インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS 小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(16)

<<   作成日時 : 2017/04/07 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 128 / コメント 0

画像

昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(16)
https://youtu.be/bD8KYPmlt5A

画像


第2軍参謀長の藤塚止戈夫(ふじつかしかお)中将発案とされる、このイドレ転進は、結果的に"飢餓地獄"への無意味・無慈悲な敗退行軍となった。一週間で到達できるとされた距離。しかし、実際には2〜5ヶ月を要した。木の根を齧り、泥水を飲んだ将兵。戦わずして、1万数千もの将兵が草生す屍と化した。


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(15)
https://youtu.be/sniO2kotHgc

連合軍が"緑の地獄"と称した、深いジャングルと熱帯病が"敵"の行軍。次々と斃れる将兵。一方、藤塚中将は、持病の痔の手術を理由に、同地からセレベス経由ジャワ島へ、当時の状況下では"破格の"航空機を使っての脱出。残された将兵は、藤塚中将を恨みに恨んだと言われている。


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(14)
https://youtu.be/RGBTlnHwKMM

マノクワリからイドレへの転進は、先ず先行部隊として、海路で幾つかの部隊が移動。次いで、第2軍司令部の中枢が、航空機(マノクワリ→ムミ)、大発(大型舟艇・ムミ→ウェンデシ)、徒歩(ウェンデシ→イドレ)で退却の道を歩んだ。そして残りの部隊は、陸路をベラウ地峡へと向かった。

あれから73年。イドレ周辺、そしてヤカチ川周辺に瞑る、約1万数千の旧日本軍将兵。あの当時から"放置"されたままの遺骸。昭和46(1976)年、厚生省は、このイドレ地区へ遺骨収集を試みた。しかしながら、過酷な自然状況に阻まれ、その目的を果たせなかった。

画像


独立工兵第22連隊(注:本来は第14師団隷下だったが、本隊と合流できないまま、第14師団海上輸送隊として、マノクワリに司令部を置く第2軍[司令官は豊嶋房太郎中将]の戦闘序列に入った)第1中隊(芝崎中尉)の計45名がマノクワリを発ったのは昭和19年7月20日のことだった。イドレ転進部隊の梯団としては、最も遅いグループだった。内42名は行軍途上で斃れイドレまで到達できたのはわずか3名だった。

その一人、現在山梨県甲斐市に暮らす小田切重徳さん(取材時、89歳・2010年11月21日満90歳)がイドレに着いたのは昭和19年12月26日のことだった。マノクワリを出発後、なんと5ヶ月間もの"地獄の転進作戦"だった。1万2千名の内、イドレに到達できた将兵の数は、およそ1千名とされる。

画像


2002年8月15日、小田切さんは『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』を出版した。幾度も地獄を覗き、その度に、戦友や偶然が重なり、生を繋ぎとめた小田切さん。太平洋戦争中、最悪の転進悲劇とも言える「イドレ転進作戦」。しかし、同書は絶版、古書市場でも極めて入手が困難だ。この貴重な記録を、広く多くの方に読んでいただくため、動画形式での再録を試みた。小田切氏の証言動画(以下のURL参照)と同様に、この書籍の内容が永久に読まれていくことを希望してやまない。


画像

小田切重徳さん(昭和17(1942)年の暮頃、満州チャムスの兵舎前。22歳頃。

画像

小田切重徳さん(昭和16年7月)。


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(13)
https://youtu.be/vQwvxWHN1ds


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(12)
https://youtu.be/8ovsRI_hQEo


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(11)
https://youtu.be/kU6uJU-0MPw


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(10)
https://youtu.be/UiMrq7Zo3BQ


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(9)
https://youtu.be/VF3v8ma3CkA


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(8)
https://youtu.be/e8DteaqWKoM


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(7)
https://youtu.be/CeRY5H5EP1M


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(6)
https://youtu.be/NKnKUZb2WQw


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(5)
https://youtu.be/62vH7OoLNbg


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(4)
https://youtu.be/wL9Cxc8psUs


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(3)
https://youtu.be/biZgnovBXAw


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(2)
https://youtu.be/-nr6lHExjbM


小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(1)
https://youtu.be/f_8k5oSNEh4

参考動画


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(18)〜(1)
https://youtu.be/rQvWicKLjcQ
https://youtu.be/8_nJqT3QLrw
https://youtu.be/1y_qP_kixoQ
https://youtu.be/2uguhBNU1x8
https://youtu.be/RJZjtBzptho
https://youtu.be/cn9bcnlS5OU
https://youtu.be/dW7HUi8Ndhs
https://youtu.be/5E6uiP4xPNM
https://youtu.be/VFkrTMGt2Cs
https://youtu.be/yzhA5aZIfTY
https://youtu.be/aigDUcQscW8
https://youtu.be/444E-jL9HL4
https://youtu.be/_ldbONvQb4w
https://youtu.be/F52Vnz6Ap0E
https://youtu.be/7yab2ZiwPHo
https://youtu.be/GU-Ua5oGeZo
https://youtu.be/rWf5O2yiNeU
https://youtu.be/GevHKqcWzTM


西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(1)〜(25)
https://youtu.be/NzJU7ANN_9g
https://youtu.be/d2blHyTRmyE
https://youtu.be/KAyrMkZRFNU
https://youtu.be/EapaVBhmzaM
https://youtu.be/kLW32VjG6T4
https://youtu.be/Ze7W4Iq3ny8
https://youtu.be/gSiri6ERU28
https://youtu.be/2mEBU-mDzzg
https://youtu.be/djgSHVICphk
https://youtu.be/72hQRGMJkPE
https://youtu.be/SkNpbKTNfz4
https://youtu.be/vIXJdIVddYQ
https://youtu.be/8SvrzGGlQa0
https://youtu.be/BRIJ05oefYY
https://youtu.be/nAZkJnrxgwA
https://youtu.be/to5w3lk6Jns
https://youtu.be/Dd3h20pTa7g
https://youtu.be/pVPRRWYfnQg
https://youtu.be/8dmvtGHAZOo
https://youtu.be/E_8lLU6bQdM
https://youtu.be/aCGK_0rKgUg
https://youtu.be/jbP5K59_2r0
https://youtu.be/7KAcyA8anA8
https://youtu.be/jRgImrYLys8
https://youtu.be/_o1Jx9OOlzo


西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(1)〜(16)
https://youtu.be/GpqBK6-Z_jM
https://youtu.be/Ceo6Xc_NmmM
https://youtu.be/TSpEw_jyXW8
https://youtu.be/Sv8O68Mvnuc
https://youtu.be/ePbMrZE1J5s
https://youtu.be/ArLt0lPKY0I
https://youtu.be/WUYIeSYsNCk
https://youtu.be/NUWoGhIAm6A
https://youtu.be/t9UbWD3tjos
https://youtu.be/5s0cU6U7ALA
https://youtu.be/9I4D550_HSg
https://youtu.be/M8V7sZXMN04
https://youtu.be/pNU-toVWNic
https://youtu.be/zFj48AqOVmI
https://youtu.be/M9KTB5cfDCg
https://youtu.be/CLbzk8zE1Ks


西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(1)〜(6)
https://youtu.be/Asdg4O6FodA
https://youtu.be/Bv90x2B04cI
https://youtu.be/-D3Dgp63dHY
https://youtu.be/xPEYBHNy-Xk
https://youtu.be/jVHhjX-wl3g
https://youtu.be/KTI3us4dvpw


西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 エリー氏の証言(1)〜(4) Long March to Idore
https://youtu.be/Yz9VZCW6TU0
https://youtu.be/z6vUxROg2AA
https://youtu.be/Wv5a_tl6ido
https://youtu.be/8eXVwkLriUk


西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 アブラハム氏の証言(1)〜(3) Long March To Idore
https://youtu.be/BP-zy8axlCA
https://youtu.be/r3zaRtxIDEE
https://youtu.be/SLy1X0mDoRE


西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(6) Long March To Idore
https://youtu.be/hfZtme4CM_I
https://youtu.be/Wa0CJelFsC4
https://youtu.be/NFzUt307Wm8
https://youtu.be/li9G8uPwXT4
https://youtu.be/zv22PjrpGO0
https://youtu.be/WYQUQrMmFoA


西部ニューギニア・ビントゥニからバボへ(2)〜(1) Dari Bintuni ke Babo, Teluk Bintuni, Papua Barat
https://youtu.be/_XftSogulas
https://youtu.be/lAXH8cg1w2M


西部ニューギニア・旧日本軍バボ飛行場 Bandara Babo, Teluk Bintuni, Papua Barat
https://youtu.be/ICrE0cVENWI


西部ニューギニア・マノクワリからビントゥニへ(空撮) Manokwari ke Bintuni
https://youtu.be/l6OBnVEOf0Q


西部ニューギニア・ビントゥニからマノクワリへ(空撮) Bintuni ke Manokwari
https://youtu.be/WcrXrfmHbeM


西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 モミ村まで(7)〜(1)
https://youtu.be/ajJNMPnWEqU
https://youtu.be/xsPasMtenh4
https://youtu.be/zmt4IUzhw2g
https://youtu.be/J6mMTueRGIM
https://youtu.be/3SAN2QytvWs
https://youtu.be/hXX_Mx2_Y1o
https://youtu.be/NyY5nslbijA


西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 イドレ河(4)〜(1)
https://youtu.be/z78KM7ofcsg
https://youtu.be/0I-lkFs4W6s
https://youtu.be/0MsqC-ih5nA
https://youtu.be/sp2jXfED5YE


西部ニューギニア・ビントゥニ湾サルベ村で歌い継がれる哀悼歌
https://youtu.be/eLnFRbUR42c
https://youtu.be/KkJigB5E9i4


西部ニューギニア・ビントゥニ湾サルベ村に瞑る旧日本軍将兵
https://youtu.be/07YWkwpTo2E


西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第12号(2)
https://youtu.be/ZP-uExzzQ8U
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第12号(1)
https://youtu.be/ACMBRYIzsC0
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第11号(2)
https://youtu.be/V50gXY0e8LU
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第11号(1)
https://youtu.be/nIj4OvTuwNA
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第10号(2)
https://youtu.be/OLMqg34u9bc
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第10号(1)
https://youtu.be/EzvQZdndKA8
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第9号(2)
https://youtu.be/uHE-Wc5Rvt0
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第9号(1)
https://youtu.be/Povvcb7AuFo
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第8号(2)
https://youtu.be/5o0UQHiVtj8
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第8号(1)
https://youtu.be/q_c96s4MqAU
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第7号(2)
https://youtu.be/MUmBCeL61XQ
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第7号(1)
https://youtu.be/eZQQI1p2FNM
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第6号(2)
https://youtu.be/ZDMBSTBNbx0
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第6号(1)
https://youtu.be/45uhAxzf0KQ
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第5号(2)
https://youtu.be/Dv0GsC7US7I
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第5号(1)
https://youtu.be/RX_-wDrxvB8
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第4号(2)
https://youtu.be/VPjOrPwCbUc
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第4号(1)
https://youtu.be/hMr-hrqxd0Y
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第3号(2)
https://youtu.be/jBPB7e6gJJc
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第3号(1)
https://youtu.be/Ouw8LUna6B0
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第2号(2)
https://youtu.be/ZmQnnedI3mM
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第2号(1)
https://youtu.be/dhCtKbFL4Po
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』創刊号(2)
https://youtu.be/aqvhclns6fc
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』創刊号(1)
https://youtu.be/3yIQXnvObOU

【参考ブログ】

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(18)〜(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_20.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_19.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_17.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_14.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_13.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_12.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_11.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_10.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_9.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_8.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_7.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_6.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_5.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_4.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_3.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_2.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_1.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201008/article_30.html

【イドレ転進作戦関連ブログ】

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(15) Bandara Dai Nippon(15)〜(13) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_17.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_16.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_15.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(12) Bandara Dai Nippon(12)〜(7) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_14.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_12.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_11.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_10.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_9.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(6) Bandara Dai Nippon(6)〜(5) サガ&バボ(Saga & Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_7.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(4) Bandara Dai Nippon(4)〜(1) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_5.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_4.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_3.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(128件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
佐々成典著『戦わざる戦記』(1) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/13 11:21
佐々成典著『戦わざる戦記』(2) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/14 17:25
− タイトルなし −
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/15 16:25
佐々成典著『戦わざる戦記』(4) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/15 18:41
佐々成典著『戦わざる戦記』(5) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/16 10:59
佐々成典著『戦わざる戦記』(6) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/18 10:47
佐々成典著『戦わざる戦記』(7) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/18 11:03
佐々成典著『戦わざる戦記』(8) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/18 11:21
佐々成典著『戦わざる戦記』(9) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/18 11:30
佐々成典著『戦わざる戦記』(10) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/18 11:45
佐々成典著『戦わざる戦記』(11) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/18 11:53
佐々成典著『戦わざる戦記』(12) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/22 09:39
佐々成典著『戦わざる戦記』(13) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/25 13:29
佐々成典著『戦わざる戦記』(14) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/26 15:30
佐々成典著『戦わざる戦記』(15) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/27 19:44
佐々成典著『戦わざる戦記』(16) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/02/28 16:25
佐々成典著『戦わざる戦記』(17) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/01 11:07
佐々成典著『戦わざる戦記』(18) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/02 10:58
佐々成典著『戦わざる戦記』(19) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/03 10:41
佐々成典著『戦わざる戦記』(20) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/04 10:02
佐々成典著『戦わざる戦記』(21) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/04 17:21
佐々成典著『戦わざる戦記』(22) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/05 17:33
佐々成典著『戦わざる戦記』(23) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/06 09:30
佐々成典著『戦わざる戦記』(24) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/07 10:09
佐々成典著『戦わざる戦記』(25) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/09 16:37
佐々成典著『戦わざる戦記』(26) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/12 09:46
佐々成典著『戦わざる戦記』(27) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/12 09:55
佐々成典著『戦わざる戦記』(28) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/12 10:02
佐々成典著『戦わざる戦記』(29) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/13 12:30
佐々成典著『戦わざる戦記』(30) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/14 14:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(31) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/15 12:19
佐々成典著『戦わざる戦記』(32) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/16 11:18
佐々成典著『戦わざる戦記』(33) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/17 11:57
佐々成典著『戦わざる戦記』(34) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/18 18:03
佐々成典著『戦わざる戦記』(35) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/20 09:11
佐々成典著『戦わざる戦記』(36) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/20 16:31
佐々成典著『戦わざる戦記』(37) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/21 11:21
佐々成典著『戦わざる戦記』(38) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/22 11:16
佐々成典著『戦わざる戦記』(39) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/22 18:10
佐々成典著『戦わざる戦記』(40) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/24 16:10
佐々成典著『戦わざる戦記』(41) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/25 19:47
佐々成典著『戦わざる戦記』(42) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/26 11:18
佐々成典著『戦わざる戦記』(43) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/27 17:28
佐々成典著『戦わざる戦記』(44) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/28 11:58
佐々成典著『戦わざる戦記』(45) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/29 11:55
佐々成典著『戦わざる戦記』(46) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/30 11:38
佐々成典著『戦わざる戦記』(47) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/03/31 18:43
佐々成典著『戦わざる戦記』(48) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/01 09:29
佐々成典著『戦わざる戦記』(49) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/02 11:24
佐々成典著『戦わざる戦記』(50) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/03 11:49
佐々成典著『戦わざる戦記』(51) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/04 10:23
佐々成典著『戦わざる戦記』(52) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/06 11:26
佐々成典著『戦わざる戦記』(53) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/07 18:11
佐々成典著『戦わざる戦記』(54) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/08 13:13
佐々成典著『戦わざる戦記』(55) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/09 15:40
佐々成典著『戦わざる戦記』(56) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/10 11:47
佐々成典著『戦わざる戦記』(57) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/11 19:04
佐々成典著『戦わざる戦記』(58) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/12 15:36
佐々成典著『戦わざる戦記』(59) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/13 10:04
佐々成典著『戦わざる戦記』(60) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/14 17:22
佐々成典著『戦わざる戦記』(61) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/15 20:53
佐々成典著『戦わざる戦記』(62) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/17 16:03
佐々成典著『戦わざる戦記』(63) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/18 17:16
佐々成典著『戦わざる戦記』(64) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/19 17:34
佐々成典著『戦わざる戦記』(65) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/20 12:21
佐々成典著『戦わざる戦記』(66) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/21 11:11
佐々成典著『戦わざる戦記』(67) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/22 17:34
佐々成典著『戦わざる戦記』(68) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/23 11:31
佐々成典著『戦わざる戦記』(69) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/24 11:38
佐々成典著『戦わざる戦記』(70) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/25 14:58
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(1)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/26 19:56
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(2)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/27 15:19
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(3)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/28 16:49
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(4)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/29 11:35
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(5)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/04/30 17:53
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(6)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/01 18:01
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(7)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/02 16:48
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(8)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/03 16:44
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(9)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/04 17:11
− タイトルなし −
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/05 18:32
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(11)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/06 17:05
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(12)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/07 16:27
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(13)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/08 17:43
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(14)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/09 18:24
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(15)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/10 16:21
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(16)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/11 15:35
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(17)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/12 18:21
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(18)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/13 14:23
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(19)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/14 09:18
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(20)
{%爆弾webry%}十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/15 17:21
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(1) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/16 15:47
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(2) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/17 12:09
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(3) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/18 12:39
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(4) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/19 12:08
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(5) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/20 10:20
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(6) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/20 17:59
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(7) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/21 17:58
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(8) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/23 10:11
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(9) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/24 11:06
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(10) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/25 10:24
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(11) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/26 09:40
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(12) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/26 10:44
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(13) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/27 17:31
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(14) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/28 12:33
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(15) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/29 11:52
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(16) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/31 10:11
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(17) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/05/31 17:13
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(18) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/01 11:54
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(19) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/02 15:19
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(20) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/03 17:43
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(21) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/04 18:09
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(22) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/05 11:06
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(23) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/06 10:48
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(24) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/07 11:50
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(25) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/08 10:14
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(26) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/09 17:53
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(27) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/10 12:25
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(28) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/11 18:31
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(29) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/12 17:52
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(30) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/13 16:49
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(31) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/14 17:04
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(32) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/15 17:17
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(33) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/16 11:34
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(34) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/17 17:06
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(35) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/18 15:51
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(36) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/19 16:45
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(37) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/20 17:24
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(38) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
{%爆弾webry%}西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2018/06/21 11:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(16) インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる