インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS 西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(17)

<<   作成日時 : 2010/09/19 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 136 / コメント 0

画像


昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。

第2軍参謀長の藤塚止戈夫(ふじつかしかお)中将発案とされる、このイドレ転進は、結果的に"飢餓地獄"への無意味・無慈悲な敗退行軍となった。一週間で到達できるとされた距離。しかし、実際には2〜5ヶ月を要した。木の根を齧り、泥水を飲んだ将兵。戦わずして、1万数千もの将兵が草生す屍と化した。

連合軍が"緑の地獄"と称した、深いジャングルと熱帯病が"敵"の行軍。次々と斃れる将兵。一方、藤塚中将は、持病の痔の手術を理由に、同地からセレベス経由ジャワ島へ、当時の状況下では"破格の"航空機を使っての脱出。残された将兵は、藤塚中将を恨みに恨んだと言われている。

マノクワリからイドレへの転進は、先ず先行部隊として、海路で幾つかの部隊が移動。次いで、第2軍司令部の中枢が、航空機(マノクワリ→ムミ)、大発(大型舟艇・ムミ→ウェンデシ)、徒歩(ウェンデシ→イドレ)で退却の道を歩んだ。そして残りの部隊は、陸路をベラウ地峡へと向かった。

あれから66年。イドレ周辺、そしてヤカチ川周辺に瞑る、約1万数千の旧日本軍将兵。あの当時から"放置"されたままの遺骸。昭和46(1976)年、厚生省は、このイドレ地区へ遺骨収集を試みた。しかしながら、過酷な自然状況に阻まれ、その目的を果たせなかった。

独立工兵第22連隊(注:本来は第14師団隷下だったが、本隊と合流できないまま、第14師団海上輸送隊として、マノクワリに司令部を置く第2軍[司令官は豊嶋房太郎中将]の戦闘序列に入った)第1中隊(芝崎中尉)の計45名がマノクワリを経ったのは昭和19年7月20日のことだった。イドレ転進部隊の梯団としては、最も遅いグループだった。内42名は行軍途上で斃れ、イドレまで到達できたのはわずか3名だった。

その一人、現在山梨県甲斐市に暮らす小田切重徳さん(取材時、89歳・2010年11月21日満90歳)がイドレに着いたのは昭和19年12月26日のことだった。マノクワリを出発後、なんと5ヶ月間もの“地獄の転進作戦”だった。1万2千名の内、イドレに到達できた将兵の数は、およそ1千名とされる。

2002年8月15日、小田切さんは『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』を出版した。幾度も地獄を覗き、その度に、戦友や偶然が重なり、生を繋ぎとめた小田切さん。太平洋戦争中、最悪の転進悲劇とも言える「イドレ転進作戦」。生還者の小田切さんが語る“白骨街道”物語。



西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(17)
http://www.youtube.com/watch?v=8_nJqT3QLrw


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(16)
http://www.youtube.com/watch?v=1y_qP_kixoQ


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(15)
http://www.youtube.com/watch?v=2uguhBNU1x8


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(14)
http://www.youtube.com/watch?v=RJZjtBzptho


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(13)
http://www.youtube.com/watch?v=cn9bcnlS5OU


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(12)
http://www.youtube.com/watch?v=dW7HUi8Ndhs


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(11)
http://www.youtube.com/watch?v=5E6uiP4xPNM


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(10)
http://www.youtube.com/watch?v=VFkrTMGt2Cs


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(9)
http://www.youtube.com/watch?v=yzhA5aZIfTY


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(8)
http://www.youtube.com/watch?v=aigDUcQscW8


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(7)
http://www.youtube.com/watch?v=444E-jL9HL4


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(6)
http://www.youtube.com/watch?v=_ldbONvQb4w


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(5)
http://www.youtube.com/watch?v=F52Vnz6Ap0E


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(4)
http://www.youtube.com/watch?v=7yab2ZiwPHo


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(3)
http://www.youtube.com/watch?v=GU-Ua5oGeZo


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(2)
http://www.youtube.com/watch?v=rWf5O2yiNeU


西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(1)
http://www.youtube.com/watch?v=GevHKqcWzTM

画像


著書の『白骨街道 死の転進』(2002年8月15日、梶@文芸社刊)

画像


小田切重徳さん(昭和16年7月)。
両親と共に(昭和12年5月)。


画像


画像


小田切重徳氏の戦争従軍歴

画像


画像


画像



【参考動画】

西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(1)
http://www.youtube.com/watch?v=Asdg4O6FodA

西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(2)
http://www.youtube.com/watch?v=Bv90x2B04cI

西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(3)
http://www.youtube.com/watch?v=-D3Dgp63dHY

西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(4)
http://www.youtube.com/watch?v=xPEYBHNy-Xk

西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(5)
http://www.youtube.com/watch?v=jVHhjX-wl3g

西部ニューギニア・峰岸政夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(6)
http://www.youtube.com/watch?v=KTI3us4dvpw


陸軍海上機動第2旅団(巡旅団)西部ニューギニア戦 石井春義の証言(1)
http://www.youtube.com/watch?v=isBDVfGoFzk

陸軍海上機動第2旅団(巡旅団)西部ニューギニア戦 石井春義の証言(2)
http://www.youtube.com/watch?v=uOYsWX0h9bM

陸軍海上機動第2旅団(巡旅団)西部ニューギニア戦 石井春義の証言(3)
http://www.youtube.com/watch?v=JAv_cRvPCq8

陸軍海上機動第2旅団(巡旅団)西部ニューギニア戦 石井春義の証言(4)
http://www.youtube.com/watch?v=TwoB3GCsEfQ

陸軍海上機動第2旅団(巡旅団)西部ニューギニア戦 石井春義の証言(5)
http://www.youtube.com/watch?v=ewBGNgJIgsU

陸軍海上機動第2旅団(巡旅団)西部ニューギニア戦 石井春義の証言(6)
http://www.youtube.com/watch?v=uX9Q6T9Jq2k

陸軍海上機動第2旅団(巡旅団)西部ニューギニア戦 石井春義の証言(7)
http://www.youtube.com/watch?v=O0xhna6C_GM

陸軍海上機動第2旅団(巡旅団)西部ニューギニア戦 石井春義の証言(8)
http://www.youtube.com/watch?v=AJllwBbNzhY

陸軍海上機動第2旅団(巡旅団)西部ニューギニア戦 石井春義の証言(9)
http://www.youtube.com/watch?v=ZVIeeY3-efc

陸軍海上機動第2旅団(巡旅団)西部ニューギニア戦 石井春義の証言(10)
http://www.youtube.com/watch?v=5tSaJyOjbeI


海軍第202設営隊(1)小林光雄の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=rccog_tmb_M

海軍第202設営隊(2)小林光雄の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=EyhcuR9MPvw

海軍第202設営隊(3)小林光雄の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=awM4wIv2HIk

海軍第202設営隊(4)小林光雄の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=_o7fQp1uK-Y

海軍第202設営隊(5)小林光雄の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=YsR1oICbBe8

海軍第202設営隊(6)小林光雄の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=ZbX3s7wBG5M

海軍第202設営隊(7)小林光雄の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=DnVt6YDttfU

海軍第202設営隊(8)小林光雄の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=jSgYPKYH59w

海軍第202設営隊絵日記(1)小林光雄の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=A3mB2sy3iZE

海軍第202設営隊(12)小林光雄の証言・絵日記Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=2Xx51KJ7kRw


海軍第202設営隊 武内満多男の証言Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=-2w_kzm7v70

海軍第202設営隊(2)武内満多男の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=kgpm82LfgEI

海軍第202設営隊(3)武内満多男の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=aefWhuPv0PA

海軍第202設営隊(4)武内満多男の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=EtA_hmidzMs

海軍第202設営隊(5)武内満多男の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=uo24qnU1p4I

海軍第202設営隊(6)武内満多男の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=A3DnfK-AkNY

海軍第202設営隊(7)武内満多男の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=oWpUJqBHxbU

海軍第202設営隊(8)武内満多男の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=SH2IhMDiBjw

海軍第202設営隊(9)武内満多男の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=422klBRv5dY

海軍第202設営隊(10)武内満多男の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=XYLtSiziE6k

海軍第202設営隊(11)武内満多男の証言 Pasukan 202 AL Dai Nippon
http://www.youtube.com/watch?v=awDt1Effd1M


【参考ブログ】

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(16)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_17.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(15)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_14.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(14)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_13.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(13)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_12.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(12)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_11.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(11)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_10.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(10)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_9.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_8.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_7.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(7)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_6.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_5.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_4.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_3.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_2.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201009/article_1.html

西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201008/article_30.html

大東亜戦争関連ブログ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/43f9afaef5.html

パプア州関連ブログ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/42c3391253.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(136件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(18)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/09/20 21:39
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/09/21 11:32
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/09/21 19:39
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(3)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/09/22 19:34
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(4)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/09/23 18:31
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(5)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/09/24 17:40
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(6)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/09/25 17:40
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(7)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/09/26 21:20
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(8)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/09/27 20:01
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(9)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/09/28 23:20
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(10)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/09/29 22:53
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(11)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/09/30 19:36
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(12)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/01 18:47
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(13)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/03 11:59
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(14)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/03 21:49
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(15)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/04 19:37
西部ニューギニア戦線・遠藤定夫マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(16)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/05 23:10
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/07 23:09
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/09 22:39
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(3)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/10 22:11
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(4)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/11 19:59
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(5)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/12 19:34
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(6)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/13 23:00
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(7)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/14 23:04
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(8)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/15 19:06
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(9)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/17 11:51
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(10)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/17 18:18
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(11)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/18 19:50
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(12)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/20 23:24
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(13)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/23 21:29
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(14)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/26 23:50
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(15)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/10/31 16:35
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(16)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/11/01 19:39
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(17)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/11/04 21:54
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(18)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/11/05 19:53
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(19)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/11/08 08:41
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(20)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/11/10 10:32
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(21)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/11/11 12:12
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(22)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/11/13 12:48
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(23)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/11/14 16:27
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(24)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/11/15 09:19
西部ニューギニア戦線・川上政記マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(25)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/11/15 19:21
西部ニューギニア戦線・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』創刊号(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/03 00:16
西部ニューギニア戦線・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』創刊号(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/03 00:30
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第2号(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/03 23:48
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第2号(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/04 22:17
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第3号(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/05 21:34
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第3号(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/06 22:08
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第4号(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/07 09:18
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第4号(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/08 00:29
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第5号(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/08 09:59
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第5号(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/08 10:15
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第6号(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 00:56
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第6号(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 01:10
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第7号(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 13:22
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第7号(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 13:42
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第8号(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 14:14
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第8号(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 14:28
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第9号(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 14:41
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第9号(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 14:52
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第10号(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 15:06
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第10号(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 15:18
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第11号(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 20:50
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第11号(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 21:10
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第12号(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 22:31
西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』第12号(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホーランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミそしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/02/09 22:58
西部ニューギニア密林に消えた2万の将兵・マノクワリ転進作戦の今
{%爆弾webry%}67年前のこと。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、ソロン(Sorong)、イドレ(Idore)へ転進させることを決めた。“転進”とは当時の名目。実際は、十分な糧食も持たない敗走だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/04 23:23
西部ニューギニア・ビントゥニ湾サルベ村に瞑る旧日本軍将兵(動画)
{%爆弾webry%}67年前のこと。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、ソロン(Sorong)、イドレ(Idore)へ転進させることを決めた。“転進”とは当時の名目。実際は、十分な糧食も持たない敗走だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/08 22:36
西部ニューギニア・ビントゥニ湾サルベ村で歌い継がれる哀悼歌(動画)
{%音符A(キラキラ)hdeco%}たくさんの戦友が亡くなった。飢餓で、そして殺されて。 死体は森に、そして断崖に散らばっている。 ああ、なんという苦難か。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/10 01:43
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 イドレ河(1)
{%映画館(movie)hdeco%}「ヤカチ附近サゴ樹林中の生活は、日一日と生きている将兵の数を減じながら、死臭のなかに流れ去った。やがて一部の部隊をこのサゴ林およびヤカチ部落内に残置し、大部の部隊は最終目的地であるベラウ地峡エドレ(注:イドレ)地区に向い南下前進するよう軍命令が下達された。昭和十九年八月も末のころである」---『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、ヤカチ(Yakati)川からイドレ(Idore... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/10 23:35
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 イドレ河(2)
{%映画館(movie)hdeco%}「ヤカチ附近サゴ樹林中の生活は、日一日と生きている将兵の数を減じながら、死臭のなかに流れ去った。やがて一部の部隊をこのサゴ林およびヤカチ部落内に残置し、大部の部隊は最終目的地であるベラウ地峡エドレ(注:イドレ)地区に向い南下前進するよう軍命令が下達された。昭和十九年八月も末のころである」---『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、ヤカチ(Yakati)川からイドレ(Idore... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/04/20 01:23
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 イドレ河(3)
{%映画館(movie)hdeco%}「ヤカチ附近サゴ樹林中の生活は、日一日と生きている将兵の数を減じながら、死臭のなかに流れ去った。やがて一部の部隊をこのサゴ林およびヤカチ部落内に残置し、大部の部隊は最終目的地であるベラウ地峡エドレ(注:イドレ)地区に向い南下前進するよう軍命令が下達された。昭和十九年八月も末のころである」---『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、ヤカチ(Yakati)川からイドレ(Idore... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/04/20 22:40
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 イドレ河(4)
{%映画館(movie)hdeco%}「ヤカチ附近サゴ樹林中の生活は、日一日と生きている将兵の数を減じながら、死臭のなかに流れ去った。やがて一部の部隊をこのサゴ林およびヤカチ部落内に残置し、大部の部隊は最終目的地であるベラウ地峡エドレ(注:イドレ)地区に向い南下前進するよう軍命令が下達された。昭和十九年八月も末のころである」---『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、ヤカチ(Yakati)川からイドレ(Idore... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/04/22 11:22
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 イドレ河(4)
{%映画館(movie)hdeco%}「ヤカチ附近サゴ樹林中の生活は、日一日と生きている将兵の数を減じながら、死臭のなかに流れ去った。やがて一部の部隊をこのサゴ林およびヤカチ部落内に残置し、大部の部隊は最終目的地であるベラウ地峡エドレ(注:イドレ)地区に向い南下前進するよう軍命令が下達された。昭和十九年八月も末のころである」---『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、ヤカチ(Yakati)川からイドレ(Idore... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/04/22 11:22
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 モミ村まで(1) 動画
{%映画館(movie)hdeco%}「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/01 19:41
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 モミ村まで(2) 動画
{%映画館(movie)hdeco%}「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/02 18:17
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 モミ村まで(3) 動画
{%映画館(movie)hdeco%}「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/04 21:57
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 モミ村まで(4)
{%映画館(movie)hdeco%}「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/06 00:01
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 モミ村まで(5)
{%映画館(movie)hdeco%}「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/08 10:39
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 モミ村まで(6)
{%映画館(movie)hdeco%}「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/09 22:12
西部ニューギニア・マノクワリ→イドレ転進作戦 モミ村まで(7)
{%映画館(movie)hdeco%}「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 {%上昇webry%}シエップ村付近の山中にある洞窟に眠る旧日本軍将兵の遺骨。ここでは計8柱を確認した。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/13 10:52
西部ニューギニア・マノクワリからビントゥニへ(空撮) Manokwari ke Bintuni
{%映画館(movie)hdeco%}「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/16 23:22
西部ニューギニア・ビントゥニからマノクワリへ(空撮) Bintuni ke Manokwari
{%映画館(movie)hdeco%}「六月二十九日、まず先発隊約六百名が、軍命令の通り出発した。七月一日の未明から約三週間にわたって、マノクワリの海岸道を南へ南へと向う長蛇の列がつづいた」-- 『密林に相食む死の記録 ニューギニヤ』(元陸軍中佐 飛田忠廣著・昭和24年9月10日 東京民報出版社刊)は、マノクワリからイドレに至る転進作戦の始まりを“白骨行序幕”と記す。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/18 23:51
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 エリー氏の証言(1) To Idore
{%映画館(movie)hdeco%}「数ある日本軍の“転進作戦”の中でも、最も悲惨で、生還者をして“犬死転進”とさえ言われた西部ニューギニアの「イドレ転進作戦」。第2軍司令部が置かれたマノクワリ(Manokwari)から直線距離でおよそ200kmのイドレ(Idore)村までの、ベラウ(Berau)地峡を縦断する密林と湿地帯との闘い。飢餓、そして熱帯病で次々と斃れた日本軍将兵およそ1万数千名。その過程で行われた“相喰む”食人行為。現在、西パプア州のビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/28 22:08
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 エリー氏の証言(2) To Idore
{%映画館(movie)hdeco%}「数ある日本軍の“転進作戦”の中でも、最も悲惨で、生還者をして“犬死転進”とさえ言われた西部ニューギニアの「イドレ転進作戦」。第2軍司令部が置かれたマノクワリ(Manokwari)から直線距離でおよそ200kmのイドレ(Idore)村までの、ベラウ(Berau)地峡を縦断する密林と湿地帯との闘い。飢餓、そして熱帯病で次々と斃れた日本軍将兵およそ1万数千名。その過程で行われた“相喰む”食人行為。現在、西パプア州のビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステ... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/29 11:01
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 エリー氏の証言(3) To Idore
{%映画館(movie)hdeco%}「数ある日本軍の“転進作戦”の中でも、最も悲惨で、生還者をして“犬死転進”とさえ言われた西部ニューギニアの「イドレ転進作戦」。第2軍司令部が置かれたマノクワリ(Manokwari)から直線距離でおよそ200kmのイドレ(Idore)村までの、ベラウ(Berau)地峡を縦断する密林と湿地帯との闘い。飢餓、そして熱帯病で次々と斃れた日本軍将兵およそ1万数千名。その過程で行われた“相喰む”食人行為。現在、西パプア州のビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステ... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/29 23:32
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 エリー氏の証言(4) To Idore
{%映画館(movie)hdeco%}「数ある日本軍の“転進作戦”の中でも、最も悲惨で、生還者をして“犬死転進”とさえ言われた西部ニューギニアの「イドレ転進作戦」。第2軍司令部が置かれたマノクワリ(Manokwari)から直線距離でおよそ200kmのイドレ(Idore)村までの、ベラウ(Berau)地峡を縦断する密林と湿地帯との闘い。飢餓、そして熱帯病で次々と斃れた日本軍将兵およそ1万数千名。その過程で行われた“相喰む”食人行為。現在、西パプア州のビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステ... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/30 23:05
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 エリー氏の証言(5) To Idore
{%映画館(movie)hdeco%}「数ある日本軍の“転進作戦”の中でも、最も悲惨で、生還者をして“犬死転進”とさえ言われた西部ニューギニアの「イドレ転進作戦」。第2軍司令部が置かれたマノクワリ(Manokwari)から直線距離でおよそ200kmのイドレ(Idore)村までの、ベラウ(Berau)地峡を縦断する密林と湿地帯との闘い。飢餓、そして熱帯病で次々と斃れた日本軍将兵およそ1万数千名。その過程で行われた“相喰む”食人行為。現在、西パプア州のビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステ... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/31 19:33
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 エリー氏の証言(5) To Idore
{%映画館(movie)hdeco%}「数ある日本軍の“転進作戦”の中でも、最も悲惨で、生還者をして“犬死転進”とさえ言われた西部ニューギニアの「イドレ転進作戦」。第2軍司令部が置かれたマノクワリ(Manokwari)から直線距離でおよそ200kmのイドレ(Idore)村までの、ベラウ(Berau)地峡を縦断する密林と湿地帯との闘い。飢餓、そして熱帯病で次々と斃れた日本軍将兵およそ1万数千名。その過程で行われた“相喰む”食人行為。現在、西パプア州のビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステ... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/05/31 19:33
西部ニューギニア・旧日本軍バボ飛行場 Bandara Babo, Papua Barat
{%映画館(movie)hdeco%}西部ニューギニアの西パプア州ビントゥニ湾県。ビントゥニ湾の南岸にバボ(Babo)がある。戦時中、日本海軍はこの地に滑走路を開き、後日、陸海両軍の航空基地となった。マノクワリからイドレ村までの“白骨街道転進作戦”。バボは、第2軍司令部が移ったイドレ村近辺唯一の飛行場だった。いまでも多くの不発弾が見つかり、またたくさんの未帰還兵が瞑る地でもある。 {%上昇webry%}旧日本軍が航空基地を置いたバボ飛行場 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/03 21:36
西部ニューギニア・ビントゥニからバボへ Dari Bintuni ke Babo
{%映画館(movie)hdeco%}西部ニューギニアの西パプア州ビントゥニ湾県。ビントゥニ湾の南岸にバボ(Babo)がある。戦時中、日本海軍はこの地に滑走路を開き、後日、陸海両軍の航空基地となった。マノクワリからイドレ村までの“白骨街道転進作戦”。バボは、第2軍司令部が移ったイドレ村近辺唯一の飛行場だった。いまでも多くの不発弾が見つかり、またたくさんの未帰還兵が瞑る地でもある。 {%上昇webry%}ビントゥニ市から湾を縦断し2時間、旧日本軍航空基地があったバボ島に着いた。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/04 19:46
西部ニューギニア・ビントゥニからバボへ(2) Dari Bintuni ke Babo
{%映画館(movie)hdeco%}西部ニューギニアの西パプア州ビントゥニ湾県。ビントゥニ湾の南岸にバボ(Babo)がある。戦時中、日本海軍はこの地に滑走路を開き、後日、陸海両軍の航空基地となった。マノクワリからイドレ村までの“白骨街道転進作戦”。バボは、第2軍司令部が移ったイドレ村近辺唯一の飛行場だった。いまでも多くの不発弾が見つかり、またたくさんの未帰還兵が瞑る地でもある。 {%上昇webry%}バボ島で子供たちが捕まえた錦ヘビを海に捨てに行く場面に出合った。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/05 20:07
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(1) Saksi Manokwari
{%映画館(movie)hdeco%}戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 {%上昇webry%}バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/12 18:23
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(2) Saksi Manokwari
{%映画館(movie)hdeco%}戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 {%上昇webry%}バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/13 22:18
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(3) Saksi Manokwari
{%映画館(movie)hdeco%}戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 {%上昇webry%}バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/14 22:36
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(4)
{%映画館(movie)hdeco%}戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 {%上昇webry%}バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/15 20:18
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(4)
{%映画館(movie)hdeco%}戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 {%上昇webry%}バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/15 20:19
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(5) Saksi Manokwari
{%映画館(movie)hdeco%}戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 {%上昇webry%}バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/17 00:39
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 ワンマ氏の証言(6)
{%映画館(movie)hdeco%}戦時中、第2軍司令部が置かれた西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)。現在は西パプア州の州都。ここに暮らすバルナバス・ワンマ氏(87歳)はヌンホル島出身で、戦時下、日本軍の使役として農園・製材に携わっていた。氏の両親が所有していたとされる土地に、日本軍はレンダニ(Rendani)飛行場を建設した。 {%上昇webry%}バルナバス・ワンマ氏(87歳) ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/17 23:28
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 アブラハム氏の証言(1) To Idore
{%映画館(movie)hdeco%}戦時中、第2軍司令部がマノクワリから“転進”したベラウ地峡のイドレ村。現在ビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステンコール)に暮らすイドレ(Idore/Idoor)村出身のアブラハム・ウェカブリ(Abraham Wekabury)氏(54歳)は、ビントゥニ湾(ベラウ湾)一帯の七つの民族(部族)を糾合する民族評議会の代表を務め、ビントゥニ市中心部に伝統家屋を復元し、民族博物館設立の構想を持っている。アブラハム氏の父親故エリサ・ウェカブリ(Elisa W... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/21 22:33
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 アブラハム氏の証言(2) Saksi Idore
{%映画館(movie)hdeco%}戦時中、第2軍司令部がマノクワリから“転進”したベラウ地峡のイドレ村。現在ビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステンコール)に暮らすイドレ(Idore/Idoor)村出身のアブラハム・ウェカブリ(Abraham Wekabury)氏(54歳)は、ビントゥニ湾(ベラウ湾)一帯の七つの民族(部族)を糾合する民族評議会の代表を務め、ビントゥニ市中心部に伝統家屋を復元し、民族博物館設立の構想を持っている。アブラハム氏の父親故エリサ・ウェカブリ(Elisa W... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/22 22:59
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 アブラハム氏の証言(3) To Idore
{%映画館(movie)hdeco%}戦時中、第2軍司令部がマノクワリから“転進”したベラウ地峡のイドレ村。現在ビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステンコール)に暮らすイドレ(Idore/Idoor)村出身のアブラハム・ウェカブリ(Abraham Wekabury)氏(54歳)は、ビントゥニ湾(ベラウ湾)一帯の七つの民族(部族)を糾合する民族評議会の代表を務め、ビントゥニ市中心部に伝統家屋を復元し、民族博物館設立の構想を持っている。アブラハム氏の父親故エリサ・ウェカブリ(Elisa W... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/23 19:44
西部ニューギニア・日本軍イドレ転進作戦 アブラハム氏の証言(3) To Idore
{%映画館(movie)hdeco%}戦時中、第2軍司令部がマノクワリから“転進”したベラウ地峡のイドレ村。現在ビントゥニ湾県の県都ビントゥニ(旧ステンコール)に暮らすイドレ(Idore/Idoor)村出身のアブラハム・ウェカブリ(Abraham Wekabury)氏(54歳)は、ビントゥニ湾(ベラウ湾)一帯の七つの民族(部族)を糾合する民族評議会の代表を務め、ビントゥニ市中心部に伝統家屋を復元し、民族博物館設立の構想を持っている。アブラハム氏の父親故エリサ・ウェカブリ(Elisa W... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/06/23 19:44
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(1)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/03/22 21:45
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(2)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/03/23 18:16
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(3)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/03/24 18:58
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(4)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/03/25 14:33
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(4)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/03/25 14:33
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(5)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/03/26 11:24
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(6)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/03/27 19:48
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(7)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/03/28 14:22
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(8)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/03/29 19:58
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(9)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/03/30 19:32
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(10)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/03/31 16:54
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(11)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/01 22:04
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(12)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/02 21:50
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(14)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/04 18:42
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(15)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/05 19:03
小田切重徳著『白骨街道 死の転進 食べること 生きること 死ぬこと』(16)
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を完璧に失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/06 20:51
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(1) Masao Minegishi's New Gui
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/07 18:53
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(2) Masao Minegishi's New Gui
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/08 19:53
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(3) Masao Minegishi's New Gui
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/09 18:50
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(4) Masao Minegishi's New Gui
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/10 18:37
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(5) Masao Minegishi's New Gui
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/11 18:08
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(6) Masao Minegishi's New Gui
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/12 19:01
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(7) Masao Minegishi's New Gui
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/13 18:23
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(8) Masao Minegishi's New Gui
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/14 11:37
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(9) Masao Minegishi's New Gui
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/15 18:44
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(10) Masao Minegishi's New Gu
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/16 16:30
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(11) Masao Minegishi's New Gu
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/17 22:12
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(12) Masao Minegishi's New Gu
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/18 18:42
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(13) Masao Minegishi's New Gu
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/19 17:51
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(14) Masao Minegishi's New Gu
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/20 18:56
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(15) Masao Minegishi's New Gu
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/21 11:39
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(16) Masao Minegishi's New Gu
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/22 18:14
峰岸政夫著『ある通信兵のニューギニア戦記』(17) Masao Minegishi's New Gu
{%爆弾webry%}昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2017/04/23 17:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西部ニューギニア戦線・小田切重徳マノクワリ〜イドレ転進作戦証言(17) インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる