インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS アチェ伝統刺繍文化展のお知らせ(Pameran Budaya Sulaman Aceh)

<<   作成日時 : 2007/04/01 15:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 131 / コメント 0

画像


インドネシア文化宮(GBI)の2007年の文化展示会はスマトラ島でスタートしました。まず2月3日〜3月31日の二ヶ月間、『スマトラ島ランプン州伝統タピス(金刺繍)展』を実施。そして第二弾もスマトラ島の一州に焦点を当てます。対象は、正式名でナングル・アチェ・ダルサラーム(NAD)州、略してアチェ州です。
ランプン州とアチェ州は、共に面積世界第5位のスマトラ島に位置します。最大の相違点は、ランプン州が同島の最南端に、そしてアチェ州が最北端にあることです。GBIでは、この二州の文化的共通点として「刺繍」に着目しました。双方の州にはインドネシア国内でも、その豪華絢爛度において双璧と呼ぶに値する見事な刺繍文化が開花しています。タピスと呼称されるランプン州の金刺繍とウスス(腸)刺繍。一方、アチェ州では金糸ばかりではなく銀糸をも用いたタペストリや、その刺繍技術を応用した各種の製品を見ることができます。
30年以上にもわたる分離独立運動に揺れ、さらに2004年12月26日に襲った大地震と巨大津波によって17万名もの犠牲者を刻んだアチェ州。被災二周年を経て、復興の槌音が一段とスピードを上げてきています。
インドネシア文化宮では、下記に述べるように、2002年以降これまでアチェをテーマに数々の文化イベントを実施してきました。未曾有の地震・津波被害から立ち上がるアチェの人々を微力ながらも支援していくため、災害直後にJAN(ジャパン・アチェ・ネット)を立ち上げ、現在も主に文化面で支援を続けています。アチェの人々が紛争と天災の後遺症からテークオフを試み、自立の道を歩み始めた今こそ、その自立の側面支援として、これも微力ではありますが、アチェが誇る刺繍文化を紹介することによって、何らかの経済的活路を見出す一助にならないものか、との思いから今回の展示会を企画しました。
支援を受ける立場から解き放たれて、自らの努力で自立の糧を模索する伝統刺繍産業に従事する人々。GBIは、2007年1月、同州を南北に縦断する旅の過程で、伝統刺繍文化を守り続ける、手仕事に生きるアチェの人々と出会いました。展示総数およそ300点。州都バンダアチェから最南端の東南アチェ県に至る、北部海岸部と中央山岳部で生まれたアチェ刺繍文化の真髄に触れる展示会です。



【名称】 アチェ州伝統刺繍文化展
【期間】 2007年4月14日(土)〜6月16日(土) 11:00〜18:00 但し、日曜・祝日並びに最終日を除く第1&第3土曜日はお休みです。また、雨天などの悪天候の日も、予告無しに閉める場合があります。
【展示品】 タペストリ、刺繍バッグ、衣装、書籍、音楽CD&VCD、楽器など計300点
【特別展示】アチェ人アーティストのマフディ・アブドゥラ氏製作のアチェ州最大の家族コマ(独楽)計5点
【主催】 インドネシア文化宮、アチェ州政府
【後援】 じゃかるた新聞、「Serambi Indonesia」紙、メトロTV
【場所】 インドネシア文化宮(GBI) JR高田馬場駅より徒歩約6分
【入場】 無料
【備考】 2007年6月には、同州より文化使節団が来日する予定です。



画像


NAD州は、スマトラ島の北端に位置し、西にインド洋、東にマラッカ海峡を抱える。古くから東西交易の十字路としての役割を果たした。イスラム教は、ここアチェを経由してインドネシア、そして東南アジア地域に入った。


画像


NAD州地図。インドネシア文化宮(GBI)は、2007年1月、州都バンダアチェから東南アチェ県まで、北部海岸から中央山脈部を縦断し、各地で伝統刺繍製品の収集を行った。A → 州都のバンダアチェ(Banda Aceh)、B → ピディ(Pidie)県の県都シグリ(Sigli)、C → ビルン(Bireuen)県の県都ビルン(Bireuen)、D → 中アチェ(Aceh Tengah)県の県都タケンゴン(Takengon)、E → ガヨルス(Gayo Lues)県の県都ブランケジェレン(Blangkejeren)、F → 東南アチェ県(Aceh Tenggara)の県都クタチャネ(Kutacane)。


画像


中アチェ県の伝統モチーフ。流れる雲を表現している。


画像


アチェ州各地の刺繍バッグ。マレーシアやタイ、シンガポール、そして中東地域にも輸出されている。


画像


アチェ州各地の伝統モチーフ。



画像


東南アチェ県クタチャネの刺繍傘。結納や結婚式のプロセスが手刺繍で絵巻の如く描かれている。


画像



東南アチェ県の刺繍傘のモチーフ。


画像



西アチェ(Ache Barat)県の県都ムラボ(Meulaboh)製のタペストリ。孔雀がモチーフ。


画像




画像




画像


ガヨルス県製のテーブルセンター。


画像


ガヨルス県の伝統刺繍衣装。


画像


アチェ人画家マフディ・アブドズラ氏製作の“アチェ最大の家族コマ(独楽)”。父コマ、母コマ、そして3人の子どもコマから構成。


画像


父コマの直径は約38cm、高さは約28cm、重さはおよそ11kg。周囲にマフディ氏が描いたアチェ民族の生活史が。出会い、恋愛、結婚、出産などの通過儀礼が鮮やかな色彩で表現されている。まさにアチェ絵巻!


画像


素材はナンカの樹。素材探しから完成まで二ヶ月を要した。


画像



【展示会場の光景】


画像




画像




画像



【アチェ独楽参考ブログ】

インドネシアのコマ(独楽)文化(No.8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200703/article_9.html

マフディ・アブドゥラ氏ホームページ
http://www.mahdiart.com


【アチェ州縦断フォト】

画像


州都バンダアチェの津波上陸地点であるウレレ(Ulee Lheue)海岸。防波堤の建設が続く中、日曜日には憩いを求める市民で賑わう。


画像


津波で壊滅的な被害を受けた大アチェ県(Aceh Besar)のランプウ村は、トルコ政府の全面支援によって、およそ700戸の住宅が整備され、津波から生還した大きなモスクの修復も終わった。今では“トルコ村(Kampung Turki)”とも呼ばれている。


画像


ピディ県の県都シグリの街並み。


画像


ビルン県の県都ビルン市内。


画像


中アチェ県の県都タケンゴン市内。


画像


タケンゴン市の脇に巨大な湖がある。ラウト・タワール(Laut Tawar)湖。(撮影:Hari Teguh, Harian Serambi Indonesia)


画像


中アチェ県とガヨルス県の県境。“ルセール・アンタラ(Leuser Antara)州へようこそ”のゲートが。未だ実在しない州だが、アチェ州の二分割案が数年来議論されている。


画像


ガヨルス県の県都ブランケジェレン市内で刺繍工房を営むマリア・アスマさん。数人の縫い子さんと共に、ガヨルス県の伝統文化を守り続けている。


画像




画像


東南アチェ県の県都クタチャネは、高い山脈に囲まれた盆地に発達している。清いアラス川が近くを南に向かって流れている。北スマトラ州にも近く、アチェ文化に限らず、バタック民族やカロ民族の香りも漂う。


画像


クタチャネ郊外には豊富な湯量の温泉が湧き出している。市民は、無料で硫黄泉を楽しめる。


画像


アチェ伝統刺繍製品を首都ジャカルタで懸命に紹介・販売している、ピディ県出身のライディン氏。首都でも人気が高いアチェ製品は、彼の功績無しには語れない。今回の展示には、ライディン・コレクションも並びます。


画像








【GBI並びにJANのアチェ関連活動記録】

2002年1月19日〜6月29日 アチェ人画家マフディ個展
2004年12月26日 スマトラ島沖地震・津波発生
2005年1月15日〜7月25日  戒厳令下アチェ報道写真展(東京)
2005年1月〜11月 日本国内20ヶ所以上で『アチェ報道写真展』&『アチェ津波絵画展』
2005年1月15日 第53期インドネシア理解講座(アチェ復興のために私たちにできることは?
JAN=ジャパン・アチェ・ネット設立
2005年1月29日 第54期インドネシア理解講座(メトロTVアチェ地震・巨大津波被害報告DVD)
2005年2月12日〜4月15日 アチェ風刺漫画展
2005年2月12日 第55期インドネシア理解講座 『5時間で話せるアチェ語』
2005年3月5日 第56期インドネシア理解講座『アチェ現状報告』&『4時間で話せるアチェ語』
2005年4月〜5月 JAN共催の全アチェ州小中学生絵画コンクール&高校生作文コンクール
2005年4月16日〜6月17日 アチェ津波被災児童絵画展
2005年4月16日 第57期インドネシア理解講座『アチェ現状ビデオ報告』&アチェ・カレー試食会
2005年6月18日〜9月16日 アチェ“津波”絵画展(児童絵画&マフディ氏作品計27点)
2005年12月26日 絵本『Nyawoung(いのち)』出版(東京・アチェ)
2005年12月26日 『アチェ詩集全集』出版(アチェ・東京)
2006年12月26日 スマトラ島沖地震・津波一周年の集い
2006年1月7日〜21日 スマトラ沖大地震・津波から一年『絵画・写真展』神戸市・ひょうご国際プラザ
2006年2月9日 『世界を震撼させたアチェ津波』出版(アチェ・東京)
2006年12月26日〜12月29日 アチェ巨大津波二周年報道写真展



【参考ブログ】

映像で見るアチェの今昔
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200701/article_2.html

スマトラ島沖大地震・巨大津波二周年報道写真展のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_7.html

アチェ&早春賦(映画:二つの故国をつなぐ歌)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200702/article_2.html

2007年8月30日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された映画上映会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=13&beritaid=33867

2007年4月15日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=20&beritaid=27584

2006年12月26日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=2&topik=39&beritaid=23554

2006年3月1日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙による津波記録本出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=26&beritaid=15801

2005年12月26日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=2&topik=39&beritaid=14753

2005年10月20日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたアチェ詩集本「慟哭の歌」出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=3&topik=46&beritaid=13505

2005年8月23日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙との協力関係に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=46&beritaid=12183

2005年8月20日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙による津波記録本出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=3&topik=20&beritaid=12116



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(131件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
インドネシアのコマ(独楽)文化(No.8)
インドネシア文化宮(GBI)で2007年4月〜5月開催予定の『アチェ伝統刺繍展』のマスコットとなる巨大なコマ(独楽)が東京にやってきた。スマトラ島北端のアチェ州の州都バンダアチェに暮らす、同州を代表するアーティストであるマフディ・アブドゥラ氏が、GBIの要請を受けて、一ヶ月半の時を費やして完成させた。“家族コマ”で、父親、母親、そして3人の子どもの計5個から構成。平らな台座に載った、とても微笑ましい作品です。インドネシア語でコマはガシン(Gasing)、アチェ語ではガセン(Gase... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/04/01 16:31
映画『二つの故国をつなぐ歌』上映会のお知らせ
♪ 春は名のみの 風の寒さや   谷の鶯 歌は思えど   時にあらずと 声も立てず   時にあらずと 声も立てず ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/04/09 18:58
アチェ最有力紙がアチェ伝統刺繍文化展について報道
アチェ州で最も影響力がある「Serambi Indonesia」紙(上の画像は、2006年初頭に完成した同紙の新社屋。同社も2004年12月26日、巨大津波の直撃を受け、本社社屋が半壊、多数の従業員が帰らぬ人となった)は、2007年4月15日付け紙面の一面で、前日よりインドネシア文化宮(GBI)で始まった『アチェ伝統刺繍文化展』並びに、初日に実施されたドキュメンタリー映画『二つの故国をつなぐ歌』の上映会に関して以下のような詳細な報道を行った。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/04/17 20:15
映画『二つの故国をつなぐ歌』がジャカルタで上映予定
『アチェ伝統刺繍文化展』(2007.4.14〜6.16)のオープニングで上映した「二つの故国をつなぐ歌」が、ジャカルタで上映されることになった。主催は:国際交流基金ジャカルタ、じゃかるた新聞、そしてインドネシア文化宮(GBI)。期日は、2007年5月10日(木)の午後5時と8時の2回を予定。鑑賞希望者が多数の場合は、追加上映も考慮されている。入場は無料。整理券は国際交流基金とじゃかるた新聞で配布予定。詳細は近日中に『じゃかるた新聞』に記事が掲載される。 尚、上映会には、映画の主人... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/04/29 19:01
アチェのドキュメンタリー映画上映会のお知らせ
現在開催中の『アチェ伝統刺繍文化展』(2007.4.14〜6.16)のオープニングで特別上映した「二つの故国をつなぐ歌」の追加上映会を下記の日程で行うことになりました。今回は、同映画に加えて、新進気鋭のアチェ人ドキュメンタリー映画監督であるマウラナ・アクバール・カハール(Maulana Akbar Kahar・愛称モモンさん)氏の作品も同時上映します。日本初公開です。マウラナさんは、2004年12月26日にアチェを襲った巨大津波から奇跡的に生還。押し寄せる濁流を背後に必死に逃げ、高... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/05/20 23:48
アチェ刺繍展&アチェのドキュメンタリー映画上映会
4月14日に始まりました『アチェ伝統刺繍文化展』も、6月16日(土)に最終日を迎えます。アチェ全土から収集した素晴しいスラマン(刺繍)文化が展示されています。是非、ご覧になってください。 同展にちなんで、インドネシア文化宮(GBI)では、下記の日程で、アチェをテーマにしたドキュメンタリー映画を計4本上映します。特に、アチェ人監督のマウラナ氏の作品公開は、日本では初めての試みです。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/06/01 19:24
パプアの桜(No.1) Pohon Sakura Papua(No.1)
日本の花と言えば、まず“桜(サクラ)”。春の到来を象徴する花だ。日本人の心を比喩する場合にも頻繁に登場する。パッと咲いてパッと散る。華やかではあるが、短命に終わるサクラの命運は、かつて「同期の桜」の一節で、大和魂の代名詞として使われたこともある。「さまざまのことおもひ出す桜哉」----松尾芭蕉は、桜の開花に、人の世を重ねてそう表現した。 それが故か、かつて太平洋戦争の時代、いわゆる南方に送られた日本軍兵士たちは、当地で見た、日本の桜に似た花に、望郷の想いを込めて、“○○桜”と命名... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/06/04 01:25
パプアの桜(No.2) Pohon Sakura Papua(No.2)
日本の面積よりも大きい西部ニューギニア(現在はパプア州と西部パプア州の二つの州が存在しているが、中部イリアンジャヤ(もしくはパプア)州成立構想は頓挫状態)。人口250万を超えている。住民の多くはメラネシア系民族だが、外島からやってきた非メラネシア民族が過半数を超える勢いで増加している。戦前には、この地を宗主国であるオランダより日本が「租借」する計画さえあった(『蘭領東印度の開放及びニューギニア問題解決の急務』昭和12年4月、南洋興発株式会社刊)。しかし「租借」することもなく、日本軍... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/06/04 18:09
ドキュメンタリー映画『二つの故国をつなぐ歌』がアチェで上映(Film Jepang ke Aceh)
インドネシア文化宮(GBI)で行われた『アチェ伝統刺繍文化展』(2007.4.14〜6.16)のオープニングで特別上映した「二つの故国をつなぐ歌」がアチェで上映されることになりました。同ドキュメンタリー映画は、国際交流基金ジャカルタ日本文化センター、じゃかるた新聞、インドネシア文化宮の共催で、去る5月10日に、ジャカルタでも上映されました。今回はGBIが翻訳を担当し、インドネシア語バージョンでの初の上映会となります。さらに津波をテーマとしたアニメ映画「稲むらの火」も同時上映され... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/08/30 03:40
アチェで日本のドキュメンタリー&アニメ映画を上映(Pemutaran Film di Aceh)
潟ニモトが制作し、インドネシア文化宮がインドネシア語翻訳を担当したドキュメンタリー映画『二つの故国をつなぐ歌』と、葛ウ配が制作した防災アニメ『稲むらの火』の上映会が、2007年9月1日〜2日、アチェ州の州都バンダアチェで実施された。これは、インドネシア文化宮(GBI)が地元最有力紙「Serambi Indonesia」と共に、同州政府に呼びかけた結果、実現したものである。同州では毎年9月2日が“州教育の日(Hardikda=Hari Pendidikan Daerah)”にあたる... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/09/12 02:03
アチェに死す(1) Kuburan Warga Jepang di Aceh(1)
州都バンダアチェの中心部、かつてアチェ王国の宮殿があったとされる地区からさほど離れていない場所に、大きな墓苑がある。地元で「Kerkhof Peutjoet」と呼ばれている。Kerkhofはオランダ語で墓地を意味する。アチェ語に転訛した呼称では、Kerkoffとなる。一方 Peutjoet(もしくはPeucut)は、アチェ語で若い皇太子を意味する。1873年〜1942年のおよそ70年間に、アチェで亡くなったオランダ人を埋葬してある。その数、約2,200名。主にKNIL(オランダ王国... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/09/15 13:42
アチェに死す(2)Kuburan Warga Jepang di Aceh(2)
州都バンダアチェから高速艇でおよそ45分。ウェ(Weh)島の南岸にあるバロハン港に着く。この島の中心地はサバン(Sabang)。インドネシアの東西に展開する版図を表現する“サバン(Sabang)からメラウケ(Merauke)”のサバン市の所在地だ。インドネシアで唯一の“自由貿易港”でもある。ウェ島の北西には、(おそらく)インドネシア最北端に位置するロンド(Rondo)島が浮かぶ(北緯約6.5度)。ここには、海兵隊や水上警察部隊が駐屯して、国境警備にあたっている。ウェ島の最西端(バウ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/09/16 16:23
アチェに死す(3) Kuburan Warga Jepang di Aceh(3)
州都バンダアチェから高速艇でおよそ45分。ウェ(Weh)島の南岸にあるバロハン港に着く。この島の中心地はサバン(Sabang)。インドネシアの東西に展開する版図を表現する“サバン(Sabang)からメラウケ(Merauke)”のサバン市の所在地だ。インドネシアで唯一の“自由貿易港”でもある。ウェ島の北西には、(おそらく)インドネシア最北端に位置するロンド(Rondo)島が浮かぶ(北緯約6.5度)。ここには、海兵隊や水上警察部隊が駐屯して、国境警備にあたっている。ウェ島の最西端(バウ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/09/16 16:42
アチェ教育映画上映会のお知らせ(Pemutaran Film2 Aceh)
題名:AINUN(アイヌン) 製作年:2003 内容:女の子に教育は不要と考える父親。一方、母親は娘に教育を受けさせたいと思っているが、夫の猛反対には逆らえない。ある日、少女のアイヌンはいつものように母親が手作りしたお菓子の行商に出た。小学校を覗くと、女性教師が生徒に質問中。誰も答えられない中、アイヌンは教室外から見事、正解を答えた。教師はアイヌンが学校へ通えるように、母親を説得。しかし、石頭の父親は怒って、娘を連れ戻すために学校に乗り込んだ。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/10/24 18:17
バンダアチェの樹木の運命(1) Nasib pohon2 Banda Aceh(1)
アチェ州だけでも17万もの人命を奪ったインド洋超巨大津波。場所によっては30メートルもの高さの津波が海岸から内陸3-4kmまでのエリアを一掃してしまった。2005年3月、被災三ヵ月後に訪れた州都バンダアチェとその周辺で見た光景は、アチェ人の友人がつぶやいた「神は我々にまたもや大きな試練を与えた」との一言を遥かに超えた、この世の終焉を思わせるような凄惨極まる状況だった。 北のウレレ海岸から市中央に聳え立つバイトゥラフマン大モスクまでの一掃された平らな市街跡は、まさに“死の世界”だっ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/11/11 17:23
バンダアチェの樹木の運命(2) Nasib pohon2 Banda Aceh(2)
津波上陸地点にあたる、バンダアチェ市北西のウレレ海岸に一本だけ残った木麻黄(インドネシア語名:Cemarah Laut/学名:Casuarina stricta(syn. Allocasuarina verticillata)。この木より数キロ内陸にある“東洋一美しい”と言われるバイトゥラフマン大モスクまで、遮るものはない。超巨大津波が、総てを一掃、インド洋に連れ去ってしまった(上の画像:被災三ヶ月後の2005年3月撮影)。2007年9月初旬時点で、この木はまだ切られずに残っている... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/11/13 00:24
アチェの津波ポールとアンボンの津波防災啓蒙看板(Tugu Tsunami Aceh) 
あの超巨大津波を生き抜いた大樹が次から次へと切り倒される中、州都バンダアチェのあちらこちらににょきにょきと建立されたコンクリート製の“津波ポール”----津波がこの高さまで来ました、と告げるいわゆるメモリアルポール。2006年12月26日、津波被災二周年を機に、駐ジャカルタ日本公使によって公認された。 未だテント暮らしの被災民が多数いて、基本的な生活に困る市民が溢れていた時期に、こういった一千万円もの費用を投じた“メモリアル”事業が必要だったかどうかについては不問に付すが、筆... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/11/21 23:04
アチェ津波被災三周年企画展のお知らせ(Pameran Aceh 3 thn Tsunami)
イルワンディ州知事世界へ! 去る2月の就任以来、イルワンディ・ユスフ(Irwandi Yusuf)アチェ州知事は、海外視察が多い。9月末にはアメリカを訪れ、バイオディーゼル工場を見学。アチェの輸出産物を紹介する一方でアチェへの投資を呼びかけている(上の風刺漫画)。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/11/24 17:28
アチェ津波絵画&風刺漫画を義援金に(マフディ・アブドゥラ氏の作品)
インドネシア文化宮(GBI)では、2007年12月17日〜29日、『アチェ津波被災三周年企画展』を実施しますが、これに関連して、バンダアチェ在住の画家マフディ・アブドゥラ氏より、絵画作品をオークションにかけ、その売上代金を、JAN(Japan Aceh Net)を通じて、まだまだ援助の手が差し伸べられない分野の義援金として活用することを希望している旨連絡が入りました。また、最新作の風刺漫画も12枚セットでの販売を希望しています。 GBIは、同氏の志に基づいて、作品を以下の条件で販... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/11/29 18:44
インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)
2007年1月、「アチェ伝統刺繍展」準備のため、アチェ州内陸部を、州都バンダアチェから南東アチェ県のクタチャネまで縦断。各県で、伝統刺繍を種集。(上の画像は、アチェの“象の学校”の象さんたち)” ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/12/30 23:02
アチェの画家マフディさんの個展(Pameran Mahdi Abdullah di NAD)
2008年2月23日〜3月8日、アチェ人画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さんの個展が、州都バンダアチェのウレカレン地区にあるギャラリーで開催されている。マフディさんが“津波”をテーマに描いた作品は、2月初旬まで、東京・六本木の新国立美術館で行われた「アジア創造美術展」で展示されたが、今回の個展は、“津波のアチェ”から“現在のアチェ”へとテーマを変えている。あの巨大津波被災からすでに三年の歳月が過ぎた。『あの自然災害による破壊と廃墟、そして避難民の辛苦の生... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/02/28 17:49
アチェのサクラさんが来日・上映会&懇親会(Sakura Aceh ke Negeri Sakura)
サクラさん(左)とディーヴァちゃん ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/04/12 12:02
アチェのサクラさん&ディーバちゃんの日本滞在記録(1)
快晴の北アルプス。初夏を思わせる陽射し。ワサビ田の清らかな湧水。穂高川の真上を悠然と飛ぶ春の野鳥。安曇野に春が来た。穂高川右岸の堤の上に立つ「早春賦歌碑」。2008年4月29日。第25回早春賦祭りに参加するため、サクラさん、そして孫娘のディーヴァちゃんがアチェから安曇野にやってきた。「早春賦」の作詞は吉丸一昌(1873-1916)。そしてサクラさんは一昌の孫。終戦の8日前に、今日の州都バンダアチェ(旧クタラジャ)で生まれた。父は一昌の次男である池尻昌言(いけじりまさのぶ)。そし... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/05/02 19:50
アチェのサクラさん&ディーヴァちゃんの日本滞在記(2)Kenangan Sakura(2)
{%春webry%}「私は、この体に日本人の血が流れていることをとても誇りに思っています。私の願いは、この絆が孫の子供の世代、そしてそれ以降も、ずっとずっと続いていくことです。私と姉の間柄も、確かに戦争の犠牲と言うこともできるでしょう。でも、あの悲惨な戦争の恨みを乗り越え、血の繋がりが今こうして人間味溢れる姉妹関係を結わいだのです。日本とアチェが、日本とインドネシアが親愛の関係がさらに大きくなっていくことを願っています」----戦前を8日間、戦後を62年間生きてきたサクラさんは... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/05/04 17:02
アチェ西海岸ムラボの村人が首都公演(Pertunjukan SHE LAGEE di JKT)
{%拍手webry%}30年以上にも渡ってアチェの人々に暗い影を落とした紛争は、2005年8月の和平協定締結によって幕を下ろした。その重要な引き金となったのは、あの2004年12月26日に起きた、スマトラ島沖大地震そして巨大津波。紛争時代の一時期、アチェでは、たとえ隣村同士であっても、自由な往来、そして自由な集会ができないことがありました。いわんや、州都のバンダアチェを含めて、演劇公演や映画上映会なども厳しい規制を受けて、アーティストたちは“冬の時代”に直面せざるを得ません... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/06/03 18:55
スマトラ島沖大地震・巨大津波四周年報道写真(Pameran Foto Aceh 2008)
{%うずうずwebry%}まだ覚えていますか? 今から四年前の2004年12月26日、北スマトラ島沖合で大地震が発生し、インド洋沿岸諸国は未曾有の大災害を被りました。特にスマトラ島の北端に位置するアチェ州を襲った巨大津波は17万もの人命を奪いました。インドネシア文化宮(GBI)では、その歴史的大自然災害直後から、アチェをテーマに写真展を開催、以降毎年“その日(12月26日)”に向けて、アチェの最有力地元紙『Serambi Indonesia』と共催で、被災後のアチェの歩みを綴... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/12/24 17:04
アチェ最新ドキュメンタリー映画上映会開催予告(Silent After War:Aceh)
{%映画館(movie)hdeco%}久々のアチェ映画の上映会です。しかも、アチェを代表する若手ドキュメンタリー監督マウラナ・アクバール・カハール(Maulana Akbar Kahar)さんの最新作です。映像プロダクションの「Layarkaca(レンズ・スクリーン)」を主宰するマウラナさんは、ジャカルタ芸術学院(IKJ)映画科を卒業後、州都バンダアチェを拠点にアチェ伝統文化の記録映画を精力的に製作し続けています。2005年インドネシア・ドキュメンタリー映画祭では、作品『The... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/03/27 19:43
アチェ・ドキュメンタリー映画【Slient After War】上映会のお知らせ
{%映画館(movie)hdeco%}アチェ・ドキュメンタリー映画上映会のお知らせです。アチェを代表する若手ドキュメンタリー映画監督マウラナ・アクバール・カハール(Maulana Akbar Kahar)さんの最新作『戦後の沈黙(Silent After War)』の世界初公開となります。インドネシア国内でも未公開です。映像プロダクションの「Layarkaca(レンズ・スクリーン)」を主宰するマウラナさんは、ジャカルタ芸術学院(IKJ)映画科を卒業後、州都バンダアチェを拠点にア... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/04/12 15:39
4月18日(土)アチェ・ドキュメンタリー映画【Slient After War】上映会
{%映画館(movie)hdeco%}アチェ・ドキュメンタリー映画上映会のお知らせです。アチェを代表する若手ドキュメンタリー映画監督マウラナ・アクバール・カハール(Maulana Akbar Kahar)さんの最新作『戦後の沈黙(Silent After War)』の世界初公開となります。インドネシア国内でも未公開です。映像プロダクションの「Layarkaca(レンズ・スクリーン)」を主宰するマウラナさんは、ジャカルタ芸術学院(IKJ)映画科を卒業後、州都バンダアチェを拠点にア... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/04/13 22:16
4月18日(土)アチェ最新ドキュメンタリー映画【Slient After War】上映会
{%映画館(movie)hdeco%}アチェ最新ドキュメンタリー映画上映会のお知らせです。アチェを代表する若手ドキュメンタリー映画監督マウラナ・アクバール・カハール(Maulana Akbar Kahar)さんの最新作『戦後の沈黙(Silent After War)』の世界初公開となります。インドネシア国内でも未公開です。映像プロダクションの「Layarkaca(レンズ・スクリーン)」を主宰するマウラナさんは、ジャカルタ芸術学院(IKJ)映画科を卒業後、州都バンダアチェを拠点に... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/04/14 17:30
明日4月18日(土)アチェ最新ドキュメンタリー映画【Slient After War】上映会
{%映画館(movie)hdeco%}アチェ最新ドキュメンタリー映画上映会のお知らせです。アチェを代表する若手ドキュメンタリー映画監督マウラナ・アクバール・カハール(Maulana Akbar Kahar)さんの最新作『戦後の沈黙(Silent After War)』の世界初公開となります。インドネシア国内でも未公開です。映像プロダクションの「Layarkaca(レンズ・スクリーン)」を主宰するマウラナさんは、ジャカルタ芸術学院(IKJ)映画科を卒業後、州都バンダアチェを拠点に... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/04/17 12:19
4月25日(土)アチェ最新ドキュメンタリー映画【Silent After War】上映会
{%映画館(movie)hdeco%}アチェ最新ドキュメンタリー映画上映会のお知らせです。4月18日に次ぐ二度目の上映です。アチェを代表する若手ドキュメンタリー映画監督マウラナ・アクバール・カハール(Maulana Akbar Kahar)さんの最新作『戦後の沈黙(Silent After War)』。州都バンダアチェで映像プロダクション「Layarkaca(レンズ・スクリーン)」を主宰するマウラナさんは、ジャカルタ芸術学院(IKJ)映画科を卒業後、アチェ伝統文化・社会問題をテ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/04/19 13:06
ドキュメンタリー映画『語らずに死ねるか』&アチェ映画上映会のお知らせ(Film Aceh)
{%映画館(movie)hdeco%}かつてインドネシア文化宮(GBI)で上映された、アチェ人女性と日本との関係を描いた、ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」をプロデュースした吉丸昌昭さんが、去る4月、文化庁の支援の下、新たなドキュメンタリー映画を完成させました。タイトルは『語らずに死ねるか! 無名の元兵士たちの声』(45分)。多くの戦場体験者・遺族とのインタビューを重ねて、先の大戦を非職業軍人の立場から浮かび上がらせている力作です。 戦場体験者もすでに80〜90歳の高齢... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/05/15 17:06
5月23日:ドキュメンタリー映画『語らずに死ねるか』&アチェ映画上映会(Film Aceh)
{%映画館(movie)hdeco%}かつてインドネシア文化宮(GBI)で上映された、アチェ人女性と日本との関係を描いた、ドキュメンタリー映画「二つの故国をつなぐ歌」をプロデュースした吉丸昌昭さんが、去る4月、文化庁の支援の下、新たなドキュメンタリー映画を完成させました。タイトルは『語らずに死ねるか! 無名の元兵士たちの声』(45分)。多くの戦場体験者・遺族とのインタビューを重ねて、先の大戦を非職業軍人の立場から浮かび上がらせている力作です。 戦場体験者もすでに80〜90歳の... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/05/20 12:42
5月23日:ドキュメンタリー映画「Silent After War」&「語らずに死ねるか」上映会
{%映画館(movie)hdeco%}アチェの新進気鋭の監督マウラナ・アクバール・カハール(Maulana Akbar Kahar)さんの最新作「Silent After War(戦後の沈黙)」(24分)の上映会です。州都バンダアチェで映像プロダクション「Layarkaca(レンズ・スクリーン)」を主宰するマウラナさんは、ジャカルタ芸術学院(IKJ)映画科を卒業後、アチェ伝統文化・社会問題をテーマに記録映画を精力的に製作し続けています。2005年インドネシア・ドキュメンタリー映... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/05/22 15:19
アチェ人画家マフディ・アブドゥラさんドイツへ Mahdi Abdullah ke Jerman
{%グットハートhdeco%}まだ覚えていますか? 今から5年前の2004年12月26日、北スマトラ島沖合で大地震が発生し、インド洋沿岸諸国は未曾有の大災害を被りました。特にスマトラ島の北端に位置するアチェ州を襲った巨大津波は17万もの人命を奪いました。インドネシア文化宮(GBI)では、その歴史的大自然災害直後から、アチェをテーマに報道写真展を開催、以降毎年“その日(12月26日)”に、アチェの最有力紙『Serambi Indonesia』と共催で、被災後のアチェの歩みを綴る報道... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/08/13 16:59
アチェ人画家マフディ・アブドゥラさんドイツへ2 Mahdi Abdullah ke Jerman
{%グットハートhdeco%}まだ覚えていますか? 今から5年前の2004年12月26日、北スマトラ島沖合で大地震が発生し、インド洋沿岸諸国は未曾有の大災害を被りました。特にスマトラ島の北端に位置するアチェ州を襲った巨大津波は17万もの人命を奪いました。インドネシア文化宮(GBI)では、その歴史的大自然災害直後から、アチェをテーマに報道写真展を開催、以降毎年“その日(12月26日)”に、アチェの最有力紙『Serambi Indonesia』と共催で、被災後のアチェの歩みを綴る報道... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/08/14 11:47
ドイツで創作活動を始めたマフディさん Pelukis Aceh Mahdi di Jerman
{%イヌファイトhdeco%}ドイツへ旅立ったアチェ人画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さんから便りが届いた。ドイツ南東部、オーストリアとの国境近くのパッサウ(Passau)で創作活動に入ったという。「三つの美しい川が流れるパッサウで、スケッチを始めました。アチェにはない“線”と“色彩”をどう描くのか、奮闘しています。連日のように、僕のアトリエに市民が来て、アチェから持ってきた作品を鑑賞してくれます」と。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/08/27 10:58
アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(1) 2002年の動画記録 Pelukis Aceh
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年8月から3ヵ月間、ドイツでの南東部パッサウ(Passau)で武者修行中。同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、創作活動に専念している。やがて、アチェ流ドイツ生まれの絵画は、ヨーロッパ各地で開催される展示会でお披露目される予定だ。 今から7年前の2002年1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/09/10 22:37
アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(2) 2002年の動画記録 Pelukis Aceh
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年8月から3ヵ月間、ドイツでの南東部パッサウ(Passau)で武者修行中。同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、創作活動に専念している。やがて、アチェ流ドイツ生まれの絵画は、ヨーロッパ各地で開催される展示会でお披露目される予定だ。 今から7年前の2002年1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/09/10 23:25
アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(3)
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年8月から3ヵ月間、ドイツでの南東部パッサウ(Passau)で武者修行中。同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、創作活動に専念している。やがて、アチェ流ドイツ生まれの絵画は、ヨーロッパ各地で開催される展示会でお披露目される予定だ。 今から7年前の2002年1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/09/15 22:42
アチェ人画家マフディさんがドイツで芸術名誉市民に Mahdi@Jerman
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}去る8月から三ヶ月間の予定で、ドイツの南東部、オーストリアとの国境に近いパッサウ(Passau)市で創作活動をしているアチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さんから便りが届いた。2009年9月9日、午後19時、数字9のゴロ合わせで、アチェから運んだ6作品の公式お披露目会が催された。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/09/17 12:39
アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(4)
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年8月から3ヵ月間、ドイツの南東部パッサウ(Passau)で武者修行中。同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、創作活動に専念している。やがて、アチェ流ドイツ生まれの絵画は、ヨーロッパ各地で開催される展示会でお披露目される予定だ。 スマトラ島沖合いで大地震・巨... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/09/21 13:11
アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(5) マフディ北海道へ!
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年8月から3ヵ月間、ドイツの南東部パッサウ(Passau)で武者修行中。同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、創作活動に専念している。やがて、アチェ流ドイツ生まれの絵画は、ヨーロッパ各地で開催される展示会でお披露目される予定だ。 スマトラ島沖合いで大地震・巨... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/09/22 10:44
アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(6) マフディ北海道へ!
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年8月から3ヵ月間、ドイツの南東部パッサウ(Passau)で武者修行中。同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、創作活動に専念している。やがて、アチェ流ドイツ生まれの絵画は、ヨーロッパ各地で開催される展示会でお披露目される予定だ。 スマトラ島沖合いで大地震・巨... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/09/23 11:10
アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(7) マフディ北海道へ!
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年8月から3ヵ月間、ドイツの南東部パッサウ(Passau)で武者修行中。同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、創作活動に専念している。やがて、アチェ流ドイツ生まれの絵画は、ヨーロッパ各地で開催される展示会でお披露目される予定だ。 スマトラ島沖合いで大地震・巨... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/09/26 11:45
アチェ人画家マフディさんのドイツ個展開催 Pameran Mahdi di Jerman
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年8月から3ヵ月間、ドイツの南東部パッサウ(Passau)で武者修行。同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、創作活動に専念してきた。 帰国を前に、同市で10月21日〜11月1日、個展が開催される。上の画像は、個展を伝える地元紙の報道紙面。下の画像は、同展のお... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/10/18 18:18
アチェ人画家マフディさんドイツ個展のカタログPameran Mahdi di Jerman(2)
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年10月21〜11月1日、ドイツの南東部パッサウ(Passau)市で個展を開催している。マフディさんは、同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、去る8月以来、創作活動に専念してきた。以下は、同個展のカタログから。 世界に羽ばたくアチェ芸術。アチェはあと二ヶ月で... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/10/21 12:06
アチェ人画家マフディさんドイツ個展のカタログPameran Mahdi di Jerman(3)
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年10月21〜11月1日、ドイツの南東部パッサウ(Passau)市で個展を開催している。マフディさんは、同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、去る8月以来、創作活動に専念してきた。以下は、同個展のカタログから。世界に羽ばたくアチェ芸術。 アチェはあと二ヶ月で... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/10/22 09:56
アチェ人画家マフディさんドイツ個展のカタログPameran Mahdi di Jerman(4)
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年10月21〜11月1日、ドイツの南東部パッサウ(Passau)市で個展を開催している。マフディさんは、同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、去る8月以来、創作活動に専念してきた。以下は、同個展のカタログから。世界に羽ばたくアチェ芸術。 アチェはあと二ヶ月で... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/10/22 10:03
アチェ人画家マフディさんドイツ個展のカタログ(動画)Pameran Mahdi di Jerman5
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年10月21〜11月1日、ドイツの南東部パッサウ(Passau)市で個展を開催している。マフディさんは、同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、去る8月以来、創作活動に専念してきた。以下は、同個展のカタログから。世界に羽ばたくアチェ芸術。 アチェはあと二ヶ月で... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/10/22 22:00
アチェ人画家マフディ氏ドイツ個展開会式の様子Suasana Pameran Mahdi
{%クローバー(キラキラ)hdeco%}アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ(Mahdi Abdullah)さん。2009年10月21〜11月1日、ドイツの南東部パッサウ(Passau)市で個展を開催している。マフディさんは、同市にある CSAA(Center for Southeast Asian Art:東南アジア芸術センター)の招待で、アトリエを提供され、去る8月以来、創作活動に専念してきた。以下は、同個展のカタログから。世界に羽ばたくアチェ芸術。 アチェはあと二ヶ月で... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/10/24 11:28
忽然と消えた神奈川県のアチェ津波写真展Pameran Foto Aceh yg dibatalkan
一枚のチラシがある。タイトルは「写真展TSUNAMIをこえて」〜スマトラ沖地震とインドネシア・アチェの子どもたち〜 日程は2009年10月31日〜11月29日のはずだった。主催は神奈川県立地球市民かながわプラザ、そしてどういう意味かは理解しがたいが「指定管理者」は(財)かながわ国際交流財団(KIF)。会場はJR根岸線の本郷台近くにある「あーすぷらざ」の3階展示室。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/11/10 18:13
アチェ津波被災五周年報道写真展 Pameran 5 tahun Tsunami Aceh
{%うずうずwebry%}まだ覚えていますか?今から5年前の2004年12月26日、北スマトラ島沖合で大地震が発生し、インド洋沿岸諸国は23万人もの人命を奪われる未曾有の大災害を被りました。特にスマトラ島の北端に位置するアチェ州を襲った巨大津波は17万の犠牲者をもたらしました。 インドネシア文化宮(GBI)では、その歴史的大自然災害直後から、アチェをテーマに写真展を開催、以降毎年“その日(12月26日)”に向けて、アチェの最有力地元紙『Serambi Indonesia』と共催で... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/12/04 13:20
アチェ津波被災五周年報道写真展のお知らせ Pameran 5 tahun Tsunami Aceh
{%うずうずwebry%}まだ覚えていますか?今から5年前の2004年12月26日、北スマトラ島沖合で大地震が発生し、インド洋沿岸諸国は23万人もの人命を奪われる未曾有の大災害を被りました。特にスマトラ島の北端に位置するアチェ州を襲った巨大津波は17万の犠牲者をもたらしました。 インドネシア文化宮(GBI)では、その歴史的大自然災害直後から、アチェをテーマに写真展を開催、以降毎年“その日(12月26日)”に向けて、アチェの最有力地元紙『Serambi Indonesia』と共催で... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/12/08 09:43
12月21日アチェ津波被災五周年報道写真展スタートPameran 5 thnTsunami Aceh
{%うずうずwebry%}まだ覚えていますか?今から5年前の2004年12月26日、北スマトラ島沖合で大地震が発生し、インド洋沿岸諸国は23万人もの人命を奪われる未曾有の大災害を被りました。特にスマトラ島の北端に位置するアチェ州を襲った巨大津波は17万の犠牲者をもたらしました。 インドネシア文化宮(GBI)では、その歴史的大自然災害直後から、アチェをテーマに写真展を開催、以降毎年“その日(12月26日)”に向けて、アチェの最有力地元紙『Serambi Indonesia』と共催で... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/12/19 10:26
アチェ津波被災五周年報道写真展を動画で覗く Pameran Foto Tsunami Aceh
{%うずうずwebry%}2009年12月21日から始まった『アチェ津波被災5周年報道写真展』。初日のオープンと同時に駆けつけてくれた某テレビ局のチーフ・ディレクター。翌日からインドネシア出張が控えている。彼はアチェへ向かう。あの未曾有の自然災害から来る12月26日で満5年。アチェは不死鳥のように蘇った。写真展は、2004年12月26日の“TSUNAMI”から今日までを撮り続けた、地元最有力紙『Serambi Indonesia(スランビ・インドネシア)』の写真記者が見つめたアチェ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/12/23 03:26
明日26日、アチェ津波被災から5周年 Tsunami Aceh 5 Tahun
{%うずうずwebry%}明日、2009年12月26日、スマトラ島北端のアチェ州は、巨大津波被災5周年を迎えます。17万もの尊い人命を一瞬で奪った、歴史的な大自然災害。忘れまじ「Tsunami Aceh」。しかし、あの未曾有の大災害から、私たちは、そしてインドネシア国民は何を学んだのだろうか。以降、毎年のように各地で起こる大地震と津波被害。あの日の“試練”は今日の、そして未来の防災に活かされているのだろうか。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/12/25 11:10
アチェ津波被災5周年報道写真展をSerambi Indonesia紙が掲載
{%うずうずwebry%}スマトラ島北端のアチェ州は昨日(2009年12月26日)、津波被災満5周年を静かに回顧した。前夜には、報道関係者によって、犠牲者となった27名の地元メディア記者を追悼するタイマツ行進も行われた。「人は、明日どうなるのか知るすべを持たない。そして人はどこで死を迎えるのか知るすべを持たない」( Q.S. Lukman: 34)---イスラムの教えが説く一節だ。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/12/27 15:08
アチェ報道写真展(2005-2009) Pameran Foto Aceh 2004-2009
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)の2010年の展示会第一弾は、2009年12月21日に始まった『アチェ津波被災5周年報道写真展』を引き継いで、来る2月末まで実施します。まもなく阪神・淡路大震災から15年(2010年1月17日)。アチェは、去る12月26日、スマトラ沖大地震・インド洋巨大津波被災満5周年を迎えた。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/02 18:27
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(1) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/11 14:55
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(2) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/12 11:03
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(3) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/13 13:36
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(4) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/14 10:30
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(5) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/15 10:15
アチェ理解講座のお知らせ Mengenal Aceh lewat video
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)で昨年12月21日から実施している『アチェ津波被災5周年報道写真展』。来る1月23日(土)と2月13日(土)に、映像で知るアチェ理解講座を開催します。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/15 13:01
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(6) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/16 23:21
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(7) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/18 08:37
アチェのラジオ局「FM Serambi」 FM Serambi, Banda Aceh
{%うずうずwebry%}阪神・淡路大震災15周年を迎えた、去る1月17日、NHKのラジオ第一は、早朝から「阪神淡路大震災から15年」特別番組を放送した。そして、この番組の中で、津波被災5周年を昨年12月26日に迎えた、スマトラ島北端のアチェ州の模様もリポートされた。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/19 13:44
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(8) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/20 00:40
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(9) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/20 22:32
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(10) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/22 00:39
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(11) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/23 10:17
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(12) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/24 00:36
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(13) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/25 08:49
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(14) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/27 00:08
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(15) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/28 09:46
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(16) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/29 11:25
第100回インドネシア理解講座・アチェ語&アラビア語・アチェ詩朗読会
{%メガホンhdeco%}2010年2月27日までの予定で開催中の『アチェ報道写真展2004-2009』では、来る2月13日(土)、アチェからの留学生ミキアル・マウリタ(Mikial Maulita)さん(19歳)を講師に、アチェ語とアラビア語を同時に学ぶ、恒例の「2時間でマスターする語学講座」を実施します。「インドネシア理解講座」の記念すべき第100回目となります。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/29 20:08
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(17) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/01/31 12:07
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(18) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/01 09:13
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(19) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/01 23:51
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(20) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/03 10:58
第100回インドネシア理解講座・アチェ語&アラビア語・アチェ詩朗読会
{%メガホンhdeco%}2010年2月27日までの予定で開催中の『アチェ報道写真展2004-2009』では、来る2月13日(土)、アチェからの留学生ミキアル・マウリタ(Mikial Maulita)さん(19歳)を講師に、アチェ語とアラビア語を同時に学ぶ、恒例の「2時間でマスターする語学講座」を実施します。「インドネシア理解講座」の記念すべき第100回目となります。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/03 23:49
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(21) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/05 10:11
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(22) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/06 12:04
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(23) Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/07 11:15
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ(24 Aceh menurut buku ATJEH
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/08 08:49
ミキアルさんからアチェ語とアラビア語を学ぶ・インドネシア理解講座第100回
{%メガホンhdeco%}2010年2月27日までの予定で開催中の『アチェ報道写真展2004-2009』では、来る2月13日(土)、アチェからの留学生ミキアル・マウリタ(Mikial Maulita)さん(19歳)を講師に、アチェ語とアラビア語を同時に学ぶ、恒例の「2時間でマスターする語学講座」を実施します。「インドネシア理解講座」の記念すべき第100回目となります。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/08 23:51
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ動画(1)インドネシア語版(1)
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/10 18:14
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ動画(2)インドネシア語版(2)
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/11 13:29
2月13日留学生のミキアルさんからアチェ語とアラビア語を学ぶ・インドネシア理解講座第100回
{%メガホンhdeco%}2010年2月27日までの予定で開催中の『アチェ報道写真展2004-2009』では、来る2月13日(土)、アチェからの留学生ミキアル・マウリタ(Mikial Maulita)さん(19歳)を講師に、アチェ語とアラビア語を同時に学ぶ、恒例の「2時間でマスターする語学講座」を実施します。「インドネシア理解講座」の記念すべき第100回目となります。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/11 22:05
さあアチェへ Mari kita kunjungi Nanggroe Aceh Darussalam
{%映画館(movie)hdeco%}アチェ州(正式名称はナングロ・アチェ・ダルサラーム州=Nanggroe Aceh Darussalam)。世界第6位の巨大なスマトラ島の最北端部。州都はバンダ・ア チェ。インド洋に面し、マラッカ海峡の出入り口の戦略的地理を占め、古来、東西文明の 十字路だった。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/12 18:39
ATJEH・オランダ植民地時代のアチェ動画(3)インドネシア語版(3)
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その準備の過程で、一冊の古書を入手。題名はずばり「ATJEH(アチェ)」。1873年3月に始まったオランダ軍によるアチェ侵略。以降1912年まで続いた「アチェ戦争」。オランダ自身が作ったオランダ軍のアチェ支配史を綴った貴重な一冊。同書所蔵の画像に見るアチェの1... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/14 01:16
ミキアルさんから学ぶアチェ語&アラビア語講座(動画)Belajar bahasa Aceh&Arab
{%映画館(movie)hdeco%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)までの予定で『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Ser ambi Indonesia」と共催中。展示会の一環として、2010年2月13日、アチェ語とアラビア語の基本単語を 学ぶ講座を開設。GBIにとって第100回目の「インドネシア理解講座」となった。講師は、早稲田大学国際教養学部に留学中の、アチェ出身のミキアル・マウリタ (Miki... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/14 16:43
ミキアルさんから学ぶアチェ語の基本単語 kosakata dasar Bahasa Aceh
{%映画館(movie)hdeco%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Ser ambi Indonesia」と共催。展示会の一環として、アチェ語とアラビア語の基本単語を 学ぶ講座を開設。GBIにとって第100回目のインドネシア理解講座となった。201 0年2月13日、早稲田大学国際教養学部に留学中の、アチェ出身のミキアル・マウリタ (Mikial Maulit... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/14 17:59
ミキアルさんが読むアチェ詩『慟哭の詩(うた)』Mikial membaca puisi Aceh
{%映画館(movie)hdeco%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Ser ambi Indonesia」と共催。展示会の一環として、アチェ語とアラビア語の基本単語を学ぶ講座を開設。同時にアチェ詩の朗読会も。 アチェ詩は、インドネシア文化宮(GBI)とJAN(ジャパン・アチェ・ネット))がASA(Aliansi Sastrawan Aceh・アチェ文学者連... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/15 20:09
2004年第4回アチェ文化週間動画 PKA(Pekan Kebudayaan Aceh) IV
{%観覧車@(クルクル)hdeco%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Ser ambi Indonesia」と共催。GBIは過去十数年にわたってアチェ州をテーマに、日本 でその文化紹介を行ってきた。スマトラ島沖大地震、それに続く巨大津波でアチェが未曾 有の大自然災害を被った2004年12月26日。その悲劇の4ヵ月ほど前、2004年8月、文民戒厳令 が敷かれ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/21 14:30
2004年第4回アチェ文化週間動画(2) アチェ伝統集団舞踊サマンPKA-IV Aceh
{%観覧車@(クルクル)hdeco%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Ser ambi Indonesia」と共催。GBIは過去十数年にわたってアチェ州をテーマに、日本 でその文化紹介を行ってきた。スマトラ島沖大地震、それに続く巨大津波でアチェが未曾 有の大自然災害を被った2004年12月26日。その悲劇の4ヵ月ほど前、2004年8月、文民戒厳令 が敷かれるア... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/21 14:43
2004年第4回アチェ文化週間動画(3) アチェ伝統舞踊 PKA-IV Aceh
{%観覧車@(クルクル)hdeco%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Ser ambi Indonesia」と共催。GBIは過去十数年にわたってアチェ州をテーマに、日本 でその文化紹介を行ってきた。スマトラ島沖大地震、それに続く巨大津波でアチェが未曾 有の大自然災害を被った2004年12月26日。その悲劇の4ヵ月ほど前、文民戒厳令 が敷かれるアチェ州で、第4回... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/21 23:14
アチェの伝統打楽器ラパイの演奏(動画)Rapai--Aceh Traditional Music
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年2月 27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Ser ambi Indonesia」と共催。GBIは過去十数年にわたってアチェ州をテーマに、日本でその文化紹介を行ってきた。スマトラ島沖大地震、それに続く巨大津波でアチェが未曾有の大自然災害を被った2004年12月26日。その悲劇の4年と1ヵ月ほど前、2000年11月21日、州都バンダ・アチ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/23 11:05
アチェ報道写真展2004-2009延長のお知らせPameran Foto Aceh2004-2009
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)で行われている『アチェ報道写真展2004-2009』の開催期間を1ヵ月間延長し、3月27日(土)までと致します。あのスマトラ島沖大地震&巨大津波の被災から早くも5年間が経過しました。その間、“メッカの前庭(Serambi Mekah)”と呼ばれるアチェ州は、復興の一段落から、開放・自由のスピードアップによる劇的な社会変化の渦中にあります。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/23 18:47
アチェ州スルタン・イスカンダル・ムダ空港へ(動画) Mendarat di Bandara Aceh
{%空港(ユラユラ)hdeco%}スマトラ島北端のアチェ州。2004年12月26日に同地を襲った未曾有の津波被害。「メッカの前庭」との異名を持つアチェには、インドネシア国内で最も敬虔なイスラム教徒が暮らす、別名「Tanah Rencong」。東南アジアで一番美しいと呼ばれるモスクもある州都バンダ・アチェ。ジャカルタから飛行機でおよそ2時間45分。2009年8月には大型の国際空港施設(SIM)が完成。動画は1998年と2005年に撮影した、SIMへの着陸態勢に入った状況を映し出す。 ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/25 22:23
2007年9月2日アチェ州教育の日(動画)Hari Pendidikan NAD Sept 2007
{%イヌファイトhdeco%}}2007年9月2日、スマトラ島北端のアチェ州の州都バンダ・アチェで「アチェ州教育の日」の式典が行われた。高校生によるブラスバンド演奏に続いて、最優秀生徒&最優秀学校の表彰が行われた。次いで、会場を国立シーア・クアラ大学キャンパスへ移し、舞踊やコメディなどの文化イベントが。映像を駆使したアチェの歴史紹介も。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/26 14:46
2007年9月2日アチェ州教育の日(動画2)Hari Pendidikan NAD Sept '07
{%イヌファイトhdeco%}}2007年9月2日、スマトラ島北端のアチェ州の州都バンダ・アチェで「アチェ州教育の日」の式典が行われた。高校生によるブラスバンド演奏に続いて、最優秀生徒&最優秀学校の表彰が行われた。次いで、会場を国立シーア・クアラ大学キャンパスへ移し、舞踊やコメディなどの文化イベントが。映像を駆使したアチェの歴史紹介も。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/26 21:43
2007年9月2日アチェ州教育の日(動画3) Hari Pendidikan NAD
{%イヌファイトhdeco%}}2007年9月2日、スマトラ島北端のアチェ州の州都バンダ・アチェで「アチェ州教育の日」の式典が行われた。高校生によるブラスバンド演奏に続いて、最優秀生徒&最優秀学校の表彰が行われた。次いで、会場を国立シーア・クアラ大学キャンパスへ移し、舞踊やコメディなどの文化イベントが。映像を駆使したアチェの歴史紹介も。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/27 23:06
ハイチ、チリ大地震。アチェ巨大津波を回顧する(動画)。Tsunami Aceh
{%うずうずwebry%}災害は、忘れない頃にもやってくる。歴史的な犠牲者数を記録したハイチの大地震。そして2010年2月27日、南米のチリでM8.8規模の巨大地震が起きた。しかも、広大な太平洋を超え、津波は日本まで達した。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/02/28 19:03
2007年9月2日アチェ州教育の日(動画4)Hari Pendidikan NAD Sept '07
{%イヌファイトhdeco%}}2007年9月2日、スマトラ島北端のアチェ州の州都バンダ・アチェで「アチェ州教育の日」の式典が行われた。高校生によるブラスバンド演奏に続いて、最優秀生徒&最優秀学校の表彰が行われた。次いで、会場を国立シーア・クアラ大学キャンパスへ移し、舞踊やコメディなどの文化イベントが。映像を駆使したアチェの歴史紹介も。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/01 22:57
スマトラ島沖大地震・アチェ巨大津波に耐え抜いた樹木たち Pohon2 tahan Tsunami
{%うずうずwebry%}5年余前の2004年12月26日、スマトラ島北端のアチェ州、そしてインド洋沿岸諸国に甚大な被害をもたらした大地震・巨大津波。津波は多くの人命、そして家屋などを奪い去った。しかし、20〜40メートルの高さに達したといわれる大津波の攻撃に耐え、生き残った植物があった。泥土の、黒い海水がまさに一網打尽に洗い流した州都バンダ・アチェ。その広大な、平らな大地に、毅然として立つ木麻黄やグルンパンの樹。茎をえぐられたバナナは、半年後、地中から芽を出し、そしてマングローブ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/05 16:04
アチェ州縦断の旅(動画) From Banda Aceh to Kuta Cane
{%車webry%}スマトラ島北端に位置するアチェ州。2007年1月、州都バンダ・アチェを出発、高地にタケゴン(Takegon)、ブランケジェラン(Blang Kejeran)などを経由して北スマトラ州との州境付近にあるクタ・チャネ(Kuta Cane)まで、陸路縦断した。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/06 19:32
スマトラ島沖大地震・アチェ巨大津波に耐え抜いた樹木たち2 Pohon2 tahan Tsunami
{%うずうずwebry%}5年余前の2004年12月26日、スマトラ島北端のアチェ州、そしてインド洋沿岸諸国に甚大な被害をもたらした大地震・巨大津波。津波は多くの人命、そして家屋などを奪い去った。しかし、20〜40メートルの高さに達したといわれる大津波の攻撃に耐え、生き残った植物があった。泥土の、黒い海水がまさに一網打尽に洗い流した州都バンダ・アチェ。その広大な、平らな大地に、毅然として立つ木麻黄やグルンパンの樹。茎をえぐられたバナナは、半年後、地中から芽を出し、そしてマングローブ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/07 13:56
インドネシア最西端のウェ島へ!(動画) Ke KM-0 RI(Pulau Weh NAD)
{%うずうずwebry%}“サバン(Sabang)からメラウケ(Merauke)”のインドネシア共和国。最西端の街サバンは、アチェ州の州都バンダ・アチェから高速艇でおよそ45分。島は「自由貿易港」に指定されているが、そのインセンティブが十分に活かされてはいない。島の最西端にはインドネシア共和国の“始まり”を意味する「KM-0(ゼロkm)」の記念碑が。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/08 23:44
インドネシア最西端のウェ島へ!(動画・2) Ke KM-0 RI(Pulau Weh NAD)
{%うずうずwebry%}“サバン(Sabang)からメラウケ(Merauke)”のインドネシア共和国。最西端の街サバンは、アチェ州の州都バンダ・アチェから高速艇でおよそ45分。島は「自由貿易港」に指定されているが、そのインセンティブが十分に活かされてはいない。島の最西端にはインドネシア共和国の“始まり”を意味する「KM-0(ゼロkm)」の記念碑が。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/10 20:16
アチェの画家マフディさん津波被災地で絵画教室(動画) Lampuuk Aceh
{%うずうずwebry%}2005年3月、津波被災後およそ80日。スマトラ島北端のアチェ州。州都バンダ・アチェ近郊のランプウウ(Lampuuk)で、アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラさんを先生に、子どもたちを対象に絵画教室が開かれた。同地区では住民のおよそ90%もの犠牲者が記録された。インドネシア文化宮(GBI)内に設けられた、アチェ支援組織であるJAA(Japan Aceh Net)が用意したクレヨン、そして画用紙。マフディさんがまず向かった先はランプウウだった。子供たちの... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/13 20:29
アチェの画家マフディさん津波被災地で絵画教室(動画2) Lampuuk Aceh
{%うずうずwebry%}2005年3月、津波被災後およそ80日。スマトラ島北端のアチェ州。州都バンダ・アチェ近郊のランプウウ(Lampuuk)で、アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラさんを先生に、子どもたちを対象に絵画教室が開かれた。同地区では住民のおよそ90%もの犠牲者が記録された。インドネシア文化宮(GBI)内に設けられた、アチェ支援組織であるJAA(Japan Aceh Net)が用意したクレヨン、そして画用紙。マフディさんがまず向かった先はランプウウだった。自分が描い... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/14 14:12
スマトラ島沖大地震・巨大津波体験証言:宏観現象も Kesaksian Tsunami Aceh
{%うずうずwebry%}2005年3月20日、津波(2004年12月26日)による未曾有の被害を受けたスマトラ島北端のアチェ州。州都アチェ近郊のランプウ(Lampuuk)村で、被災者の一人、バフティアール・フセン(Bachtiar Husen)さん(48歳)から、津波に巻き込まれた体験を聞いた。9人の家族のうち7人を失ったバフティアールさん。大地震が起こる当日の早朝に体験した“宏観現象”と思われる話も。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/15 14:36
スマトラ島沖大地震アチェ州小中学生津波絵画コンクール(動画)Lomba Menggmabar
{%うずうずwebry%}インドネシア文化宮(GBI)とJAN(ジャパン・アチェ・ネット)はアチェの最有力紙「Serambi Indoensia」と共催で、津波被災直後の州都バンダ・アチェで小中学生を対象とした絵画コンクール、そして高校生を対象に作文コンクールを開催しました。ビデオは、その過程を追うと同時に、受賞作品を紹介します。作品は後に東京で展示されました(2005年6月〜9月)。また、小中学生の絵画と、新たに高校生が書き下ろした作文をベースに絵本『Nyawoungいのち』が発... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/16 21:32
巨大津波から45名の命を救ったアチェの一隻の漁船 Kapal Tsunami Aceh
{%うずうずwebry%}2004年12月26日(日)、スマトラ島沖で発生した大地震、そして巨大津波。州都バンダ・アチェの一角、クルン・アチェ(Krueng Aceh)川の河口付近、クタアラム(Kec.Kuta Alam)地区のランプロ(Lampulo)。ここには津波で流され、一般民家の屋根の上に“漂着”した一隻の漁船がある。この漁船のおかげで、付近住民45名の命が助かった。現在は“津波船(Kapal Tsunami)”として観光スポットにもなろうとしている。マハディさん(27歳)... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/17 16:21
巨大津波に流されたアチェの発電船 Kapal PLTD Apung Tsunami Aceh
{%うずうずwebry%}2004年12月26日(日)、スマトラ島沖で発生した大地震、そして巨大津波。州都 バンダ・アチェの一角、プンゲ・ブラン・チュ(Punge Blang Cut)地区に、一隻の大型船が海岸から3kmの距離を流され押し寄せた。そして引き潮に伴い街中で鎮座。船は発電船。津波被災以前、アチェ州では独立を目指すGAM(独立アチェ運動)と政府治安当局との長年の紛争が。サボタージュと推定される送電線の切断事件も頻繁に起きた。このため、州都の電力需要を満たすため、海に発電船... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/17 23:08
ミキアルさんからアチェ伝統舞踊の基本を学ぶ Mari belajar Tarian Aceh
{%メガホンhdeco%}2010年3月27日(土)まで開催中の『アチェ報道写真展2004-2009』。昨年の12月21日に始まり、3ヵ月超の間に、多くの方々に、未曾有の自然災害の実像、そして復興過程を記録した報道写真を観ていただきました。この間、ハイチ大地震、そしてチリ大地震・津波と、5年余前に起きたスマトラ島沖大地震・巨大津波を彷彿させる歴史的な大自然災害が相次いで発生しました。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/20 23:08
ミキアルさんのアチェ伝統舞踊講座:動画Belajar Tarian Aceh dari Mikial
{%イヌファイトhdeco%}インドネシア文化宮(GBI)では、2009年12月21日(月)から2010年3月27日(土)まで、『アチェ津波被災五周年報道写真展』を、アチェの最有力紙「Serambi Indonesia」と共催。その最終日(3月27日)、第101回目の『インドネシア理解講座』として、アチェ伝統舞踊の基礎を学ぶ講座を開設。早稲田大学国際教養学部に留学中の、アチェ出身のミキアル・マウリタ(Mikial Maulita)さん(19歳)を講師に迎え、アチェを代表する舞踊で、... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/03/28 15:34
日本で死にたくない Saya Tak Ingin Mati di Jepang
{%イヌファイトhdeco%}早稲田大学で学ぶ、アチェ生まれのミキアル・マウリタ(Mikial Maulita)さん。彼女は、インドネシア文化宮(GBI)が実施したアチェ語講座やアチェ舞踊講座で講師を務めた。スマトラ島沖地震&津波で親兄弟姉妹、計9人の命を奪われた。そして、先週の金曜日(3月11日)東京で体験した東日本大震災。2011年3月14日、彼女は、アチェの地元紙『The Atjeh Post』に「Saya Tak Ingin Mati di Jepang(私は日本で死にたく... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/16 00:02
アチェから連帯のメッセージ・津波被災 ACEH for JAPAN
{%うずうずwebry%}2004年12月26日(日)、東日本大震災を遥かに上回る津波犠牲者を記録した、スマトラ島北端のアチェ州。その数、およそ17万人。日本の津波被災者に対する、連帯の意思表示が波紋を広げている。昨日3月18日(金)、州都バンダアチェ(Banda Aceh)の中心部にあるブラン・パダン(Blang Padang)広場で、犠牲者を悼む市民の集いが開かれた。「ACEH December 26, 2004 FOR JAPAN March 11, 2011」。アチェは忘れ... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/19 21:24
津波襲来デマで2名死亡・アチェ Teriakan Tsunami Renggut 2 Nyawa
{%うずうずwebry%}世界中が、地震と津波に異常なほど敏感になっている。2004年12月26日、あの巨大津波の直撃を受けた、スマトラ島北端のアチェ州。死者・行方不明およそ17万人。あの日以来、地震が起きれば津波発生の可能性が高いことは、アチェに限らず、インドネシア全土で認識されるようになった。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/20 19:50
桜の弔い(日本へのアチェの祈り)DUKA SAKURA (DO'A ACEH UNTUK JEPAN
{%うずうずwebry%}アチェの文化人が立ち上がった。大地震と巨大津波で未曾有の災害を被った日本に対する連帯の声が沸き起こっている。3月20日(日)午後8時30分、集い『桜の弔い(Duka Sakura)』が州都バンダアチェで催された。そして、遠くない将来、『二つの津波被災国・心から心へ・スピリチュアル復興』をスローガンに、日本へアチェ文化・芸術チームの派遣を発案した。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/21 19:56
津波追悼の集い、そして津波デマ・パニック Ratusan Pelajar Berdoa untuk
{%うずうずwebry%}巨大津波(2004年12月26日・M9.1の大地震)で17万もの命を奪われたアチェ。連日、日本の被災者に向けて追悼と連帯の催しが行われている。昨日(3月21日)は、州都バンダアチェの公立第11中学校で行なわれた追悼集会には、東北大学の博士課程で就学中で、東日本大震災を体験し帰国したばかりのザフルル・フアディ(Zahru Fuadi)さんとムザイリン(Muzairin)さんも参加した。ザフルルさん(39歳)は、2004年のアチェ地震も体験している。 〈世界... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/22 19:31
“桜の国”へアチェの祈り Doa Aceh untuk Sakura
{%うずうずwebry%}去る3月20日(日)、スマトラ島北西端のバンダアチェ(Banda Aceh)で行われた、アチェ文化人による日本連帯の集い『“桜の国”へアチェの祈り(Doa Aceh untuk Sakura)』の模様を伝える画像が送られてきた。詩の朗読、そしてジャンベ太鼓の演奏。2004年12月26日、マグニチュード9.1の大地震と巨大津波でおよそ17万の犠牲者を記したアチェ州。“津波の連帯”は、アチェ人が故に説得力・同情力を持っている。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/23 20:18
“桜の国”へアチェの祈り(2) Doa Aceh untuk Sakura(2)
{%うずうずwebry%}去る3月20日(日)、スマトラ島北西端のバンダアチェ(Banda Aceh)で行われた、アチェ文化人による日本連帯の集い『“桜の国”へアチェの祈り(Doa Aceh untuk Sakura)』の模様を伝える画像第二弾。詩の朗読、そしてギター&ジャンベ太鼓の演奏。2004年12月26日、マグニチュード9.1の大地震と巨大津波でおよそ17万の犠牲者を記したアチェ州。“津波の連帯”は、アチェ人が故に説得力・同情力を持っている。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/25 22:03
アチェから福島Dari Aceh ke Fukushima:Puisi Rahmad Sanjaya
{%うずうずwebry%}アチェの詩人ラフマド・サンジャヤ(Rahmad Sanjaya)さんから、『福島原発』をテーマに据えた詩が届いた。同氏は、去る3月20日に州都バンダアチェで文化人が集まって開催した「“桜の国”へアチェの祈り(Doa Aceh untuk Sakura)」にも参加し、ギターを片手に、追悼の詩歌を披露した。アチェは2004年12月26日に起きた大地震と巨大津波でおよそ17万もの尊い命を失った。未曾有の大自然災害から復興を遂げたその地から、ラフマドさんが叫ぶ。「... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/26 18:00
アチェから日本へDari Aceh kpd Saudara Jepang: M.Y.Bombang
{%うずうずwebry%}またまたアチェの詩人からメッセージが届いた。今度はボンバン(M.Y.Bombang)さんからだ。巨大津波の被災体験(2004年12月26日)を基に、日本の地震・津波被災者に、深い弔いの気持ちと熱い応援の声を届けたいと言う。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/27 23:33
黙想する我々の為に Untuk Kita Renungkan(EBIET G.ADE)
{%うずうずwebry%}首都ジャカルタ在住の友人ムティア(Meutia Anggraeni)女史から、地震・津波被災の日本国民に是非視聴していただきたい、と一本の映像がFB(フェースブック)経由で送られてきた。かつてインドネシアを代表するフォークシンガーだったエビート(Ebiet G.Ade)さんが歌い上げる『Untuk Kita Renungkan(黙想する我々の為に)』。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2011/03/28 20:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アチェ伝統刺繍文化展のお知らせ(Pameran Budaya Sulaman Aceh) インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる