アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「峰岸政夫」のブログ記事

みんなの「峰岸政夫」ブログ

タイトル 日 時
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(51) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(51) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(50) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(50) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/27 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(49) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(49) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/26 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(48) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(48) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/25 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(47) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(47) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(46) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(46) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/23 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(45) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(45) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/22 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(44) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(44) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/21 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(43) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(43) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(42) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(42) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/19 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(41) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(41) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(40) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(40) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(39) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(39) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/16 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(38) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(38) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(37) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(37) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(36) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(36) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/13 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(35) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(35) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/12 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(34) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(34) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/11 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(33) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(33) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(32) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(32) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/09 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(31) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(31) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/08 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(30) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(30) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/07 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(29) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(29) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(28) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(28) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(27) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(27) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/04 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(26) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(26) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/03 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(25) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(25) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/02 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(24) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(24) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/01 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(23) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(23) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/30 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(22) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(22) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/29 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(21) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(21) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(20) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(20) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/27 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(19) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(19) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(18) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(18) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(17) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(17) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/24 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(16) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(16) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(15) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(15) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(14) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(14) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/21 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(13) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(13) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/20 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(12) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(12) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/19 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(11) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(11) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(10) Masao Minegishi's New Gu
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(10) Masao Minegishi's New Gu 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(9) Masao Minegishi's New Gui
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(9) Masao Minegishi's New Gui 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/16 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(8) Masao Minegishi's New Gui
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(8) Masao Minegishi's New Gui 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(7) Masao Minegishi's New Gui
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(7) Masao Minegishi's New Gui 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/14 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(6) Masao Minegishi's New Gui
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(6) Masao Minegishi's New Gui 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/13 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(5) Masao Minegishi's New Gui
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(5) Masao Minegishi's New Gui 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/12 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(4) Masao Minegishi's New Gui
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(4) Masao Minegishi's New Gui 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/11 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(3) Masao Minegishi's New Gui
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(3) Masao Minegishi's New Gui 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(2) Masao Minegishi's New Gui
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(2) Masao Minegishi's New Gui 昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 00:00
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(1) Masao Minegishi's New Gui
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 00:00

トップへ | みんなの「峰岸政夫」ブログ

インドネシア文化宮(GBI-Tokyo) 峰岸政夫のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる