6月19〜30日開催 FDS Papua 2012
第5回センタニ湖フェスティバル(FDS=Festival Danau Sentani・Lake Sentani Festival)が来る6月19〜30日、パプア州の州都ジャヤプラ(Jayapura)西方郊外のセンタニ(Sentani)地区で開催される。過去の開催期間は5日間だったが、今回は12日間に延長された。会場はこれまで通り、ジャヤプラ県東センタニ地区のカルコテ(Kawasan Wisata Kalkothe)エリア。ジャヤプ県(Kabupaten Jayapura)の伝統文化を中心に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/05/06 00:00
地球最後の楽園ラジャアンパット9 Raja Ampat Last Paradise on Earth
西パプア州のラジャ・アンパット県(Kab.Raja Ampat)。かつて太平洋戦争の時代、何千人もの日本軍兵士が駐留したエリアだ。ワイゲオ島、そしてサラワチ島などで多くの兵が若い命を落とした。かつての戦場は今、世界的に知られるダイビングスポットとなった。世界一の生物多様性を誇るラジャアンパットの海。これはラジャアンパット県政府がフランスのTVと共同制作した空撮映像で、観光プロモーションを目的に、インドネシア文化宮(GBI)にその再使用権が認められたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2012/05/01 00:00
パプア州センタニ湖フェスティバル来る6月19〜30日開催 FDS Papua 2012
第5回センタニ湖フェスティバル(FDS=Festival Danau Sentani・Lake Sentani Festival)が来る6月19〜30日、パプア州の州都ジャヤプラ(Jayapura)西方郊外のセンタニ(Sentani)地区で開催される。過去の開催期間は5日間だったが、今回は12日間に延長された。会場はこれまで通り、ジャヤプラ県東センタニ地区のカルコテ(Kawasan Wisata Kalkothe)エリア。ジャヤプ県(Kabupaten Jayapura)の伝統文化を中... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/04/30 00:00
地球最後の楽園ラジャアンパット8 Raja Ampat Last Paradise on Earth
西パプア州のラジャ・アンパット県(Kab.Raja Ampat)。かつて太平洋戦争の時代、何千人もの日本軍兵士が駐留したエリアだ。ワイゲオ島、そしてサラワチ島などで多くの兵が若い命を落とした。かつての戦場は今、世界的に知られるダイビングスポットとなった。世界一の生物多様性を誇るラジャアンパットの海。これはラジャアンパット県政府がフランスのTVと共同制作した空撮映像で、観光プロモーションを目的に、インドネシア文化宮(GBI)にその再使用権が認められたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2012/04/29 00:00
地球最後の楽園ラジャアンパット7 Raja Ampat Last Paradise on Earth
西パプア州のラジャ・アンパット県(Kab.Raja Ampat)。かつて太平洋戦争の時代、何千人もの日本軍兵士が駐留したエリアだ。ワイゲオ島、そしてサラワチ島などで多くの兵が若い命を落とした。かつての戦場は今、世界的に知られるダイビングスポットとなった。世界一の生物多様性を誇るラジャアンパットの海。これはラジャアンパット県政府がフランスのTVと共同制作した空撮映像で、観光プロモーションを目的に、インドネシア文化宮(GBI)にその再使用権が認められたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0

2012/04/27 00:00
パプア人青年が案内するパプアツアー Trek Papua Tours & Travel
筆者は西部ニューギニアが大好きだ。その昔、オランダ海外植民地から国連管理を経てインドネシアに併合されると「Irian Barat」と呼ばれ、やがて「Irian Jaya」とその名を変え、そして今日の「パプア州」と「西パプア州」と展開を遂げた。世界第二位の巨島ニューギニアの、東経141度を境とする西半分のエリア。先の大戦中には、日本軍が東南のメラウケ地域を除き軍事占領した場所だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/04/26 00:00
地球最後の楽園ラジャアンパット6 Raja Ampat Last Paradise on Earth
西パプア州のラジャ・アンパット県(Kab.Raja Ampat)。かつて太平洋戦争の時代、何千人もの日本軍兵士が駐留したエリアだ。ワイゲオ島、そしてサラワチ島などで多くの兵が若い命を落とした。かつての戦場は今、世界的に知られるダイビングスポットとなった。世界一の生物多様性を誇るラジャアンパットの海。これはラジャアンパット県政府がフランスのTVと共同制作した空撮映像で、観光プロモーションを目的に、インドネシア文化宮(GBI)にその再使用権が認められたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

2012/04/25 00:00
地球最後の楽園ラジャアンパット5 Raja Ampat Last Paradise on Earth
西パプア州のラジャ・アンパット県(Kab.Raja Ampat)。かつて太平洋戦争の時代、何千人もの日本軍兵士が駐留したエリアだ。ワイゲオ島、そしてサラワチ島などで多くの兵が若い命を落とした。かつての戦場は今、世界的に知られるダイビングスポットとなった。世界一の生物多様性を誇るラジャアンパットの海。これはラジャアンパット県政府がフランスのTVと共同制作した空撮映像で、観光プロモーションを目的に、インドネシア文化宮(GBI)にその再使用権が認められたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

2012/04/23 00:00
地球最後の楽園ラジャアンパット4 Raja Ampat Last Paradise on Earth
西パプア州のラジャ・アンパット県(Kab.Raja Ampat)。かつて太平洋戦争の時代、何千人もの日本軍兵士が駐留したエリアだ。ワイゲオ島、そしてサラワチ島などで多くの兵が若い命を落とした。かつての戦場は今、世界的に知られるダイビングスポットとなった。世界一の生物多様性を誇るラジャアンパットの海。これはラジャアンパット県政府がフランスのTVと共同制作した空撮映像で、観光プロモーションを目的に、インドネシア文化宮(GBI)にその再使用権が認められたものである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 13 / コメント 0

2012/04/21 00:00
地球最後の楽園ラジャアンパット3 Raja Ampat Last Paradise on Earth
西パプア州のラジャ・アンパット県(Kab.Raja Ampat)。かつて太平洋戦争の時代、何千人もの日本軍兵士が駐留したエリアだ。ワイゲオ島、そしてサラワチ島などで多くの兵が若い命を落とした。かつての戦場は今、世界的に知られるダイビングスポットとなった。世界一の生物多様性を誇るラジャアンパットの海。これはラジャアンパット県政府がフランスのTVと共同制作した空撮映像で、観光プロモーションを目的に、インドネシア文化宮(GBI)にその再使用権が認められたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

2012/04/16 00:00
パプアの日本語教育頑張る Belajar Bahasa Jepang di Tanah Papua
昨年(2011)7〜9月に再々来日し、埼玉県浦和市で日本語教育研修に参加した、パプア州の州都ジャヤプラ(Jayapura)で日本語教師を務めるダンチェ・ナウィパ(Dance Nawipa, S.Pd)さん。来日中、ダンチェさんはインドネシア文化宮(GBI)で行なわれた二度の「インドネシア理解講座」の講師役に。 日本語技能コンテストに出場した女子高生 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 9 / コメント 0

2012/04/15 00:00
地球最後の楽園ラジャアンパット2 Raja Ampat Last Paradise on Earth
西パプア州のラジャ・アンパット県(Kab.Raja Ampat)。かつて太平洋戦争の時代、何千人もの日本軍兵士が駐留したエリアだ。ワイゲオ島、そしてサラワチ島などで多くの兵が若い命を落とした。かつての戦場は今、世界的に知られるダイビングスポットとなった。世界一の生物多様性を誇るラジャアンパットの海。これはラジャアンパット県政府がフランスのTVと共同制作した空撮映像で、観光プロモーションを目的に、インドネシア文化宮(GBI)にその再使用権が認められたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0

2012/04/14 00:00
地球最後の楽園ラジャアンパット1 Raja Ampat Last Paradise on Earth
西パプア州のラジャ・アンパット県(Kab.Raja Ampat)。かつて太平洋戦争の時代、何千人もの日本軍兵士が駐留したエリアだ。ワイゲオ島、そしてサラワチ島などで多くの兵が若い命を落とした。かつての戦場は今、世界的に知られるダイビングスポットとなった。世界一の生物多様性を誇るラジャアンパットの海。これはラジャアンパット県政府がフランスのTVと共同制作した空撮映像で、観光プロモーションを目的に、インドネシア文化宮(GBI)にその再使用権が認められたものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 0

2012/04/12 00:00
地球最後の楽園ラジャアンパットの海Raja Ampat Last Paradise on Earth
2012年4月6〜8日、東京・池袋で開催されたマリンダイビングフェア(Marine Diving Fair 2012)。インドネシア各地から参加したデレゲーションの中に、西パプア州(Provinsi Papua Barat)のラジャ・アンパット県(Kabupaten Raja Ampat)が派遣したチームがいた。9年前に誕生した同県は“地球最後の楽園(The Last Paradise on Erath”を謳い、マリンスポーツとマリンリゾートの新天地として積極的なPR活動を続けている。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 17 / コメント 0

2012/04/11 00:00
日本軍パプアの軌跡(動画:総集編) Jejak Militer Jepang di Papua
2011年10月22日、ジャカルタ時間の午後19:05(日本時間21:05)、メトロTVはドキュメンタリープログラムの『Metro Files』で「Jejak Militer Jepang di Papua(日本軍パプアの軌跡)」を放送した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/03 00:00
日本軍パプアの軌跡(動画No.5) Jejak Militer Jepang di Papua
2011年10月22日、ジャカルタ時間の午後19:05(日本時間21:05)、メトロTVはドキュメンタリープログラムの『Metro Files』で「Jejak Militer Jepang di Papua(日本軍パプアの軌跡)」を放送した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/01/02 00:00
日本軍パプアの軌跡(動画No.4) Jejak Militer Jepang di Papua
2011年10月22日、ジャカルタ時間の午後19:05(日本時間21:05)、メトロTVはドキュメンタリープログラムの『Metro Files』で「Jejak Militer Jepang di Papua(日本軍パプアの軌跡)」を放送した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/12/31 00:00
日本軍パプアの軌跡(動画No.3) Jejak Militer Jepang di Papua
2011年10月22日、ジャカルタ時間の午後19:05(日本時間21:05)、メトロTVはドキュメンタリープログラムの『Metro Files』で「Jejak Militer Jepang di Papua(日本軍パプアの軌跡)」を放送した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/12/30 00:00
日本軍パプアの軌跡(動画No.2) Jejak Militer Jepang di Papua
2011年10月22日、ジャカルタ時間の午後19:05(日本時間21:05)、メトロTVはドキュメンタリープログラムの『Metro Files』で「Jejak Militer Jepang di Papua(日本軍パプアの軌跡)」を放送した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2011/12/29 00:00
日本軍パプアの軌跡(動画No.1) Jejak Militer Jepang di Papua
2011年10月22日、ジャカルタ時間の午後19:05(日本時間21:05)、メトロTVはドキュメンタリープログラムの『Metro Files』で「Jejak Militer Jepang di Papua(日本軍パプアの軌跡)」を放送した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2011/12/28 00:00
再録『GBIニュース』1999.6.2 インタビューシリーズ【イリアンジャヤ】(5)
大川誠一の『GBIニュース』  1999年6月2 Berita GBI(2 Juni 1999) J.B.ウエナス氏 インタビューシリーズ【イリアンジャヤ】(5) 『ジャヤウイジャヤ元県知事J.B.ウエナス氏が語る21世紀のイリアンジャヤ中央高地 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 115 / コメント 0

2011/12/05 00:00
再録『GBIニュース』1999.5.30 インタビューシリーズ【イリアンジャヤ】(4)
大川誠一の『GBIニュース』  1999年6月1 Berita GBI(1 Juni 1999) アグスティヌス・アキガット・コサイ氏 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 107 / コメント 0

2011/12/03 00:00
再録『GBIニュース』1999.5.31#2 インタビューシリーズ【イリアンジャヤ】(3)
大川誠一の『GBIニュース』  1999年5月31#2 Berita GBI(#2 31 Mei 1999) ユーフェン・ビアカイ(Yufensius Alfonsius Biakai)氏 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 120 / コメント 0

2011/12/02 00:00
パプアで今何が起きているのか? “独立”50周年とされる2011年12月1日
今日(2011年12月1日)、パプア州&西パプア州(西部ニューギニア)は平穏な時を過ごせるのだろうか。それとも血なまぐさい新たな歴史が刻まれるのだろうか。流血事件が発生しないことを、赤道遥か北の日本から祈りたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 18 / コメント 0

2011/12/01 00:00
再録『GBIニュース』1999.5.31 インタビューシリーズ【イリアンジャヤ(2)】
大川誠一の『GBIニュース』  1999年5月31 Berita GBI(31 Mei 1999) イリアンジャヤ中央高地ジャヤウイジャヤ県の“部族長”であるコゴヤ氏(左)とフビィ氏 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 113 / コメント 0

2011/11/30 00:00
再録『GBIニュース』1999.5.30 インタビューシリーズ【イリアンジャヤ(1)】
大川誠一の『GBIニュース』  1999年5月30 Berita GBI(30 Mei 1999) イリアンジャヤ中央高地ジャヤウイジャヤ県の“部族長”であるコゴヤ氏(左)とフビィ氏 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 127 / コメント 0

2011/11/29 00:00
再録『GBIニュース』1999.3.5 【ビジネス】イリアンジャヤから熱帯魚バラムンディを輸出希望
大川誠一の『GBIニュース』  1999年3月5 Berita GBI(5 Mar. 1999) 【ビジネス】熱帯魚バラムンディ(Barramundi)の輸入に興味のある方いませんか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 151 / コメント 0

2011/11/13 00:00
再録『GBIニュース』1999.2.24 イリアンジャヤへ帰った研修生ベルナドゥス・ティパガウさん
研修生として町田市で2年間働き、故郷イリアンジャヤ(現パプア州)へ帰ったベルナドゥス・ティパガウさん(25歳) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 124 / コメント 0

2011/11/09 00:00
『日本軍パプアの軌跡・Jejak Militer Jepang di Papua』が放送される
昨夜(2011年10月22日)ジャカルタ時間の午後19:05(日本時間21:05)、メトロTVはドキュメンタリープログラムの『Metro Files』で「Jejak Militer Jepang di Papua(日本軍パプアの軌跡)」を放送した。オンエア中、そして番組終了後、多くの反響が同局並びにインドネシア文化宮にFB(Face Book)を通じて届けられた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 86 / コメント 0

2011/10/23 00:00
今夜放送! 『日本軍パプアの軌跡・Jejak Militer Jepang di Papua』
今夜(2011年10月22日)ジャカルタ時間の午後19:05(日本時間21:05)、メトロTVはドキュメンタリープログラムの『Metro Files』で「Jejak Militer Jepang di Papua(日本軍パプアの軌跡)」を放送する。同番組は、メトロTVのWebsiteにあるLive Streamingを通じて視聴可能だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 84 / コメント 0

2011/10/22 00:00
福井県鯖江市の川上政記さんを再訪 Kawakami & Perang Asia Timur Raya
今年は太平洋戦争開戦70周年。つまり、当時20歳だった成年男子は現在90歳。そして今年は終戦66周年。終戦時に20歳だった者も今や86歳。厚労省によれば、2010年の日本人男性の平均寿命は79.64歳で、女性は26年連続の長寿世界一で86.39歳。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 87 / コメント 0

2011/09/13 00:00
パプア州の日本語教育を応援してください Dance mohon bantuan thdp Papua
インドネシア最東端のパプア州から来日し、国際交流基金の日本語国際センター(浦和)で研修を続けていた日本語教師のダンチェ・ナウィパさんは、間もなく研修を終え、帰国の途に就く。「帰国したら今回の体験を教師仲間に伝え、そして生徒たちに最新日本事情として講義したい」とダンチェさん。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 11 / コメント 0

2011/08/31 00:00
再録『GBIニュース』1998.9.29 東経141度 岩手・衣川村の太平洋戦史館
1998年8月〜2003年1月まで、宮崎市に拠点を置く泣nラパンメディアテックのホームページを間借りして掲載された『GBI(インドネシア文化宮)ニュース』。サーバー事情により消えてしまった一連の記事をここに復刻する。10数年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判明した事実と相違する内容があるかもしれない。しかし、記録の重要性に鑑み、敢えて原文のまま再録することにした。  岩手県奥州市衣川にある太平洋戦史館。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 125 / コメント 0

2011/08/26 00:00
東京新聞・中日新聞が報じる西部ニューギニアに放置された旧日本軍将兵の遺骨
8月22日、「東京新聞」そして「中日新聞」が『ニューギニア 旧日本兵の遺骨確認』と題して、メトロTV東京支局長&インドネシア文化宮(GBI)代表が取材した西部ニューギニアに放置されたままの旧日本軍将兵遺骨に関する記事を社会面で報じた。副題は『収集困難な西部・調査必要』。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 89 / コメント 0

2011/08/23 00:00
インドネシア最東端パプア州の日本語教育を応援してくださいBahasa Jepang di Papua
70年前の事。西部ニューギニア戦線では、多くの東北健児が犠牲となった。殊に、青森県の弘前で編成された大日本帝国陸軍の第36師団(略称雪兵団)は、第2軍の指揮下に入り、西部ニューギニアのビアク島(主に第222聯隊)やサルミ(第223&224聯隊)に展開した。ビアク島の部隊は“玉砕”。サルミでも上陸日本人将兵(約12,700名)の終戦時における生存率はわずか29%であった。しかし、彼の地に瞑る遺骨は、ほとんど顧みられることなく今日でも密林奥深く横たわっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 13 / コメント 0

2011/08/19 00:00
インドネシア最東端パプア州の日本語教育を応援してくださいBahasa Jepang di Papua
100年に一度と言われる経済不振に見舞われ、そして1,000年に一度とも表現される巨大自然災害に襲われた日本。次に現れるのは万年に一度の何なのか?「がんばろう!日本」シールが、甲子園の球児の帽子に貼られる中、終戦66年の戦没者追悼式では、東日本大震災と戦災とを重ね合わせ、菅首相が『我が国は国民一人一人の努力で戦後の廃墟から立ち上がり、幾多の困難を乗り越えてきました。私たちは被災地を、日本を、必ず再生させます』と語った。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 15 / コメント 0

2011/08/15 00:00
戦後66年・西部ニューギニアに瞑る数万の将兵 Prajurit Jepang di Papua
今春、あの忌まわしい東日本大震災が東北・関東を襲う直前、筆者は西部ニューギニア(現インドネシア領パプア州&西パプア州)を訪れていた。6万近くの日本軍将兵が斃れ、数知れぬインドネシア人、そして地元パプア人が、太平洋戦争の戦禍に巻き込まれ亡くなった激戦地だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 89 / コメント 0

2011/08/14 00:00
パプア人日本語教師が語るパプア州の日本語教育(6) Bahasa Jepang di Papua
2011年8月6日(土)、インドネシア文化宮(GBI)の第104期「インドネシア理解講座」が実施された。講師は、インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)の州都ジャヤプラ(Jayapura)で日本語教師を務めるダンチェ・ナウィパ(Dance Nawipa)さん。テーマは『パプア州における日本語教育の現状と課題』。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 17 / コメント 0

2011/08/13 00:00
パプア人日本語教師が語るパプア州の日本語教育(5) Bahasa Jepang di Papua
2011年8月6日(土)、インドネシア文化宮(GBI)の第104期「インドネシア理解講座」が実施された。講師は、インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)の州都ジャヤプラ(Jayapura)で日本語教師を務めるダンチェ・ナウィパ(Dance Nawipa)さん。テーマは『パプア州における日本語教育の現状と課題』。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 19 / コメント 0

2011/08/12 00:00
パプア人日本語教師が語るパプア州の日本語教育(4) Bahasa Jepang di Papua
2011年8月6日(土)、インドネシア文化宮(GBI)の第104期「インドネシア理解講座」が実施された。講師は、インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)の州都ジャヤプラ(Jayapura)で日本語教師を務めるダンチェ・ナウィパ(Dance Nawipa)さん。テーマは『パプア州における日本語教育の現状と課題』。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 18 / コメント 0

2011/08/11 00:00
パプア人日本語教師が語るパプア州の日本語教育(3) Bahasa Jepang di Papua
2011年8月6日(土)、インドネシア文化宮(GBI)の第104期「インドネシア理解講座」が実施された。講師は、インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)の州都ジャヤプラ(Jayapura)で日本語教師を務めるダンチェ・ナウィパ(Dance Nawipa)さん。テーマは『パプア州における日本語教育の現状と課題』。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 22 / コメント 0

2011/08/10 00:00
パプア人日本語教師が語るパプア州の日本語教育(2) Bahasa Jepang di Papua
2011年8月6日(土)、インドネシア文化宮(GBI)の第104期「インドネシア理解講座」が実施された。講師は、インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)の州都ジャヤプラ(Jayapura)で日本語教師を務めるダンチェ・ナウィパ(Dance Nawipa)さん。テーマは『パプア州における日本語教育の現状と課題』。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 26 / コメント 0

2011/08/09 00:00
パプア人日本語教師が語るパプア州の日本語教育(1) Bahasa Jepang di Papua
2011年8月6日(土)、インドネシア文化宮(GBI)の第104期「インドネシア理解講座」が実施された。講師は、インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)の州都ジャヤプラ(Jayapura)で日本語教師を務めるダンチェ・ナウィパ(Dance Nawipa)さん。テーマは『パプア州における日本語教育の現状と課題』。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 22 / コメント 0

2011/08/08 00:00
パプア州日本語教師ダンチェさんのお願い Dance san mohon bantuan Jepang
2011年8月6日(土)、インドネシア文化宮(GBI)の第104期「インドネシア理解講座」が実施された。講師は、インドネシア最東端のパプア州(Provinsi Papua)の州都ジャヤプラ(Jayapura)で日本語教師を務めるダンチェ・ナウィパ(Dance Nawipa)さん。テーマは『パプア州における日本語教育の現状と課題』。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 27 / コメント 0

2011/08/07 00:00
講演会「西部ニューギニアの日本語教育の現状」第104期インドネシア理解講座のお知らせ
インドネシア文化宮(GBI)の第104期「インドネシア理解講座」は、前回パプア語を教えていただいた、パプア州で日本語教師を務めるダンチェ・ナウィパさんに再び登板願い、『パプア州の日本語教育の現状と可能性&問題点』をテーマにお話しいただきます。日本の真南およそ5,000km。赤道直下の西部ニューギニアで、どのような日本語教育が行われ、またその“日本語熱”はいかなるものか、どのような問題を抱えているのか---などに関して語っていただきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/04 00:00
講演会「西部ニューギニアの日本語教育の現状」第104期インドネシア理解講座のお知らせ
インドネシア文化宮(GBI)の第104期「インドネシア理解講座」は、前回パプア語を教えていただいた、パプア州で日本語教師を務めるダンチェ・ナウィパさんに再び登板願い、『パプア州の日本語教育の現状と可能性&問題点』をテーマにお話しいただきます。日本の真南およそ5,000km。赤道直下の西部ニューギニアで、どのような日本語教育が行われ、またその“日本語熱”はいかなるものか、どのような問題を抱えているのか---などに関して語っていただきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 25 / コメント 0

2011/08/02 00:00
第104期インドネシア理解講座のお知らせ 『西部ニューギニアの日本語教育』
インドネシア文化宮(GBI)の第104期「インドネシア理解講座」は、前回パプア語を教えていただいた、パプア州で日本語教師を務めるダンチェ・ナウィパさんに再び登板願い、『パプア州の日本語教育の現状と可能性&問題点』をテーマにお話しいただきます。日本の真南およそ5,000km。赤道直下の西部ニューギニアで、どのような日本語教育が行われ、またその“日本語熱”はいかなるものか、どのような問題を抱えているのか---などに関して語っていただきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 30 / コメント 0

2011/07/30 00:00
西部ニューギニア・パニアイ語の基礎単語111語 Bahasa Mee, Paniai, Papua
2011年7月23日(土)、インドネシア文化宮(GBI)の「インドネシア理解講座」第103期が実施された。今回は、西部ニューギニア・パプア州の西端中央高地に位置するパニアイ(Paniai)県で用いられている主要言語であるメー(Mee)語を、来日中の日本語教師であるダンチェ・ナウィパ(Dance Nawipa, S.Pd)さんから学んだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 24 / コメント 0

2011/07/26 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(37) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月6日、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 115 / コメント 2

2011/07/25 00:00
GBI第103期インドネシア理解講座パプア州のパニアイ語 Kursus Bahasa Paniai
2011年7月23日(土)、インドネシア文化宮(GBI)の「インドネシア理解講座」第103期が実施されました。今回は、西部ニューギニア・パプア州の西端中央高地に位置するパニアイ(Paniai)県で用いられている主要言語であるメー(Mee)語を、来日中の日本語教師であるダンチェ・ナウィパ(Dance Nawipa, S.Pd)さんから学びました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 25 / コメント 0

2011/07/24 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(36) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 92 / コメント 0

2011/07/23 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(35) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 86 / コメント 0

2011/07/22 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(34) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 99 / コメント 0

2011/07/21 00:00
第103期インドネシア理解講座『パプア語を学ぶ』は7月23日 Bahasa Paniai
インドネシア文化宮(GBI)では、これまでインドネシア語、アチェ語、マカッサル語、ブギス語、ランプン語、トラジャ語、そしてダヤク語(ンガジュ語・シアン語&マアニャン語)、ロテ語、客家語などの集中講座を実施してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 36 / コメント 0

2011/07/20 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(33) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 95 / コメント 0

2011/07/19 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(32) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 96 / コメント 0

2011/07/18 00:00
インドネシア文化宮(GBI)第103期インドネシア理解講座 Bahasa Mee, PAPUA
インドネシア文化宮(GBI)では、これまでインドネシア語、アチェ語、マカッサル語、ブギス語、ランプン語、トラジャ語、そしてダヤク語(ンガジュ語・シアン語&マアニャン語)、ロテ語、客家語などの集中講座を実施してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 35 / コメント 0

2011/07/17 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(31) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 92 / コメント 0

2011/07/16 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(30) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 87 / コメント 0

2011/07/15 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(29) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 103 / コメント 0

2011/07/14 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(28) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 93 / コメント 0

2011/07/13 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(27) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 111 / コメント 0

2011/07/12 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(26) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 112 / コメント 0

2011/07/11 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(25) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 102 / コメント 0

2011/07/10 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(24) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 92 / コメント 0

2011/07/09 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(23) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 99 / コメント 0

2011/07/08 00:00
西部ニューギニア・ビントゥニ湾サルベ村で歌い継がれる哀悼歌(歌詞付き動画)
たくさんの戦友が亡くなった。飢餓で、そして殺されて。 死体は森に、そして断崖に散らばっている。 ああ、なんという苦難か。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 141 / コメント 0

2011/07/07 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(22) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 100 / コメント 0

2011/07/06 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(21) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 97 / コメント 0

2011/07/05 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(20) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 陸軍参謀本部第6課に配属された新穂は、昭和16(1941)年末時点では、同盟通信社記者の身分でバタビア(現インドネシアの首都ジャカルタ)に赴任していた。記者は隠れ蓑、実際は、スマトラ島の大油田地帯であったパレンバンとジャンビの石油事情調査が任務だった。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 110 / コメント 0

2011/07/04 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(19) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 陸軍参謀本部第6課に配属された新穂は、昭和16(1941)年末時点では、同盟通信社記者の身分でバタビア(現インドネシアの首都ジャカルタ)に赴任していた。記者は隠れ蓑、実際は、スマトラ島の大油田地帯であったパレンバンとジャンビの石油事情調査が任務だった。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 141 / コメント 0

2011/07/03 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(18) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 陸軍参謀本部第6課に配属された新穂は、昭和16(1941)年末時点では、同盟通信社記者の身分でバタビア(現インドネシアの首都ジャカルタ)に赴任していた。記者は隠れ蓑、実際は、スマトラ島の大油田地帯であったパレンバンとジャンビの石油事情調査が任務だった。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 111 / コメント 0

2011/07/02 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(17) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 陸軍参謀本部第6課に配属された新穂は、昭和16(1941)年末時点では、同盟通信社記者の身分でバタビア(現インドネシアの首都ジャカルタ)に赴任していた。記者は隠れ蓑、実際は、スマトラ島の大油田地帯であったパレンバンとジャンビの石油事情調査が任務だった。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 108 / コメント 0

2011/07/01 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(16) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 陸軍参謀本部第6課に配属された新穂は、昭和16(1941)年末時点では、同盟通信社記者の身分でバタビア(現インドネシアの首都ジャカルタ)に赴任していた。記者は隠れ蓑、実際は、スマトラ島の大油田地帯であったパレンバンとジャンビの石油事情調査が任務だった。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 123 / コメント 0

2011/06/30 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(15) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 陸軍参謀本部第6課に配属された新穂は、昭和16(1941)年末時点では、同盟通信社記者の身分でバタビア(現インドネシアの首都ジャカルタ)に赴任していた。記者は隠れ蓑、実際は、スマトラ島の大油田地帯であったパレンバンとジャンビの石油事情調査が任務だった。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 113 / コメント 0

2011/06/29 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(14) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 陸軍参謀本部第6課に配属された新穂は、昭和16(1941)年末時点では、同盟通信社記者の身分でバタビア(現インドネシアの首都ジャカルタ)に赴任していた。記者は隠れ蓑、実際は、スマトラ島の大油田地帯であったパレンバンとジャンビの石油事情調査が任務だった。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 127 / コメント 0

2011/06/28 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(13) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 陸軍参謀本部第6課に配属された新穂は、昭和16(1941)年末時点では、同盟通信社記者の身分でバタビア(現インドネシアの首都ジャカルタ)に赴任していた。記者は隠れ蓑、実際は、スマトラ島の大油田地帯であったパレンバンとジャンビの石油事情調査が任務だった。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 122 / コメント 0

2011/06/27 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(12) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 陸軍参謀本部第6課に配属された新穂は、昭和16(1941)年末時点では、同盟通信社記者の身分でバタビア(現インドネシアの首都ジャカルタ)に赴任していた。記者は隠れ蓑、実際は、スマトラ島の大油田地帯であったパレンバンとジャンビの石油事情調査が任務だった。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 127 / コメント 0

2011/06/26 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(11) Mayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 陸軍参謀本部第6課に配属された新穂は、昭和16(1941)年末時点では、同盟通信社記者の身分でバタビア(現インドネシアの首都ジャカルタ)に赴任していた。記者は隠れ蓑、実際は、スマトラ島の大油田地帯であったパレンバンとジャンビの石油事情調査が任務だった。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 136 / コメント 0

2011/06/25 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 アブラハム氏の証言(3) To Idore
戦時中、第2軍司令部がマノクワリから“転進”したベラウ地峡のイドレ村。現在ビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステンコール)に暮らすイドレ(Idore/Idoor)村出身のアブラハム・ウェカブリ(Abraham Wekabury)氏(54歳)は、ビントゥニ湾(ベラウ湾)一帯の七つの民族(部族)を糾合する民族評議会の代表を務め、ビントゥニ市中心部に伝統家屋を復元し、民族博物館設立の構想を持っている。アブラハム氏の父親故エリサ・ウェカブリ(Elisa Wekabury)さんは、大戦中、イドレ村に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/24 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 アブラハム氏の証言(2) Saksi Idore
戦時中、第2軍司令部がマノクワリから“転進”したベラウ地峡のイドレ村。現在ビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステンコール)に暮らすイドレ(Idore/Idoor)村出身のアブラハム・ウェカブリ(Abraham Wekabury)氏(54歳)は、ビントゥニ湾(ベラウ湾)一帯の七つの民族(部族)を糾合する民族評議会の代表を務め、ビントゥニ市中心部に伝統家屋を復元し、民族博物館設立の構想を持っている。アブラハム氏の父親故エリサ・ウェカブリ(Elisa Wekabury)さんは、大戦中、イドレ村に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/23 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 アブラハム氏の証言(1) Saksi Idore
戦時中、第2軍司令部がマノクワリから“転進”したベラウ地峡のイドレ村。現在ビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステンコール)に暮らすイドレ(Idore/Idoor)村出身のアブラハム・ウェカブリ(Abraham Wekabury)氏(54歳)は、ビントゥニ湾(ベラウ湾)一帯の七つの民族(部族)を糾合する民族評議会の代表を務め、ビントゥニ市中心部に伝統家屋を復元し、民族博物館設立の構想を持っている。アブラハム氏の父親故エリサ・ウェカブリ(Elisa Wekabury)さんは、大戦中、イドレ村に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/06/22 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(6) Saksi Manokwari
戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2011/06/18 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(5) Saksi Manokwari
戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2011/06/17 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(4) Saksi Manokwari
戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 0

2011/06/16 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(3) Saksi Manokwari
戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2011/06/15 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(2) Saksi Manokwari
戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 9 / コメント 0

2011/06/14 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(1) Saksi Manokwari
戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 0

2011/06/13 00:00
再録『GBIニュース』1998.8.28 Berita GBI 28Agu98 IrianJaya
1998年8月〜2003年1月まで、宮崎市に拠点を置く泣nラパンメディアテックのホームページを間借りして掲載された『GBI(インドネシア文化宮)ニュース』。サーバー事情により消えてしまった一連の記事をここに復刻する。10数年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判明した事実と相違する内容があるかもしれない。しかし、記録の重要性に鑑み、敢えて原文のまま再録することにした。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 279 / コメント 0

2011/06/09 00:00
西部ニューギニア・ビントゥニからバボへ(2) Dari Bintuni ke Babo
西部ニューギニアの西パプア州ビントゥニ湾県。ビントゥニ湾の南岸にバボ(Babo)がある。戦時中、日本海軍はこの地に滑走路を開き、後日、陸海両軍の航空基地となった。マノクワリからイドレ村までの“白骨街道転進作戦”。バボは、第2軍司令部が移ったイドレ村近辺唯一の飛行場だった。いまでも多くの不発弾が見つかり、またたくさんの未帰還兵が瞑る地でもある。 バボ島で子供たちが捕まえた錦ヘビを海に捨てに行く場面に出合った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 9 / コメント 0

2011/06/06 00:00
西部ニューギニア・ビントゥニからバボへ Dari Bintuni ke Babo
西部ニューギニアの西パプア州ビントゥニ湾県。ビントゥニ湾の南岸にバボ(Babo)がある。戦時中、日本海軍はこの地に滑走路を開き、後日、陸海両軍の航空基地となった。マノクワリからイドレ村までの“白骨街道転進作戦”。バボは、第2軍司令部が移ったイドレ村近辺唯一の飛行場だった。いまでも多くの不発弾が見つかり、またたくさんの未帰還兵が瞑る地でもある。 ビントゥニ市から湾を縦断し2時間、旧日本軍航空基地があったバボ島に着いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 13 / コメント 0

2011/06/05 00:00
西部ニューギニア・旧日本軍バボ飛行場 Bandara Babo, Papua Barat
西部ニューギニアの西パプア州ビントゥニ湾県。ビントゥニ湾の南岸にバボ(Babo)がある。戦時中、日本海軍はこの地に滑走路を開き、後日、陸海両軍の航空基地となった。マノクワリからイドレ村までの“白骨街道転進作戦”。バボは、第2軍司令部が移ったイドレ村近辺唯一の飛行場だった。いまでも多くの不発弾が見つかり、またたくさんの未帰還兵が瞑る地でもある。 旧日本軍が航空基地を置いたバボ飛行場 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 41 / コメント 0

2011/06/04 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 エリー氏の証言(5) To Idore
「数ある日本軍の“転進作戦”の中でも、最も悲惨で、生還者をして“犬死転進”とさえ言われた西部ニューギニアの「イドレ転進作戦」。第2軍司令部が置かれたマノクワリ(Manokwari)から直線距離でおよそ200kmのイドレ(Idore)村までの、ベラウ(Berau)地峡を縦断する密林と湿地帯との闘い。飢餓、そして熱帯病で次々と斃れた日本軍将兵およそ1万数千名。その過程で行われた“相喰む”食人行為。現在、西パプア州のビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステンコール)に暮らすヤカチ(Yakati)村... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 19 / コメント 0

2011/06/01 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 エリー氏の証言(4) To Idore
「数ある日本軍の“転進作戦”の中でも、最も悲惨で、生還者をして“犬死転進”とさえ言われた西部ニューギニアの「イドレ転進作戦」。第2軍司令部が置かれたマノクワリ(Manokwari)から直線距離でおよそ200kmのイドレ(Idore)村までの、ベラウ(Berau)地峡を縦断する密林と湿地帯との闘い。飢餓、そして熱帯病で次々と斃れた日本軍将兵およそ1万数千名。その過程で行われた“相喰む”食人行為。現在、西パプア州のビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステンコール)に暮らすヤカチ(Yakati)村... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 16 / コメント 0

2011/05/31 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 エリー氏の証言(3) To Idore
「数ある日本軍の“転進作戦”の中でも、最も悲惨で、生還者をして“犬死転進”とさえ言われた西部ニューギニアの「イドレ転進作戦」。第2軍司令部が置かれたマノクワリ(Manokwari)から直線距離でおよそ200kmのイドレ(Idore)村までの、ベラウ(Berau)地峡を縦断する密林と湿地帯との闘い。飢餓、そして熱帯病で次々と斃れた日本軍将兵およそ1万数千名。その過程で行われた“相喰む”食人行為。現在、西パプア州のビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステンコール)に暮らすヤカチ(Yakati)村... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 26 / コメント 0

2011/05/30 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 エリー氏の証言(2) To Idore
「数ある日本軍の“転進作戦”の中でも、最も悲惨で、生還者をして“犬死転進”とさえ言われた西部ニューギニアの「イドレ転進作戦」。第2軍司令部が置かれたマノクワリ(Manokwari)から直線距離でおよそ200kmのイドレ(Idore)村までの、ベラウ(Berau)地峡を縦断する密林と湿地帯との闘い。飢餓、そして熱帯病で次々と斃れた日本軍将兵およそ1万数千名。その過程で行われた“相喰む”食人行為。現在、西パプア州のビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステンコール)に暮らすヤカチ(Yakati)村... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 23 / コメント 0

2011/05/29 00:00
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 エリー氏の証言(1) To Idore
「数ある日本軍の“転進作戦”の中でも、最も悲惨で、生還者をして“犬死転進”とさえ言われた西部ニューギニアの「イドレ転進作戦」。第2軍司令部が置かれたマノクワリ(Manokwari)から直線距離でおよそ200kmのイドレ(Idore)村までの、ベラウ(Berau)地峡を縦断する密林と湿地帯との闘い。飢餓、そして熱帯病で次々と斃れた日本軍将兵およそ1万数千名。その過程で行われた“相喰む”食人行為。現在、西パプア州のビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステンコール)に暮らすヤカチ(Yakati)村... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 16 / コメント 0

2011/05/28 00:00
再録『GBIニュース』1998.8.21(No.2) BeritaGBI(21.8.98) Irja
1998年8月〜2003年1月まで、宮崎市に拠点を置く泣nラパンメディアテックのホームページを間借りして掲載された『GBI(インドネシア文化宮)ニュース』。サーバー事情により消えてしまった一連の記事をここに復刻する。10数年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判明した事実と相違する内容があるかもしれない。しかし、記録の重要性に鑑み、敢えて原文のまま再録することにした。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 126 / コメント 0

2011/05/25 00:00
再録『GBIニュース』1998.819 BeritaGBI(19.8.1998) IrianJaya
GBIのホームページは、もともと宮崎市に拠点を置く泣nラパンメディアテックの宇野みれさんが立ち上げてくれた。その宇野さんが、サーバーに残っていたGBIホームページのデータを復元し、送ってきてくれた。今後、機会を窺いながら、特に『GBIニュース』をこのブログ上で再録していこうと考えている。13年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判明した事実と相違する内容があるかもしれない。しかし、記録の重要性に鑑み、敢えて原文のまま再録することにした。  ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 244 / コメント 0

2011/05/21 00:00
西部ニューギニア・ビントゥニからマノクワリへ(空撮) Bintuni ke Manokwari
「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 23 / コメント 0

2011/05/19 00:00
西部ニューギニア・マノクワリからビントゥニへ(空撮) Manokwari ke Bintuni
「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 25 / コメント 0

2011/05/17 00:00
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 モミ村まで(7)
「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 シエップ村付近の山中にある洞窟に眠る旧日本軍将兵の遺骨。ここでは計8柱を確認した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 20 / コメント 0

2011/05/13 00:00
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 モミ村まで(6)
「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 20 / コメント 0

2011/05/10 00:00
パプア州の民族に学ぶ自然との共生 Belajar dari Suku Bangsa Papua
今年の流行語大賞候補になるかもしれない「想定外」。東日本大震災が起きて以来、何度このフレーズを聞いたことでしょう。地震学者、津波学者、官房長官、東電、気象庁等々、いずれもが、今回の巨大津波の襲来に対して「想定外」の言葉で、まさに批判・非難をかわしている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/13 00:00
インドネシア文化宮(GBI)再オープン GBI dibuka kembali
去る2月中旬から閉館していましたが、2011年4月6日(水)より、再オープンしました。西部ニューギニア(殊に西パプア州)における旧日本兵の第一次遺骨情報調査を無事終え帰国するや、東日本大震災。インドネシア文化宮(GBI)活動は中断を余儀なくされ、メトロTV東京支局の取材業務に専心していました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 1

2011/04/06 00:00
日本からパプアにやってきた津波。Tsunami dari Jepang ke Jayapura
2011年3月11日(金)、東日本大地震の発生。あのアチェの巨大津波の爪痕を彷彿させる地獄図絵。2004年12月26日(日)、一瞬にして、アチェだけでも十数万もの人命が奪われた。今盛んにテレビ出演している地震や津波の専門家たち。彼らも、あのアチェの惨状に接した。そして、あの時と同じように言う。「想定外の規模でした」と。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 12 / コメント 0

2011/03/14 00:00
パプア州の『パプア平和芸術展』2Pameran Seni Rupa Perdamaian Papua
インドネシア最東端のパプア州(Propinsi Papua)。赤道直下のニューギニア島西部。日本の真南に位置し、時差はない。インドネシア共和国への併合以降、長年、分離独立運動が燻り続けている地域でもある。最新の国勢調査によれば、その人口比に歴史的転換が訪れている。ついに非パプア系民族の人口が、先住民族であるパプア系人口を上回る時代を迎えた。パプア民族のマイノリティ化が始まっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/03 00:00
パプア州の『パプア平和芸術展』Pameran Seni Rupa Perdamaian, Papua
インドネシア最東端のパプア州(Propinsi Papua)。赤道直下のニューギニア島西部。日本の真南に位置し、時差はない。インドネシア共和国への併合以降、長年、分離独立運動が燻り続けている地域でもある。最新の国勢調査によれば、その人口比に歴史的転換が訪れている。ついに非パプア系民族の人口が、先住民族であるパプア系人口を上回る時代を迎えた。パプア民族のマイノリティ化が始まっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/03/02 00:00
第一回『太平洋文化芸術祭』 1st Pacific Cultural Arts Festival
まだまだ寒い日が続いていますが、これは来る真夏の話です。東京で『第一回太平洋文化芸術祭(1st Pacific Cultural Arts Festival)』が開催されます。筆者も所属している「太平洋学会」の会員で、ポリネシアン・カルチャースクールを主宰するクウレイナニ橋本さんが事務局長を務め、実現に向けて東奔西走を続けているプロジェクトです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/01 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第12号(2)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 45 / コメント 0

2011/02/28 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第12号(1)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 38 / コメント 0

2011/02/27 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第11号(2)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 36 / コメント 0

2011/02/26 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第11号(1)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 48 / コメント 0

2011/02/25 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第10号(2)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 40 / コメント 0

2011/02/24 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第10号(1)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 42 / コメント 0

2011/02/23 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第9号(2)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 48 / コメント 0

2011/02/22 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第9号(1)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 41 / コメント 0

2011/02/21 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第8号(2)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 45 / コメント 0

2011/02/20 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第8号(1)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 58 / コメント 0

2011/02/19 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第7号(2)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 50 / コメント 0

2011/02/17 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第7号(1)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 62 / コメント 0

2011/02/16 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第6号(2)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 45 / コメント 0

2011/02/15 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第6号(1)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 48 / コメント 0

2011/02/14 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第5号(2)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 57 / コメント 0

2011/02/13 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第5号(1)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 58 / コメント 0

2011/02/12 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第4号(2)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 61 / コメント 0

2011/02/11 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第4号(1)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 52 / コメント 0

2011/02/10 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第3号(2)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 62 / コメント 0

2011/02/09 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第3号(1)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 62 / コメント 0

2011/02/06 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第2号(2)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 56 / コメント 0

2011/02/05 00:00
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第2号(1)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 71 / コメント 0

2011/02/04 00:00
西部ニューギニア戦線・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』創刊号(2)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 68 / コメント 0

2011/02/03 00:00
西部ニューギニア戦線・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』創刊号(1)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 111 / コメント 0

2011/02/02 00:00
新穂智少佐が残した『西部ニューギニア横断記』(10)を動画で見るMayor Satoru Niiho
新穂智(にいほさとる)。大正5(1916)年5月、鹿児島県日置郡上伊集院村直木で8人弟妹の長男として生まれる。昭和13(1938)年7月、少尉任官。昭和14(1939)年8月、第一期生として、秘密戦士養成学校たる陸軍中野学校を卒業。 陸軍参謀本部第6課に配属された新穂は、昭和16(1941)年末時点では、同盟通信社記者の身分でバタビア(現インドネシアの首都ジャカルタ)に赴任していた。記者は隠れ蓑、実際は、スマトラ島の大油田地帯であったパレンバンとジャンビの石油事情調査が任務だった。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 200 / コメント 0

2011/01/30 00:00

トップへ | みんなの「パプア州」ブログ

インドネシア文化宮(GBI-Tokyo) パプア州のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる