インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS 東フローレス・イカット展

<<   作成日時 : 2006/10/22 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

東フローレス・イカット展のお知らせ

画像



東フローレス県のアドナラ島からイカット産地のソロール島を望む


画像






















インドネシア文化宮(GBI)は、NTT(東ヌサトゥンガラ)州東フローレス県政府と共催で、今夏(2006年8月14日〜15日)、県都のララントゥカで、『第一回東フローレス県イカット・コンテスト』を実施しました。NTTの他地域同様に、同県でも手紡ぎ綿糸を用い、自然色で染め上げた伝統イカット文化が衰退の傾向にあります。このため、同県政府は、お隣のアロール県の成功例に倣い、伝統文化の存続と、地域経済の振興を念頭に、初の“島興し”プロジェクトとしてコンテストを行いました。イカットの条件は: (1) 手紡ぎ綿糸を使用、(2)総自然色による染め、(3)サイズは長さ285cm以内、幅75-80cm。 そして、13の郡大会を勝ち抜いてきた計20枚のイカット(絣)が東京にやってきました。同県では、来年以降も、イカット文化を中心に、継続的に独自の伝統文化の振興に取り組んでいく計画を立てています。



画像



















右から優勝・準優勝・第三位のイカット。右端はヨセフ副知事




【名称】 東フローレス・イカット展
【主催】 インドネシア文化宮・東フローレス県政府・じゃかるた新聞
【期間】
2006年10月7日(土)〜2006年12月9日(土)11:00-18:00
(但し、日・祝日並びに最終日を除く第2&第4土曜日、雨天時はお休みさせていただきます)
【場所】 インドネシア文化宮(GBI)(JR高田馬場駅より徒歩約6分)
【展示品】 コンテスト受賞作品計20点並びに自然染色の素材&サンゴ製品
【入場】 無料





画像




















イカット製作の各プロセスのコンテストも実施。写真は糸紡ぎ競技の模様



【東フローレス県ヨハネス副知事からのご挨拶】


BUPATI FLORES TIMUR
SAMBUTAN WAKIL BUPATI FLORES TIMUR
PADA PEMBUKAAN PAMERAN TENUN IKAT FLORES TIMUR
DI TOKYO – JEPANG, 7 OKTOBER 2006


Salam sejahtera

Pada tempat yang pertama saya atas nama pemerintah dan seluruh masyarakat Flores Timur yang terdiri atas tiga pulau besar yakni : Flores Timur Daratan, Pulau Adonara dan Pulau Solor dangan 13 kecamatan serta 213 Desa dan kelurahan menyampaikan apresiasi dan penghargaan setinggi-tingginya kepada saudara sekalian yang berkenan untuk melihat sesuatu yang khas yakni tenun ikat dari Flores Timur, salah satu kabupaten paling timur di propinsi Nusa Tenggara Timur, Negara Republik Indonesia.

Hadirin yang saya hormati,

Saya mengajak kita sekalian untuk melihat proses pertenunan yang mengahasilkan tenun ikat di kabupaten Flores Timur. Kegiatan tenun menenun adalah sebuah kebiasaan turun-temurun yang hampir tersebar di semua desa dan merupakan cerminan dari seni budaya masyarakat Lamaholot (etnis masyarakat Flores Timur ) yang diekspresikan melalui hasil kain tenun dengan berbagai motif dan tata warna yang khas.
Kain tenun pada mulanya adalah untuk memenuhi kebutuhan sehari-hari sebagai busana penutup dan pelindung tubuh tetapi dalam perkembangan kecirikhasan budaya Lamaholot, ia lebih berfungsi sebagai : (1) Alat penghargaan dan pemberian perkawinan (Mas Kawin ), (2) Alat penghargaan dan pemberian dalam acara kematian, (3) Busana Penari adat dan busana yang dipakai dalam kegiatan atau ritual adat. (4) Denda adat untuk mengembalikan keseimbangan sosial yang terganggu akibat pelanggaran moral.
Karena itu dalam konteks masyarakat tradisional Flores Timur, tenun ikat adalah harta milik keluarga atau suku (klen) yang bernilai tinggi karena proses pembuatan atau penuangan motif tenunan didasarkan atas imajinasi penenunan yang bersumber dari nilai-nilai budaya Lamaholot.
Pada umumnya tenun ikat Lamaholot merupakan tenunan lurik yang dilatari jalur-jalur ikat motif atau ikat ragam hias geometris. Dilihat dari proses produksi atau cara mengerjakannya maka tenunan yang ada dapat dibagi menjadi dua jenis yakni :
1. Tenun Ikat
Disebut tenun ikat karena pembentukan motifnya melalui proses pengikatan benang. Untuk menghasilakn motif pada kain maka benang pakannya yang diikat. Benang yang diiikat itu adalah benang lungsin.
2. Tenun Lurik
Adalah tenunan yang ditatai jalur-jalur motif atau ragam hias geometris.


Hadirin yang saya hormati,
Hasil tenunan Flores Timur yang paling menonjol adalah sarung dan selendang dengan warna dasar tenunan umumnya gelap seperti warna hitam dan coklat. Hal ini disebabkan karena masyarakat pengrajin tenun ikat dahulu selalu memakai zat pewarna nabati seperti tarum (yang diambil daunnya unutk menghasilkan warna hitam biru) dan mengkudu (yang diambil adalah akarnya untuk menghasilkan warna merah dan coklat). Oleh tuntunan pasar, produk yang dihasilkan tidak terbatas pada sarung dan selendang tetapi tenunan tersebut dapat dipakai untuk bahan jas, safari/ kemeja, busana wanita dan lain sebagainya sehingga penempatan motif pada kain tenunan disesuaikan dengan kegunaanya. Oleh karena zat pewarna nabati sudah mulai sulit ditemukan maka pengrajin tenun ikat mulai menggunakan zat pewarna kimia dalam proses pertenunan. Namun demikian sebagian pengrajin tetap menggunakan zat pewarna nabati karena dalam kualifikasi adat ia lebih bernilai tinggi. Produk-produk tenun ikat yang dipamerkan ini merupakan tenun-tenun asli yang dibuat dengan alat tenun tradisional(handmade) dan pewarna alami yang diseleksi oleh tim ahli dari GBI (Graha Budaya Indonesia, Tokyo).
Hadirin yang saya hormati,
Penguatan terhadap eksistensi kebudayaan daerah harus terus menerus dilakukan baik itu melalui peningkatan motivasi generasi muda, pembinaan dan penyertaan modal usaha, usaha ini secara intensif terus dilakukan seiring dengan kondisi makin memudarnya apresiasi terhadap nilai-nilai kebudayan daerah yang dianuti. Pemerintah kabupaten Flores Timur terus memberikan pembianaan baik itu pelatihan maupun modal terhadap kelompok-kelompok tenun ikat pada hampir semua kecamatan di kabupaten Flores Timur. Sarung selendang, bahan jas/safari, aneka produk dari tenun ikat yang dipamerkan dalam kesempatan ini adalalh salah satu bukti dari usaha pemerintah daerah dimaksud.
Hadirin yang saya hormati,
Perkembangan teknologi dan peradaban tidak serta merta menghilangkan identitas kebudayaan yang hal mana membentuk kepribadian suatu daerah atau bangsa. Oleh karena itu, berkenaan pameran tenun ikat Flores Timur yang mempunyai kesatuan etnis Lamaholot, saya menyampaikan apresiasi yang setinggi-tingginya kepada : (a) Komunitas tenun ikat Lamaholot yang menghasilkan produk-produk tenun ikat untuk diapresiasi, dikenal dan selanjutnya menjadi sarana komunikasi keluar daerah dan dunia luar: (b) Kelompok pencinta tenun ikat Flores Timur khususnya saudara-saudara saya dari Jepang dalam hal ini Tuan Seiichi Okawa yang dengan caranya memperkenalkan tenun ikat Flores Timur kepada saudara kita yang lain yang belum tahu tenun ikat Flores Timur dan mungkin Flores Timur itu sendiri. (c) Semua kita yang hadir pada kesempatan ini khususnya kepada investor yang oleh pameran ini bisa membantu kami di Flores Timur. Pemerintah Kabupaten Flores Timur dan masyarakatnya siap menyambut kedatangan anda sekalian sekaligus memfasilitasi setiap motivasi dan kehendak baik dalam membantu kami terutama terhadap kelompok-kelompok penerus tenun ikat. Selanjutnya saya atas nama Pemerintah dan masyarakat Kabupaten Flores Timur menyampaikan permohonan maaf atas sesuatu yang tidak berkenan berkaitan dengan pameran ini dan memohon kritik saran dan masukan bagi kami untuk menjadi perbaikan dan perhatian kami selanjutnya. Akhirnya saya atas nama Pemerintah dan masyarakat Kabupaten Flores Timur serta memohon Restu Leluhur Lewotana menyatakan Pameran Tenun Ikat Kabupaten Flores Timur dibuka dengan resmi. Sekian dan terimakasih
WAKIL BUPATI FLORES TIMUR,
YOSEPH LAGADONI HERIN, S.Sos



【じゃかるた新聞(2006.10.7)の紹介ニュース】


イカット展開幕 東フローレスの 東京の文化宮

日本で文化を通じたインドネシア紹介活動を行っている東京のインドネシア文化宮(GBI、大川誠一代表)で七日、 東フローレス・イカット(紬)展 (GBI、東フローレス県政府・じゃかるた新聞共催)が約二カ月の予定で開かれる。
文化を通じた地方振興活動を支援するGBIは今年八月、東ヌサトゥンガラ州東フローレス県政府と共催し、第一回東フローレス県イカット・コンテストを実施。
十三の郡大会を勝ち抜いて、入賞したイカット二十点や自然染色の素材、サンゴ製品などを展示、一部は販売もされる。
東ヌサトゥンガラ州には、手紡ぎ綿糸を用い、自然色で染め上げた伝統イカット文化が残っているが、近代化が進み、近年は衰退傾向にある。
GBIは優れた伝統文化の衰退を食い止めようと、地方政府と協力し、これまでにも同州アロール県で、イカット・コンテストを含むエキスポを実施するなどして、地域活性化に取り組んできた。
同県では、来年以降も、イカット文化を中心に、継続的に独自の伝統文化の振興に取り組んでいく計画を立てていくとしている。 
◇東フローレス・イカット展 
インドネシア文化宮(新宿区下落合一・六・八、電話・東京〇三・五三三一・三三一〇、高田馬場駅から徒歩六分)で、十二月九日(土)まで。入場無料。開場時間は午前十一時─午後六時。日・祝日、最終日を除く第二・四土曜日、雨天閉館。
詳細はホームページ(http://clik.to/GBI)で。



【東フローレス県のイカットの自然色】


ララントゥカ(Larantuka)郡の色彩

Kunit(ウコン)→ 黄・黄緑・濃赤
Kamila樹皮 → 濃淡のチョコレート
Mengkudu(ムンクドゥ)→ レンガ
Nila(ニラ) + Tarum(藍)→ 灰色・青・黒

アドナラ島東部(Adonara Timur)郡の色彩

Kunit(ウコン)→ 濃淡の黄
Nila(ニラ)→ 灰・黒・淡い青・濃い灰
Pandan(パンダナス)の葉 → 緑
Mengkudu(ムンクドゥ)→ 濃淡チョコレート・レンガ・ピンク
Daun Karet(ゴムの樹)の葉 → 紫

ソロール島西部(Solor Barat)郡の色彩

Kelori + 石灰 + シリ + Roma + Wukah →チョコレート
Kelori + 石灰 + シリ → 赤
Tarum(藍)→ 淡い青
Turiの葉 + 柑橘類の葉 → 淡い緑
Kunit(ウコン)+ 石灰 → 淡い黄
Kunit(ウコン)→ 黄
Tarum(藍)の葉 + 石灰 + シリ → 濃い緑

イレ・マンディリ(Ile Mandiri)郡の色彩

Mengkudu(ムンクドゥ)の根→ 濃いチョコレート
Mengkudu(ムンクドゥ)の葉 → 淡い赤
Nila(ニラ)→ 青・黒

タンジュンブンガ(Tanjung Bunga)郡の色彩

Mengkudu(ムンクドゥ)→ 濃淡チョコレート
Nila(ニラ)→ 灰・黒
Kunit(ウコン)→ 濃い黄・赤味の茶 



【展示会場の様子】


画像







画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
インドネシア文化宮2006年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2006)
{%観覧車@(クルクル)hdeco%}【スラウェシ島絵画展】2005.9.17-2006.2.24 “スラウェシの心”をテーマに、同島の14名の画家のグループ展 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/04/19 18:03
NTT州東フローレスを旅する Perjalanan ke Flotim, NTT
{%夏海(チカチカ)hdeco%}今から7年前の2006年8月、インドネシア文化宮(GBI)は、NTT(東ヌサトゥンガラ)州東フローレス県(Kab. Flotim)と共催で、県都ララントゥカ(Larantuka)で『東フローレス県イカット(絣織り)コンテスト』を実施した。13を数える郡での選抜を終え、県都に集まった、手紡ぎ綿糸を用い、自然色で染め上げた伝統イカット。審査委員長としての重責。県知正副知事や産業局長、観光文化局長などから構成された審査チームは、計20枚のベスト作品を受賞対象... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/09/28 09:16
NTT州東フローレスを旅する(2) Perjalanan ke Flotim, NTT
{%夏海(チカチカ)hdeco%}東フローレス県の県都ララントゥカ市内にある唯一の公立高校であるララントゥカ第一高等学校を訪ね、計10名の生徒にインタビュー。先般、ライジュア島の高校で行った手法に準じて、故郷の自慢と嫌いな点を挙げてもらった。さらに、将来の夢についても語ってもらった。同校は1979年創立。生徒数は1,194名、先生は約70名。大学進学率が30%以上にも達している。同県のトップ進学校だ。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/09/29 00:33
NTT州東フローレスを旅する(3) Perjalanan ke Flotim, NTT
{%夏海(チカチカ)hdeco%}NTT(東ヌサトゥンガラ)州の東フローレス県(Kabupaten Flores Timur)。県都ララントゥカラ(Larantuka)から真南へ木造船でおよそ1時間。東西に長く広がるソロール島(Pulau Solor)の北岸ど真中に位置するパマカヨ(Pamakayo)へ。同島は行政的には東ソロール郡(Kec. Solor Timur)と西ソロール郡(Kec. Solor Barat)から成る。西ソロール郡の郡都は、島の西部に位置するリタエバン(Rita... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/09/30 15:34
NTT州東フローレスを旅する(4) Perjalanan ke Flotim, NTT
{%夏海(チカチカ)hdeco%}NTT(東ヌサトゥンガラ)州東フローレス県(Kabupaten Flores Timur)の県都ララントゥカラ(Larantuka)。フローレス島の最東端にあたる街には、ポルトガル&オランダ植民地時代の歴史が刻まれている。根付くカトリック教の世界だ。あちこちに建つ美しい教会そしてチャペル。 {%上昇webry%}ララントゥカ市内の司教公邸近くに建つマリア像。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/09/30 22:56
NTT州東フローレスを旅する(5) Perjalanan ke Flotim, NTT
{%夏海(チカチカ)hdeco%} NTT(東ヌサトゥンガラ)州東フローレス県(Kabupaten Flores Timur)の県都ララントゥカラ(Larantuka)から24トンの木造船で一路南へ。左手にアドナラ島(Pulau Adonara)を望み、西方遥かに、活火山のレオトビ(G. Lewotobi)。フォローレス・ブルーの透明な海、そして火山地帯が生み出した奇怪な頂を持つ山並み。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/10/01 23:20
NTT州レンバタ島旅する Perjalanan ke Pulau Lembata, NTT
{%夏海(チカチカ)hdeco%}2013年10月3日。レンバタ島の県都レオレバ(Lewoleba)郊外にあるパーム・インダ・ホテル(Palm Indah Hotel)の玄関先で、熱い練乳入りコーヒーを飲みながら、この文章を書いている。NTT(東ヌサトゥンガラ)州政府の要請を受けて続けてきた二ヵ月間にわたる旅も最終章に入った。 {%上昇webry%}レンバタ県政府文化観光局職員のラトゥナさん。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/10/03 08:34
NTT州レンバタ島旅する(2) Perjalanan ke Pulau Lembata, NTT
{%夏海(チカチカ)hdeco%}手銛りクジラ漁の村ラマレラ(Lamalera)。NTT(東ヌサトゥンガラ)州レンバタ県レンバタ島の南岸に位置し、行政的にはウランドニ(Wulandoni)郡に入る。人口は1,742人(2011年統計)で、大きく分けて二つの集落から成る。ラマレラA(250世帯)とラマレラB(243世帯)。氏系列は32を数えるという。一方、クジラ漁の船は24隻。内4隻は2013年10月初旬現在修理中だ。一隻に最小で8名、最大で18名が乗り込む。10月初旬の今は、まだまだ漁... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/10/04 13:08
NTT州レンバタ島旅する(3) Perjalanan ke Pulau Lembata, NTT
{%夏海(チカチカ)hdeco%}クジラ漁で知られるレンバタ島(Pulau Lembata)のラマレラ村(Lamarela)。今年は10月初旬現在、計5頭の捕獲が記録されている。二年前に比べると十分の一と、その激減は村人たちを曇らせている。保護か漁の継続か?ラマレラ村の漁師、そして県政府共、視点は別ながら互いにこれからの行方に注目している。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/10/05 09:29
NTT州レンバタ島旅する(4) Perjalanan ke Pulau Lembata, NTT
{%夏海(チカチカ)hdeco%}伝統クジラ漁で知られる、人口およそ115,000人(2011年統計:2012年統計では124,912人)のレンバタ県(Kabupaten Lembata)。東西に長いフローレス島の東、フローレス海峡を挟んで上下に点在する、東フローレス県のアドナラ島(Pulau Adonara)とソロール島(Pulau Solor)。それらのさらに東、ラマケラ海峡(Selat Lamakera)の東に位置するのがロンブレン島(Pulau Lomblen)。県名からレンバ... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/10/07 00:15
NTT州レンバタ島旅する(5) Perjalanan ke Pulau Lembata, NTT
{%夏海(チカチカ)hdeco%}NTT(東ヌサトゥンガラ)州レンバタ県のラマレラ村(Desa Lamalera)。伝統的手銛りクジラ漁で知られる。今年こそ、10月初旬現在、わずか五頭の捕獲でしかないが、村人たちは、双眼鏡を手に沖合のウォッチに余念がない。まだまだクジラが通過する可能性がある月だ。『誰も監視していないような雰囲気があるでしょう?ところが何人もが、妻たちも含めて実は沖合を眺めているのです』と銛り射手のステファヌス・バタオナ(Stefanus Bataona)さん(43歳)... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/10/07 12:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東フローレス・イカット展 インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる